Category Archives: reading

書籍「Musoorie And Landour」

ヒルステーションのマスーリーとランドールについて書かれた本。成り立ちから独立時に至るまでの歴史、ここを舞台に起きた出来事、ここに出入りした人々などについてもいろいろ綴られている。 このヒルステーションを拓いたとされる英国 … Continue reading

Posted in column, heritage, life, reading, sports | コメントは受け付けていません。

Kindle書籍

amazon.co.inに日本からアクセスすると、Kindle版でさえも買うことができないのは残念なのだが、4月25日に発売予定のものが、日本のアマゾンでも取り扱いしているのに気がついた。しかもインドより安い価格で。とり … Continue reading

Posted in column, IT, life, reading | コメントは受け付けていません。

「OUR MOON HAS BLOOD CLOTS」という本

Hello Bastarの著者、Rahul Panditaによるカシミールを題材にした一冊。彼自身が、カシミーリー・パンディットの出自で、少年時代に家族とともにシュリーナガルからジャンムーへの脱出を余儀なくされている。 … Continue reading

Posted in column, disaster, greater india, heritage, life, politics, reading, security, society | コメントは受け付けていません。

「Vintage Tales」という本

Kindleでこの本を読んだ。 英領末期から1990年代までにかけてのアングロインディアンをはじめとする欧印混血の人々の日常が描かれている。クリスマスの祝祭であったり、ご婦人たちのピクルス作りのことであったり、雨季の洪水 … Continue reading

Posted in column, heritage, life, reading, society, travel | コメントは受け付けていません。

Hello Bastarという本

途中、他にも読みたい本がいくつかあったので中断していたが、本日読み終えた。インドの様々な地域に跋扈しているマオイストの活動を彼らの勢力圏のひとつであるチャッテースガル州のバスタルを中心に伝える一冊。 僻地の貧困層や先住民 … Continue reading

Posted in column, life, politics, reading, security, society | コメントは受け付けていません。