チェンラーイ郊外へ

Wat Rong Khunへ。チェンラーイ出身のアーティストで華人でもあるChalermchai Kositpipat,氏が建てた白い寺がある。別名「ホワイト・テンプル」で知られるように、すべてが白く塗られている。カラフルな寺院が多いタイにあって、何から何まで白い寺院というのは見たこともない。

本堂への入り口の部分では地獄を象徴した大きな作品の上にかかる橋を進むようになっている。芸術作品であり、寺としての機能はないものと思っていたのだが、ちゃんと僧侶は常駐しているようだ。

外観がやたらと豪華なトイレ

敷地の入口部分は、たくさんのみやげもの屋や食堂などが入居するアーケードとなっている。敷地内にはChalermchai Kositpipat,氏のアートギャラリー、作品を販売する店なども入っている。今の時代、こうして成功するアーティストには、実業家としての才能も求められるようだ。

ここに限った話ではなく、どこにもあるのだが、菩提樹の葉をモチーフにした薄いアルミ板、参拝者たちが願い事を書いて木に吊るしたりするのだが、昔のタイで、こうしたものを見かけたかどうか記憶にない。ちょうど日本の絵馬のような具合に用いられている。

ソンテーウでチェンラーイ市内中心地にあるバススタンドに戻り、次はミニバスでBaan Dumへ。こちらは別の華人アーティストThawan Duchanee氏による、この地域の建築の作品ギャラリーのような感じで、広い敷地内に様々な建築が点在している。 

音楽を奏でる子供たち

チェンラーイへの帰りのバスで途中下車、チェンラーイに入る前に川を渡る橋よりも手前のところにあるブルー・テンプルと、宿の人に紹介されたところに行ってみた。やや安手の造りではあるものの、全体が青を貴重とする寺は珍しく、それはそれで見応えがある。

Posted in column, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

チェンラーイのナイトマーケット

街の規模にくらべてずいぶん盛大なナイトマーケットであることに驚く。おそらくここでの商売を専業とする者もあるのだろう。人ごみの中に地元の人たちがどのくらいいるのかは知らないが、おそらくマジョリティはタイ人を含めた観光客であろうことは想像できる。このエリアすべてがナイトマーケットの会場となっているだけでなく、ステージも出ていて演奏がなされている。

こうした場では、もはや定番となっている怪しげで生温そうな寿司と昆虫料理が印象的であった。昆虫食といえば、タイの北東部が知られているが、彼らはタイ全土に出稼ぎに行っているため、そうした繋がりで出店しているのではなかろうか。ナイトマーケットでのエキゾ感の演出ということもあるのだろう。

昆虫類の素揚げ

生温そうな寿司屋

宿に戻る途中、通りに面した角地にある典型的な華人の食堂兼喫茶があった。食事時以外にはコーヒーやお茶を楽しむ人たちがいて、早朝には近所の華人の暇なご隠居が新聞など広げているような感じの店で、これはインドシナからマレー半島、ミャンマーやインドネシアまで共通するような店構えだ。こうした店も街がモダンになってくるに従い、どんどん姿を消していくものと思われる。

昔ながらの華人の食堂兼喫茶

Posted in column, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

猫カフェ

チェンラーイの街なかにある猫カフェに行った。飲み物やケーキなどは他の喫茶店と同様の価格帯で良心的だ。
実に様々な高級種がたくさんいて、どれもよく躾けられていること、気立ても良いことに驚かされる。ただ、家族連れ客の子どもたちの猫の扱いには、往々にして問題がある点は、猫たちに気の毒だ。
私が入店してしばらくしてから登場したベンガルは、実に美しい猫であった。店内は全員床に座るスタイル。猫たちがそこにいるだけで、ほんわかとしたいいムードになっており、ヒーリング効果の高さがしのばれる。
ただ、お客が目を離すと、そこは猫なので、ケーキに頭を突っ込んで食べている奴がいるので、多少の注意は必要である。

この赤い建物1Fが猫カフェ

この猫はケーキが大好きらしい。

Posted in column, food & drink, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

チェンラーイへ

タイ側の出入国管理事務所を出てすぐのところで軽く食事。宿に戻り、預けていた荷物を受け取ってから、バスターミナル行きのソンテウをつかまえる。
バスターミナルからはエアコンバスはすでに満席とのことで、ノンエアコンバスで出発。車内は総ステンレス張りで涼しげだが、実に暑い。
チェンラーイまでは1時間半程度の道のりだが、途中2回検問がある。タイ人たちはICチップが入った国民登録症を提示している。日本でいえばマイナンバーカードということになるのだろうが、日本でもこれを本気で普及させようというのならば、この国では、どのようにしてそれを普及させたのかということが参考になるのではないだろうか。もっとも私はタイのそれがどのような役割や機能を持っているのかについてはよく知らない。
ところどころで客を乗せたり下ろしたりしながら、バスはゆったりと進んでいく。

Posted in column, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

タチレク 2

ミャンマー料理の食堂

タイ側のメーサイではタイ各地からそれなりに人々が集まってきて商売をしているように、ミャンマー側のタチレクでも同様にミャンマー各地から人々が集まって町を構成しているため、橋ひとつ渡ってきただけでも、ずいぶん町中の様相は異なる。

目にする文字が異なるだけではなく、通り沿いにある看板や商店に貼られた広告の類もそれぞれの国の企業のものになるし、食堂を覗いてみてもタチレクでは当然のことながらミャンマー料理の店がほとんどとなり、メーサイにはいくつもあるセブンイレブンのようなコンビニエンスストアはタチレクにはまだないようで、昔ながらのよろず屋が細々と商売している。

せっかくなので町中を観光してみようと思い、何台ものトゥクトゥクが客待ちしていた国境の橋のたもとに戻ると、さきほどのインド系巨漢のサリームがまだ居たので声をかけてみた。彼自身がトゥクトゥクを運転するようで、町中のお寺をいくつか回ってもらうことにした。

タチレクのトゥクトゥクはこんな感じのものが多い。乗り合いとして使用できるようになっている。

特にこれといった名刹があるわけでもなく、元々小さなマーケットしかなかったところで、近年人口が急増するに従って出来たような新しいお寺ばかりのようではあるが、それなりにミャンマーに来た気分にさせてくれるのは、これらがビルマ様式であるからだ。もっとも中には、祭壇にビルマ式の仏像とタイ風の像が同居しているケースもあり、それはそれで国境の町らしくて面白かったりする。

ご本尊の両脇に控えるのはタイ式の像となっているお寺があった。

丘の上からタチレクの町とその背後のタイ側の町メーサイを見下ろす。

見物を終えて、国境の橋のたもとにあるマーケットを散策する。案外、洒落た店や大きな商店もあったりする。規模が大きな商店を経営しているのは、漢字が書かれたお札や祭壇など、店の佇まいからして、やはり華人が多いようだ。置かれている商品もセンスもタイには遠く及ばない感じだ。川を挟んだ国境の時差は、30分ではなく、30年くらいあるような気がする。もっとも30年前のタイ側のメーサイには、今のミャンマー側のタチレクのマーケットにふんだんに出回るケータイやスマホは無かったわけだが。

しばらく見物してからタイ側のメーサイに戻る際、サイレンを鳴らして進むミャンマーのナンバープレートを付けた救急車がタイ側に越境していくのを見た。やむにやまれぬ事態が生じた場合、タイ側の病院に移送して処置するという措置がなされているのだろうか。二国間関係は決して悪くないミャンマーとタイなので、さもありなんという気はする。

ミャンマーの入国管理事務所で、さきほど受け取った預かり証を渡してパスポートを返却してもらう。すぐ右手には小ぎれいなレストランと商店が入ったビルがあるが、洋酒類などを販売する「免税店」も入居していた。

Posted in column, greater india, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。