マジヌーカーティーラーのチベット難民コロニー

ダリヤガンジに書籍を買いに行った後、少し足を伸ばしてマジヌーカーティーラーのチベット人マーケットへ。昼食はここで済ませることにした。

チベット難民コロニー入口のゲート

界隈は、1980年代後半あたりの有様からは想像も出来ないくらい変容した。インドのどこ場所についても、そんな昔と比較するのはナンセンスなのだが、この場所については、高級化、利便性の向上具合が凄まじい。

洒落たブティック(チベット衣装を売っている)、モダンなテイストの品々を揃えてセンスの良い店内レイアウトの仏具屋、快適そうなゲストハウスやホテル、人気のレストラン(主にチベット料理)などがひしめき合っており、露店が立ち並んでいた昔と同じ場所とは思えない。

非常に建て込んでいるうえに、高層化が進んだ(大半が違法建築のはず)ため、昼間でも果たして朝なのか夕方なのか判然としないほど陽が差し込まない。

チベット人の中年女性が白い小石のようなものを袋に入れて売っているが、これはチベット式の乾燥式チーズだが、どこから運んできたのか、あるいは仕入れたのか尋ねてみたが、この人にはヒンディーも英語もまったく通じないため、インドにやってきて日が浅いチベット人なのかもしれない。

チベット式乾燥チーズ

ダラムサラをはじめとする在留チベット難民が多いところでは、「最近インドにやってきた」という人に出会うことは珍しくはない。そういう人でも、何かしら仕事や居場所があるのは、やはりチベット人居住区ならではといえる。

昼食は、チベット料理の店でトゥクパとシャプタ(薄切り肉のソテーみたいなもの)を注文した。水牛のものが品切れとのことで、チキンものとなる。

チキンシャプタ

中華料理の影響が強いチベット料理だが、中華料理ではポピュラーなのに使われない食材がある。それは魚だ。

すべてのチベット人が魚を食さないのか、広いチベット文化圏どこでもそうなのかは知らないが、一頭殺せば何人もが食べられる四足獣や鶏と違い、小さな川魚はひとつの命が与えることのできる恩恵が小さいため、殺生がより罪深いということになるらしい。

そうした意味から、川魚ではないが私たちの大好きなイクラやタラコのようなものは、とんでもなく罪深い殺生ということになるというようなことを聞いたことがある。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | Leave a comment

不滅の映画館

もう何年も閉鎖されている。地価の高い首都圏中心エリアで休眠させておくとは、なんともったいないことか。しかしながら、シネプレックス化の進展により、もはや単館で頑張る映画館に将来はない。

そのいっぽうで、「インペリアルシネマ」という名前はランドマークとして生きており、宿泊先がこの建物近くなので、市内どこかからオートリクシャーで戻る際には、このシネマの名を伝えるが、「もうその映画館ないよ」とか「閉まってるよ」などと言う野暮な運転者はいない。

たとえ建物を取りこわしても、目印として映画館の名前は残るのではなかろうか。南デリーには、1990年代別前半に火事を起こして営業取りやめとなった「ウパパールシネマ」という映画館であった建物がある。今でも「ウパハールシネマまで」と言えば、たとえ運転手がごく若くて、映画館が閉鎖された後に生まれたような世代の人であっても「どこだね、それは?」などと言う者はいない。

あぁ、映画館は不滅なり。

Posted in cinema, column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

水冷クーラー

懐かしの水冷クーラーは、まだ新品で購入することができる。
ボックス内の壁面部には、水で湿らせるワラ状のフィルターが入っており、強力なファンで送風することによる気化熱により、冷えた空気を送り出すというもの。
暑く乾燥している時期にはそれなりに効くとともに、心地よい潤いをもたらしてくれるため気持ちが良い。
しかしながらモンスーンが到来して、ベタベタと多湿で蒸し暑い時期に入ると、ただの扇風機と変わらなくなってしまう。
ファンの音は物凄く騒々しいし、やはり通常のエアコンを購入することができない層のための代用品なのである。

水冷クーラー

内部壁面にワラ状のフィルターが見える。

Posted in column, heritage, life, society | Leave a comment

デリーでパールスィー料理を楽しむ

イスラーム教徒の勢力に圧迫された拝火教徒たちが、イランからインドに移住したのは10世紀(8世紀という説もある)。つまり1,000年以上経過しても、独自のアイデンティティを維持するとともに、独自の食文化も保持している。

インド国内でわずか6万人程度というコミュニティーで、多くはムンバイーやアーメダーバードなどに集中しているのだが、さすがはインドの首都デリーだけのことはあり、ここでもパールスィー料理にありつくことはできるのだ。

このレストラン「Rustom’s Parsi Bhonu」は、パールスィー寺院とダラムサラから成る敷地内にある。ダラムサラのカンティーンと書かれているため、簡素な場所を想像したのだが、ちゃんとした、しかも小洒落たクラシックなレストランであるのは、リッチなパールスィーらしいところかもしれない。

パールスィー寺院

パールスィーのダラムシャーラー。レストランはこの中のカンティーンという位置づけらしい。

私が訪れたとき、BGMがビートルズというのも、いかにものパールスィーらしく感じられた。イスラーム化とともに先祖の故郷を追われてインドに定住したパールスィーだが、英領時代に生活スタイルが西洋化した、オリエント起源で非クリスチャンのウェスタナーと言ってもよい部分があるのがパールスィーだ。

元クイーンの故フレディー・マーキュリーがムンバイーのパールスィーの一族に生まれ、ザンジバルで子供時代を過ごした後、英国に移住したが、そういう人物をパールスィーのコミュニティーが生んだことは、何ら不思議ではないことなのだ。

メニューにはいろいろなものが用意されているのだが、一人で食べに行くと、何皿も注文出来るものではないので、結局ターリーにした。

前菜のようなもの?から始まる。

「ターリー」に含まれるどのアイテムも上品な味わい。

デザートとして注文したラガ・ヌー・カスタードの甘美味で夢心地。

それでも前菜?みたいなのから始まり、味わいは洋食みたいであるのは興味深い。本日出たアイテムはすべて上品な味わいであるとともに、やはりボンベイを想起させる都会的なムード。

とりわけ面白かったのは、ターリーを食べ終わってから注文したLaga Nu Custardである。
「パールスィーの婚礼のときによく出されるものです。メレンゲを加えてふんわりと仕上げてあります」とのことで興味を持ったが、今のイランやトルコの甘いもの屋にあってもおかしくないような菓子であった。

イスラミックなイメージのあるローズウォーターで味を整えてあるが、パールスィー伝来の菓子がこの風味を持つとすれば、イランがイスラーム化する前からあったものということになり、本来イスラームとは無関係の味わいと香りということになるのではなかろうか?

レストラン名:Rustom’s Parsi Bhonu
所在地:Delhi Parsi Dharamshala, Bahadur Shah Zafar Marg, Delhi 110002, India
電話:+91 99100 60502

Posted in column, food & drink, heritage, society, travel | Leave a comment

エバーグリーンゲストハウス

先日取り上げてみた、ニューデリー駅前のパハールガンジ地区のハニーゲストハウスが満室で断られた当時の日本の若者たち(一部、中年旅行者もいたが)が目指すのはエバーグリーンゲストハウスであった。ここもなぜか知らないが、日本人バックパッカーの利用が多かった。

ここのオバハンはけっこう曲者で、同じドミトリーのベッドでも人によって違う値段を言うとともに、固く口止めを要請する。少し安く泊まっている者が、そうでない者に口外すると、そのお客の料金の吊り上げを宣言する。

夜遅くに到着すると、やはり値段を上げていたり、体格は立派なのに気弱なご主人を叱りつけていたりする姿も記憶に残っている。

さすがに当時のオバハンが今も取り仕切っているとは思えないので、子供たちが切り盛りしているのだろうか。当時、ハニーゲストハウスの次くらいに安いドミトリーがあったので、あくまで経済的な理由から「次善の策」として宿泊していたので、あまりに良い印象はなかった。

Posted in column, heritage, travel | Leave a comment