鈍行列車でカルナーへ

ムルシダーバードからベルハムプル方面に戻り、橋を渡った対岸から少し進んだところにあるカグラーガート・ロード(Khagraghat Road)駅に到着。果たして列車に間に合うかどうか、ギリギリのタイミンクであったが、運行が大幅に遅れているとのことで、2時間近く待つこととなった。

ここから各駅停車に乗車して、カトワー・ジャンクション(Katwa Junction)駅で乗り換えると、アンビカー・カルナー(Ambika Kalna)駅に行けるらしい。

やはりインドの汽車旅の醍醐味は鈍行列車。日に何本かしか停車しないローカル駅。駅前といっても畑しかない景色を見ながらのんびり過ごすのが良い。

車中の人々の入れ替わりも盛んで(長距離移動するならば急行を使うので)、気分も変わって良い。顔ぶれが変わるため、さきほどと同じ質問に再び答えなくてはならないが。

ゆっくりと列車が動き始める。さほど速度を上げることなく、ノロノロと進んで行く。ほどなく次の駅に停車すると、また人々は降りていく。これが夜行の鈍行列車であれば大変疲れる割にはぜんぜん進んでいなくて散々だったりするのだが。

ガンガーティクリーという鈍行専用駅。近年のインドでは駅の整備が進んだため、こういうところでもホームに屋根があったり、蛍光灯が付いていたりするころが増えた。ホームもちゃんとコンクリートで仕上げてある。

鈍行列車用駅も施設が良くなったとはいえ、従前からの「ホルト」の駅は変らない。「ホルト」とは、ちょうど郵政民営化前の特定郵便局みたいなものと言えばよいだろうか。国鉄職員が配置されない簡易駅。働く人は国鉄マン(公務員)ではない民間人である。

正式な駅ではない「ホルト」

カトワーからはハウラーを中心とする郊外電車のネッワークを利用。カトワーとバンデルを結ぶこの列車はパンタグラフから給電する全車両駆動の通勤電車スタイル。この車両の背後に接続しているのは郊外からカルカッタ都市圏に移動する行商人や物資運搬の人たち専用のコーチ。

ハウラーまで行く列車なのでやはり車内は都会的なレイアウト

そうこうしているうちに日が暮れてきた。鉄道は乗ること自体がエンターテイメントである。

昔であれば、TRAINS AT A GLANCE(という時刻表)に掲載されていない各駅停車で乗り換えをともなう移動をする際、ルートや時間がわからなくて困ったりしたこともあったが、今の時代は全国各地で走行するすべての列車のタイミングや実際の運行状況(遅れなど)が検索できるサイトhttps://etrain.info/inがあるため、とても楽になった。

目的地に到着するのが遅くなりそうであれば、スマホで旅行予約サイトから宿を確保しておくこともできるし、フロントに電話して到着時間を伝えておくこともできる。便利になった分、気持ちにも余裕が生まれて、ゆったりと旅行を楽しむことができるのだ。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ムルシダーバード

オートの若い運転手はとても感じの良い人でとてつもなくおしゃべりなのもいろんな話を聞けて良かった。

ラージバーリー、文字通り領主の館なのだが、現在の当主はコールカーター在住とのこと。年に一度、ドゥルガープージャーの時期に一族が集まる習慣になっており、その他の時期は不在となる。

ここで働く年配女性に館内を案内してもらったが、本日雇った若い運転手によるベンガル語からヒンディー語への通訳なしには、私には何もわからなかった。運転手はとても感じの良い人でおしゃべりなのでいろんな話を聞けて楽しいが通訳としても活躍してくれた。

残念なのは、館の中は撮影禁止であること。オーナーは、使用人が観光客から心付けをもらって館内を見せるのは黙認しているようだが、写真については厳しく禁止を言い渡しているそうだ。「ネットに拡散されたら私はクビですから」とのこと。そんなわけで敷地外の柵の外から建物の外観しか撮ることができなかった。中も見事なもので、欧印折衷の華やかな館。屋敷内に家族専用な立派なお寺も複数ある。

界隈には他のラージバーリーがある。同じ一族が異なる目的(商取引等のための事務所など)のために複数の館を持っていたそうだ。ここに来る途中で、クリーム色の壁でボロボロになった屋敷も見えたが、それはすでに廃屋とのこと。

ラージバーリー

現在も整備してあるこの屋敷は、もともと一族の居住用であったので、現在も彼らが一堂に集まる際に利用しているとのことだ。屋敷の一部は、ROOPKATHA GUEST HOUSEという名前で宿泊施設になっており、きれいなレストランも併設している。

こちらのサイトにこのラージバーリーの来歴等が記されている。

他にも見学できるラージバーリーがあり、入ってみたのだがかなりひどく荒れていた。もったいないが、本来の修復ではなくコンクリートでやってしまっていたものもある。費用が安く済みメンテナンスの頻度も少なくて済むのだろう。私有財産なので、所有者がどのように処理しようが、こればかりはいかんともしがたい。

ラージバーリーだがハザールドワーリーを想起させるファサード
このラージバーリーもハザールドワーリーを模倣した正面となっている。
かなり残念なコンディションのラージバーリーもある。

壮大なイマームバーラーは残念ながら中に入ることはできなかった。修復作業が行われていたからだ。こうした場所でしばしばあることなのだが、全館このような形にするのではなく、部位ごとに異なるフェーズで修復を実施し、工事中でも該当エリア以外は見物できるようにしてもらいたいものだ。近年も旧パティヤーラー藩王国見学の際、パレスのひとつがそのような具合で見学できなかったことを思い出した。

イマームバーラー

これと向かい合う場所にあるベンガルのナワーブの宮殿であったハザールドワーリーは現在博物館となっているため見学することができる。

ハザールドワーリー
ハザールドワーリー
ハザールドワーリー

イマームバーラーやハザールドワーリーのようなハイライトはもとおり、それ以外の規模の小さなマスジッドや遺跡などにも実に見どころが多いことに驚かされるムルシダーバード。まさに古都としての趣にも満ちており、できれば2、3日滞在してじっくり見学したいところだ。時間の制約があり、午後の列車で出なくてはならないのが惜しい。

マスジッド
マスジッドの遺跡
マスジッド風の意匠のヒンドゥー寺院
ヒンドゥー寺院
見事なハヴェーリー
オランダ人墓地
オランダ人墓地
オランダ人墓地

オランダ人墓地などを経て、最後に訪問したのは、総レンガ積みのカトラーマスジッド。石材をほとんど産出しないベンガル地方ではこういうタイプのマスジッドや寺院が多い。

カトラーマスジッド
カトラーマスジッド

古都の趣があるにもかかわらず、現在のムルシダーバードは「だらだら広がる大きな村」になっていて、この地域の中心地は隣のベルハムプルになっている。ASI(インド考古学局)管轄下にある遺跡はもちろんのこと、民間所有のラージバーリーに至るもチケット売り場には「外国人料金」なる10倍から20倍もの料金を掲げているが、実際には適用されない有名無実なものになっているようだ。

この地方の秋の風物詩として、束ねたヨシの茎をきれいにクロスさせて干している風景がある。これを水に浸して腐らせてからとりだした繊維で紐を作るのだ。あとは繊維を取るだけの段階で建物にかけて干していたり、道路に 広げて干していたりするのを見にする。

ヨシの束を乾燥中

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

オートでムルシダーバードへ出発!

ベルハムプルは、ローマ字ではBerhamporeと綴る。ベンガルやオリッサなど、インド東部の地名には、このBerhampore(ベルハムプル)、Jeypore(ジャイプル)などのように、表記を現地化せず英領期からそのままのもの、そしてFraserganj(フレイザーガンジ)、English Bazar(イングリッシュバーザール)などのように、なぜか改名されることなくそのまま使われている地名がけっこうある。

朝食を済ませてすぐにチェックアウト。もうここには戻らないため荷物すべてを背負ってムルシダーバード見学に出かける。やはり旅行荷物は極力軽くするに限る。

ベベラームプルでは、流しのオートがけっこうあり、ほぼ決まったルートで乗り合いの形で走っているのだが、誰も乗客がいないオートの運転手に「6時間程度かけて、どこそこをこういう具合に回りたい」と話すと、運転手たちはいずれも料金を吹っかけるでもなく、「お断りします」と言うのには困った。高いことを言われるのではなく、断られ続けるとは想定していなかったので、ちょっと驚いた。

沿道でクルマの部品屋を営む人が「何かお困りか?」と声をかけてきてくれたので、電話でオートの運転手を呼び出してくれた。しばらくしてから若い運転手がやってきたが、この人もチャーターについては、しばらく渋っていた。ずいぶん欲のない運転手たちだ。

※内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ベヘラームプル到着

ベヘラームプル駅到着は午後7時50分くらい。駅舎を出るところでホテルに電話をかけるつもりだった。迎えの人を寄越すと聞いていたからだ。

実は予約サイトでブッキングすると、直後にこのホテルのレセプションから電話がかかってきて驚いたのだが、その後質問したいことがありSNSでこのホテルのページを探してコンタクトするとすぐに回答が届くとともに「駅へ迎えを寄越す」という連絡。

駅出口はかなり人々でワサワサしていて、とても見つけようがないのではないかと思ったが、こちらがスマホからコンタクトしようとしているまさにそのときに迎えの人が現れた。その男性は私のほうへ真っすぐ歩いてきて「お待たせしました」などと言うので、最初は何か怪しい奴かと思ったりしたのだが、スマホに私の写真を持っていた。やはりSNSかコピーしたのだろう。もっとも駅出口で東アジア系の顔をした人は私だけだったので、写真がなくてもそうと見当を付けて声をかけてきたことだろう。

エアコン付きのホテルの名前が入ったクルマだったので、日ごろからお客のピックアップサービスを実施しているようだ。たいへん繁盛している宿らしく、しじゅう人々が出入りしている。やはりこうした営業努力の成果なのだろう。

予約サイト経由ではなく、直接電話で予約したほうがかなり安いことがわかったが、特に良い宿だと思うので、ウェブサイトを以下に記しておく。

HOTEL SAMRAT

※内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ラール・チャー

西ベンガル州内で鉄道車内によく売りに来るラール・チャー(文字通り紅茶)。ジンジャーティーである場合が多いが、汗を思わせるような匂いのマサーラーを入れたものもある。その場合、生姜は使用されない。いずれも美味で、ときにはチャーイでなく、こういうお茶も良いと思う。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。