ラマダーンはじまる

jamamasjid.jpg
先週末(10月15日、ところによっては16日から)からイスラム世界はラマダーン入り。インドでムスリムはマイノリティとはいえ、世界最大級のイスラム人口を抱えていることも事実。ラマダーン明けのイードのお祭りも楽しみ!
東京時間のラマダーン時刻表(イスラミックセンタージャパン)

続きを読む ラマダーンはじまる

女性オート・ドライバーは今

昨年夏に取り上げたデリー初にして唯一の女性オート・リクシャーのドライバー、スニーター・チョードリーさん。現在も元気に日々運転を続けているそうだ。昨年12月に行なわれたデリーの州議会議員選挙に立候補もしたということだ。(残念ながら結果は落選)
インドの男社会の中で一人頑張っているだけあり、実にバイタリティに満ちた人なのだろう。デリーでたまたま呼び止めたオートの運転手が彼女だったら、ぜひ話をうかがいたいものである。 

続きを読む 女性オート・ドライバーは今

NEC インドでIT研修

 NECの新入社員たちがインドへ。ただし、のんびり夏休み…というわけではなく、研修が目的。ソフト開発部門に配属された人が対象で期間は1カ月とのこと。IT技術者たちの供給元としてだけではなく、日本人社員教育の場としての価値も認められつつあるということだろうか。言うまでもなく、同社は日本を代表する企業のひとつでもあることから、こうした動きが他社にも広まっていくことも考えられるだろう。

続きを読む NEC インドでIT研修

女性だけの市場

マニプル州インパールに女性限定で3000人もの売り手が集まるマーケットがある。ところが200年以上もの伝統あるこの市場を取り壊し、商業ビルを建てようという地元政府の計画が浮上。それ以来、夜間の不在時に職場が撤去されないよう、彼女たちは自らの「店」のかたわらで眠る…いわば”座り込み”の日々が一年近くも続いている。
政府の言い分はマーケットの混雑と衛生状態を改善したいとのことだが、ここで働く女性たちにしてみれば、いままでの自分たちの商売を守るということに加え、当事者に何の相談もなく話が進んでいることに対する不信感、新しい施設には男性業者も入り、女性の職場が奪われるのではないかという危惧もあるという。
モンゴロイド系少数民族が住むミャンマー国境近くのマニプル州とは、東南アジア世界みたいなのだろうか?機会があればいつか訪れてみたい。

続きを読む 女性だけの市場

エアインディア 格安市場に参入

ガルフトラベラーサウスウェスト航空など、コスト削減を徹底し、低価格運賃を提供する新しい航空会社が各地で注目を集める中、エアインディアも2005年から子会社(社名未定)を設立。湾岸諸国と東南アジア方面への格安フライト運行開始を発表した。従来より25%ほど安くなる見込みだ。
デリーとムンバイから出発するということで、国際線との乗り継ぎも良いことだろう。これで「ガルフの国へインド経由でお安く」という時代がやってくるのか。ちかごろ石油だけではなく観光にも力を入れつつあるこの地域。これを契機にアラビア観光ブームが日本にも訪れるのではないか、と予感。

続きを読む エアインディア 格安市場に参入