インドらしい個性

01

国営会社HMT(2016年に時計製造部門は解散)による腕時計「CHANAKYA」。私はこのモデルは持ってないが、1980年代末まで、自力更生型の経済体制にあったインドでは外国のトレンドや流行とはかなり距離感があり、見た目からしてずいぶん個性的な製品がいろいろあった。

映画などもそうで、衛星放送やケーブルテレビで外国メディア、外国資本の放送などが入ってくる前の時代には、インド独自のカラー満載。今の時代、映画製作にもハリウッド資本が入っていることなどもあり、ストーリーも展開も米国映画と変わらない感じの作品が増えた。

かつて「長ーい」と言われた上映時間も2時間半前後か未満くらいて、ハリウッド映画と同じ寸法となっている。そんな具合なので、たまーに70年代、80年代のインド映画を鑑賞すると、大変なエキゾ感で高揚する。90年代末近くまでは過渡期であったため、かつてのインド映画とハリウッド風作品が混在していた。

90年前半に日本で「インド映画ブーム」があり、「歌って踊ってハッピーエンド」みたいなレッテルを貼られ、すぐに飽きられてしまったが、「あれがインド映画」と刷り込まれた世代にはインド映画への拒否感というか、下に見る感覚が植え付けられてしまった人が少なくないのが残念。

あれがなければ、変な先入観なく、今の時代のインド映画を楽しんでもらえるのにと思う。

パナウティー

かつては交易の中継点として栄えたパナウティー。川のほとりに広がるひなびた町並みの風情。カトマンズから南東30km余り進んだところにあるこの町に来ると、30年以上も前の渋滞もなく、田舎町だったカトマンズを彷彿させるものがある。

訪問者の多くは首都から日帰りするものと思われるが、町中にはゲストハウス、そこそこ美味しいものにありつけそうな食堂などもあり、何日かのんびりしてみるのも良さそうだ。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

女神を見た

渋滞によりバスがまったく進まないカトマンズ。郊外に出るまでは歩いたほうが早いように感じるくらいだ。

そんな中で女神を見た!のかもしれない。
ネパールで絶世の美女というか、この世のものとは思えない神々しいまでの美しさをたたえた女性の姿がとてもたくさん目につくようになっている。DNAに異変が起きているのか?と言っては失礼かもしれないが、どうなっているのか。

装いも垢抜けていて、昔のネパールでは見かけなかった存在だ。豊かになり、お洒落になったとしても顔が小さくなったり、手足が長く伸びたりするものでもないだろう。どういうことか。そうした人が首都からバスに乗って、郊外の田舎の村で下車していったりすることもあるのだから、これまた不思議だ。

街角や辻にお寺や祠が沢山あるこの国だから、天界からサラスワティやパルヴァティなどが、ひょっこり訪問することもあるのだろうか・・・ムニャムニャ・・・と、車内でウトウトまどろんでから目が覚めると、目の前にいたのは昔からよく見かけるまるっこくて愛想の良さそうなおばちゃんであった。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ナガルコートで

眺めの良い避暑地ナガルコートに宿泊するならば、やはり眺望の良い部屋に滞在したい。ロケーション、シーズンなどによるので一概には言えないとはいえ、閑散期には直接宿に出向くのが良いようだ。ハイシーズンには条件の良いところはすぐにいっぱいになってしまうだろうから、事前の予約は必要だろう。同じ建物の中で同一の条件の間取りや設備であっても、上階ほど料金が高くなる傾向がある。

この日滞在したのは斜面にあるホテルの最上階の部屋。新しくて部屋もきれいですばらしい。標高が2,100mあり、真夏でも涼しいためエアコンどころか天井のファンさえ無い。

荷物を部屋に置いてから、坂道下った先にあるナガルコートの中心地にある食堂で遅い昼食。すでに午後4時を回っている。昼食が同じくらい遅くなってしまった前日同様、トゥクパを食べる。すぐに出来上がってくるし、迅速に栄養補給することできて、さらには消化も早い。すぐに腹が減るので夕食の機会を逃すこともないことも利点。他の食事を摂ってしまうと、なかなかそうはいかない。

ナガルコートのマーケット地域
トゥクパを注文

部屋のバルコニーからの眺望は素晴らしい。そして夕方のこの時間帯に聞こえてくるセミしぐれも素敵だ。しばらくくつろいでいると暗雲がたちこめてきて、やがて大雨となった。

眺望を楽しむことができたのも束の間
暗雲たちこめて激しい雨に

朝5時 視界はゼロ

その後、一晩中激しく降っていた。

朝5時に起き出して日の出を期待していたが、濃い霧も出ていてバルコニーからの視界はゼロ。まだ雨は降り続いていた。7時半くらいになると雨は上がった。食事済ませてから少し散歩に出てみたが、やはり斜面から何も見えないため眺望は期待できない。ナガルコートから平地へとハイキングで下りることも考えていたが、この天候では楽しそうではないので、やめておこう。

雨は上がった

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

国道沿いのダーバーのメニュー

いまどきのネパールでは、ダーバー(安食堂)でもそうむやみに安くないのだろうか。こちらは国道沿いにあるそんな店でのメニュー。

「サーダーカーナー(シンプルな食事、ダルバートのことか?)」が200Rs、肉か魚を付けると330Rs、魚のフライひと皿250Rs等々。訪問時、ネパールルピーは日本円とほぼ等価であったが、こんな価格になるのか?

材料費、人件費、光熱費、家賃等のコストの違いを考えると、東京の新宿区大久保のネパール料理屋でダルバートをわずか500円で出している店があるというのは、ものすごくお得な出血大サービスだと思う。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。