Lonely Planetのガイドブック「The World」

一昨年10月にロンリープラネットからこんなガイドブックが出ていたことを今日になってようやく知った。単一の国(「India」や「Thailand」など)あるいはひと続きの地域の案内(「Middle East」や「Africa」など)ではなく、その名も「The World」という大胆なもの。

ISBN: 9781743600658
Authors: Lonely Planet Publications
960 pages, 250 maps | Dimensions: 128mm x 197mm

この本のインデックス部分が公開されているが、これではコンテンツについてよくわからないので、amazonの「なか見!検索」でサンプルを閲覧あるいはKindle版の無料サンプルを試してみると、イメージを掴むことができるだろう。

私自身は購入していないので何とも言えないのだが、250の地図を含む960ページ、「世界ガイドブック」というのは、同じくLonely Planetの「India」が256の地図を含む1248ページであることを思うと、実用的なガイドブックとしてではなく、「今度の旅行はどこに行こうかな?」と自宅でぼんやり考えるときに良さそうだ。

書籍版はかなり嵩張るし重量もあるので、日常の隙間の時間にまだ見ぬ異国の地に思いを馳せるため、Kindle版を手に入れて、スマホやタブレット、あるいはKindle端末でページをめくりながら、世界各地のおおまかな名所や旅行事情を把握して、今後の旅行計画の参考にしておく、何か大きな出来事や事件が報じられたときに、「どんな土地だろうか?」と開いてみる、といった使い方をするのに便利だろう。あるいは世界各地の主要都市に煩雑に出張する機会が多いビジネスマンにとっても役に立つものであるのかもしれない。

案内の対象が「世界」というガイドブックは、これまで目にしたことがないので、はなはだビックリした。当然、実用性には大きく欠けるであろうことから、それほど売れるものではないように思うのだが、こういう形で「浅く広く」というスタンスで、世界の有名どころをカバーするというのは、なかなか意欲的で楽しい試みであると、私は肯定的に捉えている。

This entry was posted in column, life, news & media, reading, society, travel. Bookmark the permalink.