「ユニクロ」かと思ったら「メイソウ」だって

インド人店員さんが言うには、「東京にお店を沢山出している日本の会社です。このたびインドにも出店しました。」とのことだが、聞いたこともない。北京とか上海の会社ではなかろうか?陳列はやけに日本っぽいのだが。

店頭でちょっとググッてみると、確かに日本で登記している企業のようだが、実態は中国企業で、日本国外で「日本」を看板に出店しているらしい。

そうした「日本ブランド」が通用する圏外と言えるインドに出した店舗だが、覗いてみると、予想外に良かった。日本風のディスプレイ、雰囲気、品揃えなど、実に良く勉強して自分たちのモノにしているという印象だ。

店の外の雰囲気とは異なり、洋服の店ではなく雑貨を扱っている。日本の100均にありそうなアイテムも多いが、スーツケースもあるなど、取扱品の価格帯がかなり広い。

こんな具合だったら、本当に東京で出店すればいいのにと、私自身とても好意的になり、すっかり「メイソウファン」になってしまった。

This entry was posted in column, economy, life, society, travel. Bookmark the permalink.