Kindle端末買い替え

日本のアマゾン用にKindle Paperwhite(左)、インドのアマゾン用に9年前に購入したKindleを使用していたが、あまりに動作が緩慢になったので注文したKindleの一番安いモデル(右)が届いた。

前者は画面部分と縁部分の段差がなく、一枚のフラットなガラススクリーンで仕上げてあるのに対して、後者は画面の部分のみガラスのため段差がある。そのため操作感、ページめくり感は前者のほうが勝るとともに、画面の見た質感が実際の紙のごとく自然な風になっているとともに、黒地に白文字で表示する「ダークモード」も選択できるようになっている。しかし反応速度もストレージサイズも変わらないため、安い左のほうで充分な気がする。

日本アマゾンとインドアマゾンでそれぞれ別の端末を使っているのは、日米のアマゾンはKindleアカウントを結合できるのに対して、日印のそれはできないからだ。そのため専用の端末を用意する必要がある。

インドアマゾンで発行されたKindle書籍のうち、日本アマゾンでも購入できるものはとても少なく、価格も高くなる。ときには数倍にもなる。しかし不思議なのは、ときにしてその逆のケースもあることだ。日本アマゾン用に使用している左の端末で表示しているヒンディー語書籍がそんな例外だった。たまにそういうことがある。

インド訪問時には、いつも帰国前に書籍漁りをするのが儀式みたいになっていたが、Kindleで購入できる書籍であれば、それで購入するに越したことはない。送料はかからないし、あるいは重たい思いをして運んでくる必要もない。もちろん紙の書籍ならではの良さを否定はしないが、これを日本まで移動させるための手間とコストを考えると、やはり電子書籍はありがたい。ただしどんな本でも電子で入手できるわけではなく、紙媒体でしか出ていない興味深い本が多いのもインド。

それでもやはりコロナ禍にあって、電子書籍はなおさらのことありがたい。ウェブのやインドの電子版の週刊誌などに出ている書評で見かけた作品を、インドアマゾンで即座に購入できるからだ。まさにKindleさまさまである。

インドの食卓から

インド国営放送による「The Hidden Kitchens of North-East」というプログラムがある。国営だけに、日々、多言語・多文化のインド各地のニュースが様々な言語で画面で飛び交うが、民放ではあまり扱わないテーマも取り上げるのもそれらしいところだ。

これまで同局の「Wah Kya Taste Hai」のシリーズで、インド国内各地各種料理について、カシミール料理、パールスイー料理やチベット料理なども含めたさまざまなものを取り上げていたし、少し前にはラダック料理に関するシリーズものもあり、なかなか興味深く、お腹も鳴る。

「Wah Kya Taste Hai」にしても「THE Hidden Kitchens of North-East」にしても、放送後はYoutubeに上がっているため、これらタイトルを入れて検索すると、これまで放送された分が多数出てくる。観てみると楽しいことだろう。ただし言語はヒンデイー語のみである。

このリンク先は「The Hidden Kitchens of North-East」のエピソードの第1回目。

 

The Hidden Kitchens of North-East : Ep #01

「インドの言葉」としての英語

ごく当たり前のことだが、日本では英語を「外国語」として学ぶいっぽう、インドでは英語を身につける目的はドメスティックな用途だ。

日本人で英語が上手な人で、なぜかアメリカ人的なリアクションや仕草が出たり、日本語で話すときと違って「外国人を真似」している風だったりして「借り物」的な感じがすることがある。何か意見を言うときも、そこに引きずられてしまい、日本語で言うときとちょっとニュアンスが違ってしまうこともあるのではないかとも思うことがある。

インドで英語は「インドの言葉」として学ぶため、そのあたりのブレはない。外国語ではなくインドの言葉なので外国の英語のアクセントを真似る必要はなく、必要があってインドの国外に行くときも「通じる言葉」なので、なおさらのこと卑屈になる必要はないのだ。

英語がインドに定着したのは、言うまでもなく英国による統治があったがゆえだが、英語とともに「Vernacular Language」つまり「現地語、土着語」が用いられていたのだが、これが19世紀前半あたりまではペルシャ語であった。英国で採用されてインドに赴任する若い人たちは、みっちりとペルシャ語を仕込まれてから船に乗っていたわけだ。

ペルシャ語が行政の言語であった背景には、ムガル帝国による支配及び西方からの文化的政治的な強い影響があったため、ヒンドゥー教徒をマジョリティとする社会上層部でペルシャ語の知識は共有されており、ムガル帝国で政府に仕えるヒンドゥー教徒知識階層もペルシャ語には造詣が深かった。その時代には、ペルシャ語がちょうど今の英語の役割をしていたと言えるため、英国にとってもこれをそのまま流用してしまうのは理にかなうことであった。

19世紀にペルシャ語が英語に取って代わられる際に、現地の言語も行政言語として採用されることになるにあたり、当時北インドで広く通じる言語として共有されていた「ヒンドゥスターニー語」をめぐり、大きな文化的闘争が始まる。これをペルシャ文字で表記し、ペルシャ語、アラビア語起源の語彙を積極的に用いる「ウルドゥー語」とするか、デーウァナーグリー文字で表記し、サンスクリット語などの古典語の語彙をふんだんに用いる「ヒンディー語」とするか、である。

これがやがてムスリム=ウルドゥー語、ヒンドゥー=ヒンディー語という形で、それぞれのアイデンティティ、ナショナリズム形成へ至るうねりの源流のひとつともなった。

当時のペルシャ語だが、もちろんペルシャとの通商や往来のためにインド社会上層部で共有されていたわけではなく、こちらもムガル帝国や周辺地域等の政治圏、文化圏におけるドメスティックな用途であり、「インドの言葉」であったわけだ。

現在のインドで英語が「自分たちの言葉」であるがゆえに、自信をもってよどみなく喋り、表現し、主張する。(全人口に対して、英語を母語同様に自在に扱える人の割合はさほど高くはないとはいえ、都市部中産階級以上にはこれが集中しているし、相当な人口規模になる)

オーストリア人が、ニュージーランド人がそうであって当たり前であるのと同じで、この記事にあるような形で「英語上達の極意」とするのでは、捉え方が違うと思う。

インドにおける英語は「foreign language(外国語)」ではなく「vernacular language(現地語)」であるからだ。

 

世界のどこでも「インド英語」を堂々と インド人に学ぶ英語上達の極意(The Asahi Shimbun GLOBE+)

映画「ブータン 山の教室」

コロナ禍ですっかり映画館から足が遠のいていおり、今年度初めてのシネマホール。「ブータン 山の教室」のあらすじはリンク先のとおりだが、結論から言って、ひさびさに映画館で観る上映作品として選択したのは正解であった。

秀逸なストーリーもさることながら、インドのスィッキム州からすぐ近くにあるブータン王国のティンプーの風景、そこに暮らす若者が教師として赴任する、最寄りの町から徒歩1週間のところにある寒村とその地域の風景。どちらもインドの山岳地域のチベット文化圏を思わせる風情と眺めも興味深かった。緑あふれる美しい山の景色、清冽な水の流れる渓谷、神々しい雪山の眺めをずっと目にしていたくなる。

GNH(国民総幸福量)とかなんとかいう、いかにも白々しいブータンの官製プロパガンダとは違う角度から描かれた幸せのひとつの形。日本のそれとたいして変わらない都市生活。スマホでいつでもどこでも仲間たちや外国の情報に触れる都市育ちの若者と、電気すらなく村内以外との接触が片田舎の同世代の人たちとの意識の乖離を描きつつ、不便と不満から村人たちに失礼を働きながらも、何もないところに赴任してきてくれる若い教員を尊重して温かく接してくれる村人たちとの信頼関係を築くことができて、任期を終えて後ろ髪引かれながら村を後にする主人公。

学級委員役のいかにも利発そうな女の子はブータンの有名な子役かと思いきや、そうではなく普通の村の子ということに衝撃のようなものを感じる。生徒たちの前で先生が英語でしばらく話をするシーンもあり、そこはやっばりのインドアクセントであるところが、いかにもブータンらしい。1970年代以降、近代化を目指したブータンの教育仲介言語は英語だが、導入時に「英語人材」を欠いていたブータンに対して、大勢の教員を送り込んでバックアップしたのは、面倒見の良い「兄貴 インド」であったからだ。

The Endの後のクレジットには、制作陣に香港のメディアグループがあることになるほどと感じるとともに、技術系のスタッフのところにインド人の名前がいくつも並び、おそらくブータン映画産業に携わるインドの業界人は少なくないのだろうとも想像する。

そういえばブータンで最初にテレビ放送が始まったときもインドによる丸抱えの援助であった。画面にインド人はひとりも出てこないのだが、ブータンとインドの絆が見え隠れするところもまた興味深い作品である。

ブータン 山の教室」(公式サイト)

サンスクリット語による新聞

インドには、古語のサンスクリット語による新聞が1紙だけある。「スダルマー」というのがそれで、2年ほど前に経営難が伝えられていたが、その後どうなったのだろうか。

それにしても、「サンスクリットで新聞を読む」というのはどういう人かといえば、ちょっとよくわからない。サンスクリットに通じた「パンディット」であれば、聖典の類はそれですらすら読んだりするのだろうが、日々世俗のことについてサンスクリットで書かれたものを読む姿は想像しにくい。よほどの古典マニアか国粋主義者の中でも学者肌タイプか?とも想像するのだが、相当な変わり者だろう。そんなわけだから売上が伸びるはずもない。

それでも、こうした商業メディアが存在するという点からも、インドという国の底なしの深みと奥行きへの畏敬の念を禁じ得ない。

World’s only Sanskrit newspaper Sudharma struggles to survive in its golden jubilee year (TIMESNOWNEWS.COM)