マンダーワー

以前、じっくりと見学したことがある。
シェーカーワティー地方へ 2 〈Hotel Mandawa Haveli〉(indo.to)
シェーカーワティー地方へ 3  〈映画をこよなく愛する人々〉
シェーカーワティー地方へ 4  〈タークルの屋敷〉
そのため、今回は昼食のためのみにマンダーワーで小休止。

タークルの屋敷、転じてホテル


タークルの屋敷で現在ホテルになっているものがあるが、数日後にシェカワティー地域の町、アルスィーサルで宿泊する予定のところは、ここと経営母体が同じ。同じグループのホテルがジャイプルにもある。有力なタークルの一族が所有する会社によるホテルグループである。せっかくの機会なので観光・・・といっても、2年半前に来ているので、特に限られた時間で見るというほどのことはなく、まだ昼も食べていないため、前回ここに来たときに利用したホテルのレストランで昼食。

ホテルのレストランで食事


ここマンダーワーでは、ハヴェリーの転用の面白い例があった。屋敷がまるごと、銀行の支店となっている。

ステート・バンク・ンブ・インディアの支店が屋敷を借り切っている。









This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.