バルサラー=ワルサード

ワルサードに到着


1991年亡くなったクイーンのヴォーカリスト、フレディー・マーキュリー。タンザニアのザンジバルにて、インド出身のゾロアスター教徒の両親のもとに生まれた彼の元々の名前は「ファルーク・バルサラー」だが、この「バルサラー」はインドのグジャラートにある町の名前。現在の「ワルサード」の旧名だ。
先祖が定住した土地の名前がそのまま苗字となっており、比較的よるある姓といえる。そんな土地なので、きっとパールスィーの人たちの姿は少なくないだろうと予想できるが、調べてみるとこの町にはゾロアスター教寺院がふたつもあるとのことなので、間違いないことが確信できた。

ゾロアスター教寺院


町にもうひとつあるゾロアスター教寺院


町では、たまたま知り合ったパールスィーの方のお宅にお邪魔させていただき話を伺うことができた。
ゾロアスター教寺院では信者以外が入場することができないし、取り立てて見どころはないワルサードではあるが、落ち着いた町並みと趣のある家屋を目にするのはなかなか楽しい。

なかなか趣のある家屋が多い。




パールスィーの女性たちもランゴーリーを描く。


パールスィーはさておき、グジャラート州に限ったことではないのだが、それぞれの家屋になんとかバワンとかかんとかクリパーとかいった屋号が付いていることが多いのが面白い。優雅な感じがして良い。

「チャームンダー・バワン」とある。


「ガーヤトリー・クリパー」と記されている。

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

州境を越えると文字が変わる

マハーラーシュトラ州からグジャラート州に入ると文字が変わるため、ずいぶん遠くまで来たような気がしてしまう。降車したのはワルサード。ムンバイから3時間程度なのだが。
グジャラート文字は、デーヴァナーガリー文字の上の棒、シローレカーを抜いたような形だが、文字のカタチ自体が変形しているため判読には、かなり目ヂカラが必要。




Posted in column, heritage, language, life, society, travel | Leave a comment

ダーラーヴィーを通過中


ムンバイで、アジア有数の規模と言われるダーラーヴィーのスラムをクルマで通過中。大変狭小な構造物の中に居室があったり店があったりする。地上階と上階はそれぞれ別々に貸し出されていること、スペースが狭小であることから、上階へは階段ではなく、ハシゴで上るようになっていることが多い。
こんなエリアなのに路肩にはなぜかロイヤルエンフィールドの若者向けのカッコいいバイクが置かれていたり、こうした家屋のハシゴから降りてくる青年が大型画面のスマホを手にしていたりする。こんなスラムだが、けっこう大きな金額が日々動いており、けっこう可処分所得の高い個人、世帯もあるとは聞くのだが。

Posted in column, life, society, travel | Leave a comment

ムンバイのフォート地区コロニアル建築

チャーチゲートやマリンドライブのあたりによく見られるモダンでポップなアールデコ建築とは対照的なフォート地区の重厚なゴシック建築、そしてインド・サラセン建築など様々なコロニアル建物群。

ムンバイの植民地支配の中心部であったので、「ロンドンもかくや」と思わせる荘厳な眺めに満ちている。




















Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

コラバのFood Inn

ツーリストゾーンとはいえ、良質な食事処に事欠かないコラバ。その中でも特定のエリアの食事(ゴア料理など)にこだわらなければ、コラバの宿泊施設が集中するエリアにあるFood Innは、良心的かつ信頼できるレストランだ。お客の大半が外国人という時間帯も多いのだが、実にちゃんとした料理を提供している。

Food Inn (zomato)

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | Leave a comment