朝食と喫茶

アングロインディアンな朝食は、亜大陸どこに行っても普遍的で、それこそペーシャーワルだろうが、ダッカだろうが、デリーで食べるものと大差ない。

おまけに英領下ではなかった(とはいえ深い縁を持つこととなった)ネパールでも普通にあるし、まだ訪れたことはないがブータンでも同様だろう。加えて、英国が短期間ではあったが影響下に収めたアフガニスタンでもごく普通にブリティッシュな朝食はあるのだろう。少なくとも街なかでは。

それにしても朝食アイテムばかりが、やけに広く普及して現地化するというのは面白いが、喫茶の習慣とセットで捉えるべきかもしれない。立場、地位の異なる人が会食する習慣のなかったインドで、チャーイを入れる店先で様々な人々が集い、議論が生まれた。

英領末期のカルカッタでは、当時まだ珍しかったカフェで、紅茶カップを片手に人々が社会を語り、それはインド独立への大きなうねりを後押しするとともに、そうしたインテリ層の中からは後に貧農たちと手を携えて闘おうという左翼革命思想も台頭し、その流れのひとつがナクサライト(マオイスト)勢力となった。

喫茶の習慣は、階層間の対話と議論の場を提供し、インドを大きく変えた・・・と言っても大げさではないだろう。

Posted in column, food & drink, greater india, heritage, society, travel | Leave a comment

REVOLUTIONARIES

露店の店構えに革命が起きているように思う。この清潔さ、この洒落たたたずまい。
お兄さんたち、オジサンたち、見た目はまったくサエないけど、露店業界のゲバラなのかもしれない。
近くには、「サルダールジー」という露店を出している業者のオフィスまであった。少なくとも、従来の露店とは、ちょっと形態が違うと言えるかもしれない。

その名も「サルダールジー(スィク教徒の愛称)」という露店

隣の別業者による露店。衛生にとても気を使っているように見える。

これまた別の露店だが、ちょっとオシャレな感じ。

露店「サルダールジー」の「本部」はこのオフィスであった。

Posted in column, economy, food & drink, life, society, travel | Leave a comment

小便禁止

デリーメトロの駅は近代的な造りだが、やはりそこはインドであるためか、かなり遊びというか余剰空間の多いものとなっている。

そんなわけで、駅建物の外周部にちょっと奥まったスペースがあり、そこに店舗などが入るわけでもないため、立小便にはおあつらえ向きな(?)空間を提供している。実際、とてもアンモニア臭い。

よくよく見るまでもなく、「小便禁止、罰金200Rs」などと書いてあったりするのだが、こうしたスペース、駅の建物を設計した際、やはり個人的には立小便を済ますためにデザインしたしか思えないのだが・・・。(笑)

立小便禁止とあるが・・・。

ちょっと奥まったところにあるので、やはり立小便にちょうどいい。

すでにとてもアンモニア臭い空間だ。

Posted in column, life, railway, society | コメントは受け付けていません。

Sita Ram Diwan Chand

パハールガンジの奥まったところにあるSita Ram Diwan Chand。デリー在住の方に連れて行ってもらったのだが、パハールガンジにこういう朝食の名店があるとは知らなかった。チョーレー・バトゥーレーの専門店。

朝8時に開店。直前までシャッターは閉まっていたが、奥ではスタッフがすでに準備していたようだ。基本的に立ち食いの店だが、パハールガンジにありながらも、ずいぶん清潔でスタッフはキビギと効率良く働いている印象。持ち帰りのパッケージも販売されているため、これから鉄道で移動などという場合には、ここで調達してから乗車するといいだろう。チェーン展開しているかといえば、そうではないようで、店舗はここにしかないそうだ。

店内で食べる

持ち帰り用パッケージはこんな具合

大変美味で、毎日でも通いたいおいしさだが、店内はこれから仕事に出かけるという人たち、あるいはこのあたりのオフィスにて働いているあるいは経営しているらしき人たちが多いようだ。おそらく常連さんたちなのだろう。

Sita Ram Diwan Chand

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

マジヌーカーティーラーのチベット難民コロニー

ダリヤガンジに書籍を買いに行った後、少し足を伸ばしてマジヌーカーティーラーのチベット人マーケットへ。昼食はここで済ませることにした。

チベット難民コロニー入口のゲート

界隈は、1980年代後半あたりの有様からは想像も出来ないくらい変容した。インドのどこ場所についても、そんな昔と比較するのはナンセンスなのだが、この場所については、高級化、利便性の向上具合が凄まじい。

洒落たブティック(チベット衣装を売っている)、モダンなテイストの品々を揃えてセンスの良い店内レイアウトの仏具屋、快適そうなゲストハウスやホテル、人気のレストラン(主にチベット料理)などがひしめき合っており、露店が立ち並んでいた昔と同じ場所とは思えない。

非常に建て込んでいるうえに、高層化が進んだ(大半が違法建築のはず)ため、昼間でも果たして朝なのか夕方なのか判然としないほど陽が差し込まない。

チベット人の中年女性が白い小石のようなものを袋に入れて売っているが、これはチベット式の乾燥式チーズだが、どこから運んできたのか、あるいは仕入れたのか尋ねてみたが、この人にはヒンディーも英語もまったく通じないため、インドにやってきて日が浅いチベット人なのかもしれない。

チベット式乾燥チーズ

ダラムサラをはじめとする在留チベット難民が多いところでは、「最近インドにやってきた」という人に出会うことは珍しくはない。そういう人でも、何かしら仕事や居場所があるのは、やはりチベット人居住区ならではといえる。

昼食は、チベット料理の店でトゥクパとシャプタ(薄切り肉のソテーみたいなもの)を注文した。水牛のものが品切れとのことで、チキンものとなる。

チキンシャプタ

中華料理の影響が強いチベット料理だが、中華料理ではポピュラーなのに使われない食材がある。それは魚だ。

すべてのチベット人が魚を食さないのか、広いチベット文化圏どこでもそうなのかは知らないが、一頭殺せば何人もが食べられる四足獣や鶏と違い、小さな川魚はひとつの命が与えることのできる恩恵が小さいため、殺生がより罪深いということになるらしい。

そうした意味から、川魚ではないが私たちの大好きなイクラやタラコのようなものは、とんでもなく罪深い殺生ということになるというようなことを聞いたことがある。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。