インド最速!テージャス・エクスプレス運行開始

ムンバイー・ゴア間のテージャス・エクスプレスの運行が始まった。ムンバイー・ゴアを8時間半で結ぶという夢の高速列車だ。停車駅が少ないことから、平均時速120kmという高速走行を実現。また、この列車の最高時速は200km近くにまで及ぶとのこと。
「飛行機のようなサービス」を売りにしているとかで、座席にはLCDが付いており、いろんなプログラムを楽しむことができるらしい。また、アテンダントの呼び出しボタンが付いており、いろいろとリクエストすることができる。ラージダーニーやシャターブディーと同様に、運賃に込みの車内食が提供される。快適な汽車旅となることだろう。

Tejas Express flagged off: Know everything about Mumbai-Goa high-speed train (Hindustin Times)

Posted in column, railway, travel | Leave a comment

Cathedral Church of the Redemption

デリー・メトロのケーンドリーヤ・サチワーラヤ駅でメトロを下車して、Cathedral Church of the Redemptionへ。

デリーの大統領府(旧総督府)近くにある教会で、現在の建物は1931年にオープンしている。
かつては英国から派遣されたインド総督兼副王(英領のインド帝国時代の国王は英国国王が兼務)の礼拝や宗教行事に使われたもの。これを設計したのは、ヘンリー・メッド。インドの英領後期を代表する建築家エドウィン・ルティヤンスに師事した人物。英領インドの首都がカルカッタからデリーへ遷都されるにあたって建設された、Lutyens’ Delhiと呼ばれる地域で、ルティヤンスによる主導のもとで才能を発揮した建築家たちのひとりだ。
ゴアのカトリック教会に比べると地味ではあるものの、英国がインドに建てた教会としては、破格の華やかさがある。

それはそうと、入場時に警備員から『あまり写真を撮るな』とファジーなことを言われた。宗教施設ではよく、撮影禁止やら内部撮影禁止とか、三脚使用禁止、ビデオは禁止などというところは多いが、こういう中途半端なことを言われたのは初めてだ。他に参観者もいないし、撮ったところで減るものでもないのに・・・。

Posted in column, heritage, life, politics, society, travel | Leave a comment

チャンダギー・ラーム・アカーラー

デリー在住の幾人かのインド人たちに尋ねてみると、やはりデリーにも幾つか超名門とされるアカーラー(道場)があるとのこと。どのアカーラーもそうなのかは知らないが、そうしたところでは、ペヘルワーン(力士)たちは仕事を持たずに専業でやっているらしい。ちょうど相撲部屋のようなものか。

デリー以外の州からやってきている人たちも多いとのことだが、とりわけパンジャーブやハリヤーナーといった地理的に隣接して体格に優れる人が多いところからの入門者が少なくないとのこと。普通、アカーラーの創設者は伝説的なまでに強かったペヘルワーンであるようだが、大企業が資金をサポートしているところもあるらしい。

そんな有名どころのひとつ、チャンダギー・ラーム・アカーラーに夕方出かけてみた。
着いたときにはすでに稽古の時間が終了していて残念。稽古は午前7時からと午後5時からだそうだ。

山のように大きく、猛虎のようなというか、バイソンみたいというか、まあそんな感じの体格をしたペヘルワーンがいたので少し話してみることはできた。クシティーという競技があることは知っていても、これまでまったく接点もなかった。稽古を見物してみたいし、ましてや真剣勝負の大会を観戦する機会があれば、ぜひ出かけてみたいものだ。

中には女性の姿もあり、トレーニングスーツを着ていても、物凄い筋肉の持ち主であることがそのシルエットから一目で判る。このアカーラーは、女性の力士たちの養成にも力を入れていることで知られている。

Chandgi Ram Akhara promoting women wrestling since 40 years (dnaindia.com)

ここでは、50〜60人くらい合宿生活しているとのこと。もっと大勢のペヘルワーンたちが在籍していた時期もあるとのことだが、今は少し人数が減っているとも、

次の機会を見つけて、このアカーラーを再訪するとともに、デリーでナンバルワンと言われるグルー・ハヌマーン・アカーラーもここから遠くないので見学してみたいと思う。

Posted in column, heritage, life, society, sports, travel | Leave a comment

リーマー・ラーグー逝去

ヒンディー語映画(及びマラーティー語映画)の名女優リーマー・ラーグーが亡くなった。享年59歳。
キャリアの駆け出しの頃は、Aakrosh(1980年)での出演のように、いわゆる「アイテム・ナンバー」を踊る役柄もあったが、まだ若かった時期から母親としての役柄が多かった。Qayamat Se Qayamat Tak (1988年)、Maine Pyar Kiya (1989年)、Saajan (1991年)、Rangeela (1995年)、Kal Ho Naa Ho (2003年)等々、数々の大ヒット作にも恵まれ、多くのファンに親しまれた『インドの母』。
ご冥福をお祈りします。

Reema Lagoo, Bollywood’s favourite mom, dies of cardiac arrest at 59, fans react (Hindustan Times)

Veteran actress Reema Lagoo passes away at 59 (Hindustan Times)

Posted in cinema, column, heritage, music, society | Leave a comment

マジヌーカーティーラーで夕食

マジヌーカーティーラーでマジヌーカーティーラーのチベット人居住区の食堂にて夕食。シャプタとテントゥクを注文した。
宿泊施設に事欠かず、食事も楽しいのでデリーでの投宿先としては有力候補なのだが、私自身がなかなか泊まることがないのには理由がある。
非常に建て込んでいるため、路地がとても細く、ひとりがやって通ることができるような奥まった通路の先に素敵なレストランがあったり、お得なホテルがあったりする。
ここは他のエリアにも増して野犬がやたらと多い。昼間や宵の口の時間帯は特に問題ないのだが、犬が嫌いな私としては、夜出歩いて、辺りがすっかり寝静まった中、こうした犬たちの群れと対峙するのが嫌なので、それを思ってついつい敬遠してしまうのだ。

チベット人地区の「メインストリート」はこんな具合

美味なるシャプタ

具沢山でうれしいテントゥク

用事は済んだのでメトロ駅「ヴィダーン・サバー」へサイクルリクシャーで向かう。

Posted in column, food & drink, heritage, life, security, society, travel | Leave a comment