Category Archives: environment

シュリーナガル郊外観光

ダル湖の南東には、いくつかのムガル朝が残した離宮や庭園が点在している。文字どおり、ムガル帝国が強大であった時代に、スリナガルに建築させたペルシャ式のシンメトリーを基調とする美しい庭園だ。 最初に訪れたのはパリー・メヘル( … Continue reading

Posted in column, environment, greater india, heritage, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

シュリーナガルの官営シルク工場

シュリーナガル周辺の緑と農産物豊かな盆地は、ジェラム河の賜物だ。しかし、2014年9月、まさにこのジェラム河の氾濫による発生した大規模な洪水は、大きなニュースになったので、記憶されている方は多いだろう。街中を歩いている分 … Continue reading

Posted in column, disaster, environment, greater india, heritage, life, nature, society, travel | コメントは受け付けていません。

電気式オートリクシャー

インドで、デリーをはじめとする大都市圏を中心に、環境への配慮により電気式のオートリクシャーが導入されて久しい。最初はピカピカで物珍しく見えた車両もすっかり煤けてきて、街の風景に馴染んでいる。 一度フル充電すると80km走 … Continue reading

Posted in column, environment, life, society, travel | コメントは受け付けていません。

スリナガル・レーを結ぶ道路は今季4月20日前後に開通予定

スリナガルとレーを結ぶ道路は、今シーズンは4月第1週にオープンする予定であったが、積雪とこれに起因する雪崩の発生により、4月20日前後に延期となったとのこと。 これもただ座して待つのではなく、この戦略上重要な地域の道路を … Continue reading

Posted in column, environment, greater india, politics, security, travel | コメントは受け付けていません。

ダッカの高架鉄道建設 東急建設が受注

かつてはサイクルリクシャーの洪水となっていたバングラデシュのダッカの往来。その頃はエンジンの付いた乗り物といえば、市内バス、トラック、シェア乗りが主体のオートリクシャーくらいのものであったのは今や昔。世界有数の渋滞で知ら … Continue reading

Posted in column, economy, environment, greater india, life, society | コメントは受け付けていません。