REAL & FAKE “HERITAGE” HOTELS 2

【グレート・イースタン・ホテル】

カルカッタに現存する「ヘリテージ・ホテル」として大変有名なもののひとつに、1840年にオープンしたグレート・イースタン。ホテルがある。開館当時は欧州人専用の高級ホテルであり、シンガポールのラッフルズ、ラングーンのストランド、サイゴンのマジェスティックと同じような立ち位置であった。若き日のエリザベス女王が独立まもないインドを訪問した際にレセプションが開かれたことでも知られている。

グレート・イースタン・ホテルのファサード部分は現在も工事中。本来はここが正面入口。
BBDバーグに面した側はまだ工事が続いている。

1970年代には、グレート・イースタンは州政府に接収され、州政府関係企業のマネジメント下に置かれた。それに先立ち、銀行などの多くが国有化されたことに代表される社会主義路線を邁進していた(当時はそれがトレンドだった)当時のインドだが、この時期の西ベンガルでは共産主義への期待が高まり、共産党政権が成立して2011年まで途切れることなく継続した。

そんなグレート・イースタンだが2005年に閉鎖されるまでは、なんと1,500〜1,800Rs程度で宿泊できるロワーミドルレンジ(当時の物価)の宿に成り下がっていた。先述のエリザベス女王のレセプション以外にも、国賓(ニキタ・フルシチョフ他)が宿泊したことで知られる高級ホテルが、そこまで落ちぶれながらも運営が継続的していたという例を私は他に知らない。グレート・イースタンはBBDバーグにあり、閉館前にお茶を飲みに訪れたことがある。見事な建物とその堕落ぶり、スタッフの着ている制服も汚れてヨレヨレなことに、没落貴族的なムードを感じた。

2005年に閉館というのは、ホテルを所有していた州政府企業はかなり前から売却を画策していたものの、なかなか買い手がつかなかったことに加えて、労働組合との争議(新聞のウェブサイトでこの関係の記事を幾度か目にした)もあり難航していたのが、このときようやく決着したことによる。

買収したラリットグループは、全館大改修を実施し、再びオープンしたのは2013年。
表通りに面したファサードの部分は今なお工事中だが、営業している背後の部分を見ると、改修というより、新築したと言ったほうが適切なようだ。

左側は工事中部分、右側は新築された部分。
この部分は新築であり、グレート・イースタン・ホテルのレガシーを継承しているわけではない。

ヘリテージ・ホテルとは、オリジナルの姿が大切に保存されていてこそのもの。「同じ場所にあり同じ名前で運営している」だけで、そう名乗るのはおこがましい。莫大な資本を投下しても本当の伝統は買えない。グレート・イースタン・ホテルは地上から永遠に姿を消し、今そこにあるのは「グレート・イースタン」を名乗る豪華な「別モノ」だ。私はこれをヘリテージ・ホテルとは呼びたくない。

デリー空港で「女性専用タクシー」が利用可能に

デリーの空港からタクシーを利用すると、いつもといっても良いほど、態度や感じの悪い運転手が多い。それだからといって、何か問題が起きたことはないが、とりわけ夜の時間帯に女性がひとりで利用することに不安を覚えるのは無理もないだろう。実際、空港からのタクシーで乱暴されたり、最悪の場合、殺害されたりというような事件もあった。

今年1月10日からWOMEN WITH WHEELSというサービスが始まったとのとこと。SAKHA CONSULTING WINGSAZAD FOUNDATIONによる取り組みだ。

現在までのところデリー、ジャイプル、コールカーター、インドールで操業しており、4時間あるいは8時間という単位でチャーターしての利用もできるようだ。
利用された方があれば、ぜひ感想をお聞きしたいと思う。ちなみに私は男性なので、この「女性専用サービス」は女性同伴でないと利用できないため、なかなか縁がない。

‘Women With Wheels’ Cab Service Operated By Women For Women Has Started At Delhi’s IGI Airport (Youtube)

Delhi airport has an all-women cab service now (The Indian EXPRESS)

REAL & FAKE “HERITAGE” HOTELS 1

【カルカッタのYMCA】

1847年に発足したカルカッタのYMCA。「セポイの反乱(1857年)」が起きる10年前からあるわけだ。現在、ホステルとして利用されているこの建物は20世紀初頭の1902年に完成している。当時は在住の英国人をはじめとする欧州人たちの利用が主たるものであったのかもしれないが、基本的にキリスト教のバックグラウンドを有する人たちの集会施設及びホステルであることは今も同じだ。

居室も廊下も階段も、目にするものすべてが重厚な「本物」であり、この建物の設計・建造が進んだ19世紀末ムードが香り、ちょっと「お化けが出そう」なムードがある。インドでは今でも窓の扉が手作りであるのは珍しくもないが、窓外の鎧戸まで手作りというはなかなか貴重。

しかも後世になってから宿に転用されたとか、どこかに買収されてとかではなく、150年前に落成してから一貫して、YMCAとして機能している施設である。電機系統が附設されたり、wifiが使えるようになっていることを除けば、竣工当時を容易に想像できる貴重品な空間である。

宿代は朝食込だが、それを食べるための部屋だけはまるで星付きホテルのような豪華さがある。ここは会員たちの会議室としても利用されているらしい。

実はここも一時期OYOに加入していたが4ヶ月くらい前に脱退したとのこと。
「OYOの人たちは泥棒だよ、泥棒!」とはマネージャー氏の談。
OYOに関するひどい話はよく耳にする。

今は塞いであるが、かつてエレベーターがあった痕跡。
配電盤

インドは暑い・・・?

コールカーターのYMCAで、上の階に泊まっているアメリカ人が外から帰ってきた。
インドは初めてのようで、「いやーもう暑くて暑くてたまんないねー!」と言う。
今の時期、そんなに気温高いかなぁ?
『お兄さん、アラスカから?』
「いや、気候じゃなくてね・・・。」
彼曰く、「The heat of the people」が凄いのだと。
そうか、インド人が暑苦しいと思う気持ちならば分かるなぁ。
(翌日わかったのだが、このアメリカ人はコールカーターがルーツの人であった。インドには親族訪問のためやってきたとのこと。)

INDIAN COFFEE HOUSE

INDIAN COFFEE HOUSE

革命揺籃の地カルカッタで、進歩的知識人や革命を志向する若者たちが集まったインディアンコーヒーハウスは、カレッジストリートのプレジデンシー・カレッジ向かいにある。

革命家とテロリストの違いは本質的にはない。謀議を企て実行して逃亡、潜伏するまで、やることは同じで思いも同じだ。後世の人たちが勝手にラベルを貼り付けて、英雄と祀り上げられたり、悪漢として罵られたりする。

中村屋のボースこと、ラース・ビハーリー・ボースも、日本亡命前には当然ここでコーヒー片手に同志たちと議論を交わしたことはあったはず。

そんなことはさておき、こういう古いカフェの英国式軽食はすこぶる旨い。

革命家もテロリストも、やはりおいしいものには目がなかったのだろう。画像は注文したコーヒー、フィッシュフライとマトンオムレツ。

コーヒー
マトンオムレツ
フィッシュフライ

もちろんここに出入りしたのは革命家ばかりというわけではなく、サタジット・レイやアマルティヤ・セーンなどに代表されるカルカッタの芸術家や知識人なども多数贔屓にしていた。

コルカタメトロの「MGロード駅」から徒歩5分程度。