ターラープルの原発を取り上げた映画「ハイ・パワー」

2011年3月11日に発生した東日本大震災とそれにともなう福島第一原発の深刻な事故が発生した後、しばらくの間は日本国内で盛り上がった反原発運動だが、このところずいぶん「鎮静化」してしまったのが気にかかる。

まさに「喉元過ぎれば・・・」ということわざどおりなのかもしれないが、当の原発事故はいまだ終息したわけではなく、現在も進行中であること、この事故による被災者の方々はいまなお避難生活を送ることを余儀なくされていること、汚染が危険なレベルであるにもかかわらず、効果のよくわからない「除染」で誤魔化してしまおうとしている行政等々、さまざまなトラブル等がすべて未解決である現状を思うまでもなく、日本人である私たちが直視して考えていかなければならない問題だ。

インドのマハーラーシュトラ州のターラープルといえば、原子力発電所があることで知られているが、この原発が地元に与え続けてきた負の面を告発した映画である。あらすじについてはこちらをご参照願いたい。

すでに日本国内のいくつかの場所ですでに確定した上映スケジュールが告知されているが、興味深いのは映画の内容だけではない。上映と監督ともに「招聘」することができるという部分も特筆すべきところだ。

原発については、その存在の是非だけではなく、これによって支えられる産業のありかた、成り立つ社会のありかた、ひいてはインド、日本その他の国による区別もない、地球上の私たちの暮らしのありかたを含めて、みんなが真面目に考えていかなくてはならない問題である。

※映画紹介のウェブサイトには「タラプール」とありますが、正しくは「ターラープル」であるため、本記事における記載は「ターラープル」としました。

Posted in cinema, column, environment, life, politics, security, society | Leave a comment

エボラの脅威は対岸の火事ではない

西アフリカでエボラ出血熱がこれまでにない規模で流行している。

致死率が90%以上と非常に高いこと、発病後の症状が劇的に激しく、治療方法が確立していないことなどから、大変危険な病気であるということは誰もが認識していたものの、これまでは農村部の限られた人口の間で散発的に小規模な感染が伝えられるという具合であったため、この地域における風土病というような認識がなされていたのではないだろうか。

だが今回、ギニアで発生したエボラ出血熱が隣国のシエラレオネとリベリアにも及び、ギニアでは首都のコナクリにまで広がるという事態を迎えており、空前の規模での流行となっている。以下のリンク先記事によれば、感染者は635名に及んでいるという。

史上最悪、西アフリカでエボラ感染拡大(毎日新聞)

今回、これほどまでに感染が拡大したこと、農村の限られた地域での流行と異なる部分などについてはいろいろ指摘されているが、首都での流行については、これが旅客機等により、地続きではない国々にまで飛び火する可能性を秘めていることをも示している。

コナクリからフランス、ベルギーといった欧州の国々、ダカールやモロッコ等の周辺国へのフライトがあり、それらの到着地から接続便で北米やアジア方面にも接続することができる。

そんなわけで、地球のどこの国に暮らしていても、とりわけ今回の流行については、対岸の火事と傍観しているわけにはいかないという危惧を抱かせるものがある。

あまり想像したくないことだが、これが人口稠密で、インドをはじめとする南アジア地域に飛び火するようなことがあったら、あるいは同様に人口密度の高い日本で発生するようなことがあったら、一体どのような大惨事になることだろうか。だがこれは絵空事ではなく、前述のとおり、ごく短時間で世界のどこにでも移動できる現代では、充分にあり得る話である。

流行地からは、このようなニュースもある。エボラ出血熱を発症したものの、完治して生還した事例だ。

エボラ完治「奇跡」の妊婦、喜び語る シエラレオネ(時事ドットコム)

流行の抑え込みとともに、ぜひとも期待したいのは病理学的な解明と治療法の確立である。今はただ、今回の大流行が一刻も早く収束を迎えることを祈るとともに、医療現場で命を賭して患者たちへの対応に当たっている医師たちに敬意と大きな感謝を捧げたい。

Posted in column, disaster, health, life, news & media, security, society | Leave a comment

ひと続きの土地、ふたつの国

今年もまたラダック地方に中国軍による侵入の試みがあった。

Chinese troops try to enter Indian waters in Ladakh (The Indian Express)

ほぼ時を同じくして、中国でラダックの一部とアルナーチャル・プラデーシュ州全域を自国領として描いた地図を出版している。

Leh residents object to China’s claim over Ladakh in new map (india.com)

繰り返しこのような行為を繰り返すことにより、これらの地域がインドに帰属するものではなく、中国の一部であると内外に主張することにより、これらの地域が係争地であることを風化させることなく、機が熟して何らかの大きな行動を起こした場合にそれを正当化させるための企みであることは明白だ。

このような動きがある限り、J&K州に広く展開する軍備を削減することはできず、財政的に大きな負担を抱える現状は変わることはない。観光以外にこれといった産業のないこの地域において、駐屯する軍に依存する構造も変わることはないだろう。

また、この地域が事実上、地の果ての辺境であるということも変化することはない。もし中国とインドとの間で領土問題が存在せず、国境の両側が経済的に相互依存する関係にあったらならば、地元の人々に対して大いに利することになるはずなのだが。

両国の間に設けられた国境という壁は、ふたつの世界を分断し、相互不信の関係をさらに醸成させていくことになる。北京とデリーという、どちらもこの国境地帯から遠く離れた政治の中心の意思が、地元に住む人々の間でひと続きの土地に引かれた国境の向こうにいる人々に対する敵意を焚き付けて反目させる。

不条理ではあるが、これが現実。さりとてこれが現実とはいえ、はなはだしく不条理なことである。

Posted in column, greater india, life, news & media, politics, security, society | Leave a comment

インドの老夫婦のワールドカップ観戦

7月13日に三位決定戦、そして続く14日に決勝戦を迎えるブラジルで開催されているワールドカップ。

下記リンク先の記事に取り上げられているインドのサッカー好きな老夫婦は、これまで幾度となく開催国に足を運んで観戦しており、今度で9大会目だという。

サッカーW杯観戦に情熱、インド人夫妻9大会目のブラジル(dot.asahi.com)

記事によると、夫妻は決して裕福とはいえないようだが、それでも四年毎に巡ってくるこの大会のためにコツコツと貯蓄に励んでいるとのこと。

一般的な人から見ると、失礼ながら経済的な「バランス感覚がない」ということになってしまうのかもしれないが、好きなことにこれほど入れ込むことができるということ、そして夫婦揃って同じ目的のために頑張っていけるということは羨ましくもあり、また素敵なことだと私は思う。

夫妻はワールドカップでどの試合を観戦したのだろうか。記事には「FIFAが宿泊場所を無料で提供、ブラジルのテレビ局は観戦チケットを用意した」とあるが、ひょっとして7月14日の決勝戦をスタンドから観る幸運に恵まれていたりしたら、これまた嬉しい話である。

Posted in column, event, society, sports | Leave a comment

Namaste Bollywood #40

おなじみNamaste Bollywoodの第40号(2014年7月/8月号)が発行された。巻頭を飾るのは2010年に公開されたサルマーン・カーンのダバング 大胆不敵 (原題:Dabangg)だ。7月26日からシネマート新宿ならびにシネマート心斎橋を皮切りに、全国で順次ロードショー公開されるとのこと。

すでに6月末から公開されているマダム・イン・ニューヨーク (原題:English Vinglish)とともに、私自身にとってもお気に入りの映画であるから嬉しい限りである。

だが、この夏に日本で公開されるボリウッド映画はこれら2本に限らず、8月からはバルフィ 人生に唄えば(原題:Barfee)めぐり逢わせのお弁当(原題:The Lunchbox)も控えているというから、今年は「当たり年」なのかもしれない。

これらの映画に出演している俳優陣で、個人的に最も思い入れの深いのはシュリー・デーヴィーだ。80年代に活躍した彼女は、銀幕のヒロインとして圧倒的な存在感とともに、観客の前に天から舞い降りた、文字通りの女神であった。私にとってもインドのヒンディー語映画の原体験といえば、彼女が主演したNaginaであり、映画の挿入歌のMain Teri Dushmanをごくたまに街角で耳にするようなことがあると、初めてインドの映画を観たときの新鮮な思いが蘇ってくる。

English Vinglishは、結婚とともに銀幕から引退していた彼女が20年ものブランクの後に復帰した記念すべき作品で、かつての美しいヒロインが今はどういう風になっているのか、淡い期待とともに、ひょっとしたら観なければ良かったと後悔するのではないかという思いが交錯しながら鑑賞した。

スクリーンに登場したシュリー・デーヴィーは、確かに齢を重ねて、かつてアイドルであった彼女ではなくなっていた。それでも美しさと清楚さは相変わらずで、おそらく映画以外の部分でも豊かな人生経験を積んできたためか、深みのある演技を見せる大人の女優に変貌していた。そんなシュリー・デーヴィーの姿に改めてゾッコン惚れ直した次第である。

他にもNamaste Bollywoodによるイベントの告知も必見だ。8月6日(水)には、ダバング」公開関連企画〜ボリウッド・トーク・イベント@東京・阿佐ヶ谷ロフトAが開催される。

ボリウッド映画ファンにとって、今年はとりわけ熱くてホットな夏となりそうだ。

Posted in cinema, column, event, life, reading | Leave a comment