ハザーリーバーグ周辺の民俗画の村巡り⑥

本日午前中に向かうのはカランティーという村で、クムハール(陶工)のプラジャーパティと呼ばれる人たちが暮らしている。村によってずいぶん柄が異なるのは大変興味深い。そのいっぽうで前日のドウジーナガルのようなやたらと背が低い家が特徴のところもあるが、建物自体の様式については村や民族が違っても、見た目は変わらないようだ。華やかな絵のすぐそばに洗濯物や農具がたくさんあったりするが、これが正しいありかたなのだ。生活空間なのであるのだから当然のことである。

カランティーの村

こういうのを目にすると、この地にはなかった観光業という新しい産業が出現した場合の村の未来が見えるような気がする。小さい中庭にイスがいくつかあって、旅行者たちが腰掛けておしゃべりしたり、日記を書いたり。お茶をお願いすると、おばちゃんが土のカマドで沸かして淹れてくれる。土造りの家屋の中で開業したゲストハウスや食堂の様子が。

生活の利便性は格段に上がるので村の人々がレンガやコンクリ造の家に住み替えるのは、自然な流れであるとしても。茶屋や宿屋として昔ながらの家屋を残すことが出来たらいいかもしれない。現金収入の手段として既存の家屋を使えるし、そこから上がる収入の何割かを保守に使えるだろう。宿泊客に食事を出せば、そこからもいくばくかの収入が上がるし、雇用機会も増えるだろう。おかげで村人たちの食生活も向上が期待できるし、子供たちの学費に回す余裕も出てくるとうれしい。

素敵な絵を描く女性たちの中に、普段はご主人とムンバイに住んでいるという人がいた。ディワーリーの前あたりからこちらに戻ってきて描いたのだそうだ。ムンバイで何しているかは不躾に聞けないが、彼女と交わした話の内容から察するにマズドゥーリー、つまり日雇い仕事を夫婦でやっているようだ。この家を宿にしたり、カフェにしたりして夫婦で切り盛り出来るようになれば、故郷から離れてそんなキツい仕事しなくていいし、安全に暮らせるようになる。そんな将来がすぐそこまで来ているといい、と私は思う。

言葉がわからなければ気がつかないこと思うが、村の人たちはヴィラーサト・トラストの夫妻には、お金のことでかなり生々しいことを言っている。ちょうど観光客ズレした地域で旅行者たちが言われるようなことと同じような内容である。そんなこんなで、けっこう心労も多いのではないかと思うが、ふたりともそういうあしらいには慣れているようで上手にやり過ごしている。このあたりはインドでどこに行っても同じようなものだ。ここが観光化されたら、なかなか手強い土地になるかもしれない。それでも村の人々の生活向上と民俗画の認知の向上に繋がるのであれば、大いに振興されると良いと私は思う。

だが、あくまでもこうしたアーディワースィー(先住民)の人々自身が主体である場合であって、外からやってきた商売人たちがお金で支配されて、本来主人公でるべき彼らがそれらの下働きをするようになるようでは本末転倒である。しかし資金やノウハウは先住民の人たちの手中にはないはずなので、なんとももどかしいところである。

そして次の村へ移動する。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ハザーリーバーグ周辺の民俗画の村巡り⑤

ベールワーラーを後にして、ドウジーナガルの村へ。日本で言えば、神仏混淆のようなものだろうか。彼らの信仰はヒンドゥー教から入ってきたものと、部族伝来のものが入り混じっているそうだ。

先住民族であるアガリヤー族の家屋だが、ヒンドゥーのシヴァ神のシンボルであるトリシュールこと三又の槍が見えるが、何本かの長い棒とともに中庭の細長い基壇に立てられている。右手の部屋の中は、この家のマンディル、つまり祭壇となっているのだが、ヒンドゥーの神像の姿はなく、スパンコール状の飾りが壁に貼り付けてあるだけだった。とりあえず何か祈祷をするための場所であることは明らかだったが、ヒンドゥーの祭壇というわけではないのだ。

トリシュール(三叉のヤリ)とともに何本かの棒が立ててある。
祈祷の場所だがヒンドゥーの祭壇とは異なる。神像もない。

上の画像下部中央につま先がひっかかってしまいそうな崩れた突起みたいなのがある。何かここにしつらえてあったものが壊れて放置されているわけではなく、これはアガリヤー族の人たちの「祭壇」なのだそうだ。そう言われないと、大切なものであるとはまったく気がつかない。

床面の「崩れた突起」みたいなものが「祭壇」とは信じられなかった。

ジャールカンド州のハザーリーバーグ周辺の先住民たちと、チャッティースガル州バスタル地方の先住民とでは民族も文化も異なるのだが、後者でもこのような「ヒンドゥー教徒とはまったく違う」あるいは「ヒンドゥー教みたいに見えるけど実は違う」というものをよく目にした。だが、村を出て街に暮らすようになったりすると、元々持っていたヒンドゥー教との親和性の高さから、「対外的にはヒンドゥーとして生きる」人たちは少なくないのかもしれない。

部族の村とハート(2) デーヴ・グリー (indo.to)

もともとは金属加工(鍛冶屋)を生業にしていたというアガリヤー族だが、なぜか家屋の屋根が大変低いのが特徴的だ。入口しゃがんでくぐっても頭頂部をぶつけるほどだ。家の造りそのものは、クルミー族の家と変わらないのだが。

とにかく天井が低いアガリヤー族の家屋。

さらに面白いのは、彼らの村でもレンガ+コンクリの建物への建替えが増えているが、伝統的な家屋以外では、天井の高さは他の民族(少数民族でないインド人を含む)と同じとなり、なぜか「ものすごく天井が低い建物」にはしないのだ。

村で見かけたEVM(電子投票機)の使い方の説明。こんな小さな村にも投票所が設置される。いろいろ行き届かないことが多いインドだが、投票する権利についてはかなり行き届いていると言える。

ドージーナガル村の近く、畑の中に一軒だけポツンと存在する家がある。ドージーナガル村と同じくアガリヤー族の家屋だが、驚くほど手入れが行き届いていて、絵も素晴らしく充実しているだけでなく、床面の装飾にも凝っていた。

案内してくれているヴィラーサト・トラストのご夫妻が「来月来るお客を泊めないかい?」と話を持ちかけており、バザーリーバーグの民俗画のある家で初の「民泊」のケースとなるかもしれない。彼らによると、周りは畑で他の家屋がないというロケーションも良いのだそうだ。何軒も並んでいると、「なぜ彼の家に泊めて、ウチには来ないのか?」となったり、お客の取り合いとなることが目に見えるからであるとのこと。

それはともかくとしても、周囲が畑の緑に囲まれているのは気持ちが良い。たとえこうした伝統的な土壁の家でなくてレンガ+コンクリの建物であっても、こういう環境下にこじんまりとした簡素かつ清潔な宿があったら、ぜひ利用してみたくなることだろう。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

 

ハザーリーバーグ周辺の民俗画の村巡り④

一夜明けたこの日は、ベールワーラーへ。

ベールワーラーで、最初に訪問した家がパルヴァティー・デーウィーの家。この人の絵は他の人たちとずいぶん違い、色使いもタッチもアイデアも、要はすべてが素晴らしく、プロフェッショナルな感じだ。

ヴィラーサト・トラストは、これまで幾度も海外でワークショップを開催しているが、パルヴァティーさんは、まだそうした機会に参加したことはないとのこと。ひとたび欧州や、北米等で、彼女が人々の前で描く機会を得たら、一気にブレイクするのではないかと思う。寒村で自宅の壁に描くだけで終わってしまってはあまりにもったいない。

「いやーすごいですねー。こんな美しい絵は生まれて一度も見たことがありません。これからもないでしょう。まるで天国の夢を見てるみたいですよ!」と褒めると、ちょっと困ったような、そして恥ずかしそうな表情をする素朴な主婦であった。

こういう村で、人を介在することなく描き手と直接話ができるのは大変ありがたい。ヒンディー語圏ならでは恩恵をひしひしと感じる。パルヴァティーさん以外にも、他のムラで素晴らしい絵を描く人たちと会ったが、みんな絵を仕事にしているわけではなく、家の手入れと掃除の家事仕事の一部として描いているため、褒められても、割とポカーンとしているし、あまり多くを進んで語らないのは、やはり家事の一環としてやっているからなのだろう。

 

この年は未完成で放置された絵
この年は未完成で放置された絵

村の中にはいくつかこういう絵の描いてある家屋がある。このベールワーラーもクルミー族の人たちの村である。前年はとてもきれいに描いていた家でも。今年は壁を塗り替えただけで終わってしまっていたり、絵が下書きや途中で終わってしまっている家がけっこうあるとのこと。描くことの目的が祝祭の時期のためなので、このタイミングを外してしまうと、後から完成させることはないのだそうだ。そのような状態になっている村がここだけではないため、翌年は村々を回り一ヶ所1泊2日くらいでワークショップを開催したいとのことであった。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ハザーリーバーグ周辺の民俗画の村巡り③

ハザーリーバーグ周辺のこうした村々は、簡素だがとても清潔にしていてあり、ゴミひとつない。醜悪なプラゴミなどもないため、こうしたポップな民俗画で一杯なので、まるでおとぎの国にでも来たかのような気がする。

遠くから見ると、チャトリーのようにも見える収穫した稲藁でできた屋根。これは「ポーワル」と呼ばれる。下では牛やヤギを囲って飼う。屋根はそのまま少しずつ飼料として与える。牛のフンは燃料となり、何ひとつ無駄にならないエコシステムだ。ここに限ったものではなく、チャッティースガル州、オリッサ州その他でも見られる。

ポーワル

本日訪れた「オリヤー」と「アンゴー」どちらもアーディワースィー(先住民)のクルミー(という少数民族)の村で、土着文化及び信仰とヒンドゥー教文化が混淆しているような具合だという。

もともと独自の民族衣装があったそうだが、えてしてそういうものは手間もコストもかかるため、今の時代はマーケットで安く買える衣類を着ている。同様に、独自の言語もあるそうだが、それほど人里離れたところの集落というわけではなく、村人たちの町への出入りも多いため、日常的はヒンディー語も平行して使用しているそうだ。

ヒンディー語州であっても、チャッティースガル州のバスタル地方のアーディワースィーの村々を訪問したときは、ガイドとして依頼した人を通してでないと、コミュニケーションが容易でないことは多々あったのだが、本日の村々では、目の前にいるおじいちゃん、おばあちゃんから、子供たちまで、村人たちとごく当たり前に会話ができるのはありがたかった。

ヒンディーが広く使われているがゆえに、盗み聞きしようとしているわけではないのに、耳に入ってきてしまうものもある。どうやらテレビの取材班が最近ここに入ってきたらしく、一部の人たちに現金等を配ったらしい。その恩恵に預かることができなかった人たちはこれが不満で、取材班とは関係のないヴィラーサト・トラストのご夫妻に対して、「自分たちの分け前をくれ」と不条理なことを要求しているのが聞こえてくる。

ご夫妻自身、この扱いに手こずっていて大変そうであったが、なにぶん彼ら内輪のことであり、お金のことでもあるので、こちらは遠巻きにしているしかない。村にこれまで無関係であった第三者たちが勝手に入ってくると、それまでの秩序が崩れて、面倒なことになるものだ。

案内していて、良い意味でびっくりすることもあった。昼間は家族総出で田畑に仕事に出ている世帯が多いのだが、どの家もカギなどかけていなかったり、そもそもカギを付けるためのカンヌキや金具さえもない扉が多かったりするのだ。不用心なように思えるが、それほど村の治安が良いのだろう。

カギもなく中に入れてしまう家屋がとても多い。

ここでもうひとつ驚いたのは、案内してくれるご夫妻が勝手知ったる我が家のごとく、家人が出払った家の中へ「さあ、どうぞ、どうぞ」とずんずん入っていってしまうことだ。つまり、そのくらい良い関係が築かれているということである。絵を描くことに対する援助や各種アドバイスを受ける彼らとって、不在時にも誰か連れてきたらテキトーに見せて案内してね、という了解が出来ている。さすがはこの地で長年活動しているがゆえ築かれた相互の信頼関係である。

何の遠慮もなく、家人が出払った家の奥にずんずん入って行けてしまうことの背景には夫妻と村人たちの厚い信頼関係があるがゆえ。

「手入れをしても何年間維持できるのか?」という感じがする「カッチャー・マカーン」だが、築100年を越えるものがあるという。我が家に愛着を抱いて毎年補修を繰り返し、美しい絵で愛情を吹き込んでやれば、100年以上も維持できるものであるとすれば、毎年秋の収穫が終わる時期にせっせと壁を塗り直して新たに絵を描くという村の主婦たちの行動は、実は大変理に叶ったものということになる。伝統というものは、よく考えもせずに毎年繰り返される習慣というわけではなく、優れた知恵の継承という側面もあるらしい。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ハザーリーバーグ周辺の民俗画の村巡り②

家族が亡くなったり町に出ていったりなどで、一人で暮らしているという老婆の家では、彼女が住む小さな離れは、このように絵が描いてあったが、もっと大きく往時は立派であったと思われる母屋は壁がヒビ割れたり、外側に膨らんだりして崩壊しかかっていたりした。やはりメンテ「カッチャー・マカーン」は、メンテナンスに手間隙かかるものなのだ。レンガ積みの構造にコンクリートで固めた家屋ならば、一度外壁をきれいに仕上げておけば、放っておいてもそう簡単に崩壊するようなものではないが、素材が土だとそうはいかない。乾期はそれでもよくても、毎年やってくるモンスーンの時期を、メンテナンス無しで複数回乗り越えるのは至難の技だろう。

手入れがなされないとすぐにこうなってしまう。

そんなこともあり、村の人々の多くは本音ではレンガ積みやコンクリート造の家を望んでおり、今でも伝統的な家屋に住んでいるのには、愛着というよりも経済的な理由があるらしい。昔ながらの趣はあっても、いろいろ面倒が多い生活よりも、便利で手間のかからない暮らしを望むのは当然のことだろう。そういう事情もあるため、こうした家屋と民俗画の伝統を守るため、絵画の材料となる赤鉄鉱、黄鉄鉱の粉(村では採れないので購入して支給したり、その他インセンティヴを与えたりしているとのことだ。伝統の維持というものは、なかなか一筋縄でいくものではない。

オリヤーの村にて。家ごとに独自のキャラクターがある。

村の人々は日々畑仕事をしていることから、食べ物はほぼ自給自足しているのではないかと思うが、さほど大きな規模の農業を展開しているわけではないため、儲けを期待できるほどの現金収入があるわけではない。それがゆえに、なかなか夢の「レンガ積みあるいはコンクリート造」の家屋建築には手が届かないがゆえに「カッチャー・マカーン」に暮らす。するとこまめにメンテしないと崩壊してしまうので、毎年せっせと塗り替える、描き替えるというサイクルが維持されているというパラドックスもあるように思われるのが、なかなか悩ましい。

村ではところどころ、伝統的な家屋の裏側に建築中の「パッカー・マカーンが建築中であったりする。ゆっくりと、だが確実に変化は進んでいく。

オリヤーの村

オリヤーの村
アンゴーの村
アンゴーの村
アンゴーの村
アンゴーの村
アンゴーの村
家畜用の部屋にも吉祥紋が描かれているのが微笑ましい。
インド政府の「スワッチ・パーラト(Clean India)・ミッションでのトイレ建造に関係がありそうだ。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。