チトラクート滝

ジャグダルプルから直行するミニバスがあり、1時間余りで到着した。
「チャッティースガルのナイヤガラ」とも呼ばれるそうだが、増水する雨季にはもっと流れが大きいのだろう。
太陽の角度の時間帯がドンピシャで、虹が見えて良かった。狙って行ったわけではないが、「虹がね・・・」という話を前日に聞いていたので。

日本とネパールを繋ぐお金の縁

紙幣の原料となる樹木、ミツマタの大半をネパールからの輸入に頼っているとのこと。
リンク先記事によると、もともとネパールでよく採れていたというわけではないようで、1990年代からネパールでの栽培を始めたようだ。
日本とネパールのお金をめぐる縁は、日本からの国際協力のみならず、ネパールが日本の紙幣発行を下支えしてくれているという側面は、これまであまり知られていなかったはずだ。

ネパールが支える日本紙幣 原料の樹木、大半を生産(日本経済新聞)

センティネル族

アンダマン諸島の中のセンティネル島に住むセンティネル族。外界とまったく接触を持たない民族として知られているが、アメリカの若い宣教師が彼らの島に上陸を試みて弓矢で射殺されるという凄惨な事件が発生した。

このセンティネル族、いくら孤立した民族とはいえ、その出自でインド本土の学校に進学したり、街に定着したりした人たちは若干程度いるのでは?と思いましたが、まったくそうではないらしい。

政府の保護政策により、地域への入域が禁止されていることの裏返しに、政府から彼らへの働きかけもほぼ無い。今も石器時代同様の暮らしであるようで、文化人類学的には大変価値のある存在だ。またこの島内で世界が完結していること、外界からまったく影響を受けていない独自の言語、価値観、倫理観があることなど、大変興味の引かれるものでもある。

この若い宣教師は、旺盛な好奇心と使命感みたいなもの、そして功名心に駆られて上陸を試みたのかもしれない。

クリスチャンの言う「神は愛なり」という言葉は好きだが、一方的な価値観、倫理観、文明観の押し付けにより、ときには「神は害なり」に転じることもある。

とくに宗教のようなものに限ったことではなく、政治活動、販売活動、その他何かの教宣活動においても、「これは素晴らしいから受け容れるべき」というような態度は、相手の存在や現状を否定することに等しいことも少なくない。

North Sentinel Island tribespeople believed to have killed trespassing US ‘missionary’ (CNN)

アジアライオンの大量死

アジアで唯一、ライオンが棲息するグジャラート州のギール地区にある国立公園。頭数に比してエリアが狭いこともあり、一部をラージャスターン州の国立公園へ移住させる計画もあったが頓挫した過去がある。
希少な野生動物だけに、そういうリスクヘッジも必要であった。

インドでライオン大量死=希少種、ウイルス原因か(jiji.com)

Son Beel

ソンビール。アジアで2番目に大きな湿地帯とのことだが、ごく浅い湖らしい。
しかし、季節によっても広さ、深さはまったく違うのだという。アジアでも最多雨な地帯のひとつ、アッサム州にあるだけのことはある。
渡り鳥がやってくる季節など、バードウォッチングにも良さそうだ。

The Sonbil (Youtube)