ジャグダルプルの少数民族博物館

少数民族博物館を訪れてみた。Anthropological Museum(文化人類学博物館)という名前になっているが、事実上の少数民族博物館である。

ASI敷地内にあるが、そのASIとは、Archaeological Survey of India(インド考古学局)ではなく、Anthropological Survey of India(インド文化人類学局)だ。インドの田舎町によくある「シケた博物館」と違い、展示内容は大変示唆に富むものであり、しっかり時間を取って見学する価値がある。

館内は撮影禁止であったが、各部族についてのわかりやすい説明と習俗や生活等に関する紹介などがなされており、これらをまとめたブックレットでもあればぜひ購入しておきたかったが、残念ながらそうしたものはなかった。屋外には主だったところの部族の家屋等が再現してある。

同博物館では、インドの少数民族研究への功績に敬意を表し、イギリス人の文化人類学者ヴェリエール・エルウィンについての紹介もなされていた。私はこの人については知らなかったのだが、ウィキペディアからの受け売りになるが、このような人物であったらしい。

ロンドン生まれで、宣教師として植民地インドでのキャリアをスタート。彼はインドにおける少数民族研究に大きな足跡を残すとともに、マハートマー・ガーンディーの独立運動にも関わっていたとのことで、「インド愛国者」としての評価も高いそうだ。

ゴンドの女性と結婚、離婚、そしてまた別のゴンド女性と結婚、独立後のインドでは、そのまま少数民族関係の仕事のため残り、インド国籍を取得。そしてデリーで亡くなったそうだ。
イギリス人としては、相当な変わり者であったようだが、少数民族研究において、大きな業績を達成した人物であるらしい。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ジャグダルプルの「ニュー・ケーララ・レストラン」と「ニュー・ケーララ・ホテル」

街の中心にある商業地に、同じマネジメントによるふたつのレストランがある。

この日の夕食は「ニュー・ケーララ・ホテル」にてフィッシュカレーとマトンフライを注文。実はこの一角を越えたすぐ先にあるノンヴェジのアーンドラ料理屋に行くつもりだったのだが、道路こちらの「ニュー・ケーララ・レストラン」、路地挟んで向かいの「ニュー・ケーララ・ホテル」という壁を越えることができなかった。

実は昨日、道路左側にある「ニュー・ケーララ・レストラン」のほうに入ってしまったときもそうだった。本当は、アーンドラ料理の店を目指して歩いていたのだ。

本日はその二の足を踏むまいと、道の右側を歩いてみたのだが、今度はその側にある「ニュー・ケーララ・ホテル」から漂う香りに足を止められてしまった。

経営者が同一のふたつの人気店が細い道路両側に建つという、絶妙な位置関係で、そこから先に進もうとする空腹客を見事に取り込んでしまう。地元の同業者たちは、「これは反則だ!」と声を上げてもいいように思う。

昨日「ニュー・ケーララ・レストラン」で食べたフィッシュ・ビニヤーニーのときと同じく、汁に入っている堅揚げの魚のフライが水分を吸い込み、やや柔らかくなった、かつ香ばしい外側のカリカリと汁の酸味のハーモニーを楽しみつつ、骨付きマトンの柔らかく煮込まれた肉とスジの部分のなかなか噛み切れないながらも深いコクを楽しむ。楽しい夕餉となった。

同一マネジメントの店とはいえ、メニューは共通ではないのが憎い。「ニュー・ケーララ・レストラン」はどちらかといえば少しアップマーケットで、家族連れ、商談客、カップルなどが多い。
「ニュー・ケーララ・ホテル」のほうは、ひとりで訪れる客、若い客が多いようだ。こちらはメニューに掲載してあるアイテムを絞り込み、よりエコノミーな料金で提供している。
そんな具合に客層を区分しているため、斜向かいに建つ姉妹店とはいえ、使用されている米の種類も違えば、食器類のグレードも異なるのだ。

「ニュー・ケーララ・レストラン」で出されるビリヤーニー

「ニュー・ケーララ・ホテル」で提供されるビリヤーニー。ご覧のとおり「ニュー・ケーララ・レストラン」のものとは使用する米の種類も異なる。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | Leave a comment

バスタル宮殿

バスタル王国最後の王、プラヴィール・チャンドラ・バーンジ・デーオ。現在の当主の祖父だが、独立後のインドで州議会議員となったが政治絡みで非業の死を遂げている。

バスタルは英領期に小さな藩王国であった。王はラージプートの家系だが、バーンジ王朝と呼ばれるオリッサ、チャッティースガルなど、東部にいくつかの小王国を築いた系譜に連なる。
現在の当主はまだ若いカマル・チャンドラ・バーンジ・デーオで、2013年の州議会選挙にBJPから出馬して見事当選している。
だが彼の家はそれまで40数年間も政治から遠ざかっていたこともあり、旧藩王国の主という知名度はあっても、地盤はとうの昔になくなってしまっていたため、相当な快挙だったようだ。
さて、この宮殿だが、入口の赤と白で彩られたゲートを入ってすぐのところにダンテーシュワーリー寺院という当地では有名な寺があるので参拝客は絶えないのだが、その少し奥に旧藩王家の宮殿がある。
「ラージプートの宮殿」と聞いて想像するようなきらびやかなものではなく、政府の役所みたいな感じの建物だ。
私のような外部の人間が見学できる部屋がひとつだけあり、そこに歴代の当主の肖像画や写真が飾られている。
一番下の画像がその部屋なのだが向かって右側奥に階段があり、その上は旧王家の住まいとなっており、彼らはここで今も日常生活を送っているとのこと。
藩王国が終わったとき、つまりインドが英国から独立してからだが、もちろん関係者にとっては生活を賭けた一大事であった。
藩王国から州政府に統治権限が委譲されるといっても、それまでの統治や記録、ノウハウ等々の一切を藩政府の役人たちが握っており、そうした背景を持たないまっさらの人たちが送り込まれても何も仕事ができないため、旧体制で実務を担ってきた人たちの多くが、そのまま横滑りしたケースが多かったことは想像に難くない。
各藩王国の主やその家族たちはインド政府から年金を保証されて共和国への併合を承認した。
その後、国会による決議を経て、1971年に旧藩王家への年金は廃止されている。ここに至る動きの中で、これを阻止すべく大勢の旧藩王家の人たちが中央政府の総選挙に出馬しているのだが、独立インドでしっかりと地盤を築いてきた一部の人たちを除き、ことごとく落選している。
独立以降のインドでは、旧王家という看板だけではまったく戦えないのである。あるのは他の政治家と同じで、地盤があるかどうかだ。
先述の旧藩王家の当主だが、今年11月に投票が実施された州議会選挙では再選できなかったようだ。
そんなわけで、もはや旧王家であることによる世俗の力は何もなく、あるのは共和国への移行に伴い手元に残すことができた私財をいかに運用できたか、つまりビジネス等の世界で増やすことができたかどうか、あるいは藩王国廃止時点で持っていた地盤と人脈を最大限に活用して、政界に地歩を築くことができたかどうかですべてが決まる。
そうして自ら築き上げた地位以外の部分で、今の時代に、王が王としての威厳を行使できる場があるとすれば、王家の時代からプライベートに仕えている執事、使用人(王家によっては、そうした人たちを同じ家から代々雇用しているケースがある)くらいのものだ。
小さなバスタルの王家でそういう関係にある人たちが今もいるのかどうかはよく知らないのだが。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

Ausum Bastar

Ausum Bastarというフェイスブックページを運営しているUnexplored Bastarというオフィスがあり、ジャグダルプル到着前から幾度かメールやメッセンジャーでやりとりしていたのだが、その場所らしきところに着いてもまったく看板も出ておらず判らない。

目の前にある薬局で初老男性に質問してみたところ、「ああ、息子がやっているボランティア集団だよ」とのこと。てっきり旅行代理店と思っていたのだが、そうではなかったらしい。

息子さんは仕事でライプルその他の街から街へと飛び回る忙しい人で、彼と同世代である30代くらいの10数名の仲間たちとバスタルの観光を振興させるための活動をしているとのこと。その半分くらいは先住民出身の人たちで、皆それぞれに仕事を持っているにも関わらず、精力的に情報収集・発信をしているようだ。

男性は「息子は不在だが彼の仲間を呼ぶよ」とのことで、そうした活動をしている中の一人を薬局まで呼び寄せてくれて、しばらく情報収集をさせてもらうが、かなり有益なインフォメーションを得ることができた。ガイドの紹介、クルマの斡旋等も行っているとのことで、それらについても少し話を聞いてみたが、まったく無理強いすることもなく、本当に観光振興のために活動しているのだなとわかる。

とりあえず明日回る訪問先を決めたのだが、彼らの紹介できるクルマは少々高いように思われた。「他にも代理店とか当たってみるといいかも?」という勧めに従い、同じ通りにある普通の旅行代理店で予約した。情報だけいただいてしまったようで申し訳ないが、こうした形で地域の観光振興のための活動を続けているというのは実に立派なことである。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

“Chinatown Days” by Rita Choudhury

アッサムの女性作家、リーター・チョードリーによる大作。
清朝支配下の19世紀、南中国の寒村から奴隷として町の商人のところに売られていき、そこで奴隷ながらも主の信用を得て、それなりの金銭的充足と自由を得ることとなった少年。だが、彼はさらにここから別の人身売買シンジケートにより、カルカッタへ運ばれ、そこから開業間もないアッサムの茶園に行くこととなる。

時代は下り、その茶園近くのマークームの町や周辺で事業を起こした中国移民の子孫たち。
アッサムのすっかり根付き、「中国系アッサム人」として地域社会の中の一部として定着していた。

中印戦争開戦。最初は特に影響を受けることのなかった華人コミュニティだが、インドの敗色濃くなっていくにつれて、反中国感情の高まりとともに、中国系住民への感情も急速に悪化していく。

中国との敵対関係がエスカレートしていくとともに、国内政治でも共産主義勢力を「親中かつ反インド」であるとして攻撃するだけではなく、民族的なルーツを中国に持つ人々への風当たりも強くなってくる。

やがて中国系市民の拘束の命令が中央政府から発せられ、華人が集住していたカルカッタはもちろんのこと、ところどころに華人コミュニティが散在していたアッサム(当時は現在のメガーラヤもアッサムの一部)においても一斉に彼らを逮捕して地域内の刑務所へ収容してしまう。驚いたことに、チベットからダライラマとともに亡命してきたチベット難民の中にも、このあおりで逮捕・拘束された人たちが少なくなかったらしい。

その後、華人たちは、まとめてラージャスターン州のデーオーリーキャンプへと列車で移送される。(デーオーリーキャンプは、奇しくも第二次大戦期にマラヤ半島などに住んでいた日本人たちが敵性外国人として植民地当局に検挙されて移送された先でもある。)

インド政府は、世代を継いでアッサムに暮らし、インドを祖国とする中国系市民を敵視するいっぽう、引き揚げ船を仕立てて彼らを迎えるというオファーをする中国に対して、これ幸いと彼らの身柄を引き渡してしまう。インド生まれの華人たちにとって中国は未知の国。おりしも時は文革の渦中で、引き揚げてきた彼らはインドによるスパイという嫌疑もかけられて大変な苦難を重ねることとなる。

中国に送られることなく、アッサムに帰還することができた華人たちにとっても、日々は決して楽なものではなかった。苦労して得た工場、店、家屋などは、「敵性資産」として、競売にかけられており、彼らの父祖がそうであったように、再び裸一貫でスタートしなくてはならなかったからだ。

文革の嵐が収まりかけたあたりから、中国に送られたアッサム華人たちの中で、当時英領だった香港を目指すのがひとつの流れとなっていった。

そして現在、結婚したばかりの華人妻と生き別れになったアッサム人男性が、かつてマークームに暮らした華人住民たちの小さな集まりが開かれる香港を訪問して49年振りに再開。

雄大な時間軸の中で展開していくスケールの大きなドラマ。こうしたインド系の人々の歴史を交えた長編作品を得意とする大作家アミターブ・ゴーシュの作品を彷彿させる。

もともとマークーム(মাকুম)と題して2010年にアッサム語で発表された当作品だが、好評を得て英語版も出版されることとなったが、翻訳版という形ではなく、新たな記述等を加えて最初から書き下ろすことになったため、英語版の出版まで何年もかかったと聞いている。

タイトル:Chinatown Days
著者:Rita Choudhury
出版社:Amazon Services International, Inc.
ASIN: B0786T8XKX
※紙媒体ではなく、アマゾンのKindle版を入手。

Posted in column, disaster, greater india, heritage, language, life, politics, reading, security, society | Leave a comment