香港飯店

サダルストリートのすぐ近く、フリースクールストリートの香港飯店へ。
コールカーターの他の華人経営の店の多くがそうであるように、ここも客家系華人による経営。インド人も雇用しているが、厨房で指揮を取るのは客家人の店主兄弟なので、いつ来てもおいしい料理が出てくる。
ウェイターのベンガル人ムスリム、ヌール君はずいぶんここで長く働いているが、近年はちょっとオジサンが入ってきた。
界隈では、料理店以外に、美容室、大工、靴屋などをやっている人たちが多い。華人が作る靴については、「とにかく履きやすい。そして長持ちする」と昔から評判がいいらしい。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | Leave a comment

2017年のサダルストリート

コールカーター中心地にあり、言わずと知れた安宿エリアだが、近年はアップマーケットな宿やレストランが出来たり、既存の宿が大改修をしたり、サダルストリートから派生した路地裏にも新たな宿がオープンしたりと、少しずつ変化はある。

ひところまではとても盛んだったISD、STDといった国際電話、国内長距離電話やインターネットの利用などをさせていた店は、スマホの普及と宿でWi-Fi利用がごく当たり前のこととなったため、すっかり尻すぼみになっている。

この通りの東端で消防署に突き当たるが、そこからフリースクールストリートを少し南に進んだところにあるマルクィスストリートからバーングラーデーシュ行きのバスが発着していることから、そのあたりには主にバーングラーデーシュ人たちが利用する宿がいくつも出来ている。だがサダルストリート自体は、長年に渡ってたたずまいはほとんど変わらなかったように思う。

それでも近ごろは、いくつかの古い建物が取り壊されて、新しくモダンなビルが出来ており、古ぼけた街並みの中で異彩を放つようになってきている。昔ながらの建物に入居する宿や食堂などの入れ替わりは、視覚的にはさほどの違いはもたらさないが、こうしたハコモノ自体が建て替わると、ずいぶん違ったムードになる。今後も、このような動きはゆっくりと、しかし着実に進んでいくのだろう。

最近オープンしたモダンな商業ビルで営業する旅行代理店

サダルストリートらしからぬキレイなブティック

今はこうしたアップマーケットな宿も営業している。この向かいにはムンバイーが本拠地のBawaグループのホテルがある。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | Leave a comment

「けっこういいホテル」も地域に合わせて標準化する

写真映えはするのだが、ほとんど清掃はなされておらず、あちこち壊れていたりする。

サダルストリートに滞在するも、ちょっと奮発して「けっこういいホテル」を利用。ムンバイーを本拠地とするスィク教徒資本のホテルチェーン、Bawaグループが運営する宿泊施設だ。

5年か6年ほど前だっただろうか、ここが開業して間もないころに利用したことがあり、そのときの印象が大変よかった。あまりに快適だったので、その翌年も同じ時期に宿泊したくらいだ。スタイリッシュな部屋と設備、ピシッとスーツの制服を着たスタッフのプロフッショナルな対応、宿泊代込みの朝食バイキングのバリエーション等々、きちんとした良いホテルという感じで、その割には当時2000Rs強と、大都会カルカッタにあって、ずいぶんお得な感じがした。今回はAgoda.comを通じて予約して、3.500ルピー強。

さて、今回訪れてみると、フロントでは、ヘッドフォンで何か聴いているらしい男が、こちらに顔さえ向けずかったるそうに『あ〜?』と返事をし、チェックインすると個人的に市内観光のタクシーを売り込もうとしたりと、安宿(の中のダメな類)の受付みたいだ。

長年掃除をしていないように見える汚れっぱなしのバスルーム、床が泥だらけのままの室内、スマホの充電を終えて引き抜くとコンセントのパネルごと外れるなど、まったくいい感じがしない。料金に比較してこれはひどいな、と翌日には部屋を交換してもらったが、同じような具合であった。

最初はちゃんとしたホテルでも、立地がこうだと周囲の環境に合わせて『標準化』してしまうのは、個人営業ではなく、ちゃんとした企業が経営するホテルでもあり得る現象のようだ。

こんなだったら界隈のいつもの安いところにしておけばよかったと思う・・・というよりも、『安宿エリアながらも、けっこういいホテル』を期待した私自身もいけなかったと反省。

Posted in column, food & drink, society, travel | Leave a comment

サダルストリートを行き交う人々

サダルストリート

サダルストリートと交わるフリースクールストリート

サダルストリート近くでバングラデシュとの間を行き来する国際バスが発着するため、バングラデシュ人たちの姿が大変多い。

ここ西ベンガルと同じベンガル人はベンガル人だが、このエリアにおいては、やはりバングラデシュからやってきた人たちはひと目でそれと判ることが多いのが可笑しい。

まずずいぶん頑張ったよそ行き(とりわけ女性)格好であったり、店先をキョロキョロしながら物色していたり、手には大きなおみやげ袋を抱えていたりと、いかにもおのぼりさんといった風情。インド人旅行者がサダルストリートに来ることはあまりないし、地元カルカッタの人たちはこんなところに用事はないので、とりわけ目立つ。

また、こうした都会で初対面の見知らない店員たちに、いささかの戸惑いもなくいきなりベンガル語で話しかけるのも、いかにもバングラデシュ人たちらしいことかもしれない。都心近くの商業地では、周辺州(ビハールやUP等々)から出てきた人たちが多く、店先で働いているのはベンガル人でないことが多いためである。

まあ、目立つというか、ここで旅行者として訪問しているインド人みたいに見える風貌の人たちのほとんどがバングラデシュから来た人たちなのだが。

ストリート界隈で特定の商いを営む人たちの中にも特定のエスニシティがあるようだ。タクシー運転手はほぼビハール、UPから来た人たちのモノポリーなのはオールインディアな現象だが、この地域で両替屋のオーナーにはアングロ・インディアンが多いというのはちょっとオドロキだった。

ごくなんでもない風景の中にも、ちょっぴり興味深いことが見つかったりするのは、やはりインド亜大陸ならではの面白いところだ。他の国を旅行すると、あ〜景色が良かったとか、飯がうまかった云々で終わってしまうのだが、この亜大陸では、ただ座って雑談していても、いろいろな社会勉強をさせてもらえる。

Posted in column, economy, greater india, heritage, language, life, society, travel | Leave a comment

サダルストリートの自称『サトシ』

サダルストリートの自称『サトシ』

自称「サトシ」

パラゴンの脇で小さな露店をやっていた。初めて見かけたときは、まだ10代の少年だったように思うが、とっくの昔にオッサンになっている。また、いつの間にか彼の日本語は「関西弁」になって久しい。
商いの場所を替えたとか言っているが、やはり今もサダルストリートの中で、ちいさなみやげ物のようなものを売っているらしい。
ま、元気そうで何より。

Posted in column, life, travel | 2 Comments