Category Archives: language

21世紀的会話

デリーのパハールガンジでは、宿にも界隈にも、中央アジアから来ている人たちの姿が多い。 おなじみ「ヒマラヤ製薬」の店鋪で石鹸や練り歯磨きなどを物色していたら、そうした中央アジアの人と店の人が、微妙な間合いを置いて、中央アジ … Continue reading

Posted in column, IT, language, life, society, travel | Leave a comment

部族の村とハート(4) ハートの眺めあれこれ

通常のインドのマーケットと異なり、品物をドカッと積んで量り売りするのではなく、小さな山にして並べている。先住民の人たちの間で度量衡の感覚がないため、「ひと山でいくら」とするのがわかり易いためとのこと。 稀にハカリでキロ売 … Continue reading

Posted in column, food & drink, heritage, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

部族の村とハート(3) ナングールとナンガルナール

バスタルは、ヒンディー語圏であるチャッティースガル州にあるため、部族の人たちは身内ではそれぞれの部族語で会話しているとはいえ、ハートに出てきている人たちの間で個人差は大きいものの、ヒンディー語でコミュニケーションするのに … Continue reading

Posted in column, economy, heritage, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

“Chinatown Days” by Rita Choudhury

アッサムの女性作家、リーター・チョードリーによる大作。 清朝支配下の19世紀、南中国の寒村から奴隷として町の商人のところに売られていき、そこで奴隷ながらも主の信用を得て、それなりの金銭的充足と自由を得ることとなった少年。 … Continue reading

Posted in column, disaster, greater india, heritage, language, life, politics, reading, security, society | コメントは受け付けていません。

視力測定板

日本で言えば、片目を塞いで「上」「右」「下」「左」などと、円の切れ目の方向を言ったりするが、ジャグダルプルで道を尋ねた眼鏡屋でこんなものを見かけた。 デーヴァナーガリー文字で「ダ」「パ」「タ」「ナ」「ガ」・・・などと読ん … Continue reading

Posted in column, health, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。