映画館は不滅なり

ジェネレーターの燃料を保管していた場所で、漏電によるスパークのため引火して火災に。お粗末なアクシデントだが、上映中であったために多数の観客が亡くなる大惨事となった1997年6月13日。私はここでよく上映作品を観ていたため思い入れがある。
あれから22年が経過した。それでも今なお建物が残っているとともに、オートに乗って「ウパパールシネマへ」と告げれば、これがわからない運転手はいない。火災事件による映画館閉館後に生まれたと思われる世代の者であっても。
シネマホールとしての役割を終えたのは、もうふた昔以上の前であっても、「ランドマークとしての映画館」は不滅なのだ。

Posted in column, life, security, society, travel | Leave a comment

タバコとパーンの店

どちらも嗜む人口が減ったので、あまり姿を見かけなくなった。
この商いは先行きが暗いので、店の人は年配者が多くなった。街中でビーディーの匂いが漂ってくるシーンも珍しくなった。かつてのインドの街中といえば、ビーディーの匂いとは切り離せないものであったが。

Posted in column, economy, health, life, society, travel | Leave a comment

残念なコンセント

旅先で充電すべきデバイスが複数ある。
よって、このコンセントも動員かけたいのだが、なんでこんな上にあるのか?
背を伸ばしても届かず。
残念・・・。

届かないなぁ・・・。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

視線

なんだか視線を感じて、見回してみると、やはり誰かが見つめていた。
それは、クルマのライトに描かれた「瞳」であった。(笑)

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

カルカッタ・バンガロー

カルカッタのコロニアルな建物が多く残る市街地のオンボロ屋敷をカッコ良くリニューアルしてオープンした「カルカッタ・バンガロー」
1泊7千5百ルピーから9千ルピー(およそ1.6かけると日本円価格)もするのだが、いかにもインドらしいホテルだと思う。
そう、インドらしいホテルといえば宮殿ホテルの類も知られるが、こうした都市部で年代ものの屋敷をリフォームしたホテルというのも、まさにインドならではだ。カルカッタで素敵な宿をという方にはとても良い選択肢になるはずだ。ロケーションもシャームバーザールなのでほぼ中心地にあり、交通至便。
郊外にはラージバーリー(大地主の舘)がホテル化されたものもあるが、それとは性格が異なる建物だ。この「カルカッタ・バンガロー」の建物の由来については知らないが、おそらく商取引で成功した人の屋敷だったはず。
今度カルカッタに行ったら見学するとともに、写真撮影させてもらおうと思う。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment