アハマドナガルへ

アウランガーバードのバススタンドからアハマドナガルに向かう。今の時代、目的地までの距離、見込時間などが手に取るようにわかるのはありがたい。

紛らわしいのだが、州内のさほど大きく離れていないところに同じ読みの「アハマドナガル」なる町がもうひとつある。バスチケット買う際に「プネー行く途中のこの街まで」とGoogleマップほ見せて確認できるし。

本当はこういうのをどちらか「改称」すると良いように思う。政治的な意図とともに、インド各地で様々な街の名前が変えられているが、近くにあって紛らわしいこのようなケースこそやったらいいのではないだろうか。

アウラングゼーブ帝

今回のインド訪問のテーマはアウラングゼーブ帝。アウランガーバード周辺には当地に居を移した彼ゆかりの史跡等が沢山あるとともに、数々のムガル建築が本来ならば「ムガル圏外」だったデカンのこの地に残されることとなった。

先代までの皇帝が少数派であるムスリムの自分たちが「ヒンドゥーの大海」の中で統治をしている現実を踏まえ、マジョリティに対して融和的な政策を取ってきたのとは裏腹に、今で言うところの「イスラーム主義者」であったアウラングゼーブは大きな対立と禍根を残したことでも知られている。

そうした意味では、アウラングゼーブはこの地にあって「災厄」でもあったわけで、はるか後世の人たちが地名から彼の痕跡を消して「サンバージー」と入れ替えたことは、当時彼の圧政で苦しんだ人たちへの供養と言えなくもないかもしれない。

いずれにしてもムガル最盛期を代表する皇帝のひとりで、タージ・マハルに葬られているムムターズの息子のひとり。数多くいた息子たちのうち、病気その他で亡くなることの多かった当時、無事成人できたのはアウラングゼーブを含めて4人。

ダーラー・シコー、シャー・シュジャー、アウラングゼーブ、そしてムラード・バクシュ。この4人は同じ父母から生まれ、おそらく母親ムムターズのもとで一緒に育った(一夫多妻のムスリム貴人たちの家庭で母親と自身が生んだ子供たちが直近の生活単位を構成する)彼らは跡目争いで激しく攻防を繰り広げることとなる。

最有力だったダーラー・シコーに対して、当時ベンガルの統治を任されていたシャー・シュジャーは皇位継承をかけて挑むも押し返され、なんとか講話を結ぶ。同時にアウラングゼーブとムラード・バクシュも共同で戦線を組み、強大なアウラングゼーブを攻略していき、苦戦を強いられるも、最後にこの長兄を殺害して除去に成功。

講話後はダーラー・シコーと協力関係にあったシャー・シュジャーは、進路を絶たれ、地盤であったベンガルをも後にしてアラカン地方(ビルマ西部)へ逃亡したが、そこに安住の地を得ることなく、その後の足取りはよく知られていない。

これで皇位継承有力候補のダーラー・シコー、そしてこれまたまともにやりあっては抗し難い強大な勢力の一角であったシャー・シュジャーは倒され、強い紐帯に結ばれたアウラングゼーブ、ムラード・バクシュの兄弟が天下をどう分け合うかというところにまできた。

しかし当時の各地のイスラーム王朝の多くでそうであったように、敵の敵は味方、昨日の友は今日の敵。宴会の席を利用したアウラングゼーブの策略にて、シャー・シュジャーは拘束されて幽閉されてしまう。当然、彼の手下たちも首尾よく処理されてしまったのだろう。

そして不運なシャー・シュジャーはアウラングゼーブの命令により処刑されてしまう。

同じ母親のもとに生まれて、母ムムターズの愛情をたっぷり注がれて仲良く健やかに育ったであろう4人の王子たちが血みどろの抗争を展開していく背景には、個人的な確執だけではなく、取り巻きの家臣たち自身の将来、しかもまさに「Dead or Alive」という、熾烈な生存競争による支援・支持、敵対や裏切りなどもあったはず。

あたかもカタツムリが新たな宿主を求める寄生虫にマインドコントロールされて、わざと目立つ行動をして鳥に食われてしまうように、彼ら王子たちも自らに寄生した家臣たちにより、操られていた側面もあったのではないかと想像する。取り巻きにちやほやされて長じた王子たちが、老練で手管に長けたタヌキオヤジ家臣たちにそそのかされて、いいように操られるという構図は想像に難くない。

古今東西、王家のお家騒動というのは、そうしたものであったというのはよくある話。皇位継承抗争の本当の主役たちは王子たちではなく、彼らの背後に控える腹黒タヌキたち同士で、現実にはそうした影の主役たちによるパワーゲームだったのかもしれない。

歴史の書き換え

アウランガーバードのバススタンドからプネー行きバスに乗車。途中にあるアハマドナガルが本日の目的地。昨年2月下旬にアウランガーバードが「チャトラパティ・サンバージーナガル」に改称されることが決まった。

アウラングゼーブ帝の時代にムガル帝国の領域は最大となる(以降は衰退期に入った)とともに、デリーからこちらに居を移し、当地ゆかりの歴史的人物となった「アウラングゼーブ」の名前が消されて、この街で活躍したわけではないサンバージーが街の名前となった。

この改称には単に中央政府の反ムスリム志向だけでなく、まさにこの地域のマラーター民族主義がある。90年代、州のシヴセーナー政権時代に空港、鉄道駅、博物館などに「シヴァージー」の名前を冠せられ、街の名前もマラーティーでの「ムンバイー」と改称された。

実は、それまでヒンディーでは当時の「ボンベイ」を「バンバイー」と表記していた。「ムンバイー」への改称を機に、ヒンディーでの表記も次第にマラーティーでの表記に寄せて同じく「ムンバイー」となっていき、現在では「バンバイー」という表記は見かけなくないし、耳にもしなくなっており、「死語」と言って差し支えないだろう。

「バンバイー」から「ムンバイー」への変更は呼び方の地域性をシフトするのみで、鉄道駅の「VT(ヴィクトリア・ターミナス)」から「CST(チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス)」は象徴的なシンボルの植民地時代のからの現状変更だったため抵抗感はほとんどなかったものと思われる。

しかし「アウランガーバード」から「チャトラパティ・サンバージーナガル」については、先述のアンチムスリムの意図あってのことであることは誰もが知っているため、嫌悪感を抱く層はかなり多いかと思う。

歴史の書き換え現場のひとつを目にした気がする。

Karim’s (Aurangabad)

ムガルの旧都デリーからムガル第6代皇帝アウラングゼーブが愛し、ここで没したアウランガーバードへ飛んだ。宿泊先のすぐ隣になんと、あの「Karim’s 」の支店が!・・・と思ったら「デリーのとは関係ありません」とメニュー冒頭に書いてあった。

デリーの「Karim’s Hotel」の支店かと思った。
デリーのジャマーマスジッド近くの「Karim’s」とは無関係である旨明記してある。

チキンビリヤーニーを注文したが期待を超える美味しさが嬉しい。 量が多く、ケバーブも注文しようかと思ったが、もう入らなそうなのでやめておく。デザートはシャーヒー・トゥクラー。甘い物は別腹なのできちんと収まる。これもまたたいへん心地よく堪能てきた。

チキンビリヤーニー
シャーヒー・トゥクラー

ご存知の方も多いかと思うが、インドの学校の歴史の教科書中から「ムガル帝国」についての記述が消えている。理由は「インドが侵略・蹂躙された歴史」であるからとのこと。つまりイギリスがインドを侵略したようにムガルも外界からインドを侵略した勢力であったというスタンス。

そういう論理でいくと、ムグライ料理も侵略者たちが食べていたとされる料理であり、イギリス料理がインド料理ではないように、ムグライもインドの料理ではないというような言質が出てくるかもしれない。

一昨年(2022年)の8月15日のインドの独立75周年を軸に、2021年3月から2023年8月15日にかけて、「Azadi ka Amrit Mahotsav(自由の甘美な大祝祭)」というインド政府による官製キャンペーンが展開されていたが、その期間には様々なプログラムなどが期間中いろいろと実施された。

「インドがAzadi(アーザーディー)を達成した」と言う場合、これまではイギリスから独立して自由な立場になったことを指していたはすなのだが、いまや「歴代の様々なイスラーム勢力とその後にやってきたイギリスを合わせた外来勢力から解放された」という解釈に置き換わってしまっている、あるいは置き換えられようとしているような気がしてならない。

しかしサンスクリット起源の言葉「Amrit Mahotsav」と並ぶところの冒頭でペルシャ語から入った「アーザーディーآزادی」が付いているのはちぐはぐではあるが、もともとイギリスから独立した状態のことを「アーザーディー」といい習わしてきたためだろう。

この地を愛して居を定めたムガルの皇帝アウラングゼーブに因んで長らく「アウランガーバード」と呼ばれてきたこの街が、昨年から「チャトラパティ・サンバージーナガル」に改称された。改称されたと聞いて「あぁそうか」と思うわけにはいかない理由がある。

ムガルに対抗するヒンドゥーのマラーター勢力の王たちの中で、「チャトラパティ」つまり従者に指掛けられる傘の相手(つまり主(あるじ))という意味で、この称号が付けられた偉大な王たちが何人かいた中のひとりがサンバージーであった。

つまりムガルにゆかりの深い歴史的な経緯とともに様々な史跡旧跡が残り、コミュニティーも形成・継続してきたこの地の過去を否定する形で、「チャトラパティ・サンバージーナガル」と改称するのは、まさに歴史の舞台をちゃぶ台返しで破壊してしまうようなやりかただと思うのだが、これが単発的な事象ではなく、与党勢力を軸に計画的かつ組織的に着々と各地で進められていることは懸念される。

いつか「デリー改めインドラプラスタ」などということをやってしまいそうな気がしてならないのだが、10年後くらいにそうなっていないことを願うしかない。

「たかが名前」かもしれないが、「されど名前」である。そういうことが平気でなされるようになると、長い歴史の中で脈々と受け継がれてきた文化のうち「ヒンドゥー的でないもの」あるいは「インド起源でないもの」の文化伝統やコミュニティーが否定されることにもなるわけで、それを看過できないとする人たちも当然少なくないわけである。

まさにこのような背景もまた、先の総選挙で与党連合が大幅に議席を減らした原因かもしれない。2月にウッタルプラデーシュ州のアーヨーディヤーで「ラーマ寺院」の落成式を大々的に行い、多大な得点を稼いだように見えていたが、まさに同州における総選挙結果は与党にとって惨憺たるもの、野党連合にとっては大躍進であった。

美味しいムグライ料理は、紛れもなくインドの料理であり、ムガル朝はインド最後の王朝だ。そしてインドのイスラーム文化はまさにインドの歴史の中の重要な役割を果たしてきたものであり、ムスリムの人々はインドの大切な国民である。