ラーイプル駅

特に用事はないのだが、駅舎を見てみたいということもあり、ラーイプル駅へ。鉄道駅周辺の商業地の様子も目にしておきたかった。
駅舎とならんでLe Roiという立派なホテルがある。こんなところにフランス系ホテルがあるのかと、ホテル予約サイトで調べてみると2,000Rsくらいで泊まれるホテルらしい。しかもデリーの安宿地区パパールガンジにもあるそうなので、外資系ホテルではないことはわかった。Booking.comにおける利用者の評価はとても高いようだ。
近年のインドの主要駅は度重なる改築・増築のため、醜悪なものとなっていることが多いのだが、ラーイプルの駅はこんなモダンな建築であるのは意外だった。

ラーイプル駅

ラーイプル駅舎の隣にあるLe Roi Hotel

昔の鉄道駅にあったCanteenではなく、こういう今風な軽食を出す店が入っている。

駅構内にあるヒンドゥー寺院

駅敷地内から外を眺めると、こういう具合。

This entry was posted in column, food & drink, heritage, life, railway, society, travel. Bookmark the permalink.