ジャナクプル1 シーター姫の生誕地

カトマンズから飛行機でジャナクプルに到着

ジャナクプルの宿にチェックインして、部屋に荷物を置いてから、ジャーナキー・マンディルに参拝。ラーマーヤナに出てくるシーター姫の誕生地ということになっているこの町で、まさにそのシーター自身を祀る寺院だ。それだけに、ファンシーな感じの装飾とたたずまいである。建物自体はラージプート建築で、ここにいるとネパールに滞在している気がしない。まるでインドに居るかのようだ。

ジャーナキー・マンディル

ジャーナキー・マンディルの本堂

境内に併設されている寺院の博物館では、ネパールルピーで15Rs、インドルピーで15Rsと書かれているが、国境が近いため日常的にインド人参拝者が多いのだ。そんなこともあって、市中で広くインドルピーが流通している。昨年11月にインド政府が高額紙幣(額面500Rs と1,000Rs)の廃止を宣言した際には、かなり困った人たちが少なくないことだろう。

ネパールルピー、インドルピーでの入場料をそれぞれ表記

インドに居るかのよう・・・といえば、このあたりの雰囲気としては、ほとんど視覚的にはインドである。ネパールでは普通にヒンディーが通じて便利な反面、返事が英語やネパール語で返ってくることがあったり、『ネパール語は出来ないの?』というコメントが挟まれたりすることもある。そのため、ちょっと気後れするような、申し訳ないような気がしたりすることもある。だが、ジャナクプルに来ると、さすがにそういう雰囲気はない。ゆえに、ますますインドに戻ってきたような気分になる。看板や売られている新聞はやはりネパール語(文字は同じ)なので、やはり違う国にいるのは間違いないという、やや不思議な気分になる空間だ。

このあたりのマジョリティはインド側のミティラー地方と同じく、マイティリーの人たちで、彼らの言葉「マイティリー」はヒンディーの方言。国境を挟んだ通婚についてもよく耳にする。国境でインド側とネパール側に分かれているミティラー地方だが、文化的にはもちろんのこと、インド国籍とネパール国籍の人たちの往来は自由であるため、一続きの世界だ。

蛇足ながら、ほとんどインドのビハールみたいに見えるジャナクプルだが、やはりネパールなので、いかにもそれらしい佇まいの寺院も存在している。

〈続く〉

Posted in column, economy, greater india, heritage, life, politics, society, travel | Leave a comment

眺めて面白いネパール語

基層語彙にヒンディーと共通するものがとても多いので、視覚的には解りやすいネパール語。新聞を開けば、何について書かれているのかはだいたいつかめる。
この看板は関係ないが、『警察』に『पुलिस』(pulis)ではなく、प्रहरी(praharii)言葉が使われていたりするなど、ヒンディーよりもオーソドックス感が強いのも良い。
同じデーヴァナーグリー文字を用いるのだが、外来語の転記の綴りも、ネパール独自のものがいろいろあるため、散歩していても小さな発見があって楽しい。

Posted in column, greater india, heritage, language, society, travel | Leave a comment

パータン

手前がチャールナラヤン・テンプル跡地

2015年に発生した大地震のため、チャールナラヤン・テンプルは崩壊したとのこと。その他いくつかの文化財でも地震に被害の修復工事進行中だった。

パータンの王宮内を見学。ここも地震のダメージがあったので修復工事がなされている部分があるものの、今は見事な展示がなされた博物館になっている。

以前は特に中にこれといったものがなく、空き家になった王宮内を歩くだけで、手入れもよくなかったので、あまり印象はなかった。王家が暮らしていたころは、今のように床も壁もきれいにしてあったのだろう。こうした煉瓦造りで独自の雰囲気を持ったところには、やはりネパール独自の文化を感じさせるものであり、インドのそれとの大きな違いが感じられる。亜大陸北部で隣り合っている国ながらも、ずいぶん距離感が感じられるものである。

クンベーシュワル・テンプル

ゴールデン・テンプルへの参道

ゴールデン・テンプル

マハーボディー・テンプル

ウク・ベヘル

旧市街を散策してみると、実にいろいろ興味深いお寺がいくつもある。端正な境内と四重の塔を頂くクンベーシュワル・テンブル、とても狭い入口を進むとブロンズ版で装飾されて金色に輝くゴールデン・テンプル、ブッダガヤのそれを思わせるマハーボディー・テンプル、かなり狭い敷地ながらも奥行きを感じさせ造りの仏教寺院ウク・ベヘル等々。

クンベーシュワル・テンプルを除けば、狭小な境内に詰め込んだような造りになっているものが多いのは、やはり中世の都会というか、狭いところに集住するエリアに建立された都市的な寺院らしい信仰空間だ。

趣きのある街並み

2015年の震災後、つっかい棒で支えられるのは日常的な光景になったようだ。

中世の面影を残す街並みも素敵なパータンである。

ストゥーパの隣にあった建物の扉は仏教旗色に塗り分けてあった。

カラフルなストゥーパがあり、居心地が良かったのでここでひと休み。

Posted in column, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ネワール式家屋のいいお宿

パータンでこういう宿を見かけた。

Newa Chen

従前からネワール家屋を安宿に転用したものはあり、田舎町でも利用する機会はあるが、多くは決して快適なものではなかった。ボロくなるに任せたままで、夕方に部屋に戻るのがちょっと憂鬱?な感じで、そういうのはかつてのストーンハウスロッジもそんな具合だった。

ここはかなり大きなお屋敷みたいなのを修復して宿泊施設にしてあり、ひとりで泊まるには、もっと安いところでいいのだが、友人や家族と一緒に、というケースには最適なんじゃないかと思う。オーナー家族も敷地内の別棟に暮らしている。

空港からの距離もカトマンズと変わらないし、旧市街もカトマンズよりもずいぶん静かだ。
他にもいくつかこういう宿泊施設を見かけたが、ここでは中を見せてもらった。8部屋しかないので、シーズンには電話やメール等で予約しておいたほうがいいだろう。

Posted in column, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment

井戸端会議

バクタプルにて。これぞまさに文字通りの井戸端会議。
働き者の主婦たちの間で、地域の話題、ダンナのグチ、子供たちのことなど、いろんな家庭からのトピックが飛び交い、ときには誇張されたり、明るい笑い、やっかみ、憐憫などとともに、話題がどんどん拡散されては、忘れ去られていくのだろう。
地域の活力は、まずここからはじまる。

Posted in column, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment