amazon.co.jpで販売されている「インドで使えるデータ通信用SIM」

amazon.co.jpで販売されている「インドで使えるデータ通信用SIM」

以前、旅行前に日本で購入できる割安SIMと題して、amazon.co.jpで取り上げてみたが、どんな使い勝手なのか興味があったため、同じ業者によるインドをカバーするSIMとして最も安い「8日間用」(1,630円)を購入して試してみた。

メインのスマホには、インドのプリペイドSIMを挿入するため、予備のスマホのほうに購入したSIMを装着しておいた。デリーのインディラー・ガーンディー国際空港に到着してから電源をオンにしてみると、特に設定をいじる必要もなく、Airtelのネットワークに接続していた。実にあっけない。

しかしながら、「SIMを入れるとすぐに繋がる」というのは、おそらくSIMロックフリーの端末においての話であって、日本のドコモ、ソフトバンク等のキャリアに紐づけられたスマホをSIMロック解除したものでも同様かといえば、必ずしもそうではないかもしれない。

SIMロックをかけられることなく販売されている端末の場合は、世界中のメジャーな通信キャリアのネットワークに関する設定は、プリインストールされているようなのだが、SIMロックがかかっている端末については、SIMロック解除したものをインドの現地SIMを挿入してみると、ネットワーク関係の詳細な設定をしなければ、データ通信そのものがまったく出来ないという経験を幾度かしたことがある。

少なくとも、端末自体が「SIMロックフリー」として販売されていた場合は、まったく問題なく「自動的に」ネットが繋がるはずだが、そうでない場合は、このSIMがインドで利用するAirtel回線の「APN設定」について、事前にメモして持参しておくと良いだろう。

このSIMによる通信は極めて良好である。データ通信専用であるため、通話が出来ないという部分、インド現地のプリペイドプランで非常に割安で素晴らしいプランが提供されているため、通話は出来ずSIMの有効期間も極めて短いこのSIMを必要とするか?という部分はあるが、インド到着すぐさまモバイル環境を必要とする場合、現地SIM入手まで数日かかる事情がある場合には一考の余地ありか、と思う。

Posted in column, IT, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

素敵な懐メロプレーヤー SAREGAMA CARVAAN

SAREGAMA CARVAANの広告板

即座に購入した。

SAREGAMA CARVAANは素晴らしい。

店頭で実物をみせてもらったら、ハートをわしづかみにされてしまった。
もう後に戻れない。
インドのクラシックな映画挿入ナンバー5,000曲。古いラジオをイメージしたフォルムもいい感じ。

この製品のウェブサイトを見ても明らかなように、ターゲットはインドの中高年層というマーケティングは素晴らしい。日本人の私までまんまと引っかかってしまうほど強力な引力がある。収録されているのは、インドの懐メロ5千曲。アーティスト別、ムード別で再生できる他、年代別のヒット曲の解説付きの再生ができる。

この製品に収録されている曲については、こちらをご参照願いたい。

私自身も1台購入して、自宅で音楽を流している。
さすがSAREGAMAの製品なので選曲は素晴らしく音質も良好だ。モノクロ音源時代の曲もちゃんとステレオ効果も出していることも含めて、さすがIT大国の製品である。

ただし、コンセプトとして、この製品の形状や対象となっているクラシックな映画音楽の関係から、おそらく「次に何がかかるかわからない古いラジオの時代」があるようで、ジャンル別、アーティスト別の頭出しはできるものの、この曲を、あの歌をという具合にピンポイントで再生するようには出来ておらず、時間に余裕のある世代向けであることがよくわかる。

さて、通常の家電製品であれば、電圧の違いから「日本に持ち帰って使用できるか?」という問題が立ちはだかるが、このCARVAANはスマホやタブレットの類のようにUSBで充電するデバイスなので、日本でも普通に利用できる。

ただしこの製品のFMラジオ機能については、周波数の違いから日本の局に合わせることはできないようだ。

また、このシリーズでCARVAAN miniというモデルもあり、ひとつはクラシックなヒンディー映画ソングで、CARVAANと曲目が被らないようにセレクトされた251曲。もうひとつはカルナーティクのスップラクシュミーの曲が251曲収められている。これらもまたぜひ入手したくなる。

Posted in cinema, column, IT, life, music, society | コメントは受け付けていません。

タイフェスティバル2018

都内における最大級の屋外イベントのひとつ、「タイフェスティバル2018」は、東京渋谷区の代々木公園にて、5月12日(土)および13日(日)に開催される。

タイ王国大使館が主催するこのイベントは、現在では名古屋と大阪でも開催されるようになっており、それぞれタイフェスティバルin名古屋(6/2, 6/3)タイフェスティバル大阪(5/19、5/20)として開催されており、いずれも盛況のようだ。

なにぶん天候に左右される部分が大きい屋外イベント。これら催しの日は好天に恵まれることを期待したい。

Posted in column, event, food & drink | コメントは受け付けていません。

Son Beel

ソンビール。アジアで2番目に大きな湿地帯とのことだが、ごく浅い湖らしい。
しかし、季節によっても広さ、深さはまったく違うのだという。アジアでも最多雨な地帯のひとつ、アッサム州にあるだけのことはある。
渡り鳥がやってくる季節など、バードウォッチングにも良さそうだ。

The Sonbil (Youtube)

Posted in column, greater india, nature, travel | コメントは受け付けていません。

スマホで撮影されたニュースクリップ

インドの民放、NDTVのこれらのニュースクリップは、SamsungのGalaxy S8で撮影されたとのこと。最近のスマホはもうそういうレベルまで来ている。

スマホでもこういうニュース映像がちゃんと撮れることにも改めて驚かされるが、それを前面に打ち出してアピールさせるという手法もさすがは営業力のSamsungといったころか。

それはともかく、ニュースもさることながら、こういう簡単な機材でドキュメンタリーなども制作できる時代になったということでもある。

Video (NDTV)

Posted in camera, column, IT, life, news & media, politics, society | コメントは受け付けていません。