OYOが日本進出

なんとインドの「OYO」が日本進出というニュース。これにはビックリした。しかし既存の宿泊施設がこれによって圧迫されるというような懸念はないだろう。

このOYO、自前でホテルをバンバン建設して・・・というものではなく、既存の宿泊施設を勧誘してOYOに加盟させるというスタイルだからだ。

よって、インドの大きな繁華街では、狭い一角にOYOが3件も4件もあり、通りを渡るとまた別のOYOがある・・・というような光景が展開している。初めて目にすると、本館、別館、そのまた別館・・・と拡張したホテルみたいに思うかもしれない。しかし、それらはまったく経営者が異なる別々のホテルなのだ。

ホテル運営と集客のノウハウを伝授し、マーケティングを行い、OYOのウェブサイトでも各地のOYOへピンポイントでお客から予約が入るように誘導するなどの見返りに、これらのホテルからOYOがロイヤリティ等の支払いを受ける。

そんなわけでロゴマークの入った看板以外は、OYO独自のスタイルというようものはなく、元々の宿のスタッフたちがこれまでと同じように働いている。たいていの場合、OYOに入るのは、元からダメだったホテルで、OYOからの指導により、なんとか稼げるようになることを画策している施設。

日本でOYOに入ろうという宿泊施設はどんなところかといえば、なんとなく想像がつくように思う。経営が苦しい施設にとっては、もしかしたらいくばくかの助けになるのかもしれないのだが、利用者にとっては特に魅力がないのがOYOの特徴といえば特徴。近い将来、日本でOYOの看板を見つけたら「経営者芳しくない施設だね」と理解してほぼ間違いないのだ。

インド発格安ホテル「OYO」、日本進出へ(日本経済新聞)

Posted in column, economy, IT, life, society, travel | Leave a comment

サバリマラの寺院の二面性

かつてアウトカーストの人たちの出入りが禁じられていた寺院が裁判所法による命令により、彼らに門を開いたというようなことがあった。今回のサバリマラの寺院に対する判決も歴史的な出来事だと思っていたが、これを人が、そして政治が阻もうとした事例。

寺院への出入りに関する制限といえば何年か前にプリーのジャガンナート寺院でヒンドゥー教徒ではない欧州だか米国だかの女性(たしかインド系ではあったように思う)が偽って寺院に入場したところ、寺院関係者に拘束されてオリッサ警察に突き出されて逮捕、という出来事があった。

非ヒンドゥーが入場出来ないというのは寺院が定めた私的な制限だと思うのだが、これを警察が逮捕できるというのはどういうことなのか?と思ったが、日本で言うところの住居等不法侵入みたいなのが適用されたではないかと思う。

それはさておき、サバリマラの話に戻る。女性の月経を不浄とみなし、これの年齢に当たる女性たちを入場させない偏屈で差別的な寺院というような報道がなされることは当然なのだが、物事にはしばしば二面性がある。

この寺院で行われる大祭のときには、寺院に参拝する前に近くにあるモスクに詣でることになっており、この地域でヒンドゥーとムスリムの融和と共存を体現しており、これが最近始まったものではなく、500年以上も前から続くものであるのだ。

インドのヒンズー教寺院、女性参拝阻止の集団が警察と衝突(AFP)

Before arriving at Sabarimala Temple in Kerala, devotees visit a mosque (THE ECONOMIC TIMES)

Posted in column, heritage, life, politics, society | Leave a comment

米国初のインド系大統領となるのは誰?

トランプ政権内のインド系大物、ニッキー・ヘイリーが国連大使を辞任。次回の大統領選出馬が予想されていた人物だ。
同じ共和党内には、36歳にしてアメリカ最年の州知事(ルイジアナ州)となったことがあるボビージンダルがいるが、将来アメリカにインド系大統領が誕生するとすれば、このふたりのどちらかなのだろう。
ニッキーもボビーも両親はパンジャービー。アメリカに移住した両親から生まれた2世という共通点がある。

米ヘイリー国連大使 年内で辞任(日テレ)

Posted in column, politics, society | Leave a comment

アジアライオンの大量死

アジアで唯一、ライオンが棲息するグジャラート州のギール地区にある国立公園。頭数に比してエリアが狭いこともあり、一部をラージャスターン州の国立公園へ移住させる計画もあったが頓挫した過去がある。
希少な野生動物だけに、そういうリスクヘッジも必要であった。

インドでライオン大量死=希少種、ウイルス原因か(jiji.com)

Posted in column, disaster, heritage, nature, society | Leave a comment

ロヒンギャー料理

下記リンク先動画はロヒンギャー料理を映したもの。
元々はベンガルの民で、移住・定着したのがアラカン地方を中心とする主にミャンマー南西部。出自といい居住地域といい、料理が美味しくないはずがない。
難民化して日々の糧にも困窮している人たちが多い現状だが、そうした人たちがこういう素敵な料理を安心して腹いっぱい食べられる日が、遠からずやって来ることを祈らずにはいられない。

Rohingya food مأكولات روهينغيا (Youtube)

Posted in column, food & drink, greater india, heritage, life, politics, society | Leave a comment