GABLES RESTAURANT

店にいるネコ。迎えてくれたと思ったら、サッサと居眠りに入ってしまった。

コラバには数軒のゴア料理屋があるようだが、入店すると「いらっしゃい」と、にこやかに寄ってきたので、私はてっきり店のネコかと思ったのだが、「店のペット」装って居座るノラ猫であった。

スタッフたちは特に気にする様子はない。愛想よく、人前では行儀よくしておくことは、ノラ猫が快適にサバイバルしてゆくコツである。3食昼寝付きで、お客がいなければ客席で寛ぐ権利も与えられているという、破格の待遇だ。閉店時に外に出るのは自由だが、店内に居たければそのまま滞在できるようだ。ノラというよりも、ほとんど飼い猫に近い。

どうやら、飼い慣らされているのは、ネコのほうではなく、店を切り盛りする人間の側であるようだ。

さて、インド全土でゴア料理店が見られるわけではないが、英領期にはゴアのクリスチャン料理人たちが広く分布した。遠く離れたデリーや連合州(現在のUP)その他の英国人その他欧州系の家庭やクラブで重宝されたからだ。食材のタブーがなく、クリスチャンであるという安心感(英国人たちが生活する地域のコミュナルな問題と無縁でもある)が主要因だが、彼らのポルトガル・ゴア折衷料理も楽しまれたことだろう。

英国人たちは男性が単身で渡ってくるのが大半だったが、ポルトガル系のカトリックのゴア人が女性と結婚する例も少なくなかったようだ。これについては、在印英国人社会では「堕落」と捉えられることが多かったらしい。彼らが「ネイティヴ」であることに加えて、カトリックであるため、子供が生まれるとプロテスタントではなく、カトリックとして育つことが懸念されたともいう。

フィッシュカレーでご飯を食べて、食後にチャーイを楽しんで一息つく。店のショウウインドウには、ゴア名物の菓子でポルトガルにルーツを持つ「ベビンカ」も置いてある。ムンバイに居ながらにして、ゴアのムードを味わうことができる空間だ。

GABLES RESTAURANT (Zomato)

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

 

コラバの「FOOD INN」

コラバのFOOD INNにて。このエリアに投宿すると、ここに足を運ぶことが多い。特筆すべき店というわけではないが、あらゆる料理がどれを注文しても期待以上の美味しさで、旅行者など一時滞在者の利用が多いにもかかわらず良心的だと思うからだ。

食事のカラフルな口直しの写真をしつこく撮っていたら、食堂のボーイは私がこれをいたく気に入ったものと勘違いしたようだ。

「もっと沢山お持ちしましょうか?」などと言う。

こんなものを腹いっぱい食べるわけないだろう。(笑)

Food Inn (zomato)

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

HAVELI DHARAMPURA

デリーで、かねており聞いていた古いハヴェリーを改装してオープンしたホテルに食事に出かけた。チャーンドニー・チョウクの庶民的な細い路地を進むと、前触れもなく「ジャジャーン」と突如あらわれる唐突感も良い。

元々、ジャマーマスジッド周辺やチャンドニーチョウク界隈には、ムガル時代からの貴人や富裕層が暮らしていたため大きな邸宅(ハヴェリー)は多かったのだが、印パ分離により、そうしたムスリム上位層が大量に流出した。そこに庶民層(のムスリム)やパキスタンから流入してきたヒンドゥーの避難民などが定着したがゆえに、大きな屋敷が細分化されて住居や店鋪となったり、集合住宅化したりしているため、往時の姿を留めていないものがほとんどであるため、このホテルは大変貴重な試みであると言える。

この施設HPには、ハヴェリー修復の「Before & After」の写真も掲載されており、これもまた大変興味深い。界隈にいくつもある荒れ果てたハヴェリーも、実は「磨けば光る玉」であることがお判りいただけることと思う。

HAVELI DHARAMPURA

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

Assam Delicacies

 

パハールガンジ界隈では、こんな店があるとは知らなかった。アッサム(及びベンガル)料理店。注文したフィッシュターリーに付いていくるのは、ローフーの煮付け。あっさり薄味、油脂分控えめの優しい東部インドの味わい。

汁物に馴染みやすい、ちょっとブカッとした東部の米が使用されているのもうれしい。汁物によく絡むのだ。本格的なアッサム料理店。スタッフたちもアッサムとベンガル出身で、料理について質問すると、故郷への愛が感じられるお国自慢交じりに話してくれるのも楽しい。

今後、パハールガンジ滞在時には、しばしば訪れることになりそうだ。

少々気になるのは、店内が空いていたので、複数の人たちと話すことができたが、厨房スタッフ以外の人たちの関係が至極フラットに見えて、上下関係がよくわからなかったこと。

最後に支払いの際に現金の出納をしている人が誰なのか確認できたが、今のところキレイな店内だが、スタッフたちの人心掌握がきちんと出来ているのか、マネジメントがちゃんとで来ているのか、タテ社会インドだけに気にかかった。

次に来たときにはすでに無かったり、スタッフとマネジメントのいざこざで、すっかり荒れ果ててしまったということはないか?などと、いろいろ気にかかったりした。

とても美味しかったので、無事に長続きすることを祈る。

Assam Delicacies (Zomato)

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ナガルコートで

眺めの良い避暑地ナガルコートに宿泊するならば、やはり眺望の良い部屋に滞在したい。ロケーション、シーズンなどによるので一概には言えないとはいえ、閑散期には直接宿に出向くのが良いようだ。ハイシーズンには条件の良いところはすぐにいっぱいになってしまうだろうから、事前の予約は必要だろう。同じ建物の中で同一の条件の間取りや設備であっても、上階ほど料金が高くなる傾向がある。

この日滞在したのは斜面にあるホテルの最上階の部屋。新しくて部屋もきれいですばらしい。標高が2,100mあり、真夏でも涼しいためエアコンどころか天井のファンさえ無い。

荷物を部屋に置いてから、坂道下った先にあるナガルコートの中心地にある食堂で遅い昼食。すでに午後4時を回っている。昼食が同じくらい遅くなってしまった前日同様、トゥクパを食べる。すぐに出来上がってくるし、迅速に栄養補給することできて、さらには消化も早い。すぐに腹が減るので夕食の機会を逃すこともないことも利点。他の食事を摂ってしまうと、なかなかそうはいかない。

ナガルコートのマーケット地域
トゥクパを注文

部屋のバルコニーからの眺望は素晴らしい。そして夕方のこの時間帯に聞こえてくるセミしぐれも素敵だ。しばらくくつろいでいると暗雲がたちこめてきて、やがて大雨となった。

眺望を楽しむことができたのも束の間
暗雲たちこめて激しい雨に

朝5時 視界はゼロ

その後、一晩中激しく降っていた。

朝5時に起き出して日の出を期待していたが、濃い霧も出ていてバルコニーからの視界はゼロ。まだ雨は降り続いていた。7時半くらいになると雨は上がった。食事済ませてから少し散歩に出てみたが、やはり斜面から何も見えないため眺望は期待できない。ナガルコートから平地へとハイキングで下りることも考えていたが、この天候では楽しそうではないので、やめておこう。

雨は上がった

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。