ハヌマーン・プラサード・ネーヴティヤー・ハヴェリー

次に訪れたのはファテープル。

こちらはハヌマーン・プラサード・ネーヴティヤー・ハヴェリー。外に面したバルコニーに鉄の欄干を持つという珍しい形だが、その欄干に人の顔が刻まれている。ファテープルでは、こういう鉄の欄干、そしてそこに人の顔あるいは神の姿をあしらうといったものがしばしば見られる。

ちょうど管理人がどこかから帰ってきたところで、見学してみたがとても良かった。保存状態は良好。出来ることならば、この屋敷をひと月くらい借りて生活してみたいものだ。

屋上の構造物。この屋敷の中では時代が最も下ってから造られた部分らしく、洋風の意匠を志向した形跡が認められる。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>