アルメニア人教会のクリスマスイブ

アルメニア教会

世界に散在するアルメニア教会では、クリスマスを1月6日に祝う。クリスマスイブに当たる1月5日の夕刻に、コールカーターのOld China Bazar Streetにあるアルメニア教会を訪れてみた。

ここは細い路地の両側には、主に紙製品等を扱う商店、卸問屋などがぎっしりと並び、路上でも荷解きや卸先への発送準備などをしており人通りも多い。真っすぐ進むこともままならない物凄い混雑だ。大変密度の濃い商業空間から、突然姿を覗かせるインドらしからぬいでたちの建物がアルメニア教会だ。

建物内部やミサの様子の写真を撮ることは許されないため、その様子を画像で紹介することは出来ない。だが荘厳な衣装を身にまといミサを執り行う司祭も正装して集う数十名の信者たちも欧州人にしか見えない風貌と肌の色をした人たちだ。カルカッタにいることをつい忘れてしまいそうだった。

インドにおけるアルメニア人居住の歴史は、7世紀あたりから始まるようだが、コールカーターにおいては、17世紀にイギリスによってこの街が築かれてからということになるため、外地からここへの移民史もそれ以降に始まったことになる。この街における彼らの伝統的な居住地は白人地区と隣接したエリアで、ちょうどユダヤ人や華人たちのそれと重なる。

ユダヤ人と同様、植民地を支配する英国の買弁としての商売に従事した人たちが多かったため、後ろ盾であり最大の顧客を失うことに繋がったインド独立に際して、大半がインドを去っている。

This entry was posted in column, heritage, life, society, travel. Bookmark the permalink.