ご神木③「お寺になった」

ご神木がここまで来ると、もはやお寺である。

屋根が作られてプージャーリー(司祭)まで鎮座している。

たいした出世ぶりだ。

だがこのあたりがご神木の限界でもある。

道路脇のこうした小さなお寺の類が、門や敷地を構えた寺院にまで発展した例は知らない。

このあたりまでは、地域の人たちの思い入れや成行きなどで実現するのだが、寺院となると時の有力者がカネ、コネとパワーでドカン!と建立するものだからだ。

そうは言っても、これはこれで神々しい。

豪華絢爛な寺院であれ、こうした街路樹上がりのご神木であれ、そこに投影されてきるのは

同じ神である。そうした目に見える象徴を通して、人々ははるか彼方にある神を拝しているのである。

〈続く〉

ご神木②「魂が宿った」

木のたもとに基壇が作られ、人々が集って魂が宿った。

その結果、像が置かれて神性を帯び、やがて祭壇となった好例。

ここまでくると、もはやただのご神木や祭壇ではなく、ちょっとした規模の寺院に相当しそうなパワースポット。

それだけに鎮座する神々もシヴァ神ご一家という豪華さで、大変美しく仕上げてある。

私もお賽銭を差し上げて、お参りすることにした。

〈続く〉

ご神木①「出世する樹木」

道端の木がこうなると、しめたものだ。

根元にコンクリートの基壇がしつらえてある。広告が描かれているのは少々気になるが、まあ良しとしておこう。何がしめたものかと言えば、この木の今後の「出世」だ。

人々がここに座ってくつろぐ。昼寝する人も出てくるだろう。

人々が集うようになり、魂みたいなものがこもってくると、小さな神像を置いたり、赤いティーカーをほどこしたりして、少し神性を帯びてくる。神像の足元にお布施の硬貨やわずかばかりの献花を見かけるようにもなるはずだ。

やがて屋根の付いた祠を誰がしが寄進し、少額紙幣が複数置いてあったり、きれいなマーラー(数珠繋ぎにしたキク科の花)のを目にするようになる。もはやここまでくると、立派にご神木に化けたと言える。

ご神木化した。

この先になると、いつしかちゃんとした小さな建物が出来上がるかもしれない。どこからやってきたのかプージャーリー(祭司)が常駐するようになり、祠の祭儀の一切を取り仕切るようになる。今の忙しい時代とはいえ、まだまだそういう発展を見せることは少なくない。

〈続く〉

スーフィヤー・レストラン

ナコーダー・マスジッドの向かいにある。
こじんまりとした規模の店

カルカッタの朝で外せないのは、やはりラールバーザール地区の中華朝市もそうだが、そこから歩いて5分程度のところにあるナコーダー・マスジッド向かいのスーフィヤー・レストラン。
ここはビーフアイテムが充実しているため、ランチあるいはディナータイムにも来てみたいのだが、これまで早朝の散歩のときにしか立ち寄ったことがない。

店のメニュー
ここのネハーリーは実に美味

これらは客から依頼されているテイクアウトの準備中。

 

Aminia Restaurant

Aminia Restaurantニューマーケット店

1929年にナコーダーマスジッドのあるザカーリヤー・ストリートで創業した老舗。

美味しい食事処を把握しておかないと、食事の時間が近づくのが憂鬱になることが少なくない西ベンガル州の田舎町(他の州でも往々にしてそうだが)と違い、信じられないほど旨いものがあちこちに溢れるカルカッタ。市民の可処分所得の差と市場規模の違いによるものだが、この不均衡ぶりは凄まじい。

市内で9店舗を展開しているが、1947年に営業開始したニューマーケット店を除けは、ほとんど近年出店したものばかりだ。1996年に開店したゴールパーク店を除けば、どこも2010年代になってから競うように出店している。

このレストランはHPではメニューも紹介されているのでご覧いただきたい。決して品数は多いとは言えないが、デザートまで妥協のない良いものが用意されている。