視力測定板

日本で言えば、片目を塞いで「上」「右」「下」「左」などと、円の切れ目の方向を言ったりするが、ジャグダルプルで道を尋ねた眼鏡屋でこんなものを見かけた。
デーヴァナーガリー文字で「ダ」「パ」「タ」「ナ」「ガ」・・・などと読んでいくのだが、ずいぶん文字も文字列も少なく、いい加減な感じがする。
文字が左右逆になっているのは、このボードを背にした反対側の壁に置いてある鏡に映った像を読んでいくためである。

SAREGAMA CARVAAN MINI BHAKTI

SAREGAMAのCARVAANシリーズの中のバジャン版だ

300のバジャン(ヒンドゥーの神への賛歌)が収録されており、この機器自体でも音質は良好し、ボリュームもかなり出るのだが、Bluetoothスピーカーへの接続も可能。この点は、すべてのCARVAANシリーズに共通している。

これもまた選曲は、さすがSAREGAMAによるものなので、実に素晴らしい。
なお、このCARVAAN MINIのシリーズには、スタンダードなCARVAAN同様にヒンディー語映画ソング懐メロが収録された「Hindi Legends」とともに、スィク教の神への賛歌「Gurbani」も用意されている。

いずれも大変魅力的だが、個人的には、いつかカッワーリー版も発売される日が来ると大変嬉しい。

CARVAAN GO

CARVAAN GO
CARVAAN GO外装
上の画像の上箱の中にブリキ缶が入っており、この中に本体が収納されている。

SAREGAMA社から販売されている好評のCARVAANシリーズ

このシリーズに新たに加わった新製品で、ウェブで先行販売された後、つい先週から店頭でも出回るようになったCARVAAN GO

3000曲ものヒンディーソングの映画懐メロが収録されている。キショール・クマール、ラター・マンゲーシュカル、モハメド・ラーフィーその他のレトロな曲を楽しむことができる。SAREGAMAによるものだけあって選曲も素晴らしい。

重量わずか88g、バッテリー駆動時間は7時間(USB端子で充電)とのこと。収録曲の再生以外に、マイクロSDスロットを備えているので自分で収録しておいた曲目を再生することもできるし、AM/FMラジオ機能も付いている。価格は3990Rs。

家での使用はもちろんのこと、スマホの2/3程度のサイズなので、外出や旅行にも気楽に持ち出せる。インド懐メロに多少なりとも関心のある方は、ぜひお勧めしたい1台だ。

蛇足ながらインド製品にしては、ずいぶん包装も凝っており、「開封の儀」を楽しむことができる。

チャッティースガリー映画

北インドのボージプリー映画もそうなのだが、ムンバイで製作されるヒンディー語映画がどんどんグローバル化していく中、やはり田舎の映画ファン、田舎から出稼ぎで都会に来ている人たちは疎外感をおぼえることになる。

そうした人たちをターゲットにヒンディー語圏の方言地域での映画製作も盛んで、歌や踊りがふんだんに出てきて、ストーリーの展開も唐突な「昔々のヒンディー語映画」が今も方言映画でどんどん制作されている。そんな中のひとつがチャッティースガリー(チャッテースガル方言)映画だ。

そうしたスクリーンは、現地の役者たちの活躍の場だが、同時にヒンディー語映画のトレンドからこぼれ落ちてしまった俳優女優のセカンドキャリアの場である。ときには、ヒンディー語映画のビッグネームもそうした作品に出演して田舎の大衆の心を繋ぎ留めたりする。「アンタらのことを忘れてないぜ」「あなたたちのこといつも想っているのよ」と。

ラーイプルの街のあちこちにこのポスターが貼られていた。
タイトルは「ナーグとアルジュン」どういう筋書きか知らないが、やはり90年代初頭以前のムードが感じられる。
何かを彷彿させると思いきや、脳裏に浮かんでくるのは、シュリーデーヴィーの「NAGINA」。

Nag Aau Arjun – नाग आउ अर्जुन | Official Trailer | Chhattisgarhi Movie | Chandrashekhar | Tania (YouTube)

KAISAR-E-HIND DARWAZA

KAISAR-E-HIND DARWAZA

チャッティースガル州の州都ラーイプルにある商業ビル。正面に見えるゲートは、エントランスのファサードとしてあしらわれた意匠ではない。

これは、カイサレーヒンドダルワーザー、つまりインド皇帝門。1876年にインドの女帝となったイギリスのヴィクトリア女王。その翌年1877年に戴冠式としてのダルバール(ヴィクトリア女王自身は訪印していない)が開かれたが、まさにその出来事を記念して建てられた歴史的建造物なのだ。

この門が、なぜビルの壁に吸収されてしまったのかという疑問が浮かぶことだろう。この商業ビルを建てるにあたり、撤去しようという話があったとのことだが、この地域のランドマークとして長年親しまれてきたこと、門自体の歴史的価値などに鑑みて、新しく建てるビルと共存させようということになった結果だそうだ。

内側から見ても、外側からみても変な感じだが、まあ取り壊されなくて良かったのではないかと思う。なかなかインドらしい解決の仕方だ。

門の部分をくぐって中に入ると、こんな感じ。

昔々は道路を造る前からその場所(生えていた大木、神様の祠などが往来の真ん中にあって、それをバイクやクルマが避けて通るというような光景が各地でよく見られた。それらの大半はもう存在しない(何しろ危ない)が、やはりこういう鷹揚さが残っているのはこの国らしいところだ。