The Cha Project

いろいろ調べてみると、大いに楽しいカルカッタの旧チャイナタウンだが、それと知らずに通りかかっても、そこが華人が集住していたエリアであると気が付く人はあまりいないのかもしれない。
あくまでも「旧チャイナタウン」であり、現在は基本的にムスリム地区。華人の姿はほとんど見かけないからだ。
サダルストリートの東端に面した消防署前で交差するフリースクール・ストリートのほうが、華人経営の食堂、靴屋、電髪屋等々を見かけるくらいだ。
ただし旧チャイナタウンでは、よくよく眺めてみると、路地裏に華人の古ぼけた同郷会館があったり、いくつかの中国寺院が存在していたりするし、チャッターワーラー・ガリーと呼ばれる小路には、いくつもの華人たちの住居が見えるし、華人の子供たちが地元のムスリムの子供たちとクリケットに興じていたりもする。それでも、どこかで混血しているケースが多いこともあり、西ベンガル州のダージリンあたりから来た家族の子かな?という風に見えたりもする。
それほど華人の存在感の薄い「旧チャイナタウン」だが、もうだいぶ前から「The Cha Project」というのが活動しており、この地区の華人たちのヘリテージの復興を目指して奮闘中。これにはシンガポール華人その他も協力している。
その歩みはゆっくりとしたものだが、数年程度の長いスパンで眺めると、その進展には、なかなか興味深いものがあるかもしれない。

The Cha Project

This entry was posted in column, economy, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.