KING JIMのポメラ

旅行の際、スマホにbluetooth接続してテキストを入力できるキーボードあるいはノートPCを持参している。前者だと荷物の軽量化に利があるが、取り回しはよくない。キーボードから「かな入力」できるIMEがあまりよくないので、変換のもたつきにイライラしたりすることは少なくない。ノートPC持参の場合は快適だし、撮影した画像データも宿に戻る夕方以降、どんどんバックアップできるので助かる。ただしPCはそれなりの重量があるし、盗難や紛失の際に厄介でもある。いずれも一長一短といったところだ。

そこで2008年に登場したKING JIMのポメラも候補で考えたことがあったが、初期のものはかなりチャチであったし、折りたたみ式キーボードというのもあまり好きではなかった。その後いくつかの後継機が出て、2016年に発売されたDM200というモデルが、モノとしては非常に気になっているのだが、購入には踏み切れなかった。「ワープロ専用機」が現在4万円弱という価格(ヨドバシカメラ等量販店)は、どうも手を出しにくい。キーボード付きのChromebookを購入できる金額であるからだ。ただし重量はポメラが580gに対して、こちらは1kg前後と倍にはなるが、ワープロとしての単機能のポメラに較べてはるかに使いではある。

しかしながら2008年にこうした形で発売されて、モデルチェンジのサイクルも長く、現行モデルであるDM200は、2016年に発売されているので、今年2022年で7年目に入るロングセラーである。そんなに沢山売れるものではないが、文章作成専用機として強く支持されているのだろう。唯一無二の機器であるため、価格崩れもなく現在に至っている。

タブレットを買い替える時期が来たら、Chromebookにするか、それともポメラを購入するかと思案中。

UP州議会選挙 ムスリム候補者はゼロのBJP

2月から3月にかけて、7つのフェイズで投票が実施されるインドのウッタルプラデーシュ州の州議会選挙の候補者リストが出た。BJPから出馬する候補者たちは総勢105名。候補者の名前からして、ブラーフマン、タークル、カトリーなど、上のカーストの人たちに加えて、ジャートやOBCs(その他後進諸階級)その他いろいろいるようだ。それでも同州で20%を占めるムスリムはひとりも含まれていない。

この州のチーフミニスター、ヨーギー・アーディティャナートはインタビューで「この州は8割の人々のもの」であると言い放つ。つまり「ムスリム以外の人たち」という意味だ。BJPのムスリム候補者ゼロは、今回のUP州議会選に限ったことではないが、典型的な「アイデンティティ・ポリティクス」がここにある。

BJP所属の国会議員で、わずかながらムスリムの代議士もおり、インド国会のラージャ・サバー(上院)議員のサイード・ザファル・イスラーム(BJP所属)はその好例だが、やはり一般に期待されるムスリム議員とは異なる役回りのようだ。

現在州与党のBJPだがゴーラクブルを本拠地とするチーフミニスター、ヨーギー・アーディティャナートは、他の選挙区から出ることになるかもしれないという観測があったが、結局同じところから出るようだ。彼はゴーラクプルにあるゴーラクナート寺院の高僧でもある。

UP Election 2022: Complete List of BJP Candidates (india.com)

スワーミー・プラサード・マウリャーのBJP脱退

今年2月から3月にかけて行われるUP州議会選挙を前にして、同州BJP重鎮、州政府の閣僚ポスト経験者のスワーミー・プラサード・マウリャがBJPを脱退して社会党に入る模様というニュース見て仰天。昨夕のAajtakでは本人へのインタビューも実施されていて興味深かった。
かつてはマヤワティの大衆社会党、そしてBJPへと鞍替えして今度は社会党。いつも「勝ち馬に乗る」人なので、もしかしたら今回は社会党政権復活か?という観測も一部で出ている。
マウリャは下層出身でヒンドゥーからの改宗仏教徒。いわゆるネオブディストだ。
BJPではこの社会層を代表する存在で、彼が抜けると同州の被抑圧層からの支持とアピールには弱いBJPにとっては大きな打撃である。

Will join Samajwadi Party on January 14, says Swami Prasad Maurya day after quitting UP Cabinet (THE ECONOMIC TIMES)

ミッショナリーズ・オヴ・チャリティー(神の愛の宣教者会)とBJP

世俗主義、マイノリティー擁護のトリナムール・コングレス政権の西ベンガル州から、ヒンドゥー保守派からの支持取り付けを企図する中央政権党BJPの試み。最終的にミッショナリーズ・オヴ・チャリティーが支援を受け取ることを認めたものの、おそらくBJPとしては、一定の効果を得た感触があったに違いない。目的はマザーテレサの団体の息の根を止めることではなく、「問題提起して大衆を啓蒙する」ことなので、知名度の高いこの団体を攻撃してみせることについて、よくよくプランを練ったうえでのアクションだったはず。このあたりの宣伝活動は、いつも彼らは巧みだ。

来月には北部の重要な州、UP州の州議会選挙もあることから、こうしたマイノリティーへの牽制や対立する陣営や勢力へのリードパンチは、手を替え品を替え続くのだろう。先日、UP州のチーフミニスターのヨーギー・アーディティヤナートの演説をAajtakのニュース番組で見たが、「州内の8割(ヒンドゥー、ジェイン、スィクなど)の人たちが支持してくれれば良い。残りの2割(ムスリム等のマイノリティー)はどうせあちら側(世俗主義政党や左翼政党など)に投票するのだから。ここは我ら8割のためのUP州だ」というようなことを平気で言い放っていた。典型的なアイデンティティ・ポリティクスである。

長らく世俗主義、融和的、左派支持であった西ベンガル州で、そういう層を掘り起こして、拡大して、大きなうねりを起こしてUP州のようにしたい、というのがBJPの狙いであり、同時にこれから選挙のシーズンに入るUP州でもマイノリティーへの警戒感を高めて、支持層の結束を図るという目的があるはずだ。

しかしながら中道左派、世俗主義の国民会議派に較べて、BJPは比較的クリーンであること、統治の効率性も経済や治安対策もよほどしっかりしており、少なくとも彼らの側に立つマジョリティの有権者にとっては、コミュナルな問題を内包しつつも、BJPこそが「間違いのないベターな選択肢」でもある。彼らに拮抗する世俗勢力が見当たらないのが、今のインド政界のトレンドであると言える。

マザー・テレサ団体に一転許可 外国からの支援受け取り―印 (JIJI.COM)

Coronavirus LIVE

現在「第3波」に見舞われているインド。以下のURLには同国におけるコロナ関係の記事が順次アップデートされているが、1月22日18:19(IST)時点では、直近の24時間で20万人近くの人々が感染したことが伝えられている。インドにおけるデルタ株による「第2波」では、1日で40万人を超える感染者数を記録していたインドだが、今回はこれを軽く超えることになるかもしれない勢いだ。

昨年末までは、国内でオミクロン株による感染は伝えられていたものの、同国のメディアは遠からず第3波が来るであろうことを警告しつつも、「現在までのところ大きな感染の波が起きる予兆はない」としていたのだが、年が明けると一気に拡大している。このあたりは日本のそれと似ているとも言える。デルタ株の3倍とも言われる強力な感染力と、感染してから概ね3日半くらいで発症するという潜伏期間の短さ、加えて感染者のうち3割程度の人たちは無症状のままで気付かないまま通常通りに仕事をしたり、生活したりしているため、知らずに感染を広めてしまうということも背景にあるようだ。

デルタの頃に較べて救いと言えるのは、重症化する割合が低いとされることで、まさにこれがゆえに、インドでもそうだが、日本でもこれほどの速度で爆発的に広がっている割には、社会にあまり緊張が感じられないのかもしれない。

欧州では、今後6~8週間ほどで、域内の人口の半数程度が感染する見込みとも伝えられている。ブースター接種の効果と併せて、膨大な人口が免疫を獲得することとなり、同時進行で治療薬も普及していくことから、まず米国やEUなどが新型コロナへの感染症指定をインフルエンザ同様のレベルに落とし、その周辺地域や日本その他の国々も追従することにより、それぞれの国・地域における新型コロナ対応策の緩和、国境を越えた活発な往来の再開へと繋がり、コロナ禍の収束へと向かうことだろう。

もちろん新型コロナウイルスが雲霧散消することはないので、「終息」ではなく「収束」で、ときおり地域的に流行が拡大したり、落ち着いたりを繰り返しながら、ちょうど季節性のインフルエンザがそうであるように、「いつものこと」として、今後の私たちは対峙していくことになるのだろうか。

Coronavirus LIVE: Data suggests reduced risk of hospitalisation for Omicron compared to Delta, says health ministry (INDIA TODAY)