グルカ兵

カトマンズのタメルにあるククリ屋さんの看板

インドが英領時代からインドを含めた英国植民地で、それらが宗主国から独立して久しい現在まで、傭兵として重用されているグルカ兵だが、小柄ながらも勇猛果敢さと規律の高さで知られる。

日本軍によるインパール作戦時、英領インドは、深いジャングルの丘陵地帯に守られて手薄だった東部の守備が切り崩されるのを防ぐため、現地アッサム連隊に加えて、インド全土から応援を呼び寄せるのみならず、遠く英国本国、アフリカの英国領地からも兵員を導入している。

コヒマ市街地等では、両軍による白兵戦が展開するなど、日本軍が撤退を決意するまでは、熾烈なバトルが繰り返されたが、そうした場面で決定的な役割を演じた部隊のひとつが、このグルカ兵から成る傭兵部隊であったとも聞く。

ジェントルでマイルドな雰囲気のネパールの人々だが、インパール作戦に従軍した日本兵たちにとっては、ネパール兵との邂逅は、即座に死を意味するものであったようだ。

This entry was posted in column, greater india, heritage, life, politics, security, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>