北グジャラートのハヴェリー

グジャラート州ケーダー地区のヴァソーという町のハヴェリー(屋敷)群がすごいらしい。こうした彫物はラージャスターン州だと石材だったりするが、グジャラートは地場産ではなく他地域からもたらされた木材というのも面白い。

グジャラート州といえばカッチやサウラーシュトラのような西部、南部の湾岸地域、そして内陸部の旧藩王国地域がカラフルな伝統とバラエティに富んでいて評判だが、世界遺産に指定されているアーメダバードは言わずもがなの北グジャラートも素晴らしい。この州だけで、ひとつの国に相当する見どころに溢れている。

Havelis of Vaso (Facebook)

ディーウ島

グジャラート州先端に接するUT(連邦直轄地)のディーウ島。ちょうどマレー半島に接するシンガポールみたいな形をしているが1961年まではポルトガル領。

昔訪れたときには、ディーウの小さな町にはポルトガル式のパン屋があり、コロニアル時代の建物がそのまま市街地を形成しており、店はずいぶん長い昼休みを取っているのも印象的だった。

町の真ん中は、ラテンアメリカの多くの街がそうであるように、セントロ、町のヘソというか、公園としての機能を持つ広場で、その周辺を役所その他の公の施設やカトリックの聖堂が囲んでいるという具合で、インドではなくコスタリカとかエクアドルとか、そんなあたりの海沿いの田舎町に来たような思いがした。

私が初めて訪問する少し前までは、同じくポルトガル領でともに歴史を重ねてきたゴアも合わせての連邦直轄地(1987年に旧ポ領の連邦直轄地から分離して州になった)であったためか、ディーウのセントロに面した港からゴア行きの定期船が出航していたらしい。

これら旧ポルトガル領がインドに併合されるにあたり、これらの地域にポルトガルインド市民籍を持って公務に就いていた人などは、他のポルトガル領への職を斡旋してもらえたと聞く。ゴアやダマンなどもそうであったように、ディーウからもモザンビークに移住した人たちはけっこういたのだとか。(ご存知のとおり、その後モザンビークでも独立運動が起きて大変な目に遭ったらしい。)

植民地時代の風情を残していたディーウだが、90年代半ばに再訪してみると、折しもインドの経済成長によるインドの人たちの観光ブームで、小さな町なかや周辺地域で大きな建設ラッシュが起きていることに驚いた。観光バブルで地価が上がり、町の人たちのかなりの部分は家や土地を売却して出ていき、外から投資家や観光関連業者、その下で働く労働者などが大挙して入ってきて、漁村、農村以外の人口は大きく入替っているというような話も耳にした。

こうして動画で今のディーウを見ていると、片側2車線の見事な道路があったり、建物もインドの他の地域と変わらない眺めが映し出されていたりする。今再訪してみたらポルトガルのポの字も残ってないのでは?という気もしてくる。

Diu City 4K Drive Tour – ASMR Ambience – Virtual Tour (Youtube)

BJPの神通力が及ぶ州、及ばない州

こちらはインドにおけるBJPとそれがリードする政治アライアンスのNDA、これと対立する国民会議派とそれがリードするアライアンスのUPA、そしてその他地域政党支配州を含めた勢力分布図。

Map of Ruling Parties in States of India (Maps of India)

ラージャスターンについては今は国民会議派政権だが、BJPと拮抗しており、次の州議会選でどう転ぶかわからない。しかしチャッティースガル、ジャールカンドといった先住民が多い地域は、今でも国民会議派及びUPAの地盤だ。そのいっぽうで先住民同様に、本来は国民会議派の地盤であった北東州でのBJP勢力の浸透ぶりは目覚ましい。

特徴的なのは、多民族国家のインドで、ひとつにまとまることが容易ではない先住民、少数民族地域での浸透にBJPが成功しているのとは裏腹に、地元民族主義的な志向が強い地域では、このBJPの浸透が容易ではないこと。西ベンガルしかり、オリッサしかり。そして南インドではカルナータカを除いて、テーランガーナー、AP、ケーララ、タミルナードゥの各州は、BJP、国民会議派の2大勢力にとって「圏外」だ。

リンク先の図では、タミルナードゥは「NDA (BJP below 50%)と記されているが、同州の与党AIADMKはNDAに属しているため、そのような記述になっているものの、234議席中、BJPはわずか4議席。同州においてBJPの存在も発言力も無いに等しい。こうした地域について、BJPは浸透を図っているものの、今後も苦戦を続けることだろう。

Why the BJP is focusing on the South to further the party’s footprint (INDIA TODAY)

こうした地域でもBJPによるラリー(政治集会)は開かれるのだが、インド中部以北と違って、演台に立つBJPの大物の弁士による演説には通訳が付き、ひとしきり喋ってから現地語による訳が聴衆に伝えられ、反応を見つつ弁士は後を続け、といった具合。ときに通訳がうまく伝えられなくて右往左往というシーンも、稀ながらあるようだ。会議派のラーフル・ガーンディーの演説でそんなシーンがあり、Youtubeで拡散されたこともあった。

そんな感じで距離感があるため、とりわけ南インドでは、現地の「反北インド」的な感情も少なくない中、BJPの浸透には、なかなか容易ではないものがある。

ビハール州で独自のジャーティ調査を実施へ

長年、国勢調査において国民のジャーティへの詳細な調査をと主張してきたニーティーシュ・クマール。彼がチーフミニスターを務めるビハール州で独自の調査が行われることになった。インドにおいてはセンシティブなテーマで、かつ政策実行において大切なものでもある。指定カースト、指定部族、その他後進諸階級(OBCs)の人々への留保制度という優遇があり、その他の上のカーストということになっている人たちが損をするという待遇が固定化されている。

この逆差別には是非いろいろあるが、私個人としては、インドで実施されている留保制度というものについてはまったく賛同できない。実際の経済状態ではなく、生まれたカースト等により留保が与えられる、あるいは与えられないという不条理なものであるからだ。

カーストは下であってもビジネスの世界、弁護士、医師などの専門職、政界で活躍している人は多い。そういう人たちの子女にまで留保枠を与えるのはおかしいだろう。同様にブラーフマン、ラージプートなどでも貧困にあえぐ人たちは多いし、富裕な商人層として知られるマールワーリーにだって、貧し過ぎて今日の糧にも事欠く人たちは大勢いる。けれども彼らには救いの手は差し伸べられない。そんな差別がある。留保はカーストという観念的な出自ではなく、現実の出自つまり実際の家計状況によるべきだ。

しかもその根拠となる、国民のそれぞれがどのジャーティに属していて、それぞれがどのくらいの人口規模を擁しているのか、どのような職業に従事して、世帯ごとにどういう家庭状況にあるのか、地域ごとの特徴なども含めて、きちんと把握されていないものであるからだ。

それでいて「政治の力」により、票田となる特定のカースト、とりわけ人口規模が大きく、ロビー能力の高い後進カーストがそうした優遇措置を勝ち取っていくとともに、留保対象外のカーストの若者たち、つまり上位カーストの人たちの将来の可能性を奪われていく。たとえ世帯の経済レベルは留保対象の者たちと同等か、それ以下であっても。

こんな状況であるため、やはりこれはきちんとした調査、分析、評価が実施されてしかるべきもの。後進州のビハール州が全国に先駆けてこれを実施することは注目に値する。この調査の中でムスリムのコミュニティーについてもかなり詳細に調べるらしい。今後の進展に期待したい。

これを実施したからといって、前述の逆差別が解消されるわけではないのだが、少なくともカーストやジャーティごとの実態がきちんと調査されるのは良いことだと思う。

Bihar is talking caste census but with Mandal memories — Hope, anxiety, fear (The Print)

インドラプラスタへの観測気球

インドでの地名改名について、日本では唐突に伝えられるため、時の政府が気まぐれで勝手に変えたと思う人は少なくないかもしれないが、実はそのかなり前から有識者や有力者の発言、市民団体からの発案などが報じられていることが多い。

そうした中でどのような反応が市民の間から出るのか、様子を観察しているフシが感じられる。もちろんメディアもそうしたことを続報として出すので、「あの街も名前変わるかもしれないんだな」と読者は気が付く。

以前、冗談半分で「BJPによる改名ラッシュの中でデリーがインドラプラスタになるかも?」と書いたことがあるが、実際にそういう動きはやはりあるようだ。リンク先で伝えられている事柄についても、やはり発言者独自の考えというよりも、右翼勢力による首都改名についての観測気球のようなものかもしれない。

BJP政権下での地名改名については、「地名の浄化(シュッディーカラン)」という特徴がある。外来勢力による支配等に因んだ名前を廃してヒンドゥー的なものに置き換えることによるそれだ。

「デリー」については、それ自体に問題があるわけではないのだが、それを英語で「デリー」と呼ぼうと、ヒンディーで「ディッリー」と呼ぼうと、ウルドゥー語で「デーヘリー」と呼ぼうとも、長い長い間、様々な外来勢力に蹂躙されてきた過去を持つ都市、地域の名称であることには変わりはない。

そこで神話「マハーバーラタ」に出てくる都「インドラプラスタ」に替えることで、そうしたネガティヴな記憶を帳消しにするシュッディーカラン、浄化をしようということなのだろう。さすがにインドの首都の名前が変わるようなことがあると、その他の土地の地名変更とは次元の異なる強烈なインパクトとなる。

Now, demand to rename Delhi as Indraprastha (NATIONAL HERALD)