パータンの宿

 

ネワール式建築の家屋を宿泊施設に転用した「Newa Chen」に投宿。もともと裕福な一族の屋敷であったものなので、窓枠の彫刻飾りや建物内外の意匠など、眺めていて楽しい。

ただし天井がとても低く、中肉中背の私でも天井の高さは頭頂部ギリギリで、欄干をくぐる際には少ししゃがみこまないと、頭をぶつけることになるのが、伝統的なネワール家屋のサイズ感。背丈190cm近い大男たちがゴロゴロいるスカンジナビア半島の人たちが訪問したら、天井の低さに音を上げそうだ。

前日には、このような建物が食堂に転用されたところで夕食を摂ったが、上階から階段を降りきったところで、額をしたたか打ちつけてしまい、一瞬意識が飛んだ。一般的に小柄な人たちが多いネパールだが、これらの建物が出来た頃には、おそらく男性でも背丈は概ね160cm前後だったと思われる。

近年の建物はこうした規模感で造られることはないようだし、若者たちも私たちからみて、そんなに小柄なということもない。おそらく食生活や生活スタイルの変化により、体格が飛躍的に向上したということなのだろう。言うまでもなく、日本でも私たちの祖父祖母世代では、かなり小柄な人たちが多かった。

また、日本よりもずいぶん早くから豊かだったアメリカでも、第二次大戦あたりまでは、それほど長身の人たちがたくさんいたというわけではなかった(当時の日本人はとても小さかったので、この頃のアメリカ人たちは相対的に大柄ということにはなるが)ようだ。たぶん、幼い頃から毎日、肉など高タンパク質な食材を充分摂取できるようになっていることが寄与する部分は多いにあるのだろう。

つまり食肉生産の「工業化」により、ブロイラーのごとく、まるで工業製品であるかのように大量発生生産できるようになったこと、同様にそうした生産物の大量輸送量と長期にわたる大量保管が可能となったため、いつ何時でもこれらが入手出来て、家庭においても保管できるようになったことだ。もちろん肉類だけでなく、農業生産の分野でも品種改良や栽培技術が進んだため、大量生産によりふんだんに市場に配給されるようになっている。

日本の私たちの世代は、生まれた頃にはすでにこのプロセスが完了していたので実感することはないのだが、国によってはある時期を境に人々の体格が著しく向上している地域がある。

ネパールの都市部もたぶんそうなのだろうけれども、インドのパンジャーブ州などは、その典型だろう。もともとアーリア系の形質を濃く受け継いだ人たちが多いことも関係している (大きく逞しくなる潜在力が大きい) かと思うが、今の30代前半くらいまでの若い人たちの中には、とても長身な人たちが多い。彼らの親世代も体格に恵まれた人たちは少なくないとはいえ、それほどデカい人たちは多くはないのに。

おまけにマッチョな地域柄、尚武の民スィク教徒が多いという背景もあり、格闘技は盛んだし、お手軽に強そうに見せるためのボディービルも盛んなお土地柄。そのためちょっと暮らし向きに余裕のあるエリアでは、どちらに目をやってもデカくてムキムキのバカマッチョたちがふらふら出歩いている。

伝統家屋の天井の低さから話は飛んでしまったが、そこからいろいろ思いが及ぶところがあるものだ。

「Newa Chen」ウェブサイト

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

増殖するOYO

カトマンズでもOYOが増殖しており、例の赤いロゴ入り看板が目立つ。このチェーンに加盟する宿はロクなものではないのだが、やはりこの国でも当然のごとく勢力を伸ばしている。

話はネパールから逸れるが、インドのデリー訪問時の常宿としているところは、エコノミーな宿の割には、午前2時とかに着いてもちゃんと対応してくれるし、メールで予約しても、ちゃんと部屋は取れているし、前金も要求されない。

なんだ、そんなの当たり前じゃないかと思うかもしれないが、実はそうではないのだ。このあたりがちゃんと対応しているエコノミーな宿というのはあまりない。

深夜過ぎに着くと、玄関が閉まっていて、背後でワアワア吠える野犬にビビって冷汗かきながら扉をガンガン叩いて大声を上げると、ようやく眠い目をこすりながら使用人のお兄ちゃんが開けてくれるとか、予約のメールをしても、催促のメール出してもなしのつぶてで、遅い時間帯に到着してみると、満室とのことで断られるというようなところは、エコノミーな宿では多いのだ。そうした宿は、カイシャ的な経営ではなく、家族経営あるいは雇い入れたマネージャーに任せっぱなしのところが多いため、自然と容易なほうに流れてしまい、ルーズになっているケースが多い。

エコノミーな宿からロイヤリティをせしめて、包括的なノウハウとマーケティングを提供するOYOのようなビジネスが急伸した背景には、そうしたエコノミーな宿泊施設におけるマネジメント能力の欠如がある。うまいところに目を付けたものだと思う。

booking.comなど予約サイトを利使って予約してもいいのだが、クレジットカード情報を入れたり、前払いする必要があったりするため、メール予約で現地決済のほうが気楽に決まっている。そうでなければ、前金やクレジット情報を入れずに予約できるところがあると気が楽だ。OYOはちょうどそんな感じ。前払いにすると、少し宿泊費が安くなったり、朝食が付いたりといった具合で、前払いもしくはクレジット情報入力へ誘導しようとするが、それらなしでも予約はできる。

また加盟施設が急伸しているためか、ネパールではどうだか知らないが、インドにおいては大手予約サイトではカバーしていないような田舎町にもOYOの施設があったりもする。

勝手のよくわからない小さな町に夜遅く到着するような場合、OYOのサイトにアクセスして予約しておくと安心かもしれない。もっともそんなケース以外では、決して利用したくないのだが。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ネパール版ユニクロ 「KTM CTY」

コンセプトとしては、おそらく日本のユニクロにとても近いのだろう。気が利いているアイテムをベターな品質と手頃な価格で提供しようという。ネパールのマーケットに溢れる安かろう悪かろうといった品質の衣類と比較すれば、お買い得感はありそうだ。どの店舗もそれなりに地元のお客さんたちで繁盛しているようなので、悪くなさそうだ。

一瞬、UNIQLOかと思う。
やはりUNIQLO風
いかにもUNIQLO

大きな店舗になると、スポーティーなアイテムをまとめて取り揃えたコーナーもあるなど、やはりこれは「ユニクロ」である。入手してみたTシャツは定価590Rs。ネパールなのに全然安くないではないかと思ったが、Buy 1, Get 1 Freeのコーナーにあったため、2枚での価格となっている。生地は決して悪くないし、縫製もけっこうちゃんとしている。そして着心地も問題なし。

ただし気になるのは、モデルによっては、一度試着すると首回り部分がデロンデロンに伸びてしまうものがあること。このあたり質の向上と安定が求められるところだろう。

あとはサイズ感。まさか「国際的な展開」を視野に入れているわけではないと思うが、サイズ設定が欧州規格になっているらしいことだ。日本サイズならばM、欧州サイズならばSというのが私の衣類サイズなのだが、このKTM CTYでいくつか試してみると、どうもMサイズでは大き過ぎるのだ。ネパール人カスタマーは小柄な人たちが多いため、初めてこのチェーン店を利用する場合、サイズ感に「あれ?」と思うことだろう。

その他、上着類、各種パンツ類なども見渡してみたが、なんだかあか抜けない感じのアイテムが多いのは、まだ仕方ないことかもしれないが、店内の快活さ、手際良さは、まるで日本のそれのような感じだ。

私自身はユニクロ等が好きなわけではないのだが、価格の割にきちんとしているので、無地Tシャツ、下着、ソックスなどはよく購入している。ユニクロのニセモノと言ってしまえば、それきりだが、品質や顧客応対もしっかりしていて好感が持てる。今後、このKTM CTYは大きく成長していくのではないかと思う

こちらはANTA
ANTAはよりスポーティーなアイテムの力を入れているように見える。

同業他社のANTAとライバル関係にあるようで、こちらもKTM同様に、スポーティーなアイテムが揃えてあり、ちょっと腰回りがダブついてきた地元ジェンツやマダムがジョギングシューズ姿で品定めしているのは微笑ましい。

同じ建物に隣り合って直接対決

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ネパールらしい慎ましさ

カトマンズのダルバール・マールグにて、洒落たファッションの店が品物入れ換え中。

マネキンだけがショーウィンドウに置かれているのだが、男性は腰回り、女性は胸と腰回りにかけて古新聞でカバーしてある。

やはり慎ましいヒンドゥーの国なので、マネキンとあれどもヌードで放置するわけにはいかないようだ。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

カトマンズの中国人経営の店

タメル界隈には特に中国語の看板がとても多く、「チャイナタウンか?」と思うほどだ。旅行代理店、宿泊施設、クーリエーサービス、食堂に飲み屋等々、主に中国人観光客相手の店が多いようだ。

飲食店では、中国人が経営していても、注文取りはネパール人という店もあれば、働いているスタッフも全員中国人というような店もある。どこも中国人客で繁盛しているようだ。こういうところで稼いでいる中国人による「カトマンズ繁盛記」みたいなものがあったら読んでみたい。

アーユルヴェーダ関係のものを扱っていると思われる店でも、中国人客には中国人がさばくという心意気だかなんだか知らないが、店員はいずれも中国人らしく、中国人客の出入りがとても激しい薬房である。

売り手もお客もみんな中国人という「アーユルヴェーダ」の薬房

だが観光業というものは水物。景気の悪化、テロや疫病などの社会現象の影響を直に受けるものなので、ネパールのように観光への依存度の高い国、そしてその業種に携わるというのは、今はこうした儲かっているようでも、実にリスクの高いものだと思う。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。