ハザーリーバーグの食事処

ハザーリーバーグの食事にはまったく期待していなかった。宿泊施設はとても快適なところが当たり、こういうホテルならば旨いものを出すレストランは併設していても、ここは田舎町なので外にはダーバーしかないだろうとタカをくくっていた。

ホテルの隣にある「ムグライ・ミルチ」というレストラン

 

「時間がないので、すぐに出てきて食べられるものを」と注文したライスとダルフライ。これだけで大変美味しかったので料理の腕・質ともに高いことがわかった。
夜も再訪した「ムグライ・ミルチ」

ところがどうして、ホテルから徒歩圏内にいくつもちょっとアップマーケットで美味しいものを提供するレストランが複数あるのだ。嬉しい誤算だ。

「NEW FRONTIER BAKERY」の上にある「Frontier’s Cafe」も良かった。
田舎町にはそぐわない感じの洒落た店内
チキンロールがオススメとのこと。
宿泊費に込みのホテルの朝食。シンプルだがとても良質であった。

また美味しいケーキを作って販売している店もあり、食後の散歩がてらデザートを買いに出るのも良い。店番をしている女性もフレンドリーで世間話をするのが楽しい。

ケーキの製造・販売をしている店。開いているときに撮影しておけば良かった・・・。

田舎町なのに、食事情もなかなか好ましいハザーリーバーグである。

 

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ハザーリーバーグの快適なホテル

ジャールカンド州のラーンチーからバスで3時間ほどでハザーリーバーグに到着。

サイクルリクシャーで、ガーンディー・マイダーンの端にあるHotel A. K. Internationalに向かう。1泊あたり3332Rs。(税込・朝食付)と高いだけあって、とてもキレイだ。

Hotel A.K. International
ロビー
エレベーターもこんな感じ

とにかく新しくてピカピカ、設備もモダンだ。手入れは行き届いていてスタッフのサービスも良い。普段の私の居住空間でも仕事空間でも、こんなに清潔で快適な場所はない(決して大げさではない)ため、滞在していて快適の極みである。

客室内

ときにこういう贅沢をしてみるのも良い。こんな田舎町に、こういう良いホテルがあるというのは幸運なことだし、田舎であるがゆえにこのクオリティながらもずいぶん割安になっているともいえる。いまどきインドの都会であれば宿泊費はかなり上がっているため、このくらいの料金でラグジュアリーな体験をというのは、無理な相談であるからして。

ここは大当たりなホテルである。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

ラーンチーを出発

8時過ぎに宿をチェックアウト。バススタンドは歩いてすぐのところにあった。

チケットをカウンターで買って乗り込むと、ほどなくバスは出発した。ラーンチー市街地を出るまでがかなり渋滞のためなかなか進まなかった。オンボロなバスではあるが、ちゃんとクッションは効いているのが昔の直角シートとは違うところだ。

バス車内では、映画「HUM SAATH SAATH HAIN」を大音響で上映中。1990年代末にリリースの作品。今ではほとんど見かけなくなった、ダンスシーン満載で、家族愛を取り上げた啓蒙的な作品。インドの親御さんたちが「ハリウッド映画と違って国産映画ならば子供たちと一緒に安心して観ていられる」と言っていた時期の最後にあたる。

 

サルマーン・カーン、サイーフ・アリー・カーン、タッブーなど、今も人気の高い出演者たちが出ているが、今こうしてみると、みんなずいぶん若くてキラキラしている。母親役で出ているリーマー・ラグーも素敵だ。映画公開当時の私には、ただのおばさんに見えたが、こちらも年齢を重ねるとミドルエイジの美しい女性に見える。立ち位置が変わると見えるものが違ってくるものだ。

リーマーは、駆け出しの頃は、ヒロイン役を演じる女優さんだったが、かなり若い頃から母親の役回りが多かった。当初はほぼ同年代の男性出演者の母親を演じることも少なくなかったが、年月の経過とともに自然とそれらしくなり、ずいぶん長いこと「母親と言えばリーマー」の時代となり、ヒンディー語映画の母親役のイメージを占め続けた。そんな時代も3年前に終わってしまったのだが。リーマーが心臓疾患でこの世を去ってしまったからだ。享年58歳であった。

映画は時代を写す鏡。20年前のインドが画面上で展開するこの日のバス車内であった。

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

「ヒルステーション」としてのラーンチー⑤

乗り合いオートで出発!

昔のインドの博物館、とりわけ地方のそれといえば、失礼ながらホコリまみれのゴミ箱みたいであった。展示はいい加減でメンテナンスもされておらず、ホコリやゴミが溜まるいっぼうであった。

だが近年は大きく進歩している博物館が多い。ラーンチーの州立博物館もそうだ。展示物は多くはないものの、とりわけ少数民族に関する展示は良かった。村での暮らしがなんとなくイメージできるジオラマがしつらえてあるのだが、よく30幾つの少数民族が住むと言われるジャールカンドの田舎の様子をうまく再現してある。

rpt

州立博物館の上階には絵のギャラリーもあった。こちらはあまり面白くなかったが、ひとつだけ煌めきを放つ作品があり、寄って見てみると製作者名は「Parvati Devi (Hazaribag)」とあるではないか!そう、あの民俗画の村の鬼才パルヴァティ・デーヴィーの作品である。

パルヴァティ・デーヴィーの作品

やはりこういうところに置いても、彼女の作品はまったく別格なのだ。田舎の村で自宅の壁を飾るだけで終わってしまっては、あまりに惜しすぎる。世界で広く認知されるべき才能だと私は思う。

その後、再び移動してトライバル博物館へ。先ほどの州立博物館における少数民族の紹介展示と傘鳴る部分はあるのだが、ここではその少数民族のみに焦点を絞った展示。内容も良くて楽しめたのだが、どうしても許せない展示物が複数あった。

トライバル博物館

rpt

その許せない部分とは、せっかく良いものを置いているにもかかわらず、ショーケース内の電気が点いていないので見えないことだ。点灯させ忘れか、電球が切れているのか知らないが、点灯しておらず見えない展示がひとつやふたつではなく、たいへん多いのだ。何たる怠慢・・・。

このように照明がなされていないものも少なくなかった。

しかし今の時代の私たちには力強い味方というか、頼もしいツールがある。スマホカメラをショーケース内の漆黒の病みの中に向けて、夜景モードにして覗いてみると肉眼では見えなかった展示をスマホ画面上で観察することができるのは幸いである。

消灯していてもスマホの「暗視能力」でこのとおり。
消灯していてもスマホの「暗視能力」でこのとおり。

〈完〉

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。

「ヒルステーション」としてのラーンチー③

英領期の名残を求めて次に訪問したのはゴスナー福音ルター派教会(Gossener Evangelical Lutheran Church)。「ゴスナー」という部分から想像できるとおり、ドイツから渡ってきた宣教師たちによる福音派の教会だ。植民地時代のインドでは、英国国教会だけでなく、実にいろいろな国からの教会が活動していた。

中を見学してみるつもりだったが、ちょうど結婚式が進行中であった。しかも外で何組も待っているため、それぞれの式が順番に執り行われた後、それぞれの披露宴の会場へと向かうのだろう。敷地内は賑々しく、楽しげなムードに満ちていた。末永く幸せに!!!

ラーンチーには、「War Cemetery」として知られる連合軍墓地もある。ここを訪問すると言ったら、地元の複数の人たちから「あのあたりはミヤーンローグ(ムスリムの兄ちゃんたち)が多いからバチケーレへナー(気をつけて)」と言われた。このあたりは確かにムスリム地区だ。ガラの悪いのが多いのかどうかは知らないが、ときどき問題が起きたりしているのかもしれない。

兵士たちの墓碑を見て回ってみると、ずいぶん若くして亡くなった人たちが多い。18歳、19歳、25歳、21歳、23歳・・・。中には40代の者の墓碑もあるが、言うまでもなく最前線で戦うのは階級の低い若者たちなので、当然そういうこととなる。英国系の名前が多いが、英国人、豪州人、ニュージーランド人などが含まれる。墓標の多くには十字架が刻まれているが、少なからずダビデの星のものもある。ユダヤ教徒の兵士たちだ。また当時のアフリカの英領地域から出征した人たちのものもある。

 

私たちの祖父の世代の人たちが、この墓碑の下に眠る人たちと死闘を繰り広げた。世話人によると、埋葬されているのはビルマ語戦線及び日軍によるインパール侵略の防衛にあたった兵士たちであるとのこと。日本ではインパール作戦は全く無謀な、最初から勝ち目のなかった作戦であったと言われているがそうではなかったという話が防衛する側にはある。

守備側にとっては、インド東部全体が日本軍の手に落ちるかもしれないと、大変な危機感を持ってインド各地からはもちろん、東南アジアやアフリカなどの英領地域から兵員をかき集めて、これまた必死に防衛に努めるという、英国側にとっても「負けることの許さるない厳しい戦い」であったのだ。

個人的には相互に傷つけ合う理由さえない若者たちが上官の命令により、国のためという建前のために大切な命を落としてしまったのだ。戦の大義はどうあれ、戦争で命を落すことは「究極の無駄」だ。個人の命の重さは国家の大義にはるかに勝る。何が起きても「国のために死ぬ」などということは決してあってはならない。

以前、ナガランドのコヒマにある連合軍墓地を訪問したことがある。記念碑に刻まれていた言葉が胸を打たれた。兵士自身が残した言葉かどうかはわからないが、若くして亡くなった兵士たちの無念さが伝わる一文だ。

WHEN YOU GO HOME

TELL THEM OF US AND SAY

FOR YOUR TOMORROW

WE GAVE OUR TODAY

命を投げ出すこととなった彼らへの供養があるとすれば、戦争のない未来が永劫に続くことしかあり得ない。

連合軍墓地のすぐ近くには、英領期から続くクリスチャンの墓地もあり、広大な緑の芝生の敷地の中に白い十字架や墓標が散在していた。残念ながらここの場所に気が付いたときには夕方になっており、ゲートも閉鎖されていたため見学することはできなかった。

こらちは英領期から続く現地在住クリスチヤンたちの墓地

〈続く〉

内容は新型コロナ感染症が流行する前のものです。