ハナムコンダーとワランガル

MGバスステーション


ハイデラーバードのMGバスステーションは巨大ながらも実によく整備されていて、ATMやきれいな食事場所、夜遅く到着した乗客のための宿泊施設などもあり、利用者に親切な造りになっている。ここからハナムコンダー行きのバスに乗車。3時間強の道のりだ。

ハナムコンダーはワランガルの隣町。バススタンドからオートでハナムコンダーの1000 Pillard Temple, Bhadrakali Temple, そしてワランガルのFortに行く。

最初に訪れた1000 pillared templeでちょっと考えさせられたことがある。ASI(インド考古学局)管理下にある遺跡を訪れる際にしばしば感じる違和感だ。歴史的・学術的な価値がゆえに国の責任のもとで管理や調査研究が行われているわけだが、それにもかかわらず、奇妙なものがしつらえてあることが決して珍しくない。



何が奇妙なのかと言えば、往事のものとは異なる今風のご神像が本殿にしつらえてあったり、そこにプージャーリーが常駐していたりすることだ。大変古いものであっても、個人なり宗教団体の所有ならともかく、歴史的な価値がゆえに、国有化されている場所がこうなるのはおかしい。

また、ここでの話ではないが、やはりASI管理下のイスラーム関係の遺跡内のモスク跡で、メッカの方角を示すミフラーブのところがサフラン色に塗られていたり、ヒンドゥー教の神像が鎮座していて、やはり正体のよくわからないプージャーリーがデンと構えていたりするというようなことはしばしばある。

これは遺跡に傷をつけたり、名前を彫ったりしてしまうような子供の悪戯と同じというか、それが堂々とまかり通ってしまっている分、もっと余計に悪質だと私は思う。常駐する職員や警備の人たちもいるのだが。これを許容する現場の側にもそれなりの理由(ひょっとしたら何か実利的な?)があるはずだ。プージャーリーたちは、何もボランティアとか世のため人のためにそうやっているわけではなく、そこで賽銭なり喜捨を受けることにより、食い扶持を稼いでもある。

Bhadrakali Temple


次に訪れたBhadrakali Temple。この寺の来歴についてはよく知らないのだが、古い構造物の上に新しい構造物がかぶる形になっている。寺自体はかなり古いものなのだろう。

このあたりまではハナムコンダーで、いよいよオートはワランガルの市街地に入る。想像していたよりも大きくて賑やかな町だ。地域の主要駅もここにある。この町のシンボルとなっているのはワランガルのFortの遺跡で見られる、鳥居のような印象の門。駅前やカレッジの入り口などにレプリカが建っている。

街のシンボル的な存在








さて、このFortだが、丘の上にある城塞を想像されるかもしれないが、カカティア王国時代の神殿・宮殿跡である。ほとんどの構造物が壊れて大地に散らばっている状態だが、一部は少し修復してあったり、石のフロアーが残されていたりする部分もあり、想像力たくましくすれば、往時の様子思い浮かべることはできるだろう。

Khush Mahal



Fortの横にはイスラーム王朝時代になってから16世紀に造られたKhush Mahalがあるのだが、中に陳列されているのはこれと時代が異なるヒンドゥー王朝時代の神像ばかりであるのが奇妙だ。

城壁と門



帰路は運転手が違うルートで走ってくれた。これにより、さきほどのKhush Mahalの時代に造られたと思われる城壁と門を見ることができた。ワランガルの繁華街とは違い、このあたりは落ち着いたひなびた町並み。地元の人たちばかりのようで、ワランガルにしてもコスモポリタンなハイデラーバードとは異なるローカルなムードが漂っている。

Posted in column, heritage, travel | Leave a comment

CHAWMOHALLA PALACE

ハイデラーバードのチョウマハッラー・パレスを見物。現在の当主であり、世俗の権力を有しないながらも、「ニザーム」のタイトルを継承するムカッラム・ジャー(Barkat Ali Khan Mukarram Jah Asaf Jah VIII)は、フランスのニースで生まれで、イギリスに留学していたことがある。

最初の后はトルコのオスマン家のエスラ王妃。だが彼女との結婚生活は15年で破綻。これまで5度の婚姻を経ているが、あまり結婚運には恵まれなかった人物らしい。ハイデラーバード藩王国は、ムガルの家臣でトルコ系の血筋。初代のアスィーフ・ジャー1世の祖父は現在のウズベキスタンのサマルカンドの出身の武人であった。

ハイデラーバードのニザーム(現在も当主の所有)の宮殿ともなると、田舎の藩王国のそれとは洗練度が違うようだ。インド各地の藩王国の多くとは、ずいぶん格が違うことは素人目にも明らか。展示品も、良いものを品良く陳列していた。おそらく管理運営はどこか専門の企業に委託しているのではないかと思われる。ゴテゴテと並べ立てた感じではないところもまた洗練度の高さを感じる。

Posted in column, heritage, society, travel | Leave a comment

スリランカのドリアン

東南アジアでの人気ぶりとは裏腹に、南アジアでは一般的に食物として認識されていないドリアン。自生している固有種がないわけではなく、多雨多湿の南インド沿岸部やスリランカでは、自生している木は存在している。
私にとって、久しく訪れていないスリランカだが、かつて訪れた際に、山間部の道路脇ではごくわずかにドリアンを販売する露店を見かけたことがあったが、町中に入ると皆無。
なんともったいない・・・と思っていたが、ついにスリランカでも商業作物として扱われるようになってきているとのこと。主に輸出用の目的と思われるが、今後は国内でも人気が高まってきても不思議ではないだろう。
また、東南アジアでスリランカ産のドリアンへの需要が高まるというようなことがあれば、南インドでも同様の動きが出てくるかもしれない。

A Durian Village In Sri Lanka (Global Voices)

Posted in column, food & drink, greater india, health, life, society | Leave a comment

Old & New

伝統的な水甕

バーザールの歩道に素焼きの甕がしつらえてあり、そこで働く人はもちろんのこと、道行く人々もそこから水を汲んでは飲んでいる。素焼きの表面に染み出た水分が蒸発する際の気化熱で冷却されるため、夏季で高温の屋外ではなおさらのことひんやりと感じられる。

こうした甕は日々水を交換したり、中をゴシゴシと洗浄したりなど、きちんと管理されているようだ。炎天下にあっては、まさに命の水。一服の涼感、そして脱水症予防。ちょっとした社会貢献でもあり、徳を積む行為でもある。

モダンな水甕

いっぽう、ちょっとモダンな「水甕」もある。テーランガーナー州で、街外れの一角に設置された冷水機。通行人はもちろんのこと、ここを通りかかるタクシーやオートの運転手なども冷水を汲んで飲んでいる。かなり知られたスポットのようで、反対車線を走っていたオートが、わざわざUターンして訪れたりなどもしている。

しばらく眺めていると、利用者のほとんどは運転手、行商人、ガードマンなど、暑い最中に額に汗して働く人々。冷水機の提供者は宝石店。お店の客層とは関係なさそうな相手に貢献していることに心意気を感じる。

Posted in column, food & drink, health, society, travel | Leave a comment

危険な滑り台

インドで安全性に問題のある遊具は少なくないが、その中で滑り台もしばしば危険なものが散見される。

滑り下りた下が砂場になっているのはいいのだが、着地して前のめりになったところで頭をぶつけるように計算されたとしか思えない位置にコンクリートの枠組みがあったりすることはしばしば。

また、常識外れなまでに傾斜が急な、こんな滑り台もあった。

ほぼ真下に落下する設計・・・。

左右のガードもほとんど皆無といった具合に低く、まさに「エキスパート用」といった感じだが、幼い子供が使う滑り台に上級者も何もないだろう。

強い日差しに晒された滑り台はフライパンのように熱く、これで遊んでいる子供は皆無だったのは幸いであった。

Posted in column, disaster, health, life, security | Leave a comment