「華人とムスリムは繋がりが深い」という常識

前回取り上げた「欧州飯店」はちょっと特殊な営業形態ではあるが、一般的には華人オーナーが複数のインド人たちを料理人として雇用しているケースが多いようだ。

インド中華の面白いところは、華人経営の店であっても入手の可否だけでなく、顧客や店のスタッフへの配慮などから肉については当然のごとく鶏肉が主流(華人経営で牛肉、豚肉を出す店もあるが少数派)だ。そしてパニールのようなインド食材もこれまた当然のごとく取り入れられたりしている。誰もが馴染み深い食材であり、お客も働く人も困ることはないのはもちろんのこと、メニューのレパートリーも広がる。

さて、カルカッタのこうした料理屋で働くインド人たち(厨房&給仕)はムスリムが多い。同じく華人たちの主要産業である革なめし業と同様にムスリムの雇用が多く、華人たちが居住して仕事を営む地域は、往々にしてムスリム地区内あるいは隣接するエリアにある。

ここでは、まさに「ムスリムあるところ華人あり」という状況で、「ムスリムと華人は親和性が高い」という、世界的にもあまり例を見ない様相が展開しているのは、華人による雇用の提供とムスリムによる労働力の提供という互恵的関係が背景にある。

ヒンドゥー社会において動物の屍体や肉の処理等に関わることはタブーであるがゆえ、これを厭わないムスリムコミュニティは、華人コミュニティにとって無くてはならない働き手の供給源となるのだ。

本来は縁もゆかりもないふたつのコミュニティが、周囲の大きな社会(ヒンドゥー社会)との関係性により、密に繋がることが可能となることの好例である。世界広しといえども、「華人とムスリムであるがゆえに緊密に結ばれるという常識」がまかりとおる国は、ほとんどないように思う。

EAU CHEW Restaurant (欧州飯店)

夕食は、カルカッタに現存する最古の中華料理屋「欧州飯店」にて。今年で90年を越える。もっと古くからのものもありそうなものだが廃業したのだろう。

家族主義の経営、レシピは門外不出を堅持。厨房に入ることが出来るのは経営者家族のみ。華人経営でもインド人料理人を雇って育てる店は多いが、この店はその点が異なる。

「欧州」の名前は創業時、場所柄から欧州人顧客が多かったことに由来するようだ。

場所は地下鉄チャーンドニー・チョウク駅6番出口から徒歩2分。ガソリンスタンド裏手にある。

 

INDIAN COFFEE HOUSE

INDIAN COFFEE HOUSE

革命揺籃の地カルカッタで、進歩的知識人や革命を志向する若者たちが集まったインディアンコーヒーハウスは、カレッジストリートのプレジデンシー・カレッジ向かいにある。

革命家とテロリストの違いは本質的にはない。謀議を企て実行して逃亡、潜伏するまで、やることは同じで思いも同じだ。後世の人たちが勝手にラベルを貼り付けて、英雄と祀り上げられたり、悪漢として罵られたりする。

中村屋のボースこと、ラース・ビハーリー・ボースも、日本亡命前には当然ここでコーヒー片手に同志たちと議論を交わしたことはあったはず。

そんなことはさておき、こういう古いカフェの英国式軽食はすこぶる旨い。

革命家もテロリストも、やはりおいしいものには目がなかったのだろう。画像は注文したコーヒー、フィッシュフライとマトンオムレツ。

コーヒー
マトンオムレツ
フィッシュフライ

もちろんここに出入りしたのは革命家ばかりというわけではなく、サタジット・レイやアマルティヤ・セーンなどに代表されるカルカッタの芸術家や知識人なども多数贔屓にしていた。

コルカタメトロの「MGロード駅」から徒歩5分程度。

コールカーターのトラム1

始発駅から終着駅まで。(エスプラネードからガリヤーハートまで)路面電車堪能。運転席真後ろの席を得られたのが良かった。この位置の席のためにエスプラネードの始発まで行ったのだ。終点まで運転手のアクションをフォローすることができる。

このポイントで市電を直進するか右折させるかは、CTC職員の小手先次第。

交差点での直角カーブにもシビレる。これまで気付かなかったが、複数の路線が交わる地点では、鉄棒持ったCTC(カルカッタ路面電車公社)制服の職員がレールをムギュッと押してポイント切り替えをやっている。

市電を直進させるか右折させるかは、CTC職員の小手先次第。

まあ、それだけ専門でやってるのでヒマなように思うが、暑くても寒くても、はてまた大雨の日も、それだけのために立って待つ(作業は3秒)のだから大変だ。

最近、エアコン車両も導入されたとはいえ、やはりオリジナルバージョンの味わいが素晴らしい。夕方はまた格別のムードがある。電車は乗ることが自体がエンターテイメント。

バスは混んでいるのに、やはり路面電車はガラガラ。ウゥゥーという独特なモーター音と、チンチンという警報音。路面の揺れも心地よい。

「チンチン電車」という愛称の元となった特有の音は、運転手の足許のペダルを踏むと鳴ることによって鳴る。

終点のガリヤーハートのデポーに到着。そのまま折り返そうかとも思ったが、もったいないのでタクシーで少し先にあるダクシナーパンという工芸品/等のモールに行くことにした。

地元手工芸品やテキスタイルの店が入っているのだが、センスの良い伝統衣装やクルターなどを多数目にすることができる。

インドのウィークエンドマガジンで取り上げられていたDolly’s Tea Shopに行ってみた。カルカッタ市内を南下したところにあるダクシナーパンというショッピングコンプレックスの入っている。魚のフライとレモンティー(レモンを絞るだけでなく、レモンピールエキスが入っているようだ)どちらも美味しかった。

その名のとおり、ドリーという名の女性が始めた店で、近ごろよくあるインド版スタバみたいなチェーンよりも高いけど、ゆとりのある人たちの間で人気だという品の良い店だ。「ドリー」という名前に、グラマラスでセクシーな女性を想像していたが、いたのはガタイが良くて押し出しの強いダミ声のオバハンだった。

美味しい紅茶を楽しんでいると、「茶葉はいらんか?」「小袋もあるで」「どれにする、あ?」と、かなりうるさいので早々に退散することになった。

ガリヤーハートのトラムのデポーまで出てから、再びトラムに乗車。行きと帰りでは方向は逆だし、日没後は目にする眺めの印象も異なる。

始発から終点まで乗っても7Rs。往復14Rsで大変楽しめる。車内は趣があるし、バスよりもかなり速度が遅いためか、車内は比較的空いているのも良い。

サダル・ストリートのチャーイ屋横丁

サダル・ストリートのチャーイ屋横丁は、いつも賑わっている。狭い路地の片側にいくつも連なるチャーイの店。もう片方にはベンチが並べられている。
ここで人々はチャーイを片手に語らったり、店で出しているビスケットや簡単なスナックなどをつまんだりする。
外国人観光客もいれば、バングラデシュからの訪問者もあり、もちろん界隈の人々もいる。特に夕方以降が賑やかで、あちこちで話が弾んでいる。
テキトーに話しているぶんには良いのだが、このあたりを根城にして外国人旅行者を狙う詐欺師も出没するので、多少は用心しておいたほうが良いだろう。