TRAIN IMPOSSIBLE

インドの隣国バーングラーデーシュの首都ダーカー近郊のトンギにて、毎年1月あるいは2月に、3日間に渡って行われるビシュワ・イステマーは、ムスリムの人々が一堂に集まる催しとしては、サウジアラビアのメッカにおけるハッジに次ぐ規模の人々がやってくるという。

北インドのデオバンド学派の流れを汲むタブリーギー・ジャマアトの呼びかけにより、1946年に始まったものであるというから、まだ歴史は浅いものの、近年ではそこに集う人々の数は400万人とも500万人とも言われるようになっている。タブリーギー・ジャマアトの影響力の大きさを感じずにはいられない。

一国の首都に匹敵する規模の人数がその祝祭のために各地からはるばるやってくるということになるから大変だ。そんなわけで、交通機関も大変混み合うことになるようだが、その典型的(?)なラッシュぶりや祝祭の様子を伝える写真を掲載したウェブサイトへのリンクが、Facebookでシェアされていた。

こちらがその驚異的な混雑ぶりだ。機関車の形や客車の色合いさえもよくわからないほどで仰天してしまう。

願わくば、トンギに集うすべての善男善女たちに幸多からんことを。

ボリウッドの大スターたちとペーシャーワル

数々の有名な俳優、女優を輩出してきたカプール一族のルーツは、現在パーキスターンのペーシャーワルにあることは広く知られている。偶然にしてはあまりに偶然すぎることに、ペーシャーワルの街のキッサー・クワーニー地区の半径200mほどのエリアに、ディリープ・クマール、そしてシャー・ルク・カーンの父親の生家があったというから驚く。

Bollywood’s Shah Rukh Khan, Dilip Kumar and the Peshawar club (BBC NEWS ASIA)

もともと北西地域の商業・経済の中心地としてだけではなく、文化と芸術の核として栄えてきたペーシャーワルではあるが、やはりそういう土壌があってこそ、映画人の揺籃の地となったのではないだろうか。いまやイスラーム原理主義過激派が跋扈する街というネガティヴなイメージが定着してしまっているが、非常に保守的な地域にありながら、とりわけリベラルな気風で知られた土地であることを忘れてはならない。

上記リンク先記事にあるように、カプール一族の先祖や伝説的な俳優ディリープ・クマールはともかく、シャー・ルク・カーンは今をときめくボリウッドを代表する映画人だ。彼が10代の頃に幾度か父の故郷を訪れていたこと、いとこのヌール・ジャハーンと息子で同名のシャー・ルク・カーンに関する逸話等々、非常に興味深いものがある。

シャー・ルク・カーン自身も、やはり父方の親戚はすべて向こうに在住ということもあり、ペーシャーワルについては格別な思い入れがあるのではないかと思われる。それはともかく、言うまでもないがインド北部と現在のパーキスターンは、まさに血の繋がった身内であり、たとえ国が分かれても、その縁はどうにも否定できない。

マドゥバラー、アムジャド・カーン、ヴィノード・カンナー、そしてアニル・カプールの父親で映画プロデューサーとして活躍したスリンダル・カプールもまた、ペーシャーワルの出身であるとは、この記事を目にするまで知らなかった。

よく知られた映画スターでさえ、このようにペーシャーワルをルーツとする人たちが多いくらいだから、映画関係の技術職やその他周辺産業に関わる人々の中で、父祖が同地を故郷とする人は相当あるのではなかろうか、と私は想像している。

記事内にあるように、インドを代表する映画人たちのルーツでありながらも、シャー・ルク・カーンの父親の実家近くにある映画館が二度ほど爆弾テロに遭ったことに象徴されるように、これを非イスラーム的であるとして敵視する過激派の活動により、映画という文化の存在さえ危うくなっている状況について胸が痛む。

インドとパーキスターンというふたつの国に分かれて65年が経過しているが、その時間の経過とともに、その記憶と伝統は次第に風化していく。それがゆえに、私たちよりももっと前の世代のボリウッド映画ファンにとっては周知の事実であったことが、こうして改めてメディアで取り上げられると「そうだったのか!」とあちこちでツイートされ、Facebookでシェアされ、ブログ等で話題になる。

1947年、イギリスからの独立の際にインドと分離したパーキスターン。元々は同じインドという地域でありながら、別々の国家として成立した両国は、今後永遠に「ひとつ屋根の下」で暮らす日は来ないだろう。それでも、水よりも濃い血の繋がりを否定することは誰にもできはしない。

製造・販売実績64年! ヴィンテージ・バイク 「ロイヤル・エンフィールド」

製造・販売実績64年 !! Royal Enfield Bullet 350

ひょんなことから、ロイヤル・エンフィールドのバイクが日本でも販売されていることに気がついた。古典的なブリティッシュ・バイクのメーカーで、元々はイギリスのロイヤル・エンフィールド社が生産していた正真正銘の「ブリティッシュ・バイク」であったのだが、1970年にイギリス本国のロイヤル・エンフィールド社が倒産し、国外での生産拠点であったインドの法人は生き残ったため、現在でも生産が続けられている。

目下生産されているどのモデルもヴィンテージなスタイルが保たれているが、特筆すべきはBullet 350というモデルである。英国での生産は1948年開始(1960年に終了)で、インドにおいては、1955年から現在まで製造されているという超ロングセラーだ。インドにおいて55年間、イギリスでの製造開始時期から数えると64年間も造り続けられているのだから驚きだ。

現在、道路を走っているバイクの中で最も設計時期が古いクラシック・バイクだが、それでいて「新品で購入できる」という非常に希なモデルということになる。

インドでは、正直なところ、このバイクは若者たちの間で人気はほとんどない。彼にとって何ら珍しいものではなく、父親かそれより年上の世代の人々が乗っていた古臭い乗り物というイメージしかないのは仕方のないことだろう。

世界中から引き合いがあるロイヤル・エンフィールドだが、これを目当てに西欧等からインドにやってくる人々もある。「このバイクを乗り回すためにインドに来た。半年くらいツーリング楽しんでから売り払って帰るよ。」という人もいるし、ヒマラヤ地方でロイヤル・エンフィールドに乗ることをウリにするバイク・ツーリングのツアーに参加する人たちもある。中には、インドでこのバイクを購入して、一路西へと走り続ける人もいたりする。

「パキスタン、イランを経てトルコへ。そこからさらに陸路でチューリッヒまで帰ります」なんて言うスイスから来た男性に会ったことがある。もちろんバイクを購入するだけでなく、まとまった距離(ちょっと気が遠くなるほどだが・・・)を走破してみたかったのだろう。

このバイクが走行する様子を、Youtubeで閲覧していただきたい。クラシックな装いはもちろんのこと、単気筒エンジンのサウンドも素敵だ。まさに大人のバイク。

Enfiled Bullet 350 Review (Youtube)

ロイヤル・エンフィールドは、今年3月の東京モーターサイクルショーに出展しており、日本では年間販売300台を目指すというが、まだまだ超レアなバイクとして注目度満点だ。上記リンク先の記事内で、「インドで若者の間で人気が高く・・」というのは明らかに誤りで、「腹の出た年配者が乗るバイク」「オジサンの乗り物」と記述するのが正しいが、日本市場における営業面での配慮から、こうした表現になったのだろう。

伝統あるBullet 350は当然魅力的だが、個人的にはミリタリー風に仕立てられたClassic Military 500 EFIに大変惹かれる。まるで、映画「大脱走」でスティーヴ・マックイーンが駆っていたバイク(実はこのバイクもロイヤル・エンフィールド!)を再現したかのようである。

ロイヤル・エンフィールドを乗りまわす人たちによるロイヤルエンフィールド友の会Royal Enfield Owners Club of Japan、といったサークルもあり、かなりコアなファンや熱烈な愛好家たちの存在がうかがえる。

最後に、インド最北部のラダック地方の海抜3,000~4,000m級の高地をロイヤル・エンフィールドで駆け回る西欧人たちの映像をご覧いただきたい。

Ladakh Himalaya Ride by Royal Enfield, India.mpeg (Youtube)

古い時代のバイクなので、オフロードやコンディションの良くない場所での走行が快適とは思えないが、それでも臆することなく、ワイルドにガンガン乗りこなせてしまうのは、現在でも生産されているのでパーツの供給はふんだんにあること、そして何よりも他のヴィンテージ・バイク(とうの昔に生産が終了しているもの)と違い、車両価格が安い「実用車」ということもある。ロイヤル・エンフィールドの販売価格については、こちらをご参照いただきたい。(価格はインド・ルピー表示。1ルピー=約1.5円)

しかしながら、日本でのロイヤル・エンフィールドの販売価格は大きく異なることについてはご注意願いたい。

肉食は危ない ? !

「肉を食べると嘘つきになり、約束を守らない不正直者となり、窃盗や性犯罪を犯すことになる」などと言われたらビックリするだろう。

Meat makes you immoral, says textbook (THE HINDU)

India textbook says meat-eaters lie and commit sex crimes (BBC NEWS INDIA)

インドの小学校の保健の授業で使用されるテキストにそんな記述があるということで話題になっている。

どの教科書を採用するかについては、各学校の裁量によるものであるとのことなので、この内容の教科書がすべての小学校で使用されているわけではないようだが、この図書を発行しているS. CHAND社は国内最大級の教科書会社なので、その影響は決して小さくないだろう。

また「肉食=不道徳で犯罪につながる」という記述は、インド社会に馴染みのない国々では奇異なものに聞こえることから、こんな風に扱われたりすることは想像に難くない。

Textbook: Meat Eaters Steal, Fight, Commit Sex Crimes (TYT NETWORK)

確かに今でも保守的なヒンドゥーの年配者には、「酒を飲むようになると、タバコも吸うようになるし、肉を食べてみるようになる。すると女や賭博にも手を出すようになってしまう・・・」などという物言いをする人は少なくないので、厳格なヒンドゥーのモラル上においては、確かにその教科書に書かれているとされる内容は誤りではないということになるだろう。たとえそれが科学的には何の裏付けもないものであるとしても。

経済や社会のグローバル化とともに、伝統的なモラルや価値観が失われつつある今の時代に警鐘を鳴らしていると好意的に捉えることも可能かもしれないし、中央政界で与党への返り咲きを目論むサフラン勢力の差し金ということもあるかもしれない。

ただし、こうした記述で問題なのは、科学的な根拠の有無という点よりも、菜食を美徳と尊ぶ文化以外のコミュニティへの配慮がまったく無いことだろう。祝祭時に家畜を屠り、盛大に祝うムスリムその他の肉食文化の全面的な否定であり、多文化・多民族が共生するインドにおいて、コミュニティ間の不協和を増長するだけである。マジョリティの文化の唯我独尊的な美化と子供たちへの刷り込みは、どうもいただけない。

インドの豪華列車

インド国鉄の関連団体IRCTC(Indian Railway Catering
and Tourism Corporation)による豪華列車ツアーはいろいろあるが、本家本元といえば1982年にサービスを開始したPalace on Wheelsである。

豪華な設備の整った車両で、デリーから出発し、アーグラーに加えてラージャスターン州のいくつかの土地を巡る7泊8日の行程で、その模様はPalace on Wheelsのウェブサイト上にて動画で公開されている。

費用についてはこちらをご参照願いたい。提示されているのは一泊当たりの料金であることに注意が必要だ。

Palace on Wheelsは、アーグラー以外の訪問地はラージャスターン州内であるのに対して、行程もカージュラーホー、バナーラスといった他州の観光地も含まれることに加えて、設備もモダンなバージョンが、2009年に開始されたRoyal Rajasthan on Wheelsだ。

Palace on Wheelsの南版といえるのが、2004年に運行開始したDeccan Odyssey。ムンバイーを出発し、7泊8日でマハーラーシュトラ州内に加えてゴアを訪れる。東南部に目を移せば、2008年に開始されたThe Golden Chariotという豪華列車もある。こちらはThe Pride of Southと題したバンガロール出発でカルナータカ州内とゴアを訪れる行程と、Southern Splendorという、同じくバンガロール発だがタミルナードゥとケーララの両州を訪れるツアーがある。

こうした豪華列車によるツアーの売り上げがなかなか好調なのか、2010年からはMaharajas’ Expressというサービスも開始されている。他の豪華列車と異なるのは、お決まりの7泊8日の行程が、ムンバイー発でアジャンターからラージャスターン各地、そしてアーグラーを経てデリーが終点となるHeritage of India、デリー発ではアーグラー、ラージャスターン州の複数個所、M.P.州はU.P.州を経てデリーに戻るIndian Panorama、デリー発でラージャスターン州を経てムンバイーに至るIndian Splendor、3泊4日でデリー、アーグラーとラージャスターン州を訪れるTreasures of IndiaGems of Indiaがあるという力の入れようだ。

個人的には、こうした豪華列車にどの程度の関心があるかといえば、正直なところまったくないのだが、かねてより乗車してみたいと思っているものがひとつだけある。Fairy Queenというのがそれで、デリーからアルワールの区間のみ、いつか利用してみたい。

蛇足ながら、ツーリスト・トレインのパッケージは、必ずしもひとつの行程が数千ドルもする高額なものばかりというわけではなく、数千ルピー程度から参加できるものも用意されている。もちろんこれらは「豪華列車」ではないことは言うまでもないが。