Category Archives: society

チュールー 3

かなり規模の大きな街であること、そもそもシェカワティー地域からビカネール地域に入ろうかという境目でもあるため、ここは特に期待はしていなかった。よくシェカワティーについて紹介される際にも、チュールーが抜け落ちていることは多 … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

チュールー 2

Malji Ka Kamraという宿がある。この街の中ではかなりアップマーケットな宿泊施設だ。20世紀に入ってから建てられたため洋風建築ではあるが、かなり変わった形状の建物であること、商人の館ではなくビカネール藩の迎賓館 … Continue reading

Posted in column, food & drink, heritage, life, security, society, travel | Leave a comment

チュールー 1

アルスィーサルからバスでチュールーの街に着いた。人口20万人強なので、シェカワティー地方においてはスィーカル(人口23万人強)に次ぐ最大級の街ということになる。 このあたりは、シェカワティー地方の西端として認識されており … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

アルスィーサル5

シェカワティー地方特有のカラフルかつ豪奢な館は、マールワーリーのバニヤーのカーストの人たちが陸上交易時代に力をつけ、さらには鉄道の時代になるとカルカッタやボンベイに進出し、稼いだお金をせっせと故郷に送金したことによるもの … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment

アルスィーサル4

高い基壇の上にふたつ、あるいはよっつのミーナールを立てた井戸は、シェカワティー地方特有のものだが、なぜこうした構えになるかといえば、キャラバンを組んでやってきた人たちにも、井戸の存在が一目瞭然であること、そこに集落や町が … Continue reading

Posted in column, heritage, life, society, travel | Leave a comment