知日と親日

コールカーターを訪問すると、とりわけ年配の方々での間に知日家がけっこう多いらしいことを再確認できる。

総体的にインドでは日本に対する印象は好ましいものだ。歴史問題がないことから、反日嫌日感情とそれを利用する政治力学は不在である。

もっとも歴史問題が本当に存在しなかったのか?といえば、そんなことはない。日軍によるアンダマンの空爆はあったし、1936年に英領インドから分離したビルマに在住していた膨大な数のインド人移民たちは、ラングーン、マンダレーなどで甚大な被害を受け、大量の難民がインドに流出。今でもミャンマー在住のインド系の年配者たちの間で、当時の日本の悪行が深く記憶に刻まれている人たちは少なくない。また、インパール作戦ではインド軍は日軍と死闘を展開しており、この地域に住むモンゴロイド系の少数民族の人たちに与えたインパクトは決して無視できるものではない。

しかしながらビルマ占領とインパール作戦には、インド独立運動の一翼を担ったスバーシュ・チャンドラ・ボース率いるINA(インド国民軍)も日軍とともに参戦している。英国支配の呪縛から祖国を救おうと試みて解放戦争を闘ったINAにとって、日軍は友軍(実態はINA自体そのものが日軍の傀儡であったといえるが)であったため、侵略者としての面が中和されて、後世に残る歴史問題とはならなかったようだ。

また、インド側にしてみれば、反英活動に忙しかった時代であること、分離独立により、東西パキスタンを失うとともに、両国間で大量に発生した移民の波と、移動のプロセスの中で発生した殺戮の記憶があまりに大きなものであった。マジョリティが住む本土から遠く離れた辺境での出来事についての関心は薄かったし、今も顧みられないということもあるだろう。

インド人全般に言えることだが、自国の北東辺境部に対するこうした共感意識の欠如は、独立以前から現在に至るまで、北東地域の不安定さの主要因のひとつでもある。

それはとかくとして、反日感情がないから親日かといえば、そうともいえないものがある。被害を受けた記憶がないから、当然悪い感情を抱くことはなく、概して好意的とはいえ、一般的に日本に対する知識がほとんどないのに、親日的とするのは行き過ぎだろう。

経済的に繁栄した国(近年は落ち目であっても)であることや日本ブランドの優れたクルマや家電製品などはいいなぁ、という程度の認知で、韓国や中国の人々のように、日本の良い面、そうでない面を相当程度知ったうえでのこととは、まったく次元が異なるのだ。

ちょうどトルコにおける『親日』感情と同じようなものだろう。紀伊半島沖で難破したエルトゥールル号の救出という歴史上の出来事、宿敵ロシアに戦争で勝ったというような遠い過去の出来事がよく挙げられる。そんな程度のものだ。

そんな中で、カルカッタやその周辺地域では、インテリ層年配者の間で日本式の菊などの盆栽がなかなか盛んである。戦後日本の復興期に製鉄や造船などに注力していた時代に大量の石炭を輸出した仕事の縁で日本に知己の多い老人、当時の貧しかった日本に将来を託して渡った留学生など、日本と深い繋がりを持ったことがある年配者がけっこういる。

彼らの時代には、戦前のスバーシュ・チャンドラ・ボースやカレーの中村屋の始祖となったラース・ビハーリー・ボースといったベンガル出身で、日本と近しかった民族主義者や革命家の記憶が新しかったのかもしれないが、年配の知日家を目にすることが少なくないコールカーターだ。

ここで敢えて『親日』ではなく、『知日』としたのは理由がある。
ご存知のとおり、韓国や中国には知日家は実に多い。日本への造詣が深いがゆえに、日本の良いところも知る反面、そうではない部分もよく知っている。
ゆえに知日家ながらも対日(政府への)感情は良くないということは珍しいことではない。

コールカーターの知日家について、日本についてどのように感じているのかはよく知らないが、親日・反日という感情については、まず日本のことについて、相当程度の知識なり経験があってのものであろうと私は思う。

そうした意味から、一般的にインドにおいては、それらのどちらでもない、ごくニュートラルなものであると言えるだろう。

Posted in column, economy, greater india, heritage, security, society, travel | Leave a comment

カルカッタ旧中華街の中華料理食材店 POU CHONG (寶昌)

POU CHONG (寶昌)店内

POU CHONG (寶昌)店内

カルカッタの旧中華街に、POU CHONG (寶昌)という客家系華人が経営する中華料理食材店がある。ここでは、POU CHONGブランドでソース類、麺類、エビせんべい、清涼飲料類、冷凍餃子、酢その他を製造しており、中国本土からは紹興酒などの酒類を輸入している。市内東部のテングラーに工場があるとのこと。
カルカッタ市内以外にもインド各地に卸しているそうだが、国外へ輸出はしていないそうで、ご当地の地場消費の中華食材だ。
在住の華人たちよりも、インド人客への売り上げのほうがはるかに大きいとのこと。カルカッタにはよくある路上の焼きそば屋やモモを売る露店などもここの製品を沢山買っているのだそうだ。

トマト麺

全粒粉麺

卵麺

会社所在地は「華人本拠地」チャッターワーラー・ガリー

チリソース

ガーリックチリソース

POU CHONG (寶昌)
11,Lu Shun Sarani (2, Peter Lane)
Near Tiretti Bazar Tel. Exch.
Kolkata – 700 073
West Bengal, India

Posted in column, food & drink, life, society, travel | Leave a comment

グーグルの地図サービスは凄い

このように表示される

ただ経路を示すだけではなく、自動車、電車、徒歩による経路や概算の所用時間が表示されるが、渋滞がひどい場合には、クルマよりも徒歩で行ったほうが早いことが判るようにもなっている。
日本や欧米では、市内各所に設置されたVICSでの情報収集により、渋滞情報を示すことが出来るようになっているが、カルカッタでもそのような仕組みがあるのかどうか知らないが、ちゃんとこのように表示されており、これがまた正しいことには恐れ入る。

Posted in column, IT, life, society, travel | Leave a comment

アルメニア人教会のクリスマスイブ

アルメニア教会

世界に散在するアルメニア教会では、クリスマスを1月6日に祝う。クリスマスイブに当たる1月5日の夕刻に、コールカーターのOld China Bazar Streetにあるアルメニア教会を訪れてみた。

ここは細い路地の両側には、主に紙製品等を扱う商店、卸問屋などがぎっしりと並び、路上でも荷解きや卸先への発送準備などをしており人通りも多い。真っすぐ進むこともままならない物凄い混雑だ。大変密度の濃い商業空間から、突然姿を覗かせるインドらしからぬいでたちの建物がアルメニア教会だ。

建物内部やミサの様子の写真を撮ることは許されないため、その様子を画像で紹介することは出来ない。だが荘厳な衣装を身にまといミサを執り行う司祭も正装して集う数十名の信者たちも欧州人にしか見えない風貌と肌の色をした人たちだ。カルカッタにいることをつい忘れてしまいそうだった。

インドにおけるアルメニア人居住の歴史は、7世紀あたりから始まるようだが、コールカーターにおいては、17世紀にイギリスによってこの街が築かれてからということになるため、外地からここへの移民史もそれ以降に始まったことになる。この街における彼らの伝統的な居住地は白人地区と隣接したエリアで、ちょうどユダヤ人や華人たちのそれと重なる。

ユダヤ人と同様、植民地を支配する英国の買弁としての商売に従事した人たちが多かったため、後ろ盾であり最大の顧客を失うことに繋がったインド独立に際して、大半がインドを去っている。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

インドのvodafone SIMのサイズ自由自在

SIMのサイズが自由自在に変更可能

vodafoneに限ったことではないのかもしれないが、近ごろはなかなか便利になっている。
何が便利かといえば、SIM自体がマトリョーシカ状態であることだ。
通常サイズの内側に切れ目があり、少し強く押すとmicro-SIMサイズで取り出すことができる。micro-SIMサイズの内側にまた切れ込みがあり、そこに力を入れて押すとnano-SIMのサイズで取り外すことが出来る。以前は、SIM販売店が専用カッターで切り出したり、ハサミでカットしていたものだ。
こういう仕様になっていると、一度nano-SIM(iPhoneはこのサイズ)でカットしてからmicro-SIM(大半のアンドロイドがこちらのサイズ)で使おうという場合、切り抜いたフチにはめ込むと、micro-SIMとして使えるのも良い。もちろんmicro-SIMサイズに対して通常サイズの枠をはめて、mini-SIMサイズにして、ガラケーに使うこともできる。
必要に応じてSIMのサイズを簡単にカット出来るだけでなく、一度小さくしてしまったものを再び大きなサイズに戻して使用できるとは、なかなかいいアイデアだ。

Posted in column, IT, life, society, travel | Leave a comment