スーフィヤー・レストラン

ナコーダー・マスジッドの向かいにある。
こじんまりとした規模の店

カルカッタの朝で外せないのは、やはりラールバーザール地区の中華朝市もそうだが、そこから歩いて5分程度のところにあるナコーダー・マスジッド向かいのスーフィヤー・レストラン。
ここはビーフアイテムが充実しているため、ランチあるいはディナータイムにも来てみたいのだが、これまで早朝の散歩のときにしか立ち寄ったことがない。

店のメニュー
ここのネハーリーは実に美味

これらは客から依頼されているテイクアウトの準備中。

 

Aminia Restaurant

Aminia Restaurantニューマーケット店

1929年にナコーダーマスジッドのあるザカーリヤー・ストリートで創業した老舗。

美味しい食事処を把握しておかないと、食事の時間が近づくのが憂鬱になることが少なくない西ベンガル州の田舎町(他の州でも往々にしてそうだが)と違い、信じられないほど旨いものがあちこちに溢れるカルカッタ。市民の可処分所得の差と市場規模の違いによるものだが、この不均衡ぶりは凄まじい。

市内で9店舗を展開しているが、1947年に営業開始したニューマーケット店を除けは、ほとんど近年出店したものばかりだ。1996年に開店したゴールパーク店を除けば、どこも2010年代になってから競うように出店している。

このレストランはHPではメニューも紹介されているのでご覧いただきたい。決して品数は多いとは言えないが、デザートまで妥協のない良いものが用意されている。

 

Nizam’s

創業1932年の老舗レストラン
チキン・チャープ
フィッシュ・ティッカー・マサーラー

フィルニー

コールカーター中心部、ニューマーケットのすぐ北側にあるNizam’sで夕食。フイッシュティッカマサラー、チキンチャープ、ライス。そしてデザートにフィルニーで腹いっぱい。良質で美味な食事というものは、味わいに満足して腹が満ちるだけではなく、心地よい高揚感と陶酔をも与えてくれる。1932年創業。そしてコールカーターのストリートフードの代名詞のようにもなっているカティー・ロールは、この店が起源であるという。Nizam’sの美味しいケバーブが具材として作られて評判を呼び、市内各地でこれを真似たものが見られるようになった。

カルカッタのサダルストリートにある香港飯店の「あんかけ丼」

コールカーターのサダルストリート近くにある香港飯店の鐘さんからは、いつもカルカッタの華人コミュニティに関する情報を教えてもらっており感謝している。

家族経営で、華人兄弟とその家族が切り盛りしている。メニューのレパートリーは豊富とは言えないかもしれないが、当たり外れもなく良心的と言えるだろう。

どれを注文しても美味しいのだが、個人的にはSTEAMED MOMO (水餃子)とCHOW CHOW RICE(あんかけご飯)が好みだ。前者は説明不要だが、後者は野菜の具だくさんのグレイヴィーなアイテムで、「ご飯ものには汁たっぷり」という、インド料理の影響を強く受けた「インド中華」の典型のような具合ではあるが、実はこうした「あんかけ丼」は、華人経営の店以外では、ほぼ見かけない。

店の規模はこじんまりとしているが、食事どきにはいつもそれなりに忙しそうだ。鐘さんと話をしたいので、いつも混雑する時間帯を外して訪問している。

FISH CHOW CHOW RICE
VEGETABLE CHOW CHOW RICE

中華朝市とナコーダー・マスジッド

コールカーターのティレッティー・バーザールのエリアで開かれる中華朝市。もともとは華人が盛大に開いていたそうだが、現在では売り手もお客も華人たちの人数は多くなく、華人の商売人の手伝いをして仕事を覚えたインド人が引き継いでいる露店も多い。

近年は名所として知られるようになったため、地元コールカーターの人々はもちろん、他の地域から来たインド人旅行者も訪れるようになっているため、売り子たちは露店のディスプレイに少し気を遣うようになってきた。

ここでいくつかのアイテムつまんでから、すぐ北にあるナコーダー・マスジッドの方角を目指す。目当てはマスジッドの向かいにある「スフィヤー・レストラン」だ。ここのネハーリーは絶品なのである。朝の時間帯にこれを食すためにしか来たことがないが、ここはビーフアイテムが充実しているため、ランチあるいはディナーの時間帯にも来てみたいと思う。

ナコーダー・マスジッドの脇、つまりラビンドラー・サラニーを通る市電が廃止になったことは実に寂しい。BBDバーグにある市電の大きなデーポーから出発していたが、これを起点とする路線すべてが廃止となっている。デーポーはすでに跡形もなく消失している。