Javed Khanを漢字で書くと・・・

コールカーター東郊外のチャイナタウン、テーングラーで見かけた地元有力政党トリナムール・コングレスの選挙時に壁に書かれたJaved Khan(地元トリナムール・コングレスという政党の重鎮)への投票を呼び掛ける壁書きを目にした。昨年の州議会選挙の際に書かれたものだろう。
ローマ字によるものと、漢字での表記のものとが並んでいたため、「ああ、こう書いてJaved Khanと読むのだな」と判るが、そうでないと一体何と記されているのか想像もつかないところだった。
テーングラーの主要産業である皮なめし業にしても、調味料等の工場にしても、オーナーは華人で、働く人たちのほとんどはムスリムだ。
コールカーターでは、華人とイスラーム教徒は、非常に密な関係にあることを象徴しているかのようなひとコマだ。

これで「Javed Khan」と読む

This entry was posted in column, language, life, society, travel. Bookmark the permalink.