スプレー式の紅茶

エアゾール式の紅茶

しばらく前からスプレー式の紅茶が話題になっている。

NO MORE TEA BAGS

紅茶には相当うるさいと思っていたイギリスで、このような製品が発売されるということに少々ビックリした。私たちの感覚に照らしても、スプレー缶からプシューッと出てきた濃縮液にお湯を注いで飲むというのは、なんだか気持ちが悪い・・・というのが、一般的な思いではないだろうか。少なくとも、味わいや香りを楽しむための嗜好品という感じはしない。

もっとも私たちだけではなく、発売先のイギリスの人々をも含めた一般的な感想が、「こんなのアリかよ?」という具合であるがゆえに、話題となるのだろう。

粉末のインスタント紅茶はいくらでもあるし、スプレー式にしても、すでにコーヒーでは同様の製品が出ているので、あまり驚きはしないのだが、せっかくの嗜好品である。通常は、ティーバッグでさえも「インスタント感」があるが、いくらなんでもスプレー式にしてしまっては、あまりにぞんざい過ぎるような気がしてならない。

ちなみに、スプレー式の紅茶の存在については、この製品が世界初というわけではないようだ。このようなブログがある。

ホーネン・カフェ・イン・ボトル

しかしながら、日々、紅茶無しでは生きていけない私にとっては、こうした「邪道」もぜひ体験しておきたいところなので、入手する機会があれば、後日その感想をご報告したいと思う。

This entry was posted in column, heritage, life, news & media, society, travel. Bookmark the permalink.