メーサイ1 到着

メーサイでの滞在先は、昨年開業したばかりの宿。バンコクの大学で建築学を学び、しばらく建築家として首都で仕事をしていた青年が、故郷に戻り実家の敷地内に建てたのがこのゲストハウス。彼は都会的な感じのする30代半ばの男性で、建物はもちろん、インテリアやファニチャー類はすべて自分でデザインしたとのこと。彼の実家は、メーサイで家具工場の経営もしているそうだ。なかなかの「こだわりの宿」のようで面白い。

家族経営のエコノミーなゲストハウスなので、このまま宿泊客の評判が高まって人気の宿となるか、本人や家族が燃え尽きて、場末の宿と成り果てるかは、この経営者本人次第だ。

外はすでに暗くなってくる。タイ各地でチェーン展開するピザ屋に入ってみると、タイ語メニュー以外に中国語のものもあった。英語を差し置いて中文があるくらいなので、それほど中国人訪問者が多いのだろう。カウンターで注文を受ける若い女性は、私と同じ程度の非常に怪しげな中国語で話しかけてくる。やはり中国語は世界を席巻しつつあるのだろう。

食事を終えて、外に出る。あたりに屋台がいくつもあるのだが、路上に置かれた席は空いているのに、若者、主婦その他の年齢や家族構成もバラバラと思われる多様な持ち帰り客が行列を成している豚足ぶっかけご飯屋台があった。一人前で買う者もあれば、10人分ほどまとめて購入するお客もある。

ここの屋台は持ち帰り客で行列だった。

そんな様子から、店主のおばちゃんの愛想や応対はイマイチながらも、味はそこそこ定評があるのだろうと判断して、私も持ち帰ってみることにしたが、宿で食べてみると、これが大変素晴らしいものであり、お代わりを注文しに再度おばちゃんの元に走らないと後悔すると判断したくらいだ。

田舎町の屋台で埋もれてしまうには、非常に惜しい才能ではないかと思う。

Posted in column, food & drink, life, society, travel | Leave a comment

カオサンロード


特に用事はないのだが、近くまで来たついでに立ち寄ってみた。いつもながら盛況だ。
相変わらず沢山のタトゥー屋がある。近年はこうしたものを入れる人がどこの国でも増えているので、かなり儲かっているのだろう。
ノースフェイスのフューズボックスのコピー製品があちこちで売られているが、実に良く出来ている。本物よりもカッコイイ、ひと回り小さなモデルまであったので、ついつい欲しくなってしまったくらいだ。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

ハルーン・マスジッド

バンコクにある最古のモスクのひとつとされるハルーン・マスジッド。
G.P.O界隈にある小ぶりな建物だ。1947年にモスクとしてタイ政府に登録されているが、イスラーム教の礼拝所としての歴史は、20世紀初頭まで遡るらしい。
アラブ系インドネシア人ムスリムによって建てられた経緯もあり、周囲にはマレー系住民の姿が多いとともに、イスラーム関係の施設や店がいくつもある。
初めての訪問だが、近くまで行ってから人に尋ねても知らなかったり、見当違いな方向を教えられたりする。しかしながらGoogleの地図サービスで検索してみると、現在地からのクルマや徒歩でのルートが瞬時に出てくる。便利な時代になったものである。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

2017年のマレーシアホテル

建物外側に取り付けられた斬新な感じの飾りを除けば、外観は昔ながらの佇まい。

かつてバンコクのマレーシアホテルといえば、大変いかがわしいムードが漂っていたものだ。1970年代、帰休の際にタイを訪れるベトナム戦争従軍中の米兵たちの利用が多かったことに由来する、男性の歓楽地としての伝統(?)みたいなものを引きずっていた。1990年代に入ってからも、そんな感じであった。

1階ロビーや併設されたカフェあたりには、「いかにも!」という感じの女性たちがたむろしていて、出入りする人たちに流し目を送っていたものだ。バンコクを幾度か訪れたことがある方ならば、ちょうど現在のナーナー・ホテルのような具合と言えば理解してもらえることだろう。

さて、そのマレーシアホテルだが、近年は大胆に路線変更して健全なファミリー向けのホテルに生まれ変わったという話を耳にしていたので、実際に宿泊してみた。聞いていたとおり、そういう過去を感じさせる片鱗さえまったく見当たらない落ち着いた雰囲気になっている。

経営者が代替わりしたか、所有者が他者に売却でもしたのだろうか。現在の客層は西洋人の親子連れや中高年カップルが多いようだ。建物の造りや室内外の設備はさすがに古くなっているが、キレイに改装してあるため快適に過ごすことができる。

このエリアは、旅行者ゾーンとして賑わっていたものだが、これまたそういうムードではなくなっている。界隈に沢山あったゲストハウス、旅行代理店はほとんどなくなっており、シーロムのオフィス街が徒歩圏内にある都心の住宅地といった風情だ。

旅行者相手の宿や店が姿を消しているが、空き家になっているわけではなく、普通の家屋や住宅地の商店に入れ替わっているため、寂れた感じではない。

カオサンやスクムヴィットの宿に宿泊するよりも、ずいぶん静かに過ごすことができるし、ラーマ4世通りやMRTのSilom駅やKhlong Toei駅にも近くて便利だ。繁華街に宿泊しなくてはならない特段の理由がなければ、便利な都心で閑静な環境にある2017年のマレーシアホテルは、なかなか好印象であった。

Posted in column, society, travel | 2 Comments

Sri Mariamman Temple

バンコクのシーロムにある有名な南インド系寺院。またの名をワット・ケーク(インド寺)。1860年代にタミル系の人たちによって建てられたもの。

ヒンドゥー教の裾野と仏教のそれは重なる部分があり、テラワダ仏教のタイだが、信仰の周縁部には、ヒンドゥーの神々の存在感もあることから、タイ人の参拝者でごった返している。
この界隈には神具屋が多い。

その中のひとつに入ってみると、インド人のお爺さんがおり、9年前からここで働いているという。立派な風采なので、てっきり店主かと思ったが、タイ人オーナーが経営する店で、彼は雇われているだけのようだ。名前からしてブラフマンなので、いかにも神具屋にはピッタリという感じだ。

UP州のゴーラクプルから来ているとのことで、バンコクでは近くにある北インド系寺院に起居しているそうだ。何代も続くインド系社会というインフラがあるので、こうした新規の移民が定着する隙間というか、懐の深さがあるのだろう。

どういうヴィザで来ていて、月にいくら位稼いでいるのか、ちょっと関心のあるところだが、まさか初対面の人にそんなことを尋ねるのは気が引ける。

インド人は、けっこうそんなことを外国人にズケズケと質問してくるのだが・・・。

Posted in column, greater india, heritage, society, travel | 1 Comment