WARRIXのショールーム




バンコクの国立競技場に隣接するエリアにはサイアム・スタジアム・ホステルやスポーツをテーマにした洒落た複合施設がある。
まさにこのロケーションに、サッカーやバレーボール等競技のタイ代表にユニフォーム等を供給するWarrixのショールームも入居している。





FBTGrand Sportといった老舗と異なり、創業が2013年と歴史の大変浅い新興企業だが、その急成長ぶりは凄まじい。日本ではまだ商品を見かけたことはないのだが、すでにFリーグのバルドラール浦安のユニフォームを供給するようになっているため、「WARRIX」の名を耳にするようになる日は遠くないだろう。

ワールドカップアジア地区予選で躍進の可能性が言われているタイだが、代表チーム応援用シャツが大量に販売されている。私が見ている間にもカップルや若い女性たちが買い求めていく。

タイ代表レプリカシャツ(1050バーツ)と応援用シャツ(399バーツ)はデザインは同じだが生地が異なる。
現在のタイ代表のキャッチフレーズは、「NOW or NEVER」。ぜひ期待したいところだ。

Posted in column, greater india, health, life, society, sports, travel | Leave a comment

ムアンポン・マンション

バンコクでは国立競技場近くに宿泊することが多い。MBKが目の前なので買い物に便利だし、BACC(Bangkok Art and Culture Centre)でアートを楽しめるのも良い。

そんなわけで、ここパトゥムワン地区のカセムサンのソイ1、ゲストハウスやホテルが並ぶ小路の入口にあるムアンポン・マンションの前はよく通るのだが、宿泊するのは初めてだ。
私のような旅行者はもちろんのこと、週決め、月決めのプランもあるので、旅行以外の目的で滞在する人たちもあるのだろう。

昼過ぎに外出先から戻ってきたら、物凄い人数でルームメイクをしていたのでびっくりした。そういうシステムらしい。みんな田舎から出てきた女の子という感じだが、総じてたいへん小柄だ。児童労働というような年端もいかない感じではまったくないので、もしかすると少数民族出身だろうか?どこから来ているのか、ちょっと質問してみたのだが、やはりまったく何も通じなかった。

ネパール、ビハール州やUP州からの出稼ぎ人たちが多く、ヒンディー語で誰の話でも聞くことができるインドの大部分の土地とはずいぶんな違いだ。

言葉は出来なくても旅行はできるとはいえ、目で見えるものがすべてとなってしまう。やはり土地の言葉というものは大切である。

Posted in column, greater india, life, society, travel | Leave a comment

フカヒレスープ

良いものなのか、そうではないのかはよくわからない。フードコート内の店なので、そんなに良いものではないのだろう。細切れになった不定形のフカヒレでもあるが、フカヒレとしての味わい自体は同じようなものだろう。
値段は250B。フカヒレスープとしては安いが、スープとしてはまったく安くない。
このブースには店の名前の後にYaowaratとある。バンコクの中華街にある店がここに出しているのだろう。
充分美味しかった。ごちそうさま!

Posted in column, food & drink, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment

簡易カーナビ

タイでもインドでもスマホをカーナビ的に配置して使っている運転手が多いが、スマホ普及のおかげでこれまでそういうシステムに縁のなかった人もGPSの恩恵にあずかることができるようになったということになる。
とりわけ地方から出てきて日が浅い運転手にはとても大きな助けになることだろう。
年配運転手からは「今どきの若い奴は」なんて言われるかもしれないが、お客の立場としてもこういう形で「カーナビ」が普及するのはありがたい。

Posted in column, greater india, IT, life, society, travel | Leave a comment

ドリアンライス

バンコクにて、MBKのフードコートで超絶デザートに出会った。
もち米の上にドリアン載せて甘い汁をかけたもの。
もち米に合うのはマンゴーだと思っていたのだが、こちらはさらに素晴らしい!

Posted in column, food & drink, greater india, life, society, travel | Leave a comment