客室のカギは「マスターキー」

あるホテルにて、宿代に込みの朝食を摂るため階下へ。トースト、オムレツを食べてからチャーイを2回おかわり。そこに居たのは15分程度だっただろうか。

部屋に戻ると、すでにベッドメイクがしてある。なんという早業!どこもかしこもキレイにしてある。こういう手際の良さは気持ちが良い。

外出前にハミガキをと思い、カバン置きに目をやると・・・。
ない!!!

貴重品は入っていないが、デジカメ充電器、USBコード、インド式の三叉ソケット、着替えなどの必需品が入っている。これまた何たる早業か!実に困った。

あ、スペアメガネも入っているし、上着類もその中であった。これは大変!
とりあえずレセプションに言おうと部屋の外に出ると、目に入ったのはドアに付いている部屋番号。

「206」

ひとつ下の階の206号室であった。

「あれ?」と思い、手元にあるカギに付いている金属プレートをあらためると「306」とある。異なる階の同じ位置の部屋なので作りが同一なのだ。

私の部屋は306号室

どうやらカギそのものが共通らしい。すべての部屋がそうなのかどうかは知らないが。管理上は楽に違いないが、大変よろしくない。宿泊の人たちみんながマスターキーを持ち歩いているようなものだ。

206号室は幸い空室だったが、誰か宿泊している部屋に誤って入室、ちょうど本人が帰ってきて鉢合わせになったら大いに困るところであった。

まあ、こういうのは初めてではない。
インドのどこかで、部屋でテレビを観ていたら、ドアがガチャガチャと鳴って開き、男が「誰だ、アンタ?」と目を見張り、こちらも「そういうアンタこそ誰だ?」とのけ反る、なんてことはあった。

とってもビックリしたのだが、306号室に戻ってみると、荷物はちゃんとあったので、これで良しとしておこう。

デリー空港で「女性専用タクシー」が利用可能に

デリーの空港からタクシーを利用すると、いつもといっても良いほど、態度や感じの悪い運転手が多い。それだからといって、何か問題が起きたことはないが、とりわけ夜の時間帯に女性がひとりで利用することに不安を覚えるのは無理もないだろう。実際、空港からのタクシーで乱暴されたり、最悪の場合、殺害されたりというような事件もあった。

今年1月10日からWOMEN WITH WHEELSというサービスが始まったとのとこと。SAKHA CONSULTING WINGSAZAD FOUNDATIONによる取り組みだ。

現在までのところデリー、ジャイプル、コールカーター、インドールで操業しており、4時間あるいは8時間という単位でチャーターしての利用もできるようだ。
利用された方があれば、ぜひ感想をお聞きしたいと思う。ちなみに私は男性なので、この「女性専用サービス」は女性同伴でないと利用できないため、なかなか縁がない。

‘Women With Wheels’ Cab Service Operated By Women For Women Has Started At Delhi’s IGI Airport (Youtube)

Delhi airport has an all-women cab service now (The Indian EXPRESS)

映画館は不滅なり

ジェネレーターの燃料を保管していた場所で、漏電によるスパークのため引火して火災に。お粗末なアクシデントだが、上映中であったために多数の観客が亡くなる大惨事となった1997年6月13日。私はここでよく上映作品を観ていたため思い入れがある。
あれから22年が経過した。それでも今なお建物が残っているとともに、オートに乗って「ウパパールシネマへ」と告げれば、これがわからない運転手はいない。火災事件による映画館閉館後に生まれたと思われる世代の者であっても。
シネマホールとしての役割を終えたのは、もうふた昔以上の前であっても、「ランドマークとしての映画館」は不滅なのだ。

映画「ホテル・ムンバイ」

現在日本で公開中の「ホテル・ムンバイ」を観た。2008年11月にムンバイで起きた同時多発テロ事件について、犯行現場となったいくつかのロケーションのうち、タージマハル・ホテルを舞台に主にホテルマンたちの視点からストーリーが展開していく。

この作品は2018年に公開されたものだが、ホテルマンのひとりで主人公であるアルジュン役で出演しているのは、2008年公開の「スラムドッグ・ミリオネア」の少年ジャマール役だったデーヴ・パテールだと言えば、「ああ、彼ね」と覚えている人は多いだろう。
大変重たい内容の作品であり、消化しきるにはしばらく時間がかかりそうだ。

平日の昼間なのに満員であったことから、この作品への注目度はとても高いことがうかがえる。究極の危機の中で、これでもか!とハードなストーリーが展開していき、心臓への圧迫感が大変強いものであった。

お客のために危険を省みず、これまで体験したこともない過酷な職務にあたるホテルマンたちのプロフェッショナリズムが描かれている素晴らしい作品だ。(ネタバレになるので詳述はしないが、事実に即したシナリオ)

同時にこれを予備知識なしに観た人たち(事件背景はもとよりムスリムに関する予備知識も)の間で、コミュナルなヘイト感情を掻き立てるのではないかとも感じられるもので、こうした特定のコミュニティ、思想を背景とした事件に係る作品作りというのは、慎重な配慮(主人公に準じる配役で危機一髪のところで最後に命だけは助かったザーラはその名のとおりムスリム女性であることなど)をしても、なおかつ難しいものであると感じる。
テロリストたちを送り込んだパキスタンを拠点とする過激派組織ラシュカレトイバの名前を聞いたことはあっても具体的にどういう組織なのかを知る人は、日本の観衆(欧米でも)少ないだろう。

映画の中でも描かれていたが、進行中のテロ事件についてメディアが逐一報じるのもいろいろ問題があると指摘された当時を思い出した。当時、私は日本でもネットで動画配信されるインドのTvニュースで逐一観ていたが、同様にパキスタンでテロ組織もそれを見ながら携帯電話で犯行グループへ指示していたことが判明したためだ。

このあたりについては、報道の自由との兼ね合いで難しい。事件から11年が経過し、通信環境やガジェットの性能なども飛躍的に向上している。この部分については当時よりも深刻な状況になっているとも言えるだろう。

親子(同作品は15歳以上という指定がなされている)や恋人同士で観に行くような作品ではないが、ぜひとも鑑賞をお勧めしたい秀作だ。