アルスィーサル2

シェカワティーの食事でやや不便なところは、手頃な安飯屋がほとんどないところだ。町角のサモーサーのスタンドを除けば、デリーやジャイプルなどから訪れるインド人観光客向けのホテルに付設されたレストランとなり、アップマーケットで仰々しく、注文してから時間もかかるので面倒くさい。
地元の人たちの間で中間層がほとんどなく、外食文化が存在し得ない経済水準なので、仕方のないことではある。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.