ルアンパバーンへ

ここしばらく、インドと関係ない国に関する記事が続いており、恐縮である。

久しぶりにドンムアン空港に着いた。2006年にスワンナプーム国際空港が開港にあたり、閉鎖されていた時期もあった。今では、第1ターミナルは国際線用、第2ターミナルは国内線用として、どちらもLCCの航空会社が乗り入れている。

ここからエアアジアのフライトでラオスのルアンパバーンに向かう。ずいぶん昔のことと較べても仕方ないのだが、便利になったものだとしみじみ思う。

ラオスが個人旅行者に門戸を開いたのは、確か1989年あたりだったと記憶している。バンコクで宿泊していたゲストハウスで他の旅行者から「ラオス入れるようになったって!」という話を聞いた。当時は「インターネット」というコトバさえも耳にしたことがなく、こういうことがあった場合、実際に訪れた人から直接話を聞くか、あるいはその国の大使館に行って、本当に個人で観光ヴィザが取得できるのか確認するしかしなかった。

そのとき、私はすでにバングラデシュのダッカへ飛ぶフライトを予約していて、ラオスに長居することは出来なかったとはいえ、とても気になったのでその翌朝にラオス大使館に行ってみた。ヴィザ申請に来ている人たちはさほど多くなく、手続きはすぐに終わり、確か翌日あたりには発行されて、そのまま長距離バスで、メコン河を挟んだラオス国境の町、ノンカーイに出発した。

その頃、メコン河両岸を結ぶ橋の建設について、そういう計画があるということは聞いていたのだが、まだ工事にさえ取り掛かっていなかったように思う。ノンカーイからは、渡し船で対岸のラオスに着いた。草が生い茂る岸辺に、「Duty Free」と看板が出ている免税店があるのが印象的だった。

1989年 渡し船でタイのノンカーイからラオス側の岸辺に着いたとき

1989年 ラオスが個人旅行者に門戸を開き、メコン河を渡ってビエンチャンに向かう旅行者を待ち受けるタクシー

タイのノンカーイにしても、特にどうということのない田舎町だったが、それでも対岸のラオスに着いて、そこから客待ちをしているずいぶん古いトヨタのタクシーで、首都ヴィエンチャンに着くと、時間が40年ほど遡ったかのような思いがした。

1989年 ラオス首都では「自家用車」を目にすることはほとんどなかった。

1989年 ヴィエンチャンでは社会主義的なイラストの看板をよく目にした。

今では交通渋滞なども発生しているラオスの首都だが、この頃にはまだ自家用車の姿は非常に少なく、「ラオスで初めて出来た信号機」には、見物人が集まっていたりするなど、のどかなものであった。

モンスーン期、当時のラオス首都では、メインストリート以外に舗装道はなく、自転車を借りて郊外まで走ると、車輪がぬかるみにはまって往生した。くるぶし上まで泥に浸かって進まなくてはならないところもあった。

この頃、雨季のルアンプラバーンについては、軍の全輪駆動の車両をヒッチして行くのが定石であった。すでに予約してあったダッカ行きのフライトのこともあったし、ガイドブックもなかったので、首都からそう遠くないところにどんな見どころがあるかも知らなかった。そんな具合で、時間もないので早々に切り上げてタイに戻った。

「美しい古都」として知られているルアンパバーンについては、1995年に町そのものが世界遺産指定されてから、爆発的に訪問者が増えたと聞いており、その後もことあるごとに気になっていた。

今では、タイ、カンボジア、中国、ベトナム、シンガポールなどから国際便が乗り入れており、子連れで気軽に訪れることができるようになっているのだから、世の中ずいぶん大きく変わるものだな、と思う。

ドンムアン空港からエアアジア搭乗。湿度が高く、フル回転を始めた空調から出る空気は白い蒸気となる。

ルアンパバーン空港へと機体は高度を下げていく。

ルアンパバーン空港到着

Posted in airlines, column, economy, greater india, life, society, travel | Leave a comment

インド国鉄ウェブ予約 2016年アップデート

昨年、インターネットによるインド国鉄の予約について、当サイトの記事「インド国鉄のウェブ予約 2015年アップデート」にて情報を追加した。

当時は、上記リンク先に書かれている方法にて、いったんcleartripとIRCTCのアカウントを結合させれば、あとはいくらでも他の鉄道予約を実行することが出来たのだが、このたび一部変更が生じている。すでにご存知の方も多いかと思うが、念のため本日追記しておくことにする。

この変更とは、前述のcleartripとIRCTCのアカウントを結合済みのユーザーが、これから新規に予約する場合が対象となるので、まだそうした手続きをしていない場合は読み飛ばしていただいて構わない。

手順はこれまでと同じ。予約する列車を選択して、支払確定画面に進む前に、氏名や年齢等を記入する画面が出てくる。ここで携帯電話番号の記入を求められるのだが、欄にはCountry codeと書かれているにも関わらず、その下の注意書きには、インドの携帯電話番号を入力するよう記してある。

インドの携帯電話番号をお持ちならば、それを入力すればよいだけなので問題ない。だがこれを所持していない場合、他国の国番号の携帯電話番号を入力すると、はじかれてしまう。

インドの携帯電話番号をお持ちでない場合は、ここが関門となる。

しかしここで諦める前に、スマホのcleartripアプリで試していただきたい。

スマホのアプリについては、予約手順はPCサイトと同じであること、画面はもっとシンプルであることから、ここでの説明は割愛させていただく。

さて、スマホのcleartripアプリで手順に沿って進めていき、PCサイトと同様に、氏名や年齢等を記入する画面が出てくる。ここには以前登録した私の携帯電話番号が最初から表示されており、これはインドの携帯電話番号ではないのだが、特に問題なく次の画面に進むことができる。

従前は、ここから支払い画面に入るところであったが、もうワンステップ追加されていた。現在は支払手順が変更になっていることと、以前cleartripアカウントと接続されたIRCTCサイトのIDが表示されており、そのIDのパスワードを覚えているかどうかという、二択の問いがある。

ここで、IRCTCのパスワードを記憶していないと、おそらくIRCTCパスワードを再発行してもらうか、新たにIRCTCアカウントを取得して、再度cleartripアカウントと結合させなくてはならなくなるのだろう。

ここで、記憶している、という選択肢をクリックすると、ようやく支払画面に辿りつき、クレジットカードでの支払手続きをすることになる。

少々注意が必要なのは、この支払手続を済ませてから、その次の段階でIRCTCの画面が立ち上がり、そこでIDとパスワードを入力し、認証されてから、ようやく発券となる。

文字のみで説明すると、少々わかりづらいかもしれないが、既にcleartripサイトにて、インド国鉄予約をしたことがある方が対象なので、順を追って手続きしていただければ、容易に理解いただけることと思う。

なぜPCサイトではインドの携帯電話番号の入力が求められ、スマホのアプリでは必要ないのかについてはよくわからないが、PCはネットカフェのように不特定多数の人々が用いるケースが少なくないが、通常、スマホの場合は家族・友人などと貸し借りすることはあっても、基本的には名義人本人が所持しているはずだろうという解釈なのではないかと思う。

ただし、インド国鉄のウェブ予約方法については、しばしば変更があり、ゆえに当サイトでもそれらの変更についてアップデートをしている。本記事内容は2016年8月28日現在のものであり、今後も何かしらの変更が追加される可能性はある。

Posted in column, IT, railway, society, travel | Leave a comment

パフラットで昼食

インド人が集住している商業地区。マレー半島やシンガポールと異なり、このあたりに住んでいる人たちは北インド系の人々が中心。それを象徴するかのように、スィク教徒の姿が目立つとともに、規模の大きなグルドワラーがあり、こうした人々の資金力の豊かさを思う。

グルドワラー内部

北インド系のコミュニティーといっても、出自は必ずしもインドとは限らず、ネパール系の人々もあり、ミャンマーから渡ってきたインド系、ネパール系の人々も少なくない。

グルドワラーのすぐ隣には、INDIA EMPORIUMという、インド関係商品の店が多く入っているモールがある。サーリーやシャルワール・カミーズといった衣類、神像、神具等に加えて、様々な雑貨類も販売されている。

周囲にはインド系の人々が経営する食堂、ミターイーの店、インド映画DVDを扱う店なども多く、ちょっとした「インド空間」が広がる。

ここでは、ごく普通にヒンディー語が飛び交っているが、そのいっぽうで、見た目はタイ人の血は入っていない生粋のパンジャービーに見える年配男性同士の会話がタイ語(これが母語となっているのだろう)だったりして、タイ生まれの人たちについては、すっかり言語環境は現地化している様子も窺える。これは性別や年齢層を問わずに言えることのようだ。

そんな具合でも、話しかけてみると、きれいで流暢なヒンディー語で返事が返ってくる。パフラットのインド人が多いエリアの周囲は、当然のことながらタイ人ばかりの空間であるのだが、タイ生まれのインド系の人々の存在に加えて、常にインド、ネパール、ミャンマーからの人々の流入も盛んであるため、こうしたインドらしい環境が、その活力とともに維持されていくのだろう。

「もうずいぶん前に嫁に来たけど、私が生まれ育ったのはインドのパンジャーブなのよ」と話してくれる女性店主もいたりするが、インドや周辺国からここにやってくるのは男性が圧倒的に多いとはいえ、結婚のためインド本国からタイに渡る女性も少なくないそうで、家庭の中の「インドらしさ」も次世代に引き継がれることになるようだ。

先述のINDIA EMPORIUMに中華料理屋が入っているのは場違いな感じがするが、せっかくバンコクに来たからには、こういうものを食べるとココロも身体も満足する。

Posted in column, food & drink, greater india, life, society, travel | Leave a comment

インドのPremier Futsal League

7月のことなるが、インドで「プレミア・フットサル・リーグ」が開催された。

Premier Futsal (flashscore.com)

7月15日から24日までの9日間という短い期間に、総勢6チームが2グループに分かれて総当たり戦を行い、各グループ上位2チームが決勝トーナメントに進出。

いずれのチームも登録選手は12名で、うち3名の外国人選手を含めることができるのだが、サッカーの元ブラジル代表のロナウジーニョ、同じく元アルゼンチン代表のクレスポといったスター選手、さらにはフットサルの現役ブラジル代表のファルカンも出場するなど、非常に豪華な顔ぶれを揃えた。

各チームのメンバー構成については、こちらをご覧いただきたい。

Premier Futsal 2016: Full list of teams, players (one india)

7月17日に行われたロナウジーニョ擁するゴア対ベンガルールをYoutubeで垣間見ることができる。ロナウジーニョが5ゴールを記録したとのことだが、実に鮮やかなプレーぶりである。

Ronaldinho vs Bengaluru 2016 (Indian Futsal Premier League)

出場するスター選手中、フットサル界の大御所は前述のファルカンだけで、あとはサッカーの花形プレーヤー、ラインを割ってからのリスタートがキックインではなく、スローインであったりと、なんだかよくわからない大会ではある。フットサルというよりも、「ミニサッカー」という感じの試合運びでもあったようだ。

このあたりについては、フットサルがあまり普及していないインドであること、おそらくインドア・サッカーという切口からの人気掘り起しを狙っているのではないかと思われる。

2022年あたりには、中国を抜いて世界最大の人口大国となるインド、しかも一人っ子政策が長く続いた中国と違い、若年層が非常に厚いインドでのサッカーとフットサル普及の先行投資ということで、国外からの資金も大量に投下されているのだろう。

Posted in column, event, sports | Leave a comment

タイ・プレミアリーグ観戦

タイ・プレミアリーグ観戦

バンコクに来たからには、タイ・プレミアリーグを観戦したかった。タイNo.1クラブのブリラーム・ユナイテッドFC、あるいはバンコク郊外のノンタブリーを本拠地とするムアントン・ユナイテッドFCのゲームを観たかった。

どちらもAFCでは、Jから出場するチームに匹敵する結果を出すようになっており、代表レベルでは、日本に大きく水をあけられているものの、クラブチームベースでは、Jリーグのトップとタイ・プレミアリーグのトップの差は無くなってしまっているのが現状だ。

Jリーグで解雇された選手が、タイ・プレミアリーグで再挑戦する例は多いが、逆にタイで活躍した日本人選手が、Jリーグのクラブに呼び戻された例もある。

Jリーグは、試合の放映権のタイにおける販売を広げることを画策しており、そのためにリーグ傘下のクラブにタイの代表クラスの選手の獲得してもらうことを狙っているものの、そのレベルの選手の年俸は急騰しており、各クラブにおいても貴重な外国人枠を使うということもあり、なかなか実現に至っていない。

しかしながら、短い滞在なので、その日に行われているゲームに出かけるしかない。幸いなことに、この日には先述のブリラーム・ユナイテッドFC、ムアントン・ユナイテッドFCと並ぶ、タイの強豪御三家のひとつ、チョンブリーFCのゲームが、バンコクのタイ・アーミー・スポーツ・スタジアムで開催されることが判った。その名の示すとおり、陸軍が所有する競技場らしい。

チョンブリーの相手は、このスタジアムを本拠地とするアーミー・ユナイテッドFC。陸軍サッカー部を前身とするタイ最古の名門クラブだ。

試合開始前にスタジアム外が集うアーミー・ユナイテッドFCサポーターたち


スタジアム内にあるアーミー・ユナイテッドFCのショップ

ところで、タイでは「ユナイテッド」という名前が好まれているようで、タイ・プレミアリーグ1st ディヴィジョン18チームのうち、半数近くに「なんとかユナイテッド」という名前が付けられている。

優れたタレントを揃えた強豪御三家の一角、圧倒的なボールポゼッションと多彩な仕掛けで魅せてくれる前者と鋭いカウンターが持ち味の後者という、対照的なクラブの対戦で、なかなか面白かった。結果は2-0でチョンブリーの勝ち。出場しているのは、どれも私の知らない選手であるため、もっとよく楽しむためには、事前の予習が必要であった。

ボールポゼッションのブリラーム、カウンター攻撃のアーミー・ユナイテッドのゲーム進行中

リーグでの成績は中くらいとはいえ、首都のクラブのゲームなので、それなりに観客の入りも良いのではないかと予想していたが、収容人数2万人という小ぶりなスタジアムがガラガラの状態で、いまひとつ盛り上がりには欠けていた。

ゴールに沸くチョンブリーFCサポーターたち

それでも、タイ・プレミアリーグの雰囲気に触れることが出来たことで、それなりに満足した晩であった。

Posted in column, greater india, life, sports, travel | Leave a comment