シェカワティ地域にある聖地、ローハールガル。

ゴリャーナー(Golyana)でバスを降りて、ここから先はシェアジープを乗り継ぎロールガルへ。

背後が禿山であることを除けば、あたかもヒマラヤの山中にあるかのようなたたずまい。ちょっと涼しげな眺めではあるものの、ラージャスターンの丘陵地にあるため気温は高い。沐浴はしていないが、湧き水は冷たくて心地よいのか、それとも熱せられた大地から出てくる水は、まるで温泉状態なのかは確認していない。

「CCTVで監視されています」という表示。田舎聖地にあっても、そういう時代のようだ。

しかしながら、雨季乾季を問わずこんこんと湧き出て、霊験あらたかとされる泉、スーリヤクンドを囲むガート、それをさらにぐるりと取り囲む寺院の雰囲気は良好。周囲は門前町になっており、ダラムサラ(巡礼宿)などもいくつかあるようだ。

たしかこのあたりはアラーワリー山脈の支脈ではなかっただろうか。北デリーのリッジあたりからハリヤーナー州を通ってラージャスターンを縦に抜ける山脈。一番高い頂はヒルステーションとして知られるマウント・アーブー。

このあたりの山々(連なる丘陵と言うべきか?)は、かつて深い森であった時代もあるという。近代以降の森林伐採が大きな理由のようなので、そのあたりまでは、今とは異なる風景が広がっていたようだ。

誰もが自由に利用できる「飲料水」

ローハルガルからゴリャーナーに戻る道すがらにあるチェータン・ダース・キー・バオリーという階段井戸。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ナワルガルからローハルガルヘ

ナワルガルにはムスリムもけっこう多いので、こうした墓地がある。

ちゃんとしたバススタンドではなく、この屋敷の少し先にある雑貨屋の軒先がバスの始発点となっていた。

ナワルガルは方面によってバススタンドが異なり、これまたバススタンドに見えないバススタンドもあるので、慣れないとよくわからない。マーケットで人に尋ねてわかったのは、ローハルガル(Lohargal)へは「ウダイプルワーティー」(ウダイプルとは無関係)という町に行くバスに乗り、途中でゴリャーナー(Golyana)というところで降りて乗り換えるということだ。
距離は大したことないのだが、道路が良くないため思いのほか時間はかかるらしい。

綴りが間違っている行先表示板

過積載の車両。今にも破裂しそうだ。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

靴底が抜けた

困ったことに靴が壊れた。
半砂漠の土壌のシェカワティー地方の暑さのためらしいが、歩いていたら靴底が抜けてしまった。接着剤部分が糸を引いている。気温は46度くらいだが、路上はそれよりもかなり高いはず。貼り合わせ部分が溶解してこうなったのではないかと思う。履いているのは、古くなったので外履きに転用したフットサルシューズ。
ちょうどうまい具合に、目の前が靴の修理屋であった。「これはインドア用のシューズでしょう?この気温だとダメなんです。接着し直しただけだと、また剥がれてしまうのは目に見えているので縫い合わせしておきます。」と店の人は言う。
さすがにこういう気温なので、彼は路上で商っているわけではなく、ちゃんと店舗を構えた修理屋さん。壊れた靴やサンダルを直すだけではなく、新品の履物も多数販売している。傍らに新聞や小説類も積んであるので、日常的に読書をする習慣のある修理屋さんらしい。こういう人は珍しい。道理で、この辺で履いている人はいなさそうな「インドアシューズ」に関する知識もあるということなのかもしれない。

Posted in column, environment, life, society, travel | Leave a comment

砂漠の風景

シェカワティー地方で町を出ると延々と続く砂漠の風景。
鉄道による大量輸送の時代の到来まで、ラクダの隊商が行き交っていた大地。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

小ぶりなハヴェリーもいい感じ

ナワルガルはシェカワティー地域の中心地のひとつだけあって、美しいハヴェーリーのある風景には事欠かない。
小ぶりながらも落ち着いた佇まい、保存状態も良好な屋敷の前でしばし足を止め、思わず見入ってしまう。
この地域特有のミナレット付きの井戸の姿もいい。デリー首都圏やハリヤナー州から地理的に近いにもかかわらず、19世紀にインドに旅しているような気がしてくる。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment