ジョージ・オーウェル博物館

Burmese Days, 1984, Animal Firm等々の著作で知られる英国人作家、ジョージ・オーウェルの生家が博物館になったとのこと。
彼が植民地インド生まれで、生家は現在のビハール州にあったということは知っていたが、それがパトナからネパール国境に至る途中の田舎町モーティハリーであったことは知らなかった。
彼の父親が働いていたのはオピウム関係の政府機関というのが、いかにもその当時らしい。オピウムは主に中国(および東南アジア方面)へ輸出する商品作物であり、これをきっかけとしてアヘン戦争が勃発することとなった。

George Orwell’s birthplace in India set to become a museum (The Guardian)

This entry was posted in academic, column, heritage, reading, society, travel. Bookmark the permalink.

One Response to ジョージ・オーウェル博物館

  1. Pingback: モーティハーリーへ | Indo.to

Comments are closed.