分配コンセント

近年、世の中で出回る電子機器の種類が増え、当然のことながら旅行の際に持ち歩くそうしたデバイスも増えている。スマホ、外付け充電池、タブレットあるいはKindle端末、デジカメ、電子蚊取り・・・。

そんな具合なので、宿泊先の部屋にコンセントひとつしかなかったりすると、充電を要するものが複数あると困る。もしいくつかコンセントがあっても、壁のずいぶん高い位置に設置されていたり、バスルーム内であったりすると具合が良くない。

また、長距離列車内に電子機器用としてコンセントが設置されていても、すでに誰かがそれを用いてスマホの充電をしていると、自分は使うことができない。
そんなシーンはたびたびあるので、ひとつのコンセントから二口、三口に分けられる、日本ならば百均にあるようなタイプのものを持参すると便利だ。

部屋の中のひとつのコンセントから複数の機器を利用出来るようになるし、列車内でコンセントを占領して充電している人に、「これでちょっと割り込ませてもらうよ」と声をかけて、文句を言われることはない。インド旅行時は携行をお勧めしたい。お買い求めは、インドの街のバーザール内の電気機器屋さん店頭にて。

参考までに、私自身が利用しているものは以下のタイプである。

背面は3穴。フラットタイプも利用可能。

上面は3穴

下面は2穴

This entry was posted in column, IT, life, society, travel. Bookmark the permalink.

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>