ヒトラーのレストラン

Hitler's Cross
 ムンバイーのHitler’s Crossと名づけられたスポットが話題になっている。店のロゴにハーケンクロイツがあしらわれているとおり、ナチス時代のドイツのヒトラー総統がテーマとなったレストランだ。店内にはヒトラーの大きなポスターが飾られるとともに、内装はナチスのシンボルマークにある赤、白、黒でまとめられているそうだ。
 この命名についてインドのユダヤ人コミュニティからの強い反発が上がっていることを報じるロイター発のニュースがイスラエルの有力紙『HAARETZ』に取り上げられた。
 当のレストランのオーナーは『人々に即座に記憶してもらえる名前にしたかった』『ヒトラーを礼賛してなどいない』『ここはただのレストランである』とコメントするとともに、名前を変更することは考えていないという。
 遠く海外にまで報じられるほどの批判は当人の予想を超えたものであったのかもしれない。先週開店したばかりの真新しいレストランであるにもかかわらず、良くも悪くも店の名前を広く知られるようにはなった。しかし内外からの批判に加えて地元マハーラーシュトラ州を本拠地とする右翼政党シヴ・セーナーが『コミュニティ間の調和を乱す』(・・・と彼らが言うのも妙だが)として何らかの行動に出ることを示唆している。彼らの組織力と実行力を思えば、ムンバイーではむしろこちらのほうが怖いかもしれない。
 ともあれ前途多難が予想されるHitler’s Cross、ここしばらくホットなスポットであることは間違いないだろう。
Mumbai’s ‘Hitler’s cross’ eatery angers Indian Jews (HAARETS.com)
‘Hitler’ in Mumbai Annoys Indian Jews (India Daily)
・・・とここまで書いたところで『Hitler’s Cross』の経営陣が、レストランの名前を変更するとともにヒトラーのポスターを含めてナチスをイメージさせるインテリア類を撤去することに決めたと発表したとのニュースを目にした。
 結局のところ地元のユダヤ系コミュニティの抗議に加えてイスラエル政府もこの問題に干渉しようとの姿勢を見せていたことなどもあり、経営者は引き下がることにしたようだ。新しい名前は8月26日にも発表されるとのことだが、ここ数日の間さんざん内外のメディアに取り上げられたことにより、どんな大掛かりな広告を打つよりも効果的な宣伝ができたのではないだろうか。しかもタダで。
 ムンバイーのユダヤ系コミュニティやメディアを含めて『Hitler’s Cross』のネーミングについて大騒ぎした人たちはまさに『一杯食わされた』といったところかもしれない。いやはや・・・。
Hitler’s Cross to be renamed (The Hindu)
Climb down by ‘Hitler’ restaurant (BBC South Asia)

料理屋さんもそれぞれ


 ひと昔以上前、『エスニック料理』なるコトバでひとくくりにした『非欧米・中華』のガイコク料理がもてはやされた時期があった。東南アジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカの実に様々な料理すべてが『エスニック』であり、もちろんインド料理もその範疇に含まれていたと記憶している。ちょうどそのころだったと思う。これら種々雑多な食事をメニューに網羅する『多国籍料理屋』なるものが出現したのは。
 その後、人気躍進したタイ料理やマレー料理のなどは『エスニック』のカテゴリーから独立し、外食の新たな人気ジャンルとして定着。もちろんインド料理も同様で、従来からラーメンやうどんといった、サラリーマンのお昼の定番アイテムのひとつとしての『カレー』とは全く違う『インドカレー』として、街角にごくありふれた身近な存在となり現在にいたっている。
 だが『インド料理』といったところで、インドという国がそうであるように、何かをもってインドの料理であると簡単に定義してしまうのはむずかしいところだ。それでも現在日本にあるインド料理屋の大部分が北インドの料理、とりわけパンジャーブ料理やムグライ料理といった北西部の食事を出していることが多く、そうしたものが『典型的なインド料理』ということになっているようだ。
 それはそれで別に悪いことではないのだが、『インド料理』の看板を掲げて同じようなものを出していると思われる店の中にもいろいろある。料理屋で本のレシピに書かれているスタンダードなものばかり出す必要はないし、それなりに独創的なアイテムでお客の目や舌を楽しませてくれるのは結構なことなのだが、かなり不思議なものに出くわすこともある。たとえば魚のカレーを注文してみたら鮭が出てきたり、タンドゥーリー・チキンを頼むと赤く染めた鶏肉の唐揚が出てきたりなどといったところだ。
 ごく一部だとは思うのだが、『店先や厨房にインド人を配置すればそれらしく見える・・・』と思ってか、いい加減なものを出す店はままあるように見受けられる。
 少し前に日本の新聞のウェブサイトでこんな記事を目にした。
………………………………………………………
「真の和食」にお墨付きマーク 仏で偽物の苦情増え(asahi.com)
http://www.asahi.com/international/update/0701/009.html
………………………………………………………
 インド料理店が増殖を続ける中、『ウチはちゃんとしたのを作ってるよ』という認証みたいなのがあってもいいかもしれない。
 皮肉なことに、妙なものを出しているところはお客が来なくなって早々に店をたたんでしまう・・・わけではなく、いつも結構込み合っていたりする。
 それだけに『悪貨が良貨を駆逐する』みたいなことになっては、真面目に頑張っている料理屋さんが気の毒ではないかと思うのだ。

緊急ニュース インド産マンゴー日本上陸!

mango
 そろそろらしい・・・とささやかれていたインド産マンゴーの日本への輸入解禁だが、ついにそのときがやってきた。今年6月23日付でその禁が解けたのだ。
 インドではマンゴーなどの果樹につくミカンコミバエやウリミバエといった害虫による被害が起きていることを理由に、同国からこうした昆虫の寄主植物の輸入を禁止していた。
 しかし以前よりインドはアルフォンソ種をはじめとするマンゴー類の日本への輸入解禁を求めてきており、蒸熱処理による殺虫試験データを日本側当局に提出してきたと農林水産省の資料にある。その後専門家の調査や検討を重ねた結果、このたびの輸入解禁の措置が取られることになったのだという。
 同省発表によれば、今後日本に入ってくることになるのは『アルフォンソ種、ケサー種、チョウサ種、バンガンパリ種、マリカ種およびラングラ種』(品種名つづりは同省PDF文中ママ)とされる。
 まさにこれは黒船襲来。『エライことになった・・・』と青くなっているのは、従来フィリピンやメキシコといった国々からマンゴーを輸入していた業者たちかもしれない。あるいはこれを機にインド産に乗り換えるのだろうか。また宮崎や沖縄などで、小売価格にして一個2千円前後もする高〜いマンゴーを生産している農家も『えぇっ、そんなぁ〜!』と困惑する顔が目に浮かぶ。
 これまで低調ながらも穏やかに棲み分けがなされていた日本のマンゴー市場をいきなり激震が襲った・・・という状態であろう。
 インド生まれのマンゴー第一陣が大量に上陸するまで秒読みに入った。やがて街角に山と積まれた肉厚のマンゴーの山から漂う芳香をかぐと『ああ、またこの季節がやってきた』と思うほど、日本の食生活に定着するのではないだろうと予想する人たちは多いはず。また熱烈なマンゴーファンにしてみれば、まさに『このとき歴史が動いた』という記念すべき出来事となる。
 この夏はインド産マンゴーが大ブレークするはず。さあ、買い物カゴを持って八百屋へ走ろう!
インド産マンゴウ輸入解禁 −農水省 (農業共同組合新聞)
インド産マンゴウの生果実の輸入解禁について(農林水産省)

どうやって食べる?

ウナギ
 西ベンガル州の内陸部、ある町角の魚マーケットでウナギが売られているのを見てふと思った。「これをどう料理するのだろうか?」
 インドで海岸地域などに行くとあまり目にしたこともないような魚もあり、「どうやって食べるのか?」と思うことはあるものの、他方に目を移せばもうそんなことは忘れてしまう。
 なぜウナギにはこだわるのかといえば、私の大好物だからである。幼いころの私が物心ついてからの記憶は、祖母が作ってくれたウナギの蒲焼から始まるほど、私にとって特別な魚なのである。
 その割にはこの世の中に蒲焼、ひつまぶし以外にどんなウナギ料理があるのかまったく知らないのだが。フランスや中国でも食用にされるということは耳にしているが、具体的な調理方法についての知識は持ち合わせていない。
 ネットで検索してみると、「ウナギ・カレー」「Curried Eel」「Malay Eel Curry」などいろいろ出てくるので、世間にはいろんなウナギ料理があることはわかった。

続きを読む どうやって食べる?

いつもと違う『インドの味』

 90年代以降、日本における『インド料理屋』の拡大には目を見張るものがある。以前も書いたがオーナーはインドやパキスタンからやってきたパンジャーブ系、料理人はそのパンジャーブを含めた北インド各地およびネパール出身というケースが多い。
 その範疇に当てはまらないケースでも、日本のお客の間ですでにできあがっている『インド料理のイメージ』に対応すべく、前者の路線を踏襲したメニューが目立つことが少なくない。その結果料理のバリエーションはどこも似たり寄ったりということが多くなるのだと思う。
 ところがそうした風潮に風穴を開けるべく(?)立ち上がり、独自の世界を展開する『インド中華』を看板に掲げ、パンジャービー&ムグライ料理が支配的な日本のインドレストランの世界に果敢に立ち向かう店がある。
 それはインド式中華料理を標榜するレストラン『天竺』だ。厨房に立つ料理人はインド人、米はインディカ米を使用。発酵させたエビや魚など原料とする中華調味料を使わず、醤油、酢、トウガラシでストレートな味を演出。ちょっと硬派な『天竺』風味である。中華メニューとはいいがたいものの、『フライドチキン』を注文すると、鶏の唐揚ではなく豆の粉を衣にカラリと揚げた本格的なチキン・パコーラーが出てくるのはうれしい。
 サブカルチャーと新興宗教が目白押しの中央線西荻窪駅界隈は、実は隠れたグルメスポットでもある。海南鶏飯の『夢飯』、上海料理の『喬家柵』と、タイ料理の『ハンサム食堂』などといった知る人ぞ知る名店が揃う中で異彩を放っている。
インド式中華料理 天竺
東京都杉並区西荻北3-2-11ハイツそれいゆビル1F
電話03-3394-3238 火曜定休