チャンダギー・ラーム・アカーラー

デリー在住の幾人かのインド人たちに尋ねてみると、やはりデリーにも幾つか超名門とされるアカーラー(道場)があるとのこと。どのアカーラーもそうなのかは知らないが、そうしたところでは、ペヘルワーン(力士)たちは仕事を持たずに専業でやっているらしい。ちょうど相撲部屋のようなものか。

デリー以外の州からやってきている人たちも多いとのことだが、とりわけパンジャーブやハリヤーナーといった地理的に隣接して体格に優れる人が多いところからの入門者が少なくないとのこと。普通、アカーラーの創設者は伝説的なまでに強かったペヘルワーンであるようだが、大企業が資金をサポートしているところもあるらしい。

そんな有名どころのひとつ、チャンダギー・ラーム・アカーラーに夕方出かけてみた。
着いたときにはすでに稽古の時間が終了していて残念。稽古は午前7時からと午後5時からだそうだ。

山のように大きく、猛虎のようなというか、バイソンみたいというか、まあそんな感じの体格をしたペヘルワーンがいたので少し話してみることはできた。クシティーという競技があることは知っていても、これまでまったく接点もなかった。稽古を見物してみたいし、ましてや真剣勝負の大会を観戦する機会があれば、ぜひ出かけてみたいものだ。

中には女性の姿もあり、トレーニングスーツを着ていても、物凄い筋肉の持ち主であることがそのシルエットから一目で判る。このアカーラーは、女性の力士たちの養成にも力を入れていることで知られている。

Chandgi Ram Akhara promoting women wrestling since 40 years (dnaindia.com)

ここでは、50〜60人くらい合宿生活しているとのこと。もっと大勢のペヘルワーンたちが在籍していた時期もあるとのことだが、今は少し人数が減っているとも、

次の機会を見つけて、このアカーラーを再訪するとともに、デリーでナンバルワンと言われるグルー・ハヌマーン・アカーラーもここから遠くないので見学してみたいと思う。

Posted in column, heritage, life, society, sports, travel | Leave a comment

リーマー・ラーグー逝去

ヒンディー語映画(及びマラーティー語映画)の名女優リーマー・ラーグーが亡くなった。享年59歳。
キャリアの駆け出しの頃は、Aakrosh(1980年)での出演のように、いわゆる「アイテム・ナンバー」を踊る役柄もあったが、まだ若かった時期から母親としての役柄が多かった。Qayamat Se Qayamat Tak (1988年)、Maine Pyar Kiya (1989年)、Saajan (1991年)、Rangeela (1995年)、Kal Ho Naa Ho (2003年)等々、数々の大ヒット作にも恵まれ、多くのファンに親しまれた『インドの母』。
ご冥福をお祈りします。

Reema Lagoo, Bollywood’s favourite mom, dies of cardiac arrest at 59, fans react (Hindustan Times)

Veteran actress Reema Lagoo passes away at 59 (Hindustan Times)

Posted in cinema, column, heritage, music, society | Leave a comment

マジヌーカーティーラーで夕食

マジヌーカーティーラーでマジヌーカーティーラーのチベット人居住区の食堂にて夕食。シャプタとテントゥクを注文した。
宿泊施設に事欠かず、食事も楽しいのでデリーでの投宿先としては有力候補なのだが、私自身がなかなか泊まることがないのには理由がある。
非常に建て込んでいるため、路地がとても細く、ひとりがやって通ることができるような奥まった通路の先に素敵なレストランがあったり、お得なホテルがあったりする。
ここは他のエリアにも増して野犬がやたらと多い。昼間や宵の口の時間帯は特に問題ないのだが、犬が嫌いな私としては、夜出歩いて、辺りがすっかり寝静まった中、こうした犬たちの群れと対峙するのが嫌なので、それを思ってついつい敬遠してしまうのだ。

チベット人地区の「メインストリート」はこんな具合

美味なるシャプタ

具沢山でうれしいテントゥク

用事は済んだのでメトロ駅「ヴィダーン・サバー」へサイクルリクシャーで向かう。

Posted in column, food & drink, heritage, life, security, society, travel | Leave a comment

NORLING GALLERY

北デリーのマジヌーカーティーラーにあるチベット人地区では、美味しいチベット料理の店は多いし、まずまずの料金で快適そうな宿がいくつもある。デリーでの常宿をこちらに移そうかと思うくらいだ。

このエリアにあるNORLING GALLERYというちょっと洒落て気の利いた店が気に入っているのだが、ここでトートバッグとキーホルダーを買う。前者は開口部にファスナーがあしらわれているのがポイント。後者についてはチベットの石を模したプラスチック製なのだが、そうとは手で触れてみないとわからないくらいほどよくできている。

トートバッグ


キーホルダー

価格は高めだが、なかなかお勧めのショップである。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

「単に旅行するだけ」の用途に向いたバックパック

気に入ったバックパックを長く愛用するため、頻繁に買い替えるわけではないが、購入先はアウトドア用品となることから、私からするとかなりトンチンカンな質問を店員から受けることも少なくなかった。

もちろんトレッキング目的で旅行することも少なくないのだが、これほど海外旅行人口が多い時代に、バックパックの品揃えの良い店と言えば山用品の店が大半というのはどういうことか?と思うこともある。

製造する側にしても、山以外の利用目的で製品を手にする人たちの需要を汲んでいるがゆえに、ある程度のサイズまでのバックパックにいては、ファスナーで大きく開口するタイプが主流になったり、内部が小分けされていたりというモデルが増えていたりするのだろう。

それでも、これまで「旅行に特化したバックパック」というのは目にした記憶はない。旅行に焦点を絞るとなると、以下の事柄に留意したモデルということになるだろう。飛行機で機内持ち込み可能なサイズであることは最低条件であるとしても、以下の1~6までが一応の条件となるだろう。その反面、歩くことが目的ではないため、山歩きの際に重要となる「背負って歩く際のフィット感」はあまり重要ではない。

1.それ自体がメインの荷となり、すべての旅行荷物を内包できる。
2.混雑した鉄道やバス車内で、他の乗客たちと揉み合いながら容易に乗車可能。
3.その混雑した車内で、身動きの取れない中でも、前抱えにしてスリ等から自ら危険を回避可能。
4.頭上の棚、足元のスペースにもまったく寸分の余裕もないインドの長距離バスに乗車の際に、膝の上に置いても楽チン。
5.移動ルートの途中、ふと思い立って鉄道やバスを下車して観光しても苦にならない。
6.「1~5」の条件を満たす中で、可能な限り小型、かつ頑丈である。

近年、街中で大学生などを中心として、四角くてランドセルを思わせる箱型のバックパックを持ち歩いている姿をよく目にするが、サッカー用品店でも着替え等の荷物を運ぶためのバッグ売り場で、そうしたものが定番品として並んでいるのを見かけるようになっている。

私自身、週末にサッカーやフットサルを楽しんでおり、その行き帰りには旅行に使っているバックパックにウェア、タオル、シューズや飲み物のボトルなどを放り込んでいたのだが、容量の割にはあまり収納効率が良くないので、箱型のリュックを購入してみた。いくつか同類のモデルが販売されているが、私が選択したのはTHE NORTH FACEのFUSE BOX だ。

幾度か使用してみると、30リットルというサイズの割には、想像以上に良好な収納性と出し入れ具合の良さがあることに気が付いた。収納性のカギは、「箱型」という形状にあるようだ。これは旅行用としてももってこいだ、と気付くまで時間はかからなかった。

スペック上は30リットル超でも、円筒形になっていたり曲面になっていたりすると、どこかに余計な隙間が生じてしまうため、想像したよりもモノが入らなかったりするもので、詰めてみるとパンパンになってしまったりする。

すると、モノの出し入れが大変になるし、ファスナーの開け閉めに無理がかかるため、突然壊れたりすることだってあるのだが、持てる容量すべてをキッチリと使い切ることが出来る形状であるこのモデルならば安心だ。しかも防水機能も高いので、ちょっとした雨ならばレインカバーも必要なさそうだ。

あまりに巨大で目立つTHE NORTH FACEのロゴはありがたくないので、地味な黒地に黒文字のカラーのものを選んでみた。

製造元は言わずとしれたアウトドア用品大手だが、タウンユースに特化したバックパックであるがゆえに、山歩きを意識したバックパックよりも、明らかに「単に旅行するだけ」の目的に合致した製品であるようだ。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment