Category Archives: politics

ラトナーギリー 1 ビルマ最後の王の流刑先

ラトナーギリーの街は密度が低い割にはダラダラと長く市街地が続いている印象を受ける。静かで落ち着いた感じの住宅地が多いようだ。 私がここを訪れた最大の目的は、ティーボーの邸宅の見学。ビルマ最後の王朝、マンダレーのコンバウン … Continue reading

Posted in column, greater india, heritage, life, politics, society, travel | コメントは受け付けていません。

再び炎上 ゴールカー・ランド要求運動 

1980年代にはゴールカー・ランド分離要求でテロが頻発して、事前にカルカッタなどで発行されたパーミット無しでは入域できない時期もあった。その後は穏やかになっていたものの、西ベンガル平地と分離してひとつの州を創ろうという動 … Continue reading

Posted in column, life, politics, society | コメントは受け付けていません。

マドガオン2

マドガオンでの宿泊先で付いていた朝食。プーリーバージーなのだが、使われているのがココナツオイルであることに、なんだか不思議なエキゾ感を覚える。 町中とくに繁華街やその周囲では、元々のゴアの人たちは何割くらいなのか?と思う … Continue reading

Posted in column, food & drink, heritage, language, life, politics, railway, security, society, travel | コメントは受け付けていません。

ザファル・メヘルとクトゥブッディーン・バクティヤール・カーキーのダルガー

デリーのメヘローリーにあるザファル・メヘルへ。ムガル朝最後の皇帝バハードゥル・シャー・ザファルが夏の時期に離宮として用いた場所で、ムガルの宮殿建築としても最後のものとなった。 隣はスーフィーのチシュティー派聖者クトゥブッ … Continue reading

Posted in column, heritage, life, politics, society, travel | コメントは受け付けていません。

Cathedral Church of the Redemption

デリー・メトロのケーンドリーヤ・サチワーラヤ駅でメトロを下車して、Cathedral Church of the Redemptionへ。 デリーの大統領府(旧総督府)近くにある教会で、現在の建物は1931年にオープンし … Continue reading

Posted in column, heritage, life, politics, society, travel | コメントは受け付けていません。