ウルグアイのチベット仏教寺院

近年、欧州や北米で、チベット仏教界は盛んに活動している。ダライラマ猊下が積極的に続けてきた外遊による影響力、1989年に猊下がノーベル平和賞を受賞したことなどがその背景にあろうことは言うまでもない。

もはや欧米で仏教といえば、「Zen」よりも、チベット仏教系のほうがポピュラーになっているという話さえも耳にする。

さて、リンク先で取り上げられているのは、南米のウルグアイにあるニンマ派仏教寺院とは面白い。また、この寺院を切り盛りしているのは、ロシア系ウルグアイ人というのもまた異色だ。

ウルグアイの神秘的な寺は何を隠しているのか?(SPUTNIK)

This entry was posted in column, greater india, heritage, life, society. Bookmark the permalink.