「インドの言葉」としての英語

ごく当たり前のことだが、日本では英語を「外国語」として学ぶいっぽう、インドでは英語を身につける目的はドメスティックな用途だ。

日本人で英語が上手な人で、なぜかアメリカ人的なリアクションや仕草が出たり、日本語で話すときと違って「外国人を真似」している風だったりして「借り物」的な感じがすることがある。何か意見を言うときも、そこに引きずられてしまい、日本語で言うときとちょっとニュアンスが違ってしまうこともあるのではないかとも思うことがある。

インドで英語は「インドの言葉」として学ぶため、そのあたりのブレはない。外国語ではなくインドの言葉なので外国の英語のアクセントを真似る必要はなく、必要があってインドの国外に行くときも「通じる言葉」なので、なおさらのこと卑屈になる必要はないのだ。

英語がインドに定着したのは、言うまでもなく英国による統治があったがゆえだが、英語とともに「Vernacular Language」つまり「現地語、土着語」が用いられていたのだが、これが19世紀前半あたりまではペルシャ語であった。英国で採用されてインドに赴任する若い人たちは、みっちりとペルシャ語を仕込まれてから船に乗っていたわけだ。

ペルシャ語が行政の言語であった背景には、ムガル帝国による支配及び西方からの文化的政治的な強い影響があったため、ヒンドゥー教徒をマジョリティとする社会上層部でペルシャ語の知識は共有されており、ムガル帝国で政府に仕えるヒンドゥー教徒知識階層もペルシャ語には造詣が深かった。その時代には、ペルシャ語がちょうど今の英語の役割をしていたと言えるため、英国にとってもこれをそのまま流用してしまうのは理にかなうことであった。

19世紀にペルシャ語が英語に取って代わられる際に、現地の言語も行政言語として採用されることになるにあたり、当時北インドで広く通じる言語として共有されていた「ヒンドゥスターニー語」をめぐり、大きな文化的闘争が始まる。これをペルシャ文字で表記し、ペルシャ語、アラビア語起源の語彙を積極的に用いる「ウルドゥー語」とするか、デーウァナーグリー文字で表記し、サンスクリット語などの古典語の語彙をふんだんに用いる「ヒンディー語」とするか、である。

これがやがてムスリム=ウルドゥー語、ヒンドゥー=ヒンディー語という形で、それぞれのアイデンティティ、ナショナリズム形成へ至るうねりの源流のひとつともなった。

当時のペルシャ語だが、もちろんペルシャとの通商や往来のためにインド社会上層部で共有されていたわけではなく、こちらもムガル帝国や周辺地域等の政治圏、文化圏におけるドメスティックな用途であり、「インドの言葉」であったわけだ。

現在のインドで英語が「自分たちの言葉」であるがゆえに、自信をもってよどみなく喋り、表現し、主張する。(全人口に対して、英語を母語同様に自在に扱える人の割合はさほど高くはないとはいえ、都市部中産階級以上にはこれが集中しているし、相当な人口規模になる)

オーストリア人が、ニュージーランド人がそうであって当たり前であるのと同じで、この記事にあるような形で「英語上達の極意」とするのでは、捉え方が違うと思う。

インドにおける英語は「foreign language(外国語)」ではなく「vernacular language(現地語)」であるからだ。

 

世界のどこでも「インド英語」を堂々と インド人に学ぶ英語上達の極意(The Asahi Shimbun GLOBE+)

五輪の歴史の中でインドが獲得してきたメダル数は?

いよいよ昨日7月21日から一部種目の競技が始まり、明日23日に開会式が行われる東京五輪。

Tokyo Olympics 2021, Full India Schedule: Events, Dates, Times, Fixtures, Athletes (THE TIMES OF INDIA)

上記リンク先は、インド選手たちが出場する競技の一覧。女子のカヤックと同じく女子の水泳は、インドから初参加の競技・・・と書くと意外かもしれないが、それよりも「意外!」に謂われるかもしれないことは、五輪の歴史の中でインドが獲得したメダル数(色は問わず)は、通算でわずか28個しかないことだ。2012年のロンドン五輪ではボクシングなどで合計6つのメダルを獲得したことは、インド史上初、空前の快挙であったのだ。

ちなみにこの「通算28個」というのがどういう数字であるのか、リオ五輪での主要国のメダル数と比較すると、その少なさがよくわかる。米国121個、中国70個、ロシア56個、日本41個、韓国21個であった。これらの国々がたったひとつの大会でこれだけ獲得しているのに、人口13億のインドが「すべての大会分合計して28個」なのである。人口規模で拮抗する中国は世界有数のメダル獲得王国であることと較べると、実に対照的だ。

これにはもちろん理由がある。五輪を国威発揚の有効な手段とする社会主義国を除けば、五輪の世界は「先進国クラブ」であった(現在もそういう傾向は強い)ため、あまり縁のないものであったこともあるが、インドでクリケット以外では、国際的なレベルの選手たちが出にくい環境であったこともある。庶民の関心の対象がほぼクリケット(東部や南西部など、一部においてはサッカーも)に限られること、それ以外のスポーツで身を立てるということがかなり狭き門となっていることには、やはりスポーツの価値への認知度があまり高くないという文化的・社会的な要因も大きいように思う。

それも2,000年代に入ってからは、かなり大きく変わりつつあるようだ。クリケット以外の分野でも、人々が豊かになるにつれて、健康への関心も高まり、スポーツを楽しむ人々が増えてきていることが裾野を広げているとともに、体育施設の拡充、各種競技の協会が先導するナショナルレベルの選手たちの強化への取り組みも強化されているようだ。近年、陸上競技、レスリング、ボクシング、重量挙げ、テニス、バドミントンなどの国際大会で活躍するインド選手が増えていること、五輪でもメダル獲得者が出ていることは、その現れだろう。

女子スポーツについては、地域的にかなり偏りのある分野もあり、陸上競技といえばパンジャーブ州、ボクシングといえばパンジャーブ州、ハリヤーナー州か北東のマニプル州、重量挙げならばこれもマニプル州というように、頂点を占める選手たちの分布が極端に集中している種目がある。母体となる競技人口そのものに大きな偏りがあるのでは?と想像するに難くない。(おそらくそうだろう。)

これまでが大国にふさわしくない低い水準にあったインド、今後の伸びしろは大きいはず。東京大会での飛躍を期待したい。

しかしながら気になるのは新型コロナの感染状況。7/20時点でインドの1日の新規感染者数は3万8千人余り。いっぽう日本では3,758人であった。インドの人口は日本の約10倍であるため、人口当たりで比較した新規感染者数の規模はほぼ同じだ。インドは「第2波」の収束方向にあり、いろいろ規制等を緩和していく中での下げ止まりといった具合で、日本は「第5波」がまさに爆発しようかという状況。そんな中での五輪開幕だ。とても喜べるような状況にはないことがとても残念であるとともに、大会と「第5波」の行方がとても気がかりである。

インドの駅舎

インド鉄道旅行の楽しみのひとつには、植民地時代から存在している歴史的な鉄道駅舎を楽しむこともある。

ムンバイCST、ハウラー、オールドデリー駅のような壮大な英国植民地鉄道建築は言うまでもなく、ハリヤーナー州の旧パティヤーラー藩王国には当時の藩営路線部分であっただけに、駅舎は個性的なデザインが施されたものであるし、同様にラージャスターン州、グジャラート州にも藩営路線があったため、かつての藩王家専用のプラットフォームであったところが残っていたり、バス路線による輸送に押されて、独立後にあまり発展を見せなかった路線では、「ガーンディーの塩の行進の時代もかくや?」と思われるような非常に古めかしい駅舎のままで残っていたりもする。同様に、地元の建築様式を反映させた駅舎も南インドなどで多く、長い汽車旅でプラットフォームに降りたそのときから「異国感」を感じることも少なくない。

そんなわけで、まるで国内線飛行機に乗るがごとく、出発の2時間くらい前には到着して、駅舎内を眺めて回ったり、用事もないのに列車のタイミングを尋ねるふりをしながら、駅長室その他を「ああ、ちょっとすみません」と覗いてみたりするのである。古くからある駅では乗客の待合室天井にパンカー(ファン。電化される前の植民地インドでは、天井から吊るされた板状のファンをサーバントが紐で振って風を送っていた。王家などでの様子として、時代ものの映画などで見られるシーン)があるなど、古い時代の痕跡がいろいろ見られるものだ。

もちろんインドの人たちは、そんなものに興味関心があるわけではなく、古色蒼然とした鉄道駅が好きなわけでもなく、今どきのインドで改築されたり新築されたりする駅は、そのような感じの建物ではなく、レンガとコンクリの無味乾燥な建物となるわけだが、このところはかなり豪華なものも造られるようだ。

ロークサバー(下院)での選挙区はバナーラスに移したものの、やはりモーディー首相お膝元のグジャラート州。州都ガーンディーナガルの新駅舎は、一昨日モーディー自身により開業式が行われたところなのだが、駅の上に300室を持つ五つ星ホテルが入るなど、複合施設を持つ大きな駅。プラットフォームを覆うドーム状の屋根は「コラムレス」つまり柱を持たず屋根そのものが支える構造だとか。

このような豪華な駅は例外的であるにしても、各地で駅舎がどんどん建て替わっているこの時代、「インド魅惑の鉄道駅~英領のヘリテージ~」みたいな写真集がどこかから出ないと、個人所蔵の写真以外にその姿を残すとなく、この世から消え去ってしまうことだろう。

コロナ禍におけるラト・ヤートラー

7月12日はオリッサ州のプリーのジャガンナート寺院の大祭で、巨大な山車が引きまわされる「ラト・ヤートラー」が行なわれた。

コロナ禍での開催ということで、山車をけん引するコロナ検査陰性の者以外は参加不可とのことで、当日は外出禁止令が敷かれたため、一般の参拝客の姿はない。

各ニュース番組等のメディアで中継されていたが、次の映像は国営放送ドゥールダルシャンの映像でYoutube配信されたもの。昨日はライブ配信であったが、現在は録画されたものを閲覧できるようになっている。

寺院内では、それなりに密な感じだが、敷地外の誰もいない大通りで山車が引かれる様子は異様だ。来年は、従前と同じ環境で実施することが可能になっていることを祈りたい。

以下の映像は2019年のものだ。今年のそれが、いかに例年と異なるものになっているかが、よくわかることだろう。

金ピカ時計

金ピカ時計

昔のインドのオジサンたちの中で、こういうキンキン時計している人たちがけっこういた。

それでもって複数の指にゴツいリング、胸毛がシャツからはみ出た首には金色のネックレスとか。

そんな危険ないでたちを初めて目にしたとき、「あっちゃー、インドのヤクザヤさんかぁ?」と引けてしまったが、ただの市井の人たちで、世話焼きのオッサンたちだったりした。

悪い奴ではなくて、ただセンスがすこぶる悪かっただけなのだ。

若者たちも同様で、洋装ではいまみたいなカッコいい人たちは不在で、当時の銀幕のヒーロー、ヒロインですら、観ているこちらがビビるような具合。

90年代以降に衛星放送で外国の映画やドラマが入るようになると、試行錯誤?しながらだんだん普通に(笑)なったきたのであった。それまでは、国外での流行やトレンドなんか、ほとんど関係なかったインド世界。

そう思い起こすと、メディアの力、経済開放によるインパクトというのはものすごい。

音楽シーンでも同様で、80年代末までのインドのポップスといえば、映画挿入歌でほぼいっぱい。洋楽の入り込む余地はたいへん狭く、イギリスでグラビアモデルから歌手に転向したサマンサ・フォックスが、なぜか「ロックスター」として絶大な人気だったのがたいへん不思議だった。たしかインドでライヴもやってたような記憶がある。

昔ながらの金ピカ時計を目にして、ふとそんなことを思い出した。