アウンサンスーチー氏 国家顧問就任1年

NLD政権発足から1年。
期待されたほどの成果が出ていないという批判はあるものの、政権担当した経験がない指導者、政党であること、けれども旧国軍系勢力と衝突することなく切り盛りしていること、外資の呼び込みやおカネの回り具合は良好に推移していることなど、総体的に見て素晴らしいことだ。

映画や物語の絵空事のストーリーではないし、ガーンディーに比肩するほどの偉人とはいえ、神様ではないのだから、民族問題、内戦、人権侵害等々の課題が山積する国のすべてをいっぺんに取り組むことが出来るわけではなく、解決出来るはずもない。「難局」というならば、現在のNLD政権が直面しているものよりも、軍政時代のほうがより大きな難局に対峙していたと言える。また2010年に「民政移管」と称して、軍幹部が軍籍を外れて発足した翼賛団体、USDP (連邦団結発展党)も「軍政の看板のかけかえに過ぎない」と批判されていたものの、良くも悪くも数々の難局を乗り越えてきた。

NLD政権発足は、軍を背景とする体制から完全に民政へ移管した快挙であったが、その後、旧体制に属していた層への粛清や報復といった手段により対立を生むことなく、着々と成すべき仕事を粛々と進めているように見える。やはりそこにはスーチー氏の冷静な判断と、彼女に対する周囲の厚い信頼あってのことなのだろう。

スーチー氏から袂を分かって新たな政治団体、政党を立ち上げようという動きもあることは、これまた好ましい動きだ。旧国軍勢力に対抗するため異なる思惑を抱えつつも横断的に団結していた中から自らのカラーを鮮明にする人たちが出て来たわけで、民主主義のシステムが国民の中のより広範な意見を吸い上げることが出来るようになることを期待したい。

NLDが政権党となるまでのスーチー氏の闘いの軌跡は偉業だが、大統領の上の存在、『国家顧問』に就任してからのそれも同様だ。

それにしてもすでに71歳となった彼女、後を継ぐことになりそうな人たちはみんな小粒で、あまりに偉大過ぎるカリスマが去った後の真空をどうやって埋めるのか?埋めることが出来るのかが気になる。
どんなに素晴らしいリーダーでも、老いという天命から逃れることは出来ない。

スーチー政権発足から1年、早くも難局にさしかかる政権運営 (WEDGE Infinity)

Posted in column, greater india, health, heritage, life, politics, security, society | Leave a comment

バクタプル

夜明けとともに、カトマンズ近隣にあるバクタプルへ。
確か、初めてカトマンズを訪れたときには、バクタプル行きの中国製トロリーバスが走っていた。その頃の中国でも同じようなものが活躍していたが、日本では『架線から電気を取って走る』バスなど見たこともなかったので仰天したことを覚えている。

当時、静かな田園風景の中を進んでいったように記憶しているが、今はまったくそんなことはなく、バス往来の激しい幹線道路を進んでいく。大袈裟に言えばバスは100メートルごとにお客を拾ったり、下ろしたりしながら進んで行くのだが、そうした乗客の出入り、沿道の人々の様子を眺めているのもなかなか楽しい。

カトマンズからバクタプル方面へのアラニコ・ハイウェイは、片側2車線の素晴らしい道路となっており、沢山のクルマが行き交っている。

アラニコ・ハイウェイ

バクタプルに到着して市街地に入ると、一見、昔と変わらないように見えるが、ところどころにつっかい棒で支えている建物があったり、無残にも壁が崩れ落ちたり、丸ごと崩壊していたりするものもある。























非常に建て込んだ市街地で、ぽっかり空いた空間にレンガが積んであるのは、倒壊した建物を再建するための作業に着手するところのようだ。壁が崩れ落ちたままになっているものが目に付くいっぽう、もうかなり再建完成近くなっている建物も見かける。崩壊著しいところでは、複数の建物がまとめて倒れたかのように思われるところもある。たまたまその部分の足元が脆弱だったのか、あるいは崩れた建物が倒れ掛かることにより、連鎖的に倒れたのかな?と想像したりもする。煉瓦造りの家屋が道沿いにぴったりと密着して建てられているため、そういうケースもあったのではないだろうか。



ダルバール・スクエアの歴史的建造物の中にも、大きな被害を受けたものは少なくなく、再建には、どのくらいの時間(と費用)がかかるのだろうか。このあたりについては、世界遺産指定されていることもあり、規模はともかく、内外から支援の手が差し伸べられることとは思うが、人々の住まいについては、崩壊した建造物の再建はオーナー自身がなんとか費用の手立てをしなくてはならないので大変だ。

同じく地震多発国に住む者として、大変心が痛む。

震災後もバクタプルの素焼き作りは盛ん

Posted in column, disaster, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment

ボダナート

カトマンズの渋滞はなかなか大変

渋滞の中をノロノロと進んでボダナートに着いた。昔、ここを初めて訪れたときには、仏塔がそびえているのが遠くからでもわかったように思う。今は運転手さんに「着いたよ」と指差されても、それが見えないので、どこに来たのか、どこにあるのはわからない。それくらい建て込んでいるのだ。

ボダナートは世界遺産に指定されたこともあり、境内に入る際に250Rs徴収される。中はかなりの賑わいで、チベット系の人々が仏塔のふもとの部分に座り込んで法要に参加していた。

ボダナートの仏塔の前では護摩が焚かれており、この煙を自分に晒すような動作が日本の仏教のそれと同じだ。

仏塔も2015年の地震による被害を受けたはずなのだが、きれいに修復されているのは、やはりここが信仰の対象として非常にメジャーな場所であること、世界遺産に指定されていることなどから、強力な集金力があるという背景があるのだろう。

周りには様々なレストランやみやげもの屋、仏具店などでいっぱいだ。歩いていると気が付くが入場料を支払わずに入ることが可能な抜け道がいくつもあるようだ。ネパールでは、こういうあたりのガードがかなり甘い。

近くにいくつもゴンパがあるが、コンクリート造なのであまり惹かれるものはない。腹が減ったので付近で昼食。洒落たカフェなのだが、チベット料理アイテムも出しているのがうれしい。

カフェでひと休み

カフェのチベット風意匠をあしらった天井

Posted in column, greater india, heritage, life, society, travel | Leave a comment

かわいいシアワセ配達人

カトマンズのタメルのカフェにて。
膝の上に温かいのが乗ってきたと思ったらネコだったので、しばし遊ぶ。
芸をするわけではなく、犬ほど賢く従順でもないのに、人の心をホンワカさせてくれるのは、よく懐いていて楽しいネコだ。

Posted in column, greater india, life, society, travel | Leave a comment

どこでもスマホの時代

今の時代、ネパールの田舎町の雑貨屋の店番のお兄ちゃんも、日向ぼっこのあばあちゃんも、みんなスマホでチャカチャカ何かやっている。いつでも誰とでも通信出来るすごい時代になった。
その反面、電源が切れると、なんだか不便で落ち着かない気分になったりするのだが、地図サービスが役に立つ。バスなどで通り過ぎる際にオモシロそうなところを見つけたら、その場所を確認しておき、後から訪れてみたりすることが出来て便利である。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment