白い塩の砂漠

朝9時の宿の前でオートがやってくるのを待つ。
先日久しぶりにお会いしたジェーティーさんにオートのチャーターを頼んでみたところ、「日本人女性が予約しているのでシェアすることにしては?」と言われたので、そうすることにした。本日向かうのはブジの町から北へ90kmほど進んだところ、Great Rann of Kutch (大カッチ湿原)の周縁部にあたる地域。

カッチ地方には、Great Rann of Kutch(カッチ大湿原)とLittle Rann of Kutch(カッチ小湿原)とがあるが、これらの「大」と「小」はあくまでもこれらふたつの面積の比較上の話であり、どちらも広大な湿原である。湿原とはいっても内陸部や高原などにある湿原と異なり、真水と海水が混じり合うものであることから、モンスーン期にはドロドロの湿地帯、乾季には広大な砂漠状態となるなど、季節によってその姿を大きく変化させる。

これらの地域は、人間にとっては不毛な大地で、製塩業や風力発電くらいしか利用価値のない土地ということになるものの、農業を含めた人々の経済活動に不向きであるがゆえに、人口も非常に少なく、人の手が入る度合いが少なかったがゆえに、独自の自然環境が豊かに残っているとされる。

カッチ湿原には野生動物の保護区が多く、以前カッチ小湿原にある野生のロバの保護区を訪れたことがある。

Rann of Kutch 1(indo.to)

Rann of Kutch 2 (indo.to)

Rann of Kutch 3 (indo.to)

Rann of Kutch 4 (indo.to)

野生のロバ以外にも、ニールガーイその他の大型草食獣、オオカミ等も棲息している。またフラミンゴその他の大型の渡り鳥も多く飛来しては、乾季にはカラカラに干乾びた大地となるこの地域に点々と残る水場で羽を休めていることから、この時期にはバードウォッチャーたちにとっての楽園でもある。

ホワイト・ラン、ホワイト・デザートと呼ばれるエリアまではかなり距離があるようだ。片道で90kmほどあるため、往復で180kmくらいになる。そんな長距離をオートで走ったことはこれまで私にはない。片道で3時間くらいかかってしまう。午前中はかなり寒いし、本当ならばタクシーのほうが良かったであろう。実際のところここに行く車両多かったのだが、私達以外はすべてバスか乗用車であった。速度も倍くらい違うため、移動に倍くらいの時間がかかってしまうことにもなる。

多少の植物が繁っていたり、まったくのカラカラの大地であったりという程度の違いで、基本的には単調でまったくフラットな景色の中を進んでいく。ブジからあまり遠くないところに枯れ河があった。雨季には流れる河であるとのこと。ブジからの行程を三分の二くらい進んだところにはビランディヤーラーという村があり、道路から少し外れて立ち寄る。

遠目には魅力的な伝統的なカッチの村に見えたのだが、実は観光客のためにしつらえてあるものであるという側面が強いことが判った。伝統を模したもので、それはそれで面白いのだが、ここでの稼ぎは女性たちによる手工芸らしく、どこの家でもそれらを販売している。売っていたものはビーズ細工であったり、刺繍であったりするのだが、稚拙な造りのものばかりであった。それなのにやけに高い値を言ってくるのだ。村の家屋内にはヒンドゥーの神の絵が壁に貼ってあるところもあったが、村の入口にモスクがあり、やはり運転手のバラトさんもこの村の住民たちは皆ムスリムであるという。なんだかいかにも観光向けの村といった具合だ。

その村を出てから道路に戻って少し進んだ先がポリスのチェックポストで、ここでパーミットを発行してもらう。ここからさらに30kmくらい進むとホワイトランに着くようだ。チェックポストを少し過ぎたあたりでは、ラクダの群れを飼育している男たちがいた。ラクダに任せてパーキスターンとインドの間を往来する密貿易が行われているとのこと。人はつかずにラクダだけが移動するのだというが、本当なのだろうか。

Rann Utsavの会場

ホワイトランにつく前に、開催中のRann Utsavの会場で食事することにした。12月初旬から3月初旬にかけて毎年開催されている政府主導のイベントで、会場には沢山のテントがあるとともに、食事の模擬店がいろいろ出ている。あまりたいしたものはないにしても、こんなところでこのような大きな規模のイベントが開催されていること自体がちょっとした驚きかもしれない。

Rann Utsavの会場から少し走るとホワイトランに着く。面白いのはそこに到着する手前までは塩のように見えるものは特にないのに、ある地点から急に真っ白になってしまうことだ。

入口にはゲートがあり、ここから塩原に入る。ふたりのBSFの兵士が警備していた。こここまで来る少し手前に検問があるが、そこもBSFの詰所であった。

どこまでも続く白、白、白・・・。

塩の塊は少し水分を含んでいる。

塩原はまるで雪原のようである。地平線の彼方(の方角はパーキスターン)までずっと白い塩原が続いている。なんとも不思議な光景だ。15日に一度の大潮の際に海水が流れ込んで、この広大な塩原を形成したのだという。塩の下を少し掘るとすぐに水が出てくる。この塩は不純物が多く、食用に適さないが除雪用、工業用として輸出されているとのこと。塩原には観光客をのせるための馬とその世話人たちがたくさんいた。白い塩の反射がまぶしく、目が痛くなりそうだ。満月の夜には塩腹原全体が銀色に輝くということだ。

少し掘るとすぐに水が出てくる。

ホワイト・デザート、塩で出来た砂漠があるというのは実際に目にするまで信じがたいような気がしていたが、こうして訪れてみるとこの光景は幻想的でさえあった。

Posted in column, environment, life, nature, travel | Leave a comment

ブジ市内

Sharad Bagh Palaceシャラド・バーグ・パレスへ。着いたのは午後1時半くらいで、ちょうど昼休み時間であった。今でもインドではこうした場所に昼休みがあるところはときどきある。古き良きインドがここにまだ残っているという思いがする。門のところで寝ている老人がいて、ただの使用人あるいは門番かと思ったが、チケットを売るのがこの人であったので、実は職員であることがわかった。

撮影隊のようなものが来ていた。何かと思えば、新婚さんたちの写真を撮るのだそうで、結婚記念アルバムにでも使用する写真を準備しているのだろう。夫婦どちらとも精一杯装っているようだが、非常に垢抜けないのは仕方ない。

パレス敷地内で、パレスの手前にある様々な品物等が展示されている部分には、トラの剥製もあったが、やはりトラの毛というのはネコなみに細やかでキレイなものであることが、すでに変色してしまっている古い剥製からも見てとれる。

シャラド・バーグ・パレスの背後部分は2011年の大地震でひどく破損したまま

パレスは屋上の欄干の部分が崩落してしまっているが、まだ正面からはこれでも地震による被害は少なかったように見える。しかしひどいのは背後で、階段がまるごと落下していたり、柱がスライドしてしまっていたり、二階部分ですっかり崩落してしまっている部分があったりという具合。2001年に発生した大地震の前には中を見学できたように思うが記憶違いだろうか。

その後、ここから旧市街に戻ってプラーグ・メヘルに行く。前回、2009年に訪れた際にはまだ修復作業中で、公開されている部分はあまりなかったように記憶しているが、作業はだいぶ進んだらしい。外も内もずいぶんきれいに直してある。地震以前よりもきれいになっているといえる。とりわけホールの部分は素晴らしくなっている。そのまま今でも王家のそうした場であるとして使えるようだ。しかし天井の崩壊が生々しい部分もある。天井の絵が無惨に落ちたままのところもあった。奇妙だったのは、壁がまるで木目のようにペイントしてあったりする部屋があったことだ。

大地震前でさえも公開されていなかった塔に上ることができるようになっており、ここからのブジを一望する眺めは素晴らしい。人口14万7千の街であるが20数万人万人規模のタウンシップで2001年の地震で公式の発表で3万人が亡くなったという事実(この数字は政府による公式発表だが本当はもっと多かったらしい。中には死亡者10万人という説もある。)はあまりに重い。

城壁に囲まれた旧市街から南は昔の王族たちが建てたチャトリ群

夕方以降、上空では飛行機が飛んでいる音がする。民間機の発着はこの時間帯にはないはずなので、おそらく軍が国境警備のために飛ばしているのだろう。いかにもパーキスターン近くの最果ての地という感じがする。

宿に泊まっている人たちの中にスコットランドから来ている中年夫婦。いかにも人柄の良さそうな面持ちのご主人は、実際話してみると、とても感じのいい人だった。奥さんのほうは中華系かと思ったのだが日系。祖父が日本人であったとのこと。それでも百年前とかなんとかで、神戸からカナダに渡った人で、そこで出会ったスコットランド女性と結婚。それが彼女の祖父と祖母であるという。よほど祖父の系質を強く引き継いでいるようで、見た目も仕草も日本人としか思えない奥ゆかしい感じの女性であった。

とりとめのない世間話をしながら彼らと食事するが、旅行先では普段まったく接点のない人たちと出会うことができるのはいい。

ブジで宿泊したホテル・マンガラムは快適であった。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ジェーティーさん

ブジに来たので、以前幾度かお世話になっているプラモード・ジェーティーさんに会おうと、彼が働いているアイナー・メヘル内の博物館に出向いてみたが、すでに退職されているとのこと。

もうすっかり引退して、悠々自適なのかと思いきや、すぐ近くで観光案内をしたり書籍を売ったりしているのだと聞いたので訪れてみる。アイナー・メヘルを出てから右手に少し進んだところの左手にある小さな店舗スペースでジェーティーさんは本を読んでいた。

ブジを幾度か訪れた際に、彼にはお世話になっている。先述の博物館で学芸員をする傍ら、カッチ地方を訪れた人たちに旅行情報を提供したり、クルマやオートでのツアーをアレンジなどもしていた(執務中にこうしたプライベートな兼業が成り立つ鷹揚さがいいなぁとも思う)ジェーティーさんである。とにかくこの地域の旅行情報の生き字引みたいな人で、何を質問しても即座に的確な答えが返ってくる。彼が著したカッチ地方のガイドブックもまた良かった。

久しぶりにお会いしたのだが、相変わらずお元気そうで良かった。彼は、26年間ここの博物館の学芸員として働き、昨年9月に62歳で退職したとのこと。
「まだまだやらなくてはならないことが沢山ある」とのことで、以前の職場のすぐ近くにこうして案内所を開くことになったのだとか。

「好きなように書物を読んだり調べ物をしたりしながら、いろいろと書いていますよ」という彼は、これまでの学芸員という「本業」から解放されて、長きに渡り続けてきた郷土史研究に専念することができているようだ。

下の写真はジェーティーさんによるカッチ地方のガイドブックの最新版。訪れるインド人や外国人のお客の観光相談、カッチ地方の民族・文化・自然に関する書籍を販売したり、ツアーのアレンジをしたりしながら、自らが心から愛する郷土の研究にいそしむ毎日。実に素敵な老後だと思う。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ブジへ

ムンバイーを午後早い時間に出るジェットエアウェイズのフライトでグジャラート州カッチ地方の中心的な町であるブジへと飛んだ。

2001年の震災前にも幾度か訪れたことがあるが、前回訪れたのは2009年。震災から8年も経過していれば、ほとんどが修復されているのではないか、それともまだその痕跡は数多く残っているのかと、ちょっとおっかなびっくりで訪れた記憶がある。

旧市街の趣のある町並みはほとんど消えていたと言って差し支えないような具合であったが、同時に驚かされたのは震災前の街区がきちんとそこに再現されていることであった。古い建物は軒並み消失してしまっているようであったが、その同じ場所にどれも同じような築年数で新しい建物が建てられているようであった。やはり地権というものがあるので、当然そういうことになるのだろう。

ただ異なるようであったのは、おそらく震災後に大きなデヴェロッパーが進出してきたのであろうか、かなりの面積をひとまとめにしてコンドミニアムが建っていたりすることであった。政府も2001年の震災による被災地の復興にはいろいろと便宜を図っているようで、建物の新規着工にあたっての免税措置などが講じられてきたようだ。

そんなブジの町だが、1980年代末に訪れたときには、とてもカラフルな経験であったことを記憶している。先述の古い町並みもさることながら、町の外からマーケットに買い物に来る、あるいは品物を売りに来る少数民族たちが、実にコミュニティごとの特徴あふれる衣装を身につけていたからだ。

当時、すでにそうした少数民族の若者から働き盛りまでの年代の人々の多くが、洋服を着るようになっていたものの、女性たちは普遍的なパンジャービー・ドレス姿ではなく、さりとて大量生産のサーリーでもない、独自の背中が大きく開いた衣装であったり、またそれにはさまざまなミラーワークや刺繍などで飾り立てられていたりした。

そうした人たちがどこからやってくるのかと思ったりもしたが、自転車を借りて町から少し走った先にある村々で、人々はそのような格好をしていたことから、この小さなブジの町から少し出ただけで、そういう暮らしがあることを知り、ちょっと感激したりもした。

2009年に再び訪れたときのブジでは、周囲の村々との行き来は相変わらず盛んなはずだが、すでにそういう格好をした人たちはまず目にしないようになっていた。やはり工業化が進むと、近代的な工場で大量生産されたものが安く市場に出回るようになる。町の外でも現金収入を得る機会が増えてきて、経済活動そのものが活発になってくるに従い、手間暇のかかる民族独自の衣装は隅に追いやられてしまうことになるのは仕方のないことだ。また、そうしたマイノリティの人々、これがマジョリティから少し下に見られているということであればなおさらのこと、その出自を明らかにする衣装をわざわざ来て町に出るということを避けようということになってしまうのもまた致し方ないことだろう。

こうした少数民族に限ったことではない。インドには今よりもっと様々な地方色豊かな衣装のバリエーションがあった。それがだんだんこのようなプロセス、つまりかたや商業・経済的な理由、かたや社会的に自分たちよりも上と認識される集団を模倣するというプロセスを経て、「現在のインドのような装い」が定着しているわけでもある。

例えば、外国人の目には「インドの民族衣装のひとつ」と捉えられるパンジャービー・ドレスと俗称される女性版のシャルワールカミーズにしてみても、元々はインドの国民的な装いというわけではなく、「パンジャービー」という形容が付くことからも明らかなように、インドの西方から伝わったものである。そもそもこれがパンジャーブに入ってくる前には、さらに西方の主にイスラーム圏で用いられてきた衣装である。

これが現在ではサーリーよりも優勢になっていることの背景には、人々のライフスタイルや意識の変化などがあるだろう。(サーリーについてもこれが全インドで太古から着用されてきたものかどうかについては、言及すると大変長くなってしまうため、また別の機会を設けてみることにする)

また、このパンジャービー・ドレスについては、日常的にサーリーを着ていた地域でこれに置き換わる形で浸透していくだけではなく、サーリーを着ることのなかった「インド文化圏外」の民族の間でもこれが次第に一般化してきているという点も見逃してはならないだろう。それはたとえば北東インドのモンゴロイド系民族であったり、夏季のラダック地方(冬季はあまりに極寒となるため、こうした衣装はまったく適さない)であったりする。

ともあれ、サーリーよりも行動的であり、洋服よりも洗濯後の乾燥が早く、また当然のことながら洋装のカジュアルよりも「慎み深さ」を演出しやすい、それでいながら柄やデザインのバリエーションが広く、お洒落着から日常着までいろいろなタイプのものが出回っているといった点が、この衣装が支持される理由であろう。

話は逸れてしまったが、そんなことを思いながら、久しぶりに訪問するカッチ地方にワクワクしながらムンバイーからのフライトに搭乗した。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ムンバーデーヴィー寺院

ムンバーデーヴィー寺院

せっかくムンバイーに来たのならば、やはりこの街の名前の起源とされるムンバーデーヴィーの寺院を参拝しておくべきであろう。朝の時間帯に訪れてみた。

ムンバーデーヴィー信仰は15世紀あたりにまで遡ることができるようだが、このあたりの土着の女神であったものがヒンドゥー教に統合されたものである。七つの島から成っていたこのエリアで、漁業、製塩業などを生業としてきた元々の住民たちが信仰してきたものであることから、ムンバイーというメトロポリスにありながらも非常に土俗信仰色の強い寺院ということになる。

お寺から少し進むと、インド国内での金の取引の6割以上がここを経由するとされる、ジャヴェーリー・バーザール。昼間は非常に混雑しており、貴金属や装飾品の店がやたらと多いことを除けば、他の商業地とあまり変わらないように見えるかもしれない。

ジャヴェーリー・バーザールからクローフォード・マーケットに抜けるあたりには壮麗な建築のジャマー・マスジッドがそびえる。

ジャマーマスジッド

このあたりは朝始まる時間が遅いのが幸いして、それほど早起きしなくてもガラガラに空いている道路をテクテクと歩いていくことができる。早起きは三文の得とはいうが、人出の多い商業地を散歩するならば、やはりひどく混雑するよりも前の時間帯に限るのである。

Posted in column, society, travel | Leave a comment