公営バーングショップ

ラーイプル駅前通りでバーング屋さんの看板を見かけた。「शासकीय भांग दुकान (Governmental Bhang Shop)」とある。入ってみると、当然バーングを販売中であった。

公営バーングショップ


州都のこんな表通りにまだこんな店があるというのは少々驚いた。古い時代にタイムスリップしたかのようだ。さすがはチャッティースガル州。この街にあるのは、予想を裏切る華やかさだけではなく、昔日のインドの表情もチラリと垣間見せてくれるようだ。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.