カルカッタ最古の中華料理屋 Nanking Restaurant (南京飯店)

元「Nanking Restaurant」

1924年(1925年?)に開業。往時は相当高級な中華料理屋であったようで、欧州人たちの利用も多かったようだ。時代が下って1950年代あたりになると、当時のインド映画のスターその他の富裕層がよく出入りする人気店だったらしい。
しかし、1962年に勃発した中印紛争により、インド在住(主にカルカッタ、他に西ベンガル州内、アッサム、メガーラヤの都市部に散在)していた華人たちは、インド公安当局により、ラージャスターンのデーオリーキャンプに送られる憂き目に遭う。
そうした反中的な機運の中で、南京飯店の経営は傾き、1970年代半ばあたりに店を閉めることになった。
荒れ果てたとはいえ、今でも相当立派な建物だ。2013年以前は建物の前がうず高く積まれたゴミ類でいっぱいだったのだが、これらが撤去されたため、今回はようやくその前まで行くことができるようになっていた。
このまま打ち捨てておくには、あまりに惜しいか、今は「安東会館」という看板がかかっているので、華人のコミュニティホールか何かとして利用されるようになっているのだろうか。

This entry was posted in column, economy, food & drink, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.