正しいのはどれ? インドの地名

INDIANmaps
 インドの地名をカタカナやローマ字で発音どおりに表記するのは難しい。
 たとえば、U.P.州「アーグラー」は、通常「AGRA」と表記されるため、短母音と長母音の区別がつかなくなる。本来は短母音の部分が、日本語で表記される際に長母音となって、ラージャスターン州「ジャイプル」「ウダイプル」の最後の二文字が「〜プール」と書かれるのこともしばしばある。デリー近郊「グルガオン」の「ル」のように、英語にも日本語にもない音が含まれることもある。
 英語とヒンディー語との表記が違う街もある。たとえば、アラーハーバードがイラーハーバードで、バローダがヴァドーダーラーといった具合だ。相手にまったく通じなくて困ることはまずないが、地名にこめられた意味もある。本来の綴りも知りたいところだ。
 ヒンディー語を表記するデーヴァナーガリー文字で書かれたインド全国や各州の地図は、書店やバーザールの露店で入手することができる。
 私がいま欲しくてたまらないのは各大都市のヒンディー語地図帳。一枚ものではなく、町名まで入った詳細な市街アトラスともなるとまず見当たらないのが現状だ。
 デーヴァナーガリー文字によって書かれた世界地図では、SHANGHAI(上海)は「シャンガーイ」。TOKYO(東京)の「ト」が反舌音となり、歯にモノが詰まったような音になる。
 インド国内の地名だって、ヒンディー語圏外の町ともなれば、デーヴァナーガリー表記で正しい発音を表せているのか怪しいもの。東北辺境州のように、民族的にも言語的にも「インド」とのつながりが薄い地域ともなればなおさらのこと。
 こうした地図はその言葉を話す人たちの発音がわかって面白いのだが、一般の書籍同様、地図もグレードの高いものはまずローマ字で書かれている。地元の言葉、とりわけ最大の話者人口を持つヒンディー語によるものでさえも質やバリエーションの乏しさは否めない。これは、まさにこの国の複雑な言語事情を象徴しているようだ。

冬到来!

Photo by tamon yahagi
 また今年も寒い冬がやってきた。夏はかなり高温になる北インド平原部も12月下旬から1月にかけては相当冷え込む。
 この時期には、しばしば濃い霧が出て、人びとの行き来にも支障をきたす。空の便は乱れ、欠航が相次ぐ。走行するクルマがよく見えなくなる路上では、事故が起きやすくなる。この国の40才以下の人びとの最大の死因は交通事故だというから、往来にはなおさらのこと注意したいものだ。
 レールの上を走る鉄道も徐行して進むことになる。駅に行けば、「××エクスプレスは、××時間の遅れで到着する見込みです」という構内アナウンスが流れている。なかには予定よりも十数時間遅れる列車もあり、こうなると同じ方面に向かう別の列車をつかまえるか、駅近くにでも宿をとってフテ寝でもしているしかないだろう。
 列車予約の際にも慎重になってしまう。時刻表を開いて、起点駅があまり遠くないもの選ぶようになる。自分が乗車する駅までの距離が長くなるほど、途中の遅れが蓄積しがちだからだ。霧の影響のない南方面から来るものであっても、他の走行列車との兼ね合いがあるので油断できない。もちろん理想は乗車駅が始発であるものだ。
 同じ目的地に向かう列車でも、路線によっては多少迂回していくものがある。目的地まで最短距離で走るものを選び、運行の優先度が高い急行を利用したい。もちろん最上位にあるのはラージダーニーやシャターブディーといった特別急行だが、一般の急行列車の似たようなルートでも停車駅数やかかる時間がかなり違う。一種の序列があるようだ。
 霧の中、たそがれどきに次第に霞んでいく家並みをバルコニーからボーッと眺めたり、のんびりした休日の朝に温かいチャーイでもすすりながら、雲の中にいるかのような窓の外のフンワリした景色を楽しむのも悪くないのだが。

KLのインド空間

MASJID INDIA.jpg
 クアラルンプル市内のインド人街といえば、ムルデカ・スクエアやマスジッド・ジャメの北東側にあるマスジッド・インディア通りを中心とする界隈のことを言う。
 オーディオ関係の店では、当然のごとくインド音楽や映画ソフトを扱い、タバコや雑誌を売るキオスクでは「INDIA TODAY」「OUTLOOK」「FILMFARE」といったインドの雑誌が並んでいるのが嬉しい。さすがにA.R. RAHMANが郊外のシャー・アラムでライヴを行うだけのことはある。
 華やかなサーリーやパンジャービーの生地を売る店が目を引く。両替屋に行けば、ルピー札を換金するお客がいるところを見ると、やはり本国との間で人々の出入りも盛んなのだろう。
 もちろんインド人ばかりではなく多数のマレー人や中華系の人々の商店等もまた多く混在しているのだが、やはり他の地域に比べるとインド人密度が格段に高い。食べ物、人々の体臭、神々にささげる花輪の香りなどが入り混じり、この界隈にはまぎれもなく濃密な「インド」が匂っている。

続きを読む KLのインド空間

聖地BATU CAVES

聖地BATUCAVE
 マレーシア在住のインド系ヒンドゥー教徒の聖地、BATU CAVESを訪れてみた。市内中心部から北の方角にクルマでおよそ30分走ると見えてくる断崖絶壁。その中に聖なる洞窟があり、いくつかの祠とお寺がある。
 車道に面した大きな門をくぐり、見えてくるのは崖の中腹にポッカリ開いた大きな穴と、奥へ続く長い階段。有名どころの割には、金属探知機どころか制服のガードマンさえいない。こんなところはインド本国ではまず見当たらない。ちょっと哀しくなる。
 ところどころに参拝者たちに対する注意書きの看板があるが、タミル語に加え、マレー語と中国語でも書かれているのはいかにもマレーシアらしいところだ。足が半分しかのらないような狭いステップを上がっていくと、体中から汗が吹き出てくる。最上段まで上りきって後ろを振り返ってみると、クアラルンプル市内が広く見渡せる。いい眺めだ。
 巨大な洞窟からは、無数の鍾乳石が垂れ下がっている。天井の最も高い部分は40メートルほどあるだろうか。ところどころ穴が開いており、差しこむいく筋もの光が幽玄さを感じさせる。まさに「神的空間」である。それとは裏腹に入口のところから奥のほうにかけて点在する極彩色に塗られた像や祠は、まさに神々を象徴するものでありながらも、やけに世俗的に見えてしまう。
 タイプーサムの大祭のときには、信者たちでごった返すというが、私が訪れたときはまったくガラガラであった。近隣在住と思われる人がときおりブラブラ入ってくるのを除けば、私ひとりでこの聖域を貸切にしていたようなものであった。
 暗い中で目を凝らしてみると、灰皿があり、吸殻がいくつも残されている。どうやらここで一服つけても構わないようだ。聖地にしてはずいぶん緊張感に欠ける。ちょうどこのとき洞窟内の建物の改修工事が行われていた。これは工事夫たちが残したものだと思うことにする。
 このバトゥー・ケイヴス。階段上り口の手前には礼拝堂、信者たちのための集会ホールなど色々そろっており、宗教施設としてはかなり規模が大きい。
 移民先で信仰の対象となる聖地を見出すということは、まさに「滞在」から「定住」へと進む中で重要なプロセスのひとつなのではないか。インドから人びとが移民した先にこうした「聖地」がはたしてどのくらいあるのか知らないが、いつか機会があればこれらの「発見」と「発展」の過程を追ってみたいと思う。
BATUCAVE2.jpg

インドなクアラルンプル

 近々マレーシアを訪れることになっている。首都のクアラルンプルのみ数日間の滞在だが、ちょっと楽しみにしていることがいくつかある。
 まずはインド料理だ。当地居住のインド系人口のほとんどがタミル人なので、当然のごとく南インド料理と香り高いコーヒーの世界なのだ。つまみ食いがてらインド人街をのんびり流してみたい。
 次に映画を観たい。市内あちこちでインド映画が上映されているが、時間があまりないのでどれが良い作品か事前のリサーチが重要となる。
 店先でどういった作品のDVDやVCDが売られているかチェックして歩くのも面白い。ここのバザールは、インド本国よりもかえって品揃えがいいのではないかと思えるほど。ヒンディー語のボリウッド映画にしてもタミル映画にしても、クラシックな名作から封切直後の最新作までズラリと揃っているのにはいつも驚かされる。
 もっとも海賊版の氾濫も相当なもので、ここからまた第三国へと流出しているとも聞く。インド政府から再三「キビシク取締りを!」と要請されているのも「なるほど」とうなずけるわけだ。
 シネマホールで上映される作品同様、どれもたいていマレー語字幕が入っており、人種を問わずこの国の人々が楽しめるようになっている。この国でもインドの銀幕スターは若者たちの憧れだ。2400万あまりの人口の8パーセント近くを占めるという大きな規模のインド系人口あってのことではあるが、娯楽の分野にインド映画が確固たる地位を築いているのは羨ましい。
 市内をひたすら歩いてみるのもまた楽しい。数え切れないほどのインドなスポットが待ち構えているからだ。その名もうれしい「マスジッド・インディア」というモスク、ターバンを巻いたスィク教徒たちが出入りするグルドワーラー、そして大小さまざまのヒンドゥー寺院もある。クアラルンプル郊外にちょっと足を伸ばせば、マレーシアに住むヒンドゥー教徒の聖地、バトゥー・ケイヴスを訪れることもできる。洞窟の中に寺院があり、大祭タイプーサムの際にはすごい人出になるそうだ。
 今は「これは楽しみだ、ムフフ・・・」とあれこれ夢想しているものの、実はどこへも行けそうにない。不本意ではあるが今回仕事で訪れるため大忙しなのである。トホホ・・・。