Category Archives: language

ボドガヤー 1

仏陀が悟りを開いた地、ボドガヤーを初めて訪れたのは1989年であった。外国の仏教教団がそれぞれのスタイルで建てた大きな寺院が沢山あり、さながら「世界仏教寺院博覧会」のような様相を呈していたことに驚いた記憶がある。 しかし … Continue reading

Posted in column, heritage, language, life, security, society, travel | コメントは受け付けていません。

アミターブ・バッチャンの告白

インドのヒンディー語映画界の重鎮、ビッグBことアミターブ・バッチャンが、彼自身の深刻な健康状態について発表した。 1982年に映画「Coolie」の撮影中に起きた事故(アクションシーン撮影中に受けたパンチにより体内で出血 … Continue reading

Posted in cinema, column, health, language, society | コメントは受け付けていません。

The Last Mughal (William Dalrymple著)のヒンディー版

The Last Mughalのヒンディー版を見つけた。英語で書かれたこの作品をすでに持っているのだが、この時代に中心的な役割を担う人物たちの名前等のヒンディーでの綴りを確認する意味でもちょうど良いと思い購入した。 もと … Continue reading

Posted in column, language, life, reading, society | コメントは受け付けていません。

街中あちこちから聞こえてくるコトバ

ハイデラーバード旧市街のムスリムたちはウルドゥーを母語にする人たちが多いと聞いていたが、街中を歩いていると想像していた以上にこの言葉による会話が聞こえてくるのにちょっと驚いた。歴史的経緯があるとはいえ、デカンのこの地に昔 … Continue reading

Posted in column, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

イスラームはインドに学ぶべき

ハイデラーバードでは広くウルドゥー語が使用されていることはよく知られているが、私はてっきりテルグ語社会の中で、インドのムスリムにとっての教養のひとつとしてウルドゥー語が広く理解されていることと思っていたが、実はネイティヴ … Continue reading

Posted in column, economy, heritage, language, life, society, travel | コメントは受け付けていません。