ラームガル

チュールーの宿からバススタンドまで乗り合いオートで向かう。どの町でも10Rsのようだ。鉄道駅正面にあるバススタンドで下車。バスでここからラームガルまで30分かかるかかからないかという程度。

シェカワティの町ではオートリクシャーといえばたいてい乗り合い用途。ゆえに車体やシートも大型になっている。

ラームガルの町を散策していると、ハヴェリーを改装したホテルがあった。2000年以降、シェカワティー各地でこうした施設が増えているが、90年代まではこういうホテルはほとんど無かった。

宿の主人の名前を聞いてみると、ラージプートのようなので、さらに名字を尋ねると「ラートール」であった。やっぱり・・・。
彼は私の質問の意を察し、「はい、確かにラージプートがバニヤーの屋敷に興味を持って、それを買い取り、家屋の補修に精出すというのは珍しいかと思います。」とのこと。

バニヤーではなく、シェカワティー地域の人でもない彼が、この地域のハヴェリーに魅せられて、ついにこうした家屋に暮らすようになり、カラフルな屋敷の補修をライフワークにするようになったとのこと。そのハヴェリーを宿泊施設とすることにより、そこから収入も得ている。今の時代、やはりいろんな生き方をするインド人がいるものだ。

ハヴェリーがダラムシャーラーとして転用されている建物があった。こういう例は他にも少なくないのだが、本日は宿泊者ないとのこと。こういう暑季には、なかなか人は来ないのは当然だ。ここで言うダラムシャーラーは特に巡礼宿というわけではなく、地元の人たちが所用で訪れる際に安く宿泊できる施設のことだ。

町ごとに特徴的な意匠があったりするのだが、ここでは鉄道の列車が描かれた家がかなり目につく。そういう絵が流行った時期があったのだろう。同様に自転車や蓄音器など、当時ようやく世間に広まりつつあった文明の利器なども描かれている。

こうした熱心な人の手に渡り、過去の栄華を取り戻すハヴェリーがあるいっぽうで、すでに崩壊してしまっている屋敷、正面からはそうでもないように見えても、背後は崩れてしまっているものもかなりある。今後、このカテゴミリーに入っていくハヴェリーも少なくないように思われる。

経年劣化で崩壊したもの以外に、新築のため取り壊される例も少なくない。

残念な光景も目にするとはいえ、ラームガルの町歩きもまたいろいろ発見があって楽しいものである。

カラフルに彩られたマスジッド

見事の建物の図書館

「うだつ」のようなものが見られる建物もある。

こちらはかなり大規模なハヴェリー

頭上に思わず目を奪われる光景

小規模でも面白い意匠の建物がある。

こんな田舎町でもネオクラシカルなタイプのロイヤルエンフィールドは人気らしい。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

チュールー 3

かなり規模の大きな街であること、そもそもシェカワティー地域からビカネール地域に入ろうかという境目でもあるため、ここは特に期待はしていなかった。よくシェカワティーについて紹介される際にも、チュールーが抜け落ちていることは多いので、特に大したものはないだろうとタカをくくっていたのだが、決してそんなことはなかった。

マールジー・カー・カムラーから北側の地域は、「ヘリテージウォーク」という指定がなされているのか、単にそう表示しているだけなのか知らないが、界隈にはそうそうたる見事なハヴェリー群があり、まさに「行けども行けどもハヴェリー」という具合になっている。

「ヘリテージウォーク」という表示がなされている。

せっかく「ヘリテージウォーク」と表示するならば、外国人にもわかるように英語で書けばよいのにと思う。

しかもそれらのハヴェリーの中には、他の地域では見かけない意匠、斬新なデザインなどを見つけることが出来る。もともと街の規模は大きかったようだし、「マールジー・カー・ハヴェリー」を生んだ土地だけあって、進取の気性に富んだ地域だったのかもしれない。

「ヘリテージウォーク」だが、せっかくそういう表示をするならば、観光客にもアピールできるように英語で表示すれば良いのだが、この表示で「キレイにしましょう」とのことで、住民への啓蒙活動のようである。この看板のスポンサーは「マールジー・カー・カムラー」であることも示されている。

いい感じのハヴェリーも多いいっぽうで、あと10年、15年したら消滅してしまいそうな物件にも事欠かない。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

チュールー 2

Malji Ka Kamra

Malji Ka Kamraという宿がある。この街の中ではかなりアップマーケットな宿泊施設だ。20世紀に入ってから建てられたため洋風建築ではあるが、かなり変わった形状の建物であること、商人の館ではなくビカネール藩の迎賓館とした建築された背景などもあり、泊まってみたかったのだが、数日間に渡って予約で一杯だった。

最近は、少し高めのホテルは予約サイトでブッキングするのがごく当たり前になっているため、ここに到着する前、幾度か複数のインドの予約サイトでチェックしていた。日付を前後すると「空室あり」となるため、てっきりグループか何かの予約でも入っているのだろうと想像していた。

ところが食事をしようと、ここに着いてみると、驚いたことに「今日は宿泊のお客さんはひとりもいないのですよ。」とのこと。やはり基本は電話、メールなどで宿自体に確認するべきであると反省。

元々が迎賓館であったため、後世になって、ホテルに転用するにはお誂えむきといった具合であったようだ。洋館というには、かなり奇怪な姿をしているこの建物だが、グラウンドフロアーのダイニングホールは、ホラー映画向きというか、いかにも何か出そうなムードがいい感じだ。

昼間でも薄暗いダイニングホール

食事はとても美味である。

芝生の庭から眺めた建物全景の姿は印象的で、何か強い引力を感じて目まいがするほどだ。もしかしたら本日、本当は空室なのに全室満室というのは、あの世からの御一行様で一杯だったということなのかもしれない。それならば、彼らの邪魔をしなくて良かったというところだろうか。

翌日には中庭に面したテラスで食事をしてみたが、やはりここも妖気でムンムン。注文したバターチキンの汁が血糊みたいに見えてきた・・・。

しかし、こうして眺めてみると、昼間でも強烈な妖気に引っ張られる感じがする。どんな夜になるのか、ぜひ投宿してみたいものだ。

Posted in column, food & drink, heritage, life, security, society, travel | Leave a comment

チュールー 1

チュールー行きのバス車内

沿道にはこんな眺めが延々と続く。

アルスィーサルからバスでチュールーの街に着いた。人口20万人強なので、シェカワティー地方においてはスィーカル(人口23万人強)に次ぐ最大級の街ということになる。

このあたりは、シェカワティー地方の西端として認識されており、文化的にはそれで間違いないのだが、歴史的には独立前までジャイプル藩のテリトリーであったシェカワティー地方の大半の地域と異なり、チュールーはビカネール藩の領土であり、同藩ではビカネールに次いで第2の規模の街であった。

近年はスマホの普及とインドで高速データ回線が普及していることにより、ずいぶん便利になった。グーグルマップでホテルの名前を入れると、バスがどのあたりを走行しているのかわかるため、バスの進行方向を見ながら「このあたりが一番近いようだ」と思ったあたりで下車できるからだ。わざわざバススタンドまで行って、そこからオートを拾う必要もない。この街で目印のひとつとなっている「ラール・ガンターガル」、つまり赤い時計塔のところで下ろしてもらってから徒歩3分程度のところに本日の宿があった。

ラール・ガンターガル

「IDを」と言われてパスポートを出すと、「あぁ、外国人ね。今、C-Formがややこしくてね。」とのこと。
外国人を宿泊させる際に書かせて警察に提出するものだが、従前は紙だったものを電子化したとのこと。提出もオンラインらしく、いちいち警察署まで使用人を送る必要がなくて楽だと言いつつも、これまで外国人の利用がほとんどなかったので、やりかたがよくわからないらしい。

「えーと、まずは写真撮るんだっけ・・・」てなことで、ラップトップのビルトインカメラで私の顔を撮影するが、PCのどこに保存されるのかもわからない始末。

時間がもったいないので宿の人に「いいよ。オレが自分でやるから」と告げて、記入してみた。
登録画面の作りは、なんとなくインドビザ申請オンラインのフォームに少し類似しているが、記入項目をはるかに少なくした感じ。

けっこうスイスイ進めるが、「ホテル到着時間」の入力箇所にクセがあるようでつまづく。そうこうしてきるうちにタイムアウト。

時間がもったいないので、再度トライはやはり宿の人にやってもらおう。とりあえず宿の人の目の前で、いろいろ入力して見せたので、なんとか要領はわかったことだろう。

宿の簡素な食事

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

アルスィーサル5

この館は現在ホテルに転用されている。


シェカワティー地方特有のカラフルかつ豪奢な館は、マールワーリーのバニヤーのカーストの人たちが陸上交易時代に力をつけ、さらには鉄道の時代になるとカルカッタやボンベイに進出し、稼いだお金をせっせと故郷に送金したことによるもので、「外地からの送金=豪邸の建築」という現象面では、中国の福建省、広東省で多数の出稼ぎ成金豪邸村ができたのと少し似た部分があるかもしれない。

かなり規模が大きなハヴェリー(館)も多い。


たとえ壁のフレスコ画が剥落していても往時の華麗さをしのばせる館は多い。




彼らが都会に定住することにより、次第に故郷との縁が薄れ、世代を継ぐとさらに繋がりは細くなり、商人たち一族の中で、野心と才覚ある者は身内のツテを頼んで先達に続き、そうしたギラギラ向上心と機知に恵まれない者は故地に残ったため、シェカワティーの屋敷町は当然衰退することとなった。

もうこうなってしまうと原型を想像するのは困難になる。



どの屋敷も程度の差こそあれ、かなり傷みが目立つのだが、もう廃墟同然になっていたり、原型をほぼ失っていたりするものものさえある。

なかには、もうこんなひどい絵というか、落書きまでなされているものもあって考えさせられる。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment