あのチェーン

ラーイプル駅構内の売店で見かけたもの。そう、夜行列車などでインド人がよく使っているアレである。荷物からジャラジャラと取り出して、カバン類をシートの足や寝台の吊り下げ鎖などに結び付けて南京錠でロックする。
このあたりは昔からほとんど変わらない。

ラーイプル駅

特に用事はないのだが、駅舎を見てみたいということもあり、ラーイプル駅へ。鉄道駅周辺の商業地の様子も目にしておきたかった。
駅舎とならんでLe Roiという立派なホテルがある。こんなところにフランス系ホテルがあるのかと、ホテル予約サイトで調べてみると2,000Rsくらいで泊まれるホテルらしい。しかもデリーの安宿地区パパールガンジにもあるそうなので、外資系ホテルではないことはわかった。Booking.comにおける利用者の評価はとても高いようだ。
近年のインドの主要駅は度重なる改築・増築のため、醜悪なものとなっていることが多いのだが、ラーイプルの駅はこんなモダンな建築であるのは意外だった。

ラーイプル駅
ラーイプル駅舎の隣にあるLe Roi Hotel
昔の鉄道駅にあったCanteenではなく、こういう今風な軽食を出す店が入っている。
駅構内にあるヒンドゥー寺院
駅敷地内から外を眺めると、こういう具合。

歴史的な鉄道駅、再開業なるか?

ムンバイの旧バラード・ピア・モール駅が再オープンするかも?というニュースがだいぶ前にあったが、その後どうなったのだろう。
植民地期末期に廃止されている駅だが、ヴィクトリア・ターミナス駅のすぐ東側のため、ヴィクトリア・ターミナスが手狭にでもなって、発着の一部をそちらに回すのかな?と想像していたが、その後の様子が伝わってこない。
ところで、このバラード・ピア・モール駅だが、ここを始発としていたフロンティア・メールなどの特急列車に英国などからの大型客船が桟橋に到着後、降船した乗客はそのまま列車へ・・・という具合に接続していたらしい。
このバラード・ビア・モール駅が廃止となるあたりまでは、現在のもうひとつの終着駅としてチャーチゲートではなくコラバ駅が運用されていた。
いまや鉄道のターミナスがあったという痕跡さえなく、往時は列車が往来していたチャーチゲート・コラバ間の鉄路がどこを走っていたのかも、今の街並みからは想像もできないのだが。

Historic railway station in Mumbai may be reopened (The Tribune)

Train 18 試験走行完了

インド国鉄史上最速のTrain 18が無事に試験走行を終えたようだ。今年のクリスマスからデリー・バナーラス間に投入されるとのこと。この距離を8時間で走行するというから、やはり速い。これまではドゥロント、ラージダーニーといった特別急行で9時間前後だ。

だが、しばらくは、そのような具合にはならないことだろう。霧の時期なので、早朝6時にデリーを出てバナーラス到着、午後2時にバナーラスを出て、デリー到着は午後10時というスケジュールのようだが、きちんと運行できるのは、濃霧の季節が明けてからだろう。

Launch Date, Features And Speed Of Train 18, India’s Fastest Train (NDTV Profit)

インドの本気

インド国鉄 ヒマーチャルプラデーシュ州の「ケイローン駅」は地下に建設されるそうだ。

ビラースプルからマナーリー、ケイローンを経てラダックのレーまで至る鉄道の計画。レーからはカルギルを経由してスリナガルまで繋がり、そこから先は現在スリナガルからジャンムーに向けて建設中(スリナガルから途中駅までは開業している)の鉄道で、既存の国鉄路線に接続するという青写真。つまりデリーから鉄道でヒマーチャル、ラホールスピティ、ラダック、カシミールをぐるりと旅行できるようになるというのだ。

マナーリーからロータン峠へ至る急峻な地形を思っただけでも、こんな計画が実現するとは信じがたい。これはプランというよりも限りなくホラ話に近いものという感じがするかもしれないが、ところがどうしてインド政府は本気なのだ。

スリナガル・ジャンムーはやがて全線開通となるのでさておき、ビラースプル・マナーリー・ケイローン、レー、カールギル、スリナガルが繋がるまで、100年以上かかりそうだ。すると子や孫の代になっても全線完乗することができないんじゃないか?という気はする。

それでもきっとやるんだろう。インド人はとってもしつこい、いや非常に勤勉かつ辛抱強い。

もっともこの計画の主目的は旅客輸送よりも軍事目的である。道路が閉ざされる秋冬春先でも変わりなく、年中、軍事物資をバンバン中国国境地帯に送り届けることができるようにすることが路線建設における至上命題。

つまりあと何十年かして、万が一、中印の対立がすっかり解消したりしてしまうと、これを建設する動機がなくなってしまうわけだ。世界情勢というものは、ときに驚くような展開を見せることが多々ある。5年、10年先のことはある程度予想できても、数十年単位の未来となると、正しく予測できる人などいない。

よって、曾孫、玄孫の代になっても、この路線は実現していないかもしれないということになるが、世界的な大戦の火種が消失していることになるので、それはそれで喜ばしいこととなるだろう。

India’s first railway station inside tunnel to come up in Himachal Pradesh (Business Today)