ビカネール10 Bhanwar Niwas

さて、本日目指すのはコーターリーのコミュニティーから出た豪商たちのハヴェーリー。途中で道を尋ねた相手の初老の老人が、実はコーターリーの出で、この地域のハヴェーリーについて、かなり詳しい方であったのは幸いであった。機会があれば、屋敷の中を見学する機会があればいいのだが、あいにくそういう知己はこの地の商人コミュニティーにいない。

ゆるやかな坂をしばらく下りたところには、ラームプーリヤーのコミュニティーの商人のハヴェーリーのひとつが、Bhanwar Niwasというホテルになっている。ハヴェーリーの中を見学したいと思っていたので、しばらく拝見させてもらう。

ゴミゴミした旧市街にあるのだが、敷地に一歩踏み入れると全くの別世界となる。今も所有しているのはラームプーリヤーの人物であるとのこと。屋敷というよりも宮殿と表現したくなるような華やかさだ。私はここに宿泊してはいないが、一泊4,500Rsくらいからのようだ。

屋敷と呼ぶには壮麗過ぎる。

クラシカルなベッドと床のタイルが魅力的な客室

この部屋はお客がチェックアウトしたばかりでベッドメイキングはまだ。

浴室はこんな感じ

ダイニングルーム

こんなホテルが無数にあると言って差し支えないのが、ラージャスターンからグジャラートにかけての地域である。また地域ごとに独自の特徴やカラーに溢れているのも素晴らしい。

〈完〉

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.