コールカーターのトラム2

BBDバーグの市電デポーは廃止となり、地下鉄関係工事が進行中。

沿線の混雑ぶりとコロニアル建築の量から最も眺めが面白いはずのBDDバーグの市電デポーが廃止となり、ここを起点としていた路線はすべて廃線となったのは残念だが、それでもまだトラムのルートが今もいくつか残っているのはコールカーターの良いところ。

エスプラネードのデポーから出発

エスプラネードのデポーからシャーム・バーザール行きに乗車してみた。レーニン・サラニーとニルマル・チャンドラー・ストリートの交差点まではガリヤーハート行きと同じルートだが、ここから先はガリヤーハート行きはここを右折し、シャーム・バーザール行きは左折となる。例の鉄棒持ったCTC(カルカッタ路面電車公社)制服の職員がレールをムギュッと押してポイント切り替えをするのがこの地点だ。

左折すると、市電は終点まで直進していく。途中、道の両側に書籍の露店がひしめき合うカレッジ・ストリートでプレジデンシー・カレッジを横目に見て、さらにまっすぐ進んでいくと、やがてシャーム・バーザールの市電デポーへと至る。この路線も左右にコロニアルな建物や古くからある住宅、由緒ありそうな教会などが建ち並び、なかなか情緒ある市電ライドを楽しむことができる。

財布に優しい運賃。起点から終点まで乗っても7Rs。

大通り脇の商店街奥への引き込み線のようになっているのがシャーム・バーザールのデポー。
デポーの奥には古いがスマートな形状のトラムがあった。
夜になると、また異なる趣のあるシャーム・パーザールのデポー付近。

 

夜の車窓風景もまた趣がある。

nor

またカレッジ・ストリートとM.G. Roadの交差点で下車すると、M.G. Road上を走るハウラーデポー行きの市内電車をつかまえることができる。市内電車で移動できる先は、バスに較べると限られるのだが、独自の味わいがあるのは、やはりトラムといえども鉄の起動上を走る電車であるがゆえのことだろうか。

カレッジ・ストリートとMGロードの交差点で下車。
ハウラー・デポー行きのトラムに乗車。たまたま新型車両であったため、これまた異なる雰囲気の乗り心地。

コールカーターのトラム1

始発駅から終着駅まで。(エスプラネードからガリヤーハートまで)路面電車堪能。運転席真後ろの席を得られたのが良かった。この位置の席のためにエスプラネードの始発まで行ったのだ。終点まで運転手のアクションをフォローすることができる。

このポイントで市電を直進するか右折させるかは、CTC職員の小手先次第。

交差点での直角カーブにもシビレる。これまで気付かなかったが、複数の路線が交わる地点では、鉄棒持ったCTC(カルカッタ路面電車公社)制服の職員がレールをムギュッと押してポイント切り替えをやっている。

市電を直進させるか右折させるかは、CTC職員の小手先次第。

まあ、それだけ専門でやってるのでヒマなように思うが、暑くても寒くても、はてまた大雨の日も、それだけのために立って待つ(作業は3秒)のだから大変だ。

最近、エアコン車両も導入されたとはいえ、やはりオリジナルバージョンの味わいが素晴らしい。夕方はまた格別のムードがある。電車は乗ることが自体がエンターテイメント。

バスは混んでいるのに、やはり路面電車はガラガラ。ウゥゥーという独特なモーター音と、チンチンという警報音。路面の揺れも心地よい。

「チンチン電車」という愛称の元となった特有の音は、運転手の足許のペダルを踏むと鳴ることによって鳴る。

終点のガリヤーハートのデポーに到着。そのまま折り返そうかとも思ったが、もったいないのでタクシーで少し先にあるダクシナーパンという工芸品/等のモールに行くことにした。

地元手工芸品やテキスタイルの店が入っているのだが、センスの良い伝統衣装やクルターなどを多数目にすることができる。

インドのウィークエンドマガジンで取り上げられていたDolly’s Tea Shopに行ってみた。カルカッタ市内を南下したところにあるダクシナーパンというショッピングコンプレックスの入っている。魚のフライとレモンティー(レモンを絞るだけでなく、レモンピールエキスが入っているようだ)どちらも美味しかった。

その名のとおり、ドリーという名の女性が始めた店で、近ごろよくあるインド版スタバみたいなチェーンよりも高いけど、ゆとりのある人たちの間で人気だという品の良い店だ。「ドリー」という名前に、グラマラスでセクシーな女性を想像していたが、いたのはガタイが良くて押し出しの強いダミ声のオバハンだった。

美味しい紅茶を楽しんでいると、「茶葉はいらんか?」「小袋もあるで」「どれにする、あ?」と、かなりうるさいので早々に退散することになった。

ガリヤーハートのトラムのデポーまで出てから、再びトラムに乗車。行きと帰りでは方向は逆だし、日没後は目にする眺めの印象も異なる。

始発から終点まで乗っても7Rs。往復14Rsで大変楽しめる。車内は趣があるし、バスよりもかなり速度が遅いためか、車内は比較的空いているのも良い。

アルメニア人学校

サダルストリート界隈にあるミルザー・ガーリブ・ストリート(旧称フリースクール・ストリート)にあるアルメニア人学校。
「Armenian College」とあるが、大学ではなく1年生から10年生までの子供たちが通う学校だ。
インドと日本では学校制度が異なり、これに関することは割愛するが、日本で言えば小学校1年生から高校1年生に当たる学齢の児童生徒たちが通う。
「創立1821年」と記されているように、非常に歴史のある学校だが、これは英領期の旧帝都カルカッタにおけるアルメニア人のプレゼンスを物語るひとつの証とも言える。
もともとは現在のハウラー・ブリッジに近いバラー・バーザール地区にあるアルメニア教会近くにあったが、1884年に現在の場所に移転している。
サダルストリート界隈は、19世紀末以降からユダヤ人とアルメニア人が多い地域として知られており、この地域にあるフェアーローン・ホテルはアルメニア人家族が買い取った屋敷である。(2018年にオベロイ資本に売却)
インド独立後、ユダヤ人もアルメニア人も多くはインド国外に流出していることから、往時の繁栄ぶりを想像するのは容易ではない。

機能美

自転車ベースのサイクルリクシャーやその発展形であるスクーター(中にはバイクも)がベースのオートリクシャーは伝播した地域で相当広いバリエーションがある。

それに較べると、かつて香港やマレー半島のなどにも広がった人力車については、江戸東京博物館で展示されているもの、復元されて鎌倉などの観光地で走っているものと、ほとんど形は変わらない。

全体のフォルム、棹部分の長さ、車輪の径、座席や天幕の形状いずれをとっても、日本で開発されたオリジナルの人力車の完成度が高かったためかもしれない。(「だから日本は凄い」なんて言うつもりはない。最初に横浜で人夫を雇ってこの商売を始めさせたのは華人の商売人だったという説もある。)

人力車の営業が広まった地域の中で、ただひとつ今でも現役で走っているコールカーター。ずいぶん昔から新規登録はなされず、「遠からず消える」と聞いていたのに、21世紀に入ってもこれが続いてしまったどころか、この世紀もすでに五分の一を終えようとしているので、まだしばらくは街の景色の一部であり続けるのだろう。