ネワール式家屋のいいお宿

パータンでこういう宿を見かけた。

Newa Chen

従前からネワール家屋を安宿に転用したものはあり、田舎町でも利用する機会はあるが、多くは決して快適なものではなかった。ボロくなるに任せたままで、夕方に部屋に戻るのがちょっと憂鬱?な感じで、そういうのはかつてのストーンハウスロッジもそんな具合だった。

ここはかなり大きなお屋敷みたいなのを修復して宿泊施設にしてあり、ひとりで泊まるには、もっと安いところでいいのだが、友人や家族と一緒に、というケースには最適なんじゃないかと思う。オーナー家族も敷地内の別棟に暮らしている。

空港からの距離もカトマンズと変わらないし、旧市街もカトマンズよりもずいぶん静かだ。
他にもいくつかこういう宿泊施設を見かけたが、ここでは中を見せてもらった。8部屋しかないので、シーズンには電話やメール等で予約しておいたほうがいいだろう。

This entry was posted in column, greater india, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.