ラージコート 1

サーサンの宿を朝7時過ぎたあたりでチェックアウトした。幹線道路に出たところで、ディーウ島近くのウナーから来てラージコートまで行く直通バスがやってきた。昨日やってきた時のように、ジュナーガルで乗り換える必要があるものとばかり思っていたので、ちょっとラッキーな気分だ。

現在、グジャラート州営のバスは、どこもチケットは車掌が手にした電子機器からプリントアウトされるようになっている。昔のようにカバンから何種類かの金額別のチケットをちぎって渡すような具合ではない。乗車勤務が終わってからの精算も簡単なのだろう。

サーサンからジュナーガルまでは一時間半か二時間弱くらいであった。ここまでの道の路面状態はあまり良くない。片側一車線ずつの道路で道両側に大きな木々が植えてある昔ながらの道路といった感じだ。よく茂っている場所では緑のトンネルを形成していて美しい。

サーサン近くの湖のあたりのような、集落がほとんどないエリアでは携帯が2Gになったり圏外になったが、あとはほとんど3G環境。田舎道をバスで走っていてもフェイスブックで友人たちの動向がわかったり、書き込みをしたり、メールのチェックができたりするというのは、しばらく前には考えられなかったことだ。地元の若者たちにとっては当然のことになっていて、隣に座っている女子学生たちもスマホでいろいろやりとりしているようだった。

昔々、インドの女の子に電話するのはなかなか大変だったもの。家の誰が出るかわからないし、とりわけお父さんが出たらとても緊張した。当然、電話することができる時間帯もごく限られてしまうなどということは当然として、家に自前の電話がないということもごく普通であったため、直接顔を合わせることが唯一の意志疎通の手段さえであったりもした。当時のソーシャルコードや環境が現在とは大きく異なることもあるが、以前は通信手段が男女交際のバリアーになっていたという部分もあるだろう。

携帯電話の出現により、個々が自前の通信手段を持つようになり、誰が電話口に出るかわからないという不安が解消されるとともに、家族の監視の目から逃れることができるようにもなった。また、目の前で話していても相手が誰だか偽ることもできるし、時間の制約から解放されることとなった。そして通信費の大幅な下落がそれに拍車をかけることとなった。そしてスマホの爆発的な普及により、通話だけではない様々なコミュニケーションが可能となってきている。

このような事情から、昔と違って結婚前の男女が交際することがごく容易なものとなり、同時に結婚してからの不倫なども簡単になった。親が決めた結婚のあともそれまで付き合っていた相手との交際が可能ということにもなってしまっているという部分もあるだろう。そんな家庭内でのトラブルは今ではよく耳にするものとなってしまっている。

今では遠い昔となってしまった90年代前半までの若者たちと、現在のそれとではかなり大きな意識や行動の違いがあるのは当然のことだろう。こうしたことについては娯楽映画などを見ても内容が非常に変化していることが読み取れる。

ラージコートに到着

そんなことを思いながら、ジュナーガルを通過して、ラージコートに着いたのは午後1時ごろ。昨日朝にチェックアウトした同じホテルに投宿。ここは料金の割にきれいで広くて快適だ。

料金の割に立派な感じの宿泊先

私が宿泊するフロアーの廊下いっぱいに若者たちがいるので、何事かと思い尋ねてみた。この階の一室で、ある会社の就職試験の面接が行われているとのことだ。廊下で待っている誰もが緊張した面持ち。どこの国でも求職活動は大変だが、頑張ってほしいものだ。

〈続く〉

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

サーサンギルの野生動物保護区へ4 

サーサンの町の夕暮れ

宿に戻ると、闇サファリを勧誘する男が来ていた。夜間閉鎖されている国立公園にバイクで乗り込み、徒歩でライオンに接近するのだという。基本料金が1,000ルピーで、ライオンに出会うことができたら、成功報酬として更に1,000ルピーだという。

彼が曰く、大声を上げたり、駆け出したりしなければ危険はないのだという。そんなバカなことがあるだろうか。町中の夜間、野犬集団に囲まれても大変危険であったりするのに、大型肉食獣のライオンがそんなにおとなしいはずがない。

「夜10時出発だがどうだ?」などと言う。

おそらく、彼は客引きで、国立公園内の集落の住民が手引きするのではないかと想像したりする。ともあれ、たとえ間近にライオンを目撃することが出来ても、彼らのエサになるのは御免なので、当然お断りである。

闇サファリの客引きを追い返して部屋に戻る

〈完〉

Posted in column, environment, life, nature, society, travel | Leave a comment

サーサンギルの野生動物保護区へ3 

サーサンでの宿

人の出入りが頻繁な休日であるため、宿の主のニティンさんの携帯はしょっちゅう鳴りっぱなしで、宿泊の人々の対応にも追われていた。家族経営なので仕方ないのだが、あまりに忙しそうである。言葉は悪いがかなりがさつな感じの人であるが、人柄は悪くないようだ。

同じ宿に泊まっている人たちが、「オンライン予約したのか?」と尋ねてくる。この家族連れもそうであったが、他にもネットで予約したという人たちが何人もいるようだ。こんな簡素な宿がそうしたことに対応しているとは知らなかったのだが、今はそういう時代なっているらしい。

ちょうど西洋人の二人連れがサファリにいくとのことで相乗りさせてもらうことになった。サファリの料金はジープ1台でいくらという設定になっていて決して安くないこと、外国人料金があることなどから、運が良かったと言える。

出発!

宿で食事を済ませてからしばらくサファリの時間まで待つ。午後3時になってから出発だ。町の賑やかなところから少し外れたところに国立公園の入口があり、そこからジープに乗ってスタート。西洋人の二人連れとは、フランス人の還暦あたりの年齢の女性ふたり。フランス語を話すガイドが同乗しており、国から予約したツアーでインドを訪れているとのことだ。彼女たちのインド人ガイドはフランス語が流暢な人で、どこで学んだかといえば、ポンディチェリーで習ったとのこと。フランスに留学その他で住んでいたわけではないそうだ。

休日なので家族連れが多い

国立公園に入ってからしばらくは、ここに暮らしている人たちがあり、そうした人たちは自由に行き来できる部分となっている。そこからしばらく進むと左手には鉄道の線路が走っている。夜間は通行止めになっているとのことだが。おそらく国立公園が夜間は閉鎖されるからなのだろう。

かなりクルマの往来がある

サファリに参加してからわかったが、園内をジープがまるでコンボイを組んで走るような状態になってしまっている。これではライオンを見ることができなくても仕方ない。ここはピークの時期を外して訪れるべきだろう。ライオンを見ることができるかどうかが、最大の関心事であるが、あまりに多いジープの行き来を見て自信がなくなってくる。こんなに忙しい状態だとライオンは道になっているところの近くに出てくるだろうか。

うっそうとしたジャングル、少し開けた景色になっている部分、川の流れといったある程度変化のある景色の中を進んでいくと、川の部分にはクロコダイルがいることを示す看板がある。どういうところにライオンがいたりするのかわからないが、すぐそこから木が繁っていて見えないことから、ライオンのほうはこちらを眺めていたりしたのかもしれない。乾季の終わりの酷暑期には、しばしばライオンたちが水場に出てくるのを目撃することができるという。

だが雨季などはどうなのだろうか。雨が降るとダートは沼地のようになってしまうところがあることだろう。まさにそれがゆえに四駆のジープということになるのかもしれないが。

公園内には八つのルートがあり、そのときどきでライオンがいたという情報で、ルートを選択するのだという。かなり広い国立公園内で、道路から見えるところはごく限られている。また木が繁っているため、比較的近くにライオンがいても見えないこともあろうことは想像に難くない。

園内には警備の人たちが詰めているスポットがある。彼らはバイクで来ていて、ちゃんとした建物の詰所もなく、普通に道端に立っていたり、椅子に座っていたりする。危険はないのか、事故はないのかと少々気になるところである。

この野生動物簿国内の整備関係の仕事をする作業員とおぼしき人たちもその辺で倒木に腰かけていたりするし、彼らの子供あるいは保護区内の集落の子供と思われる幼児たちの姿もある。こんなで大丈夫なのだろうか?と思うとともに、それほどライオンに出会うチャンスは少ないのかも?と悲観的にもなったりする。

クジャクの背後に見えるのは集落の家屋

国立公園に入ってからすぐのところに集落があるのはまだいいとしても、一番奥のエリアにも小さな集落があり、四世帯が暮らしているというのにも驚いた。ライオンが近くに出没するところであるとのことだ。飼育している水牛の乳をとるのが生業で、町に売りに出て現金収入を得ているのだとか。かなり危険な生活環境のようだが、百獣の王と人間の不思議な共存である。

この日、結局のところライオンを見ることはできなかった。目にすることが出来たのはサルやシカ、ガゼルの類の草食動物たち、イーグル、フクロウ、クジャク等の鳥類である。ここまで来なくても田舎ではよく目にすることができる動物たち。明日の朝にもう一度トライしてみるのもいいかもしれないが、時間が限られているので諦めることにする。

足跡はライオンではなくヒョウのものなのだとか

せっかく近くまで来ておいて、サーサンギルを訪れなかった前回のグジャラート訪問時には残念な思いをしたのだが、今回はここまで足を伸ばしたのだからずいぶん気分は違う。こちらはライオンの存在に気が付かなくても、ライオンはこちらを見ていた、と思うことにする。

ライオンはどこかから私たちを眺めていたかも?

〈続く〉

Posted in column, environment, life, nature, travel | Leave a comment

サーサンギルの野生動物保護区へ2 

朝目覚めてすぐに部屋に簡単な朝食を頼む。これをそそくさと済ませて宿をチェックアウト。近くにあるバススタンドの外から出るマイクロバスにて、ジュナーガルに向かう。ラージコートから3時間ほどで到着。プライベートバスはバススタンドまで行かなかった。下ろされたところから乗り合いオートでサーサンギル行きのバスが出る交差点まで向かう。

さきほどラージコートから乗ってきたものと同じようなマイクロバスが現れて、これがサーサン行きであるとのこと。乗り込んでからしばらくは席がなくて立っていたが、ようやく何人か降りたので座ることができた。

グジャラートは乗り物の中が混雑していても殺伐としていないのがいい。大声で言い合う人たちもいないし、人々がちゃんとしているという印象を受ける。ジュナーガルから乗ってきたバスの乗客、そして沿道にもスィッディーと呼ばれるアフロ系の人たちの姿がときおり見られるのは、いかにもカティアーワル半島の南側に来ているという感じがする。

アラビアやアフリカ方面との海上交易が盛んであった地域であるがゆえに、黒人系インド人たちの姿がある。ディーウを領有したポルトガルによる部分も大きいようだ。今はインドの中の田舎となっているとはいえ、かつては大海原を越えての大きなスケールで人やモノの移動があったことを思い起こされてくれる。またこの地域が西方から見たインドの海の玄関口であったことも。

さて、ジュナーガルから2時間ほどでサーサンに着くことになるのだが、そのしばらく手前で湖があり、景色を楽しむことができた。サーサンの町は小さいのだが、国立公園があるため、やたらと沢山の宿があるようだ。これならば予約しなくても宿泊できたのではないかと思うが、バスを降りたところで、昨夜宿泊したラージコートから予約しておいた宿に携帯で電話をかけてみる。ほどなく宿の主人のニティンさんがバイクで迎えに来てくれた。

〈続く〉

Posted in column, society, travel | Leave a comment

サーサンギルの野生動物保護区へ1

今回のグジャラート訪問では予定していなかったのだが、ふと思い立って、サーサンギルの野生動物保護区を訪れたくなった。アジア最後の野生ライオンが棲息していることで知られる国立公園だ。

ブジを出発

ブジのバススタンドからラージコート行きのバスに乗り込むとほどなく出発した。隣にはブジに暮らすおしゃべりな青年。ひじょうに英語が流暢だが、すでに修士まで取得していて、現在はPHDをやっているらしい。同時にビジネスの関係の学校で講師もしているとのこと。非常に快活で頭脳もシャープそうで、いかにも前途洋洋という感じのする人だ。

ガンディーダムを過ぎたあたりからだろうか、非常に良い道路を走っていることに気がついた。片側三車線くらいある。高速道路のような感じで舗装の状態も極上である。さすがにグジャラートは道路の質がいい。

塩田が広がる

風力発電の巨大な風車

カッチ小湿原の地域に入ると道路の両側に塩田や巨大な風車が回転する風力発電機が無数に見える。このあたりを通過すると、カッチ地方を出ることになるわけだが、緑や耕作地も目に見えて増えて、何か大きな境界を通過したような気分になる。

当然のことながら休憩地で降りる際に自分のバスの確認は大切

国道8号線を進んできたわけだが、ちょうどカッチ地方を出たあたりのバススタンドで小休止のとき、大変うっかりしていて危うく荷物を失うところであった。車外にビスケット買いに出たのだが、バスがクラクション鳴らして出発を知らせたため、慌てて乗り込むと私のバスではなかった。政府のバスはどれも同じに見えるため注意が必要だ。その隣のバスも出発を知らせていたので、こちらだと乗り込むが、これまた違う。私のバスはその2台横であった。

私のバスは幸いなことに出発までまだ少し時間があったから良かったものの、ほぼ同時に出ていたりしたら、バックパックとサヨナラしてしまうところであった。自分が乗ってきたバスがどれかよく記憶しておくのは基本中の基本だが、こんなことは初めてだ。気を引き締めよう。

ブジからラージコート到着まで約7時間。そのままサーサンギルまで向かうには少々遅くなっていたので、翌日朝早く発つことにしてラージコートのバススタンド近くの宿にチェックインした。車内でビスケットをかじったくらいで、朝から食事をしていないため、かなりくたびれた。

ラージコートの宿

〈続く〉

Posted in column, society, travel | Leave a comment