Category Archives: travel

スーラト1 モーディー・アーターシュ・ベヘラーム

濁った海水の上のさざ波と黒々とした砂州というか干潟というか・・・が大きく広がっている。その黒い砂州には塩田もあり、砂鉄分ともヘドロともつかない土壌の上で作られる塩のミネラル分だか有機分を思うと、工場でケミカルに作られたも … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

バスタル観光の今後

その後もいくつかのハートを回ってみた。どのハートも曜日を違えて週1回の割合で開催されているため、毎日違うハートを見学することは可能だし、品物を売りに行く人たちもそのように複数のハートに出入りしていることは多いようだ。例の … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

部族の村とハート(4) ハートの眺めあれこれ

通常のインドのマーケットと異なり、品物をドカッと積んで量り売りするのではなく、小さな山にして並べている。先住民の人たちの間で度量衡の感覚がないため、「ひと山でいくら」とするのがわかり易いためとのこと。 稀にハカリでキロ売 … Continue reading

Posted in column, food & drink, heritage, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

部族の村とハート(3) ナングールとナンガルナール

バスタルは、ヒンディー語圏であるチャッティースガル州にあるため、部族の人たちは身内ではそれぞれの部族語で会話しているとはいえ、ハートに出てきている人たちの間で個人差は大きいものの、ヒンディー語でコミュニケーションするのに … Continue reading

Posted in column, economy, heritage, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

部族の村とハート(2) デーヴ・グリー

一見、何の変哲もない村であっても、寺や礼拝施設に相当するものが、一般のインド社会と大きくかけ離れているものであることに大変驚いた。家の壁などにはヒンドゥーの神が飾られていたり、女性が額にビンディーを付けていたりしていても … Continue reading

Posted in column, heritage, life, travel | コメントは受け付けていません。