グーグルの地図サービスは凄い

このように表示される

ただ経路を示すだけではなく、自動車、電車、徒歩による経路や概算の所用時間が表示されるが、渋滞がひどい場合には、クルマよりも徒歩で行ったほうが早いことが判るようにもなっている。
日本や欧米では、市内各所に設置されたVICSでの情報収集により、渋滞情報を示すことが出来るようになっているが、カルカッタでもそのような仕組みがあるのかどうか知らないが、ちゃんとこのように表示されており、これがまた正しいことには恐れ入る。

This entry was posted in column, IT, life, society, travel. Bookmark the permalink.