変わりゆくインド

BOSEの専門店がこういうとことかモールとかに当然のようにあって、そこで売られる高級品が目の前でどんどん売れて行くのが今のインドなんだなぁと思う。都会ではBOSEに限らず、クルマ、化粧品、カバンに衣類等々、あらゆる分野の国際的なプランドのショップが遍在し、それらを当然のごとく消費する人たちがいる。

コロナ前、よく映画DVDを買いに訪れていたデリーのグリーンパークのある店に行ってみるとトタンで建物が覆われていた。手前にある文房具屋で尋ねると、「あー、あの人は商売たたんでしまったよ。地所も売っちゃったしね」とのこと。

店舗を借りているのではなく、所有していたのなら良かったのだろうけど、趣味と実益を兼ねたような人で、年配者なのに販売しているDVDについては、若者が観るような今どきの新作にも詳しかったので作品選びには頼りになった。

もはやDVDで映画を観る時代ではないのだから、仕方ないといえば仕方ないし、おじさんもそろそろいい歳だったし、こちらも仕方ないといえば仕方ない。時代とともに街なかの様子も変わりゆくインド。

DVD屋は建物ごと無くなっていた。

時計屋が減った

購入したHMTの手巻時計のベルトを替えようと界隈を歩くも、時計屋が見当たらない。

昔は時計屋や修理屋はあちこちにあったものだが、今は高級時計を販売する店は健在でも、腕時計を主たる商品として取り扱う店自体がずいぶん減ってしまったようだ。あたりを見渡してみると、腕時計をしているインド人もとても少なくなっている。

日本でも同様だが、インドでも携帯電話の普及により、腕時計があまり必要とされなくなっているのだ。

手巻時計購入

この形のHMT時計が欲しかった。楕円で金属枠部分が広いタイプの手巻時計。HMT社からいくつかこうしたものが出ていた。自動巻の「Rajat」もそうだったし、名前は忘れたが同じく自動巻の四角いモデルは金属ケースが重厚な割には文字盤がやけに小さくてとても変わっていた。

この業者はカーン・マールケットで営業しているのだが、わざわざ「HMT修理及び販売」という看板を出しているとともに、お客に対して「こちらすべてセコハンですよ。パイロットやジャナタなどはリアセンブルですよ。私が組み立てています。」と言い切って販売しているのが良い。

事情をあまり知らなそうな外国人相手には、よく「HMT社のオリジナル品だ」とか「同社の在庫から直接取り寄せている」などと言って、「フランケン」つまりリアセンブルして文字盤も独自のものをはめ込んで売りつける店が多い中、正直に説明する率直さに好感が持てる。

またセコハンと言っても、パッと見た感じは新品同様に磨き上げてあるのも良い。通常はリアセンブルもかなりいい加減なものが多く、巻き上げ感がひとつひとつ違ったり、竜頭の抜き戻しに違和感があったりと、個体によりバラつきがあるものだが、彼のところの在庫をいくつも触れて確かめたが、どれも同じコンディションのようで、まあ信用できそうだ。

カーン・マーケットに足を伸ばす予定があり、HMTの機械式時計に興味がある方には良いかも?といった具合である。

意識高い系の書店

新型コロナ感染症は、すでに「過去のこと」といった観のあるインドの街なかだが、それでも人によっては、稀にマスク姿の人 (大気汚染対策か?)もあるし、店でもこんなところがあった。

デリーのカーン・マーケットの書店「Bahri Sons」は、感染防止対応が厳重。入るとスタッフがお客の手にアルコールジェル付けてくれるとともに、マスクの着用が求められる。相手がもっていないとその場でくれる。(もちろん新品)

店の人たちも全員マスクをしていて、空調を稼働させつつも、ベンチレーターも回して換気に気を付けているようだ。他の多くの場所では、2019年(つまりコロナ前)と同じように見える中でここは異色である。