ハヌマーン・プラサード・ネーヴティヤー・ハヴェリー

次に訪れたのはファテープル。

こちらはハヌマーン・プラサード・ネーヴティヤー・ハヴェリー。外に面したバルコニーに鉄の欄干を持つという珍しい形だが、その欄干に人の顔が刻まれている。ファテープルでは、こういう鉄の欄干、そしてそこに人の顔あるいは神の姿をあしらうといったものがしばしば見られる。

ちょうど管理人がどこかから帰ってきたところで、見学してみたがとても良かった。保存状態は良好。出来ることならば、この屋敷をひと月くらい借りて生活してみたいものだ。

屋上の構造物。この屋敷の中では時代が最も下ってから造られた部分らしく、洋風の意匠を志向した形跡が認められる。

Posted in column, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

マンダーワー

以前、じっくりと見学したことがある。
シェーカーワティー地方へ 2 〈Hotel Mandawa Haveli〉(indo.to)
シェーカーワティー地方へ 3  〈映画をこよなく愛する人々〉
シェーカーワティー地方へ 4  〈タークルの屋敷〉
そのため、今回は昼食のためのみにマンダーワーで小休止。

タークルの屋敷、転じてホテル


タークルの屋敷で現在ホテルになっているものがあるが、数日後にシェカワティー地域の町、アルスィーサルで宿泊する予定のところは、ここと経営母体が同じ。同じグループのホテルがジャイプルにもある。有力なタークルの一族が所有する会社によるホテルグループである。せっかくの機会なので観光・・・といっても、2年半前に来ているので、特に限られた時間で見るというほどのことはなく、まだ昼も食べていないため、前回ここに来たときに利用したホテルのレストランで昼食。

ホテルのレストランで食事


ここマンダーワーでは、ハヴェリーの転用の面白い例があった。屋敷がまるごと、銀行の支店となっている。

ステート・バンク・ンブ・インディアの支店が屋敷を借り切っている。









Posted in column, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

珍しいムスリムのフレスコ画ハヴェリー

シェカワティのフレスコ画のハヴェリーは、ヒンドゥー教徒のマールワーリー商人コミュニティ独自のもの(及び一部のジャイナ教徒)というセオリーがあるのだが、ジュンジュヌーには稀な例外が存在している。

ジュンジュヌーのイスラーム地区にあるムスリムのフレスコ画ハヴェリーだ。場所がどのあたりかよくわからなかったので、ムスリム地区にあるDargah of Kamaruddin Shahを目標に移動してみる。ダルガー自体にも、シェカワティらしいフレスコ画があしらわれており、なかなか見応えがある。

このダルガー参拝後、通りがかりのムスリム男性に道筋を質問すると、そのハヴェリーの界隈の住人であるとのこと。ヌール・マスジッドというモスクの隣にあるとのことが判った。

訪れてみると、ここに暮らす家族はこれを建てた人物の子孫で、その中の一人から話を聞くことが出来た。このハヴェリーを建てたご先祖は、ムスリムの商業コミュニティの人ではなく、このあたりの地主だったそうだ。神々や人物の絵の無いハヴェリーは、かなり印象が違って見える。

彼は、フレスコ画のあるムスリムのハヴェリーは他にほとんど例のない貴重なものだと言うものの、このハヴェリーはあと10年もすれば取り壊す予定であるとのこと。維持に手間も費用がかかるため、フレスコ画を修復したりする意志もないそうだ。もう一軒、こうした屋敷を所有していたが、そうした経済的な理由からだいぶ前に取り壊してしまったそうだ。

貴重な文化遺産とはいえ、私有財産なので、持っている人自身の都合もあるわけだ。
そんな事情もあるため、最近は博物館や宿泊施設として用いる目的で修復の手が入るハヴェリーも増えているが、その他はやはり存続が危ぶまれることには変わらない。

残念ながらあまり保存の状態は良くないのだが、取り壊す前に訪問できたのは幸いである。

Posted in column, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

モーディー・ハヴェリー

ラーニー・サティー寺院をあとにして、モーハンラール・イーシュワルダース・モーディー・ハヴェリー(通称モーディー・ハヴェリー)へ。

ここはダイヤモンド等の宝石類を扱うことによって大きな財を成したモーディー一族の屋敷である。最近、銀行を巻き込んだ金融スキャンダルで逮捕された同じくダイヤモンドを扱ってきたビジネスマン、ニーラヴ・モーディーは、この血筋かと思っていたが、関係はないらしい。

このハヴェリーは、ロンリープラネットのガイドブックにも紹介されているため、記帳用の帳簿が用意されており、管理人が100Rsなどと吹っ掛けてくる。通常は10~20Rs程度で良いようだが、最後に30Rs渡してそこを後にした。がめつい男だったが、がなかなか根は良い人のようで、尋ねるといろいろ詳しく説明してくれる。

シェカワティ地方の中心地の繁華街に面していることから、訪問客がとても多いため、そこそこの収入を上げていることが伺える。ゆえにきちんとメンテナンスもされているのだろう。

こうした古い屋敷の管理人としては非常に珍しいことに、彼専用のAC付でバスルームも完備した居室が用意されているのには驚かされた。

Posted in column, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

ラーニー・サティー寺院

ムクンドガルを後にして、ジュンジュヌーに向かう。ここで最初に訪れたのはラーニー・サティー寺院。サティー寺院としてはインド最大。
未亡人が亡くなった夫に殉じて火葬の燃え盛る日の中に見を投げるサティーの因習に繋がる寺院である。

比較的最近では、1987年にシェカワティ地方のスィーカル地区でサティーを実行した例があり、痛ましい事件として大きなニュースになったようだ。

Roop Kanwar’s sati greeted with shock across India, Deorala became a place of worship (India Today)

寺院内のカンティーンの食事は、メニュー毎に価格は決まっているが、寄進とプラサードという建前になっている。

Posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。