グジャラート州の新チーフミニスターにブーペンドラ・パテール氏

来年12月のヴィダーンサバー(州議会)選挙が予定されているグジャラート州。任期満了することなく州のチーフミニスターが降板となるということで、昨日就任した新たなチーフミニスターはブーペンドラ・パテール氏。まず驚いたのは「誰?これ??」ということ。グジャラートの州政界についてよく知っているわけではないのだが、州政府のトップになろうという人であれば、顔と奈名前くらいは覚えがありそうなものだが、聞いたこともない人物だったからだ、

この人事は当のグジャラート州政界やメディアにとってもサプライズ人事であったようで、「ブーペンドラ・パテール氏とは」というような紹介がなされるとともに、本人の家族にとっても予期すらしない出来事であり、「夕方のテレビニュースで夫がチーフミニスターになると知って驚いた」と彼の夫人による談話も流れていた。

年齢は59歳と高いが、2017年に同州議会初当選とのことで、モーディー首相とその片腕のアミット・シャーによる強い推薦があってのことなのだとか。州CM候補としては、はなはだ無名の存在であったと言える人物だ。背景には社会活動家から国民会議派に転じた ハルディク・パテール氏の存在があるようだ。この人は、パテールが属する「パーティーダール」というコミュニティ(・・・というカーストと理解してよい)について、OBC(その他後進諸階級)に含めさせて、留保制度の対象にせよ、という運動をグジャラート州で展開し、これがたいへんな広がりを見せて、BJP与党のグジャラート政界をゆるがせた「パテールの乱」があった。

パテール、ひいてはパーティーダール((農民と地主のカーストだが、商人層も多い)が「後進諸階級」か?ということについては、首を捻らざるを得ないのだが、今の時代、あらゆるカーストの人たちが「後進諸階級」認定を要求するようになっている。インドの留保制度というものはたいへん不公平で、実際の世帯の家計状況ではなく、カースト、少数民族といった生まれで留保の割り当てがなされるものであり、極端に言えば商業的に成功したり、役人と出世したダリット(アウトカーストの子弟が留保で悠々と大学入学、公共部門へ就職するかと思えば、ブラーフマンやラージプートなどのカーストとしては高いとされる人たちの中の貧困層にはこうした手立てはなく、肉体労働や下働きなどをするため田舎から都会に出稼ぎいってドヤ暮らしをしたりすることになる。

それはともかくとして、パーティーダールの人口規模の大きさ(グジャラート州人口の12%、つまり8人にひとりくらいがパーティーダールのコミュニティの人たちであり、政治意識も高い層であることが明らかになったため、BJP側の「パテールの顔」が欲しいという事情もあったようだ。現在までのところ、BJP支持は都市部等のヒンドゥー市民+ジェインなどビジネスコミュニティ、国民会議派はマイノリティとムスリムという支持層の別が明確であるため、パーティーダールをどちらが取り込むかが、次の選挙の焦点と考えられているのかもしれない。

実はBJPにはブーペンドラ氏と同じパテールのコミュニティで、前政権では副チーフミニスターの地位にあったニティン・パテール氏という重鎮もいるのだが、彼が選ばれなかった。彼自身の恨み節もニュースで報じられていた。政界に転じる前には勤め人であったニティン氏に対して、ブーペンドラ氏は建設業界でのキャリアが長く、パーティーダールコミュニティに顔が利く実力者であるというようなこともありそうだ。インドの政界にはカーストを基盤とする合従連衡や戦略、政界でのキャリアよりも、場合によっては当該の氏族社会での立場がモノを言うようなシーンもあったりと、たいへん興味深いものがある。

Engineer, corporator, MLA in 2017 to CM: Swift rise for Patidar leader Bhupendra Patel  (The Indian EXPRESS)

権力闘争

アフガニスタンで、田舎侍たちが都を落としたものの、大将の座を巡って内輪もめだろうか。パキスタン陸軍が育て、各所に「同陸軍からの出向者たち」もあつたとされ、軍紀に厳しかったと思われるターリバーン1.0のころと異なり、ターリバーン2.0は、指導者も幾度か代わり、反カーブル政権の勢力も合流した部族の人たちの連合体。力と指揮の関係が縦軸で繋がるだけでなく、横軸で張り合い併存する関係もあるはず。

おそらく地域レベルでもこうした小競り合いがあって、勝ち残ったほうが上層部から暗黙の了解を得る、というような仕組み?のようなものがあるのではないか、と想像される。今後もいろいろなことが起きそうだ。ターリバーン勢力のいろんな層で「薩長連合」的な危なっかしい関係性があるのかもしれない。これはあくまで私の想像に過ぎないのだが。

タリバンで撃ち合い…ナンバー2のバルダル氏が負傷しパキスタンに移送 (中央日報)

パンジシール陥落、獅子は敗走

アフガニスタンのパンジシール渓谷の戦いは、破竹の勢いのターリバーンを前に、なすすべもなかったようだ。昨夜のインドのニュース番組「Aajtak」によると、故アフマド・シャー・マスード司令官の息子、アフマド・マスードは敗走中で、彼の父方のおじは戦闘中に死亡したとのこと。彼らが所有していたという軍用ヘリコプターもターリバーンに差し押さえられたとのことで映像に写っていた。

インドメディアによるものなので、バイアスがかかっているかもしれないが、さもありなん・・・という内容の報道もあった。今回のパンジシール攻撃の作戦には、パキスタン軍も関与していたとのことで、ドローンによる上空からの攻撃なども実施されており、マスード派など北部同盟+旧政府軍残党の動きは、空からの偵察によりターリバーン側に筒抜けであったらしい。戦闘開始期限までは、交渉による懐柔を試みたものの、不調に終わったため攻撃に踏み切ったわけだが、逃走している集団には、降伏すれば不利な扱いをしないと呼びかけるなど、対話志向の姿勢を見せているのは幸いだ。

パンジシール渓谷のマスード派のもとには、旧政権の副大統領も身を寄せているなど、インドとしても新政権の中で、一定のコネを持つ人物が残ることを期待したいところだろう。
インディア・トゥデイ最新号には、「インドはこれほどアフガニスタンに貢献したのに」と、費やした予算、ダムなどのハコものその他の経済協力の例が挙がっていたが、これまでの親印政権から親パ・親中政権へと180度の転換となる。
パキスタンにとっての「戦略的深み」の復活に繋がるものでもあり、インドは軍事的にも再考を迫られることになる。

この戦略的深みとは、簡単に言えば次のようなものだ。
南北に長いものの、東西には薄く、インド北西部に細長く貼りつく形のパキスタンの国土は、同国にとって地理的に降りなものがある。アフガニスタンの親パ政権のもとで、アフガンの国土を有事の際にインドから攻撃を受けない「安全地帯」として、軍事的拠点として活用できるようにすること。また首都圏を強襲されるなど存亡の危機に陥った場合に指揮系統、行政機能をも移転可能な後背地を国外=アフガニスタンに持つことが可能な関係を構築・維持すること。これがパキスタンにとっての「戦略的深み」となる。

Ahmad Massoud safe, says NRF; Taliban ask ex-Afghan forces to integrate with govt: 10 points (Hindustan Times)

マハーラーシュトラ州で「寺院の再開」をめぐり火花

同州でコロナ対策が順次緩和されている中で、「すでにモールやバーは開けているのに、なぜ寺は閉めているのか?」と、州与党のシヴセーナーを同州野党BJPが攻撃。

寺院の参拝者締め出しは、春先の祝祭ごとが重なった時期により感染爆発となったことを踏まえてのことだろう。ふだんの参拝ですら、モールや商店街よりも、さらに密だし、神像や建物の一部に口づけしたり、素手で配られるプラサードを素手で受けて口にすることなど、感染の機会の濃密さはショッピングの場の比ではない。

マラーター民族主義を標榜する極右政党のシヴセーナーは先の同州議会選挙まではBJPの友党であったが、選挙戦勝利後の組閣のポスト割当で紛糾して瓦解。前者が国民会議派及びその協力関係にある政党と連立するというまさかの展開で、偏狭な地域民族主義極幹政党と中道左派という、いずれの支持者をも裏切る不思議な政権が樹立したのは2019年11月だったが、コロナ禍という試練の中で持ちこたえている。

シヴセーナーは野党のときには不条理かつ暴力的なバンド(ゼネスト)を敢行して、建物を破壊したり、人々に大怪我を負わせたりもする。地元マハーラーシュトラ州で、シヴセーナーが号令をかけてのバンドを実行する際、大勢の活動家や動員した暴徒がバール、鎌に斧、三叉の槍、手製の刀などの凶器まで手にして、バンドの呼びかけに従わず開けている店、運転しているクルマやオート、事務所や会社などを襲撃する。あまりの乱暴狼藉ぶりが恐ろしいため、役所や公共機関まで業務を放棄してしまうのだ。もちろん市バスや鉄道すら例外ではない。

ところが、政権党となると、まるでウソのように極めてまともな施政を敷くことが出来るのが不思議だ。党首のウッダヴ・タークレーは、たぶんジキルとハイドみたいな人なんだと思う。政権にあるとジキル博士なのだが、下野すると、とたんにハイド氏になる不思議な人物だ。

Amid Covid curbs, BJP begins its temple run in Maharashtra (Hindustan Times)

ターリバーン特集

配信されたインディア・トゥデイ最新号。特集記事は「ターリバーンにインド政府はどう向き合うべきか」。

良好な関係にあった前政権とは反対に、パキスタンの軍事統合情報部(ISI)とは「親子関係」にあったターリバーン政権の復活。インドにとってアフガニスタンは「遠いどこかの国」ではなく、歴史的に繋がりが深く、パシュトゥーン起源の歴史上の人物やその血を引く自国民も少なくないだけでなく、安全保障上の大切な地域。インドメディアの注目度は高く、アフガニスタンに関する知識の蓄積、分析の深さもまったく日本の比ではない。