落陽の国民会議派

国民会議派の退潮ぶりを象徴するようなニュース。アラーハーバード(現プラヤーグラージ)のジャワーハル・スクエアにある「インド独立運動の聖地」のひとつ、国民会議派のアラーハーバード事務所だが、家賃滞納で立ち退きを迫られている。

インドの初代首相ネルーの実家「アーナンド・バワン」を訪れたことのある人はとても多いかと思うが、この事務所はその妻であったカムラー氏が地域の代表を務めたときに拠点としていた歴史的な場所だ。

もちろん今は国民会議派の活動の本拠地、ひいてはUP州の国民会議派本部はラクナウなので、ただの地方のローカルな党事務所のひとつにしか過ぎないため、ネルー家がアラーハーバードに暮らしていたときのような重要度はないとはいえ、「ジャワーハル・スクエアのコングレス事務所」と言えば、誰もが「ああ、ネルー家のお膝元の」と思い出す象徴的な場所。ゆえにこれが危機となればニュースになる。これまでも関係者たちは幾度も資金調達に努めてきたようだが、いよいよ危なくなっている。

同様に現代のネルー家、つまりガーンディー家であり、国民会議派の実質的な本丸であるデリーの「10 Janpath」(総裁ソーニアー氏の居宅の所在地)の主も経済的な不正疑惑の渦中にあり、専門調査機関からの聴取などを受けるなど、こちらもグラついている感じだ。

まだいくつかの州では地元ボス政治家たちの底力により国民会議派が政権を維持している州、与党BJPと拮抗する力を持つ州もあるが、MP州で「21礼砲級の旧藩王国当主」のジョーティラーディティャ・スィンディヤーがBJPへ手下とともに移ったように、もしかするとラージャスターン州でも同様の事件が起きるかもしれない。

先の州議会選挙戦後に大ボスのアショーク・ゲヘロートと最後までチーフミニスターの座を巡って争った、頭脳明晰かつ人望も非常に厚い若手のホープ、サチン・パイロットの動向が懸念される。あのときのふたりの抗争は「10 Janpath」にまで持ち込まれて、ガーンディー家3巨頭(ソーニアー氏、息子のラーフル氏、娘のプリヤンカー氏)による大岡裁きに委ねることにまでなったことは記憶に新しい。

国民会議派は、このまま地平線の彼方へと沈んでいってしまうのだろうか。

Congress struggles to clear party office dues by July 15(THE TIMES OF INDIA)

No Football, No Life

第二次ターリバーン政権樹立後、2010年にスタートしたアフガニスタンのフットボールのトップリーグ「アフガン・プレミア・リーグ」はどうなったのかと思っていたが、やはり同政権誕生以降は実施されていないらしい。そこでプレーしていた選手たちはインドやキルギスなどのクラブに移って活動しているとのこと。

この「プレミア・リーグ」では、選手たちへの報酬は出来高の日払いという、ちょっとビックリなもので、観客席はちょうど競馬場のような感じだったらしい。大半は賭けが目的で来ていたらしい。そんな具合なので、おそらくだが、「マッチ・フィックシング」も横行していたものと想像される。

まぁ、それでもスポーツに人々が熱狂できるのは平和と安定あってこそのもの。ターリバーン政権下で経済的には大変でも、とりあえずの平和と安定はあるのかもしれないが、音楽などともにスポーツのような娯楽を認めないため、世界的なスポーツなのに、その国のトップリーグが消滅(ということはその下のリーグもだろう)という事態。「あれ?でも今でもアフガニスタン代表って活動しているよね?」と思われるかもしれないが、みんな国外在住選手たちとのこと。

No Football, No Life。ここには人生なんてものは、もうないのだなぁと感じる。

‘No domestic league, no women’s football, Afghanistan’s future is uncertain’, says men’s coach Anoush Dastgir (Firstpost)

インドの新大統領に関する日本の報道

日本におけるインド関係の報道は、いつもながら底がとても浅い。

先住民出身の女性として初の大統領が誕生したことについて、先住民の有権者たちに対するアピール、お飾りであるかのように示唆しているように感じられるが、彼女はBJPの活動家として先住民地域に浸透して、先住民の人々をオルグして巻き込んで、ナクサライト(マオイスト)のような極左武闘派ではなく、社会参画を通して、マイノリティーがメインストリームに合流していく道筋を体現してきた人物。

もちろんこういう人たちは、BJPの対立陣営である国民会議派にも多くいるし、その他左派政党等にもこうした人たちはいるのだが、右派、中道、左派いろんな方面からのこうした努力があったがゆえに、近年はナクサライト勢力はジリ貧となり、そうした勢力の牙城だった先住民地区も多くは概ね政府のコントロール下に戻り平和が訪れている。そんな背景から、先住民少数民族地域の平和と安定を象徴するような人物であると言えるのだが、なぜこんなずさんな報道をするのかと、とても残念な気がしてならない。

国民による直接選挙でなく、国会議員、州議会議員、連邦直轄地の議員等による間接選挙による選出で、中央政府の政権与党のBJP率いるNDA(という政治アライアンス)が推す候補が、落陽の国民会議派とその取り巻き政党の推す候補に対して優勢なのは当然かもしれないが、対立候補に対して、比較しようもないほど「小者感」があり、候補に指名されるまでその名さえも知らない人が多かった元ジャールカンド州知事が、インド人ならその名を知らぬ者はなく人気も高かった超大物、元財務大臣等の閣僚歴任したヤシュワント・スィンハーを大きくリードして勝利したということは、本来ならばとてもあり得ないことなのだ。

少数部族出身の女性、インド大統領に当選…ジャールカンド州前知事のムルム氏(読売新聞オンライン)

チェチェンのズィクル

インドの話題から外れて恐縮だが、チェチェンの動画から。

イスラームというプラットフォーム上で、地域により様々な伝統や民族性があるのが興味深い。

多様性のイスラーム世界。大勢の男性たちが渦を巻くようにして動いていくが、反対方向に渦を巻く動きもある。それぞれにどういう意味があるのかは知らないのだが。

チェチェンのスーフィーの人たち。こういう形でのパワフルな「ズィクル」もあるのかと感心した次第。

Chechen Sufis (Facebook)

United colors of BJP

INDIA TODAY 2022年7月18日号

こちらはインディア・トゥデイ英語版の最新号。英語のものが正本、ヒンディーやタミルのほうはそれの翻訳版というような位置づけなので、英語版に数日遅れて発行される。

よってもともとヒンディー語その他の地元言語で発行されるニュース雑誌と異なり、読者層としては微妙だ。新聞でもそうだが、内容や論調で英字版と地元言語版で異なる部分は少なくなく、ニュースで焦点を当てる部分も違ってくるからだ。

そんなこともあり、インディア・トゥデイもアウトルックも、英語版のほうが発行数は圧倒でに多く、ヒンディーその他のものはニューススタンドで見かけないことすらある。

それはそうと、この号の特集は「United colors of BJP」。サフラン(ヒンドゥーを象徴する色)右翼政党として知られており、17の州政府の与党で、中央政府でも安定的に政権運営をしているBJP。90年代半ば以降に一気に党勢を増して大政党に成長したが、近年の拡大だけを見ても、右から左まで、いろいろな政党から抜けて入った有力政治家たちが多く、この記事によると現在の党内は「サフラン色」ではなく、「虹色」であるとのことだ。

たしかにJD、RJD、BSPのような左翼政党から、そして国民会議派やそこから分かれたNCP、TMCから、シヴセーナーのような他の右翼から等々、もともと籍を置いていた政党を離れてBJP入りした人たちがとても多い。右翼政党を抜けた人を除けば、宗教色のない人たちが大半だ。とりわけ2年前に会議派からBJP入りしたジョーティラーディディヤ・スィンディヤー(旧グワリヤル藩王国の現在の当主)などはその典型だろう。

旧藩王国王族出身の政治家たちの中でも彼は別格。英領期に各地にいくつもあった藩王国の中で最高格の21礼砲待遇。グワリヤル以外にはJ&K、ハイデラーバード、マイソールしかない。華麗なイメージのある旧ジャイプル藩王国ですら17礼砲待遇だったので、まさに「王の中の王」という具合だ。

いわゆる「サング・パリワール」(僧伽家族、僧伽集団)は、宗教団体の世界ヒンドゥー協会(VHP)、右翼団体の民族奉仕団(RSS)、インド人民党(BJP)及びその他の傘下組織から成るが、BJPのコアメンバーはRSS出身者が多い。とりわけRSSの教宣組織にいた人たちが横滑りしてBJPに入って党組織活動家として勤務したり、選挙に出て代議士となることが多いようだ。モーディー首相もスタートはRSSのプラチャーラク(教宣師、煽動師)だ。

80年代末から90年代前半にかけて、BJPが拡大を始めたあたりは、かなり過激な右翼政党で、政治集会などでマイノリティーのコミュニティを名指しで暴力的な言葉で糾弾していたが、その後中央政府の与党の座に就いて政権運営をするようになると穏健化していった。今でもムスリムやクリスチャンを無視するような、排除するような動きを示すとともに、地名変更や歴史認識等でBJP以前のそれとは顕著な違いがあるとはいえ、基本的に協調的、融和的なものへとシフトしている。

今のBJPのお題目「サブカー・サート、サブカー・ヴィカース、サブカー・ヴィシワース、サブカー・プラヤース」(みんなとともに、みんなの発展、みんなの信頼、みんなの取り組み)そのものが今のBJPのありかたを示している。こうした姿勢の変化の背景には、先述の有力な「外様」議員たちの存在もあるらしい。かならずしもヒンドゥー史上主義に好意的とは限らない世俗主義の有力者たちが多く、オリジナルのBJPコアメンバーにとっても、外様たちの力もあって党勢を伸ばしていることもある。

こうした世俗の顔、所属党名に頼らず個人的な人気、あるいはカーストベースの支持(インドではこういうのは多い)で選挙に楽勝できる大御所が集まってきてくれることはBJPにとって大きな力となる。有権者にしてみても、以前はBJPに何がしかの抵抗感があったとしても、現在のように宗教色、右翼感のない有力者たちが出馬していると、票を投じやすい。もちろん外様たちにとっても古い会議派その他の殻を脱ぎ捨てて勢いのある大政党に所属することで、より選挙に強くなり、良いポストも与えられるため、両者Win-Winの関係と言えるだろう。

そんなわけで、「サフラン色政党の内部は虹色」と表現しているわけだが、今のところは見られないコアな右翼メンバーと外様の対立の可能性についても記事内で触れられており、なかなか示唆に富むものがある。

BJPという政党のこれまでの歩みとともに今後の姿についても注目していきたい。

United colors of BJP (INDIA TODAY)