日本におけるHMT腕時計の取り扱い店

先日「HMTの手巻き腕時計」と題して書いてみたが、この時計を日本国内で取り扱う店が日本国内にいくつかあることがわかった。

もちろん価格はインドで買うよりもずいぶん高く設定されているし、ヒンディー語、ウルドゥー語表記の文字盤のモデルは置かれていないことと思うが、もしインド国営企業HMTが製造した腕時計(同社時計部門は2016年に解散してしまっているため在庫はある限り)について、多少の関心があれば、覗いてみるのも良いかもしれない。

ただし、これらの店がお近くにあれば・・・ということになるが。

HMT Watches (ハタ貴金属)

インドの時計メーカー HMT手巻き式腕時計 (島田市時計屋さんむらまつ)

HMT Watches (Brains Corporation)

Posted in column, heritage, life, society | Leave a comment

HMTの手巻き腕時計

バンガロールに本社を置くHMT社の腕時計。日本のシチズンの協力を得て、1961年から生産を開始した国営の時計メーカーだ。民間の時計メーカーが台頭してくる前、1980年代まではインドの腕時計市場はHMTの天下だった。外国メーカーによる製品が闇市場の品物だった時代である。

そのHMTの手巻き時計を購入しようと、ムンバイのフォート地区で探してみた。たいていの時計屋ではすでに置いていない。ずいぶん昔から腕時計はクォーツであることが当然となっているし、今の時代に国営企業の製品など、一般のインド人ならば欲しがらないだろう。しかもこのHMT社、時計部門はすでに2016年に解体してしまっているのだ。いろいろ回ってみると、やはりまだ置いている店はいくばくかあった。

ある店主は言う。
「インド人は買わないです。昔は腕時計といえばHMTという時代はありましたがね。」
たまに売れるとのことだが、購入していくのはたいてい欧米人だという。
「昔風のシンプルな時計、しかも手巻きというのが、先進国の人たちには珍しいんでしょうね。」
もう入荷することはないので、今の在庫が掃けてしまえば、それでストックはおしまいだという。

今回購入したのは、「Janata (人民)」というモデルの以下の文字盤の腕時計。

「Janata」デーヴァナーガリー文字(白)

「Janata」デーヴァナーガリー文字(ピンク)

「Janata」デーヴァナーガリー文字(黒)

「Janata」デーヴァナーガリー文字(黒)

「Janata」アラビア文字(白)

「Janata」アラビア文字(黒)

ずいぶん昔に、1989年だったか、HMTの手巻き式の腕時計をいくつか購入したことがある。購入の動機といえば、やはりシンプルな文字盤、そして手巻きであるということだった。あれから30年くらい経過しているので、なおさらのことその希少価値はあるだろう。しかも製造していた会社自体がもう存在しないとなれば。(HMTは今も操業しているが、前述のとおり時計部門は2016年に消滅)している。

1989年に購入した「Pilot」


当時、3~4個くらい購入したように記憶しているが、現在もその中のPilotというモデルは元気に動いている。それほど長持ちするのだというわけではなく、当たり外れが多いようだ。他のモデルは紛失してしまったわけではなく、そう長く使っていたわけでもなかったのに壊れてしまった。

今になって、突然HMTの腕時計が欲しくなったのには理由がある。eBayにヒンディー語の文字盤の時計が出ているということをある方から聞き、なかなか良い感じだったので、ぜひ購入したいと思ったのだ。デザインや色合いで実に多彩なバリエーションを用意していたJanata(人民)というモデルだが、確かウルドゥー語バージョンもあったはず。回ってみた店の中では、やはりスタンダードな文字盤の製品が多いのだが、一部にそうしたものの在庫はあり、いくつか購入することができた。

購入した時計を巻き上げて、一日放置しておくと、動きにけっこう誤差があることがわかる。
最近はめっきり減ってしまったが、かつては街角に時計修理屋がたくさんあったのは、これが理由かもしれない。仕上がりにかなりバラつきがあるがゆえ、最初から具合の良い製品に当たればよいが、そうでないことも少なくなかったため、調整しながら良い動作をするよう誘導していく必要があった。

その面倒さからクォーツが好まれるようになったのは当然のことだろう。1990年代にTATAが腕時計分野に進出した。一度電池を入れてしまえば、毎日巻き上げる必要はなく、日々正確に時を刻んでくれる。人々が機械式時計を見放すのは実に早かった。

HMTもクォーツ時計を生産するようになったのだが、それでも主力は手巻きあるいはオートマチック時計であった。職人の手仕事による機械式時計へのこだわりがあったようだ。国営であるがゆえに、意思決定の遅さもあったのだろう。監督官庁である重工業国営企業省にも、そこから天下ってHMTの幹部となる人々にも改革の意思は薄かったはずだ。
それに腕時計などという、民間企業がたくさん製造してマーケットに投入している製品を、わざわざ国営企業が造らなくてはならない理由など、今やどこにもない。インド経済が脆弱であった昔々ならいざ知らず。

かくして、かつて人々が行列を成して入荷した製品を購入したという伝説を持つ花形企業HMTの時計部門は、毎年赤字を累積していくようになり、ついに2016年に政府の判断により、同社の時計部門は清算されることとなった。

購入した手巻き時計を耳にくっつけてみると、チクタクチクタクと、リズミカルな音が刻まれている。古い時代のシチズンとインドHMTのコラボによる製品が世に出たのは1961年。55年に渡る歴史の歩みが聞こえてくるようだ。

なお、同社の「Janata」や「Pilot」モデルには、実に様々なバリエーションがあり、以下のような素敵なデザインのものが多く存在している。インドで何かの機会で見かけることがあれば、購入してみるのも良いのではないかと思う。Janataについては1,600Rs前後、Pilotについてはそれより若干高めの金額で考えておけばよいだろう。

HMT Janata

HMT Janata

HMT Janata

HMT Pilot

また、「Braille」という文字盤が開くタイプの時計も製造されていた。こちらについては、日本の東急ハンズで見かけた記憶がある。文字盤に点字が刻まれており、視覚障碍者の方に時間が判るようになっているのだが、デザイン的に面白い製品である。

HMT Braille

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ダーラーヴィーのスラムを通過

ボロボロで建物全体とは呼べないような構造物の中に居室があったり店があったりする。地上階と上階はそれぞれ別々に貸し出されていること、スペースが狭小であることから、上階へは階段ではなく、ハシゴで上るようになっていることが多い。
こんなところなのに、路肩にはなぜかロイヤルエンフィールドの若者向けのカッコいいバイクが置かれていたり、崩れかけた家屋のハシゴから降りてくる青年が大型画面のスマホを手にしていたりする。こんなスラムだが、けっこう大きな金額が日々動いており、けっこう可処分所得の高い個人や世帯も少なくないとは聞く。

Posted in column, economy, environment, life, society, travel | Leave a comment

留保制度

インドでは高等教育機関進学や公部門への就職などの際に留保制度があり、指定カースト(SC)、指定部族(ST)、その他後進階級(OBCs)といったカテゴリーの人たちが恩恵を受けることになる。

これについては昔からいろいろ議論のあるところだが、ちょうどアメリカにおけるアファーマティブアクションと比較されることもあり、恵まれない境遇にあるが、やる気と能力にあふれる若者たちを多数引っ張りあげてきたことは間違いない。

ただし・・・である。

カーストの上下は現在の人々の社会的地位や経済状態を反映するものではなく、たとえば指定部族出身でも州大臣になり、身内で手広く事業も手がけて大変豊かになっていたり、その他後進階級出身だが弁護士や医者として成功して高級住宅地に住んでいるような人も珍しくない。

そのいっぽうで貧しい高位カースト出身者も無数に存在している。ムンバイーのタクシー運転手の大部分は北インド、UPやビハール出身者たちだが、若いころから何十年も汗水流して働き、収入のほとんどを故郷の家族に送金しているこうした人たちの中に、最高カーストであるブラーフマンであることを示す名前を持つ相当な人数が含まれているのだ。

そんなわけで、実際の経済状態ではなく、観念上の出身ジャーティで留保が決まるというのはあまりに不公平だという意見は以前からよくあった。
だが、たしかに後進階級や指定カースト、指定部族の中にこそ、貧困はより多いし、差別されがちなので就職も容易ではない。ゆえに留保をというのは仕方ないものでもあった。

だが「その他後進階級」という定義がクセ者で、我らも加えよ、俺たちも追加しろと、様々なコミュニティーが政治を動かし、このカテゴリーに仲間入りさせるよう働きかけてきた歴史がある。

そんなわけで、憲法ではカーストは否定されているが、厳しい現状を前に、これを解決するための必要悪としてこうした「逆差別」が設定され、これにより救済される人たちが増えてくれば、それらのコミュニティーの社会的経済的地位が向上して、この問題が解決し、制度そのものが用済みとなる・・・はずであったのに、それとは裏腹に留保すべき対象がどんどん増えていくのだ。

そしてついに、このたびは上位カーストの人々(Swarn Jati)の人々にも10%の留保を!という議論が展開しており、いっそう混迷してしまっている。

留保制度というものは、底なしの泥沼のようなものである。

BJP aims to woo back core voters by announcing reservation for upper castes (The Tribune)

Posted in column, heritage, life, news & media, politics, society | Leave a comment

Chinatown Days

英語版発売予定とのことで、リター・チョードリーのアッサム語による小説「Makam」をアマゾンに注文したのは数年前。アッサムにおける華人コミュニティを舞台にした小説。かなり良い評判は聞いていたので、ぜひ読んでみたかったのだ。

幾度も発売が延期となり、その都度アマゾンから「申し訳ありません」とメールが来ていたが、ついに「この本は入荷しません」とかいう連絡が入った。不可解ではあったが、何らかの理由で世に出なくなったのだろうと諦めていた。

ごく最近、たまたま知ったのだが、実はこの「Makam」が「Chinatown Days」として出版されているとのこと。

アッサム語小説の英訳というわけではなく、著者自ら英語で改めて著したとのこと。そんなわけで、確かに「Makam」の英訳版の出版は中止となり、内容はぼ同じながらも改めて書かれた「Chinatown Days」という別の作品が発表されたわけだ。

これが紙媒体ではなくKindle版で入手できるというのもスピーディーでありがたい。

ずっと何年も待たされたこともあるし・・・。

書名: Chinatown Days
著者: Rita Chowdhury
ASIN: B0786T8XKX

Posted in column, greater india, heritage, language, life, politics, reading, security, society, travel | Leave a comment