大麻バブル

前回に続いて今回もしばしタイの話題を。

6月に大麻が解禁となったタイだが、街を歩いているといろんなものが目に入ってくる。コンビニの飲料類の棚にもカナビス入りドリンクとやらがあるし、カフェでもカナビス入りの飲み物、コーヒー自販機にも大麻入り、クッキーその他のお菓子にも「カナビス入ってます」etc.のバブル状態。

 

ブームみたいだけど、あまりに多いので早晩淘汰されていくことだろう。

不眠症その他の治療を謳うクリニックも大麻の効能にフォーカスしたものがあり、こうした健康関係での需要も高いのか、これから創出していく方向なのか知らないが。

また、観葉植物?として、こんなかわいい感じの鉢植えも売られている。

観光客の多いエリアの路上では乾燥大麻の露店もちらほら。これらはおそらく解禁以前はアンダーグラウンドであった人たちが「地上に出てきた」感じなのかなぁと思ったりもする。

 

銘菓ドリアン

デリーでの話が続いていいたが、しばしタイの話題に。

ホテルから道はさんだ向こうに軽トラのドリアン売りが登場。こういうときに庭や屋外にオープンスペースがある宿は大いに助かる。

「銘菓」としたのは、私はこれは熟練したパティシエが創ったお菓子だと信じているからだ。卵やバターがふんだんに使われており、洋酒も薫るのが何よりの証拠。しかも食べたら少し酔って気持ちよくなる!ドリアン畑見たって信じるわけがない。これが果物であるというプロパガンダは!

きっと畑では、殻だけ育てて収穫、どこかに秘密のキッチンで中身をそっと仕込んでいるに違いない。黄色い果肉・・・いやムースの製法は創業家のみが知る門外不出の秘伝。たぶん彼らがこの世のすべてのドリアンを一手に握っているのだ。

ドリアン創業家には、製法の情報公開をお願いしたい。

いやーそれにしても美味しい!一個まるごとひとりで平らげて、ドリアンで腹パンの夢見心地。

スワンナプーム空港で「市中レート」での両替

前々回、前回に続いてタイの話題となる。

夜の時間帯にスワンナプーム空港に到着した。空港の両替レートは悪いのは当然だが、具体的にどのくらい悪いのかはよく知らず、漠然と「損」と思っていた。

市内での両替でおそらく最もレートが良いと思われる両替所「スーパーリッチのラージダムリ店」における本日の店頭レート(店舗により微妙に違う)を表示してみる。

例えばここで「0.2575」との表示であれば、1万円が2,575バーツとなる。円安のためずいぶん下がっているが、こればかりはどうにもならない。

この日、空港の両替所はどこも統一されているのか、「0.23」、つまり1万円あたり275バーツ、つまり1,100円くらい損ということになる。

やはり空港レートはかなり悪い。

空港B2階にあるBTS駅入口の裏手には市中レートと遜色ない率で替える店が並んでいると聞いていたので立ち寄ってみる。翌日早朝バンコクを出て地方に行く予定だったので、少しまとめて替えておきたいものの、市内に到着する頃には宿泊先界隈では両替空いていないかもしれないという懸念があった。

スワンナプーム空港B2階にあるBTS駅入口裏手にいくつか並んでいる両替所

ここでも先述の「スーパーリッチ」が出店しており、市内ラージダムリ店よりは低いが0.256だったので、短い滞在中の費用はここでまとめて替えておくことにした。たぶん市内であんまりレートよくない店とか、田舎で両替するとこんなもんだろう。

同じ空港内施設なのに、ここは空港ではなく鉄道駅構内なので、空港コントラバンドレートが適用されないということなのだろうと想像する。

ただし気を付ける必要があるのは、せっかくB2階まで降りてきても、BTS:チケット売場手前にある両替所に行ってしまうと、他の階と同じ「空港レート」になってしまうことだ。市中レートで交換できるのは、B2階でもBTS駅入口の裏側にある両替商エリアなのである。また、ひょっとするとこのエリアもいつしか「空港レートに統一」というようなこともあるかもしれないため、お金を渡す前に先述の「スーパーリッチのラージダムリ店」のレートを確認しておくことをお勧めする。

カラーチーのタミル人コミュニティ

パキスタンのスィンド州カラーチー市南部にあるジンナー病院裏手に暮らしているというタミル系のおぱあさんへのウルドゥー語によるインダビュー動画。印パ分離前に父母がマドラス近くのアガラムという村から来たとのと。もともと農民の出身だそうだ。「アガラム」については、ググッてみると、チェンナイの西側に出てくる。今はチェンナイメトロの路線が近くを通っているため、チェンナイの郊外といった具合なのだろう。彼女自身はカラーチーで生まれたという。

彼女は自身のムルガン信仰について、そして現在はコロナで支障が出ているがと前置きしたうえでの祭事について、信仰と食生活の関係などを話している。このあたりにはタミル系の90家族が暮らしており、その他「裏手には25家族か30家族くらいいる」とのこと。クリフトン・ビーチとチンナー・クリークと呼ばれる入江の間に半島状に伸びた陸地にジンナー病院が立地しているため、おそらく「裏手」というのは入江の北側で大きな市街地になっている部分のことを言っているのだろう。

パキスタンに暮らしていて特に困ることなどないという。決まったコミュニティ内で見知った人たちとの間で暮らしていること、インドでの居住経験はない(幼い頃に両親とともにアガラム村を訪問したことはあるとのこと)ため、比較のしようはないはずとはいえ、どこの世間でもそんなものだろう。タミル人だから、ヒンドゥーだから、ここではああ不便!などということはあまりないはず。とりとめのない雑談ではあるものの、こうしてよく喋る人はインド・パキスタンには多い。

インタビューの最後に出てくるヒンドゥーの男性は、おばあさんのいつもの参拝先繋がりの人で、息子さんの友人でもあるそうだが、この人もタミル系なのかどうかは言及されておらず、なぜここに出ているのかよくわからないが、たぶん「俺も写して」とかなんとかでしゃしゃり出て来たのだろう。インド・パキスタンではこういう人はよくいる。

Tamil Community in Pakistan | Pakistani Tamilian in Karachi | Little Tamil Nadu in Pakistan (Youtube)

No Football, No Life

第二次ターリバーン政権樹立後、2010年にスタートしたアフガニスタンのフットボールのトップリーグ「アフガン・プレミア・リーグ」はどうなったのかと思っていたが、やはり同政権誕生以降は実施されていないらしい。そこでプレーしていた選手たちはインドやキルギスなどのクラブに移って活動しているとのこと。

この「プレミア・リーグ」では、選手たちへの報酬は出来高の日払いという、ちょっとビックリなもので、観客席はちょうど競馬場のような感じだったらしい。大半は賭けが目的で来ていたらしい。そんな具合なので、おそらくだが、「マッチ・フィックシング」も横行していたものと想像される。

まぁ、それでもスポーツに人々が熱狂できるのは平和と安定あってこそのもの。ターリバーン政権下で経済的には大変でも、とりあえずの平和と安定はあるのかもしれないが、音楽などともにスポーツのような娯楽を認めないため、世界的なスポーツなのに、その国のトップリーグが消滅(ということはその下のリーグもだろう)という事態。「あれ?でも今でもアフガニスタン代表って活動しているよね?」と思われるかもしれないが、みんな国外在住選手たちとのこと。

No Football, No Life。ここには人生なんてものは、もうないのだなぁと感じる。

‘No domestic league, no women’s football, Afghanistan’s future is uncertain’, says men’s coach Anoush Dastgir (Firstpost)